家計簿をエクセルで!初めてでも簡単に出来る方法3選。単純入力で集計の手間いらず!

3bf5d06835e578754347a671f96c99b3_s

家計の出費をきちんと知って貯金がしたい!家計簿をつけてお金の収入、収出を管理することは貯金に良い、と分かっていてもなかなか面倒なイメージで始められないという人が多いのではないでしょうか。

家計簿ノートに書き込んで自分で計算機を叩き、記入するマニュアル的なスタイルやスマートフォンの無料アプリなど、様々な家計簿があります。ここではエクセルを使って簡単に家計簿を作る方法3選をお届けします。

スポンサーリンク

家計簿がエクセルで簡単にできる!

IMG_1964

家計簿をエクセルで作る良い理由

今の時代、かなり低価格のパソコンを除いて、どのパソコンにもエクセルがすでに入っていますよね。すでにインストールされているエクセルを使うのでお金がかかりません

自分で作成するのですから、自分の家計状態にあったフォーマットを作る事ができます。自分の好きなフォントや色、背景色やデザインなども、もちろん自分好みに作成できます

特にカテゴリ(分類)の設定の仕方は人それぞれ。例えば友人へのプレゼントを購入した場合、これを<交際費>に入れるのか<物品>に入れるのかまたは<レジャー>に入れたい人もいるでしょう。費目を自分が分かりやすいように設定し、自分好みにカスタマイズできます。

レシートがない場合や現金で支払った場合でも自分で覚えてさえいれば、エクセル家計簿ならきちんと記録されます。入力さえすれば反映するので、全ての家計データを管理する事ができます。




家計簿エクセルと無料家計簿アプリと比べると?

お金がかからないのでエクセル家計簿がおすすめならば、無料家計簿アプリでも良いのでは?と思う方もいると思います。無料家計簿アプリはクレジットカードの利用履歴の一括管理や銀行口座の残高を管理したり、驚くところではカメラでレシートを撮影すると無料家計簿アプリが勝手に自動でカテゴライズ(分類)してくれます。

無料家計簿アプリはスマホ携帯でできちゃうのですから便利ですよね。ところが秀逸ゆえに出て来るデメリットもあります。家計簿エクセルと比べると無料家計簿アプリの方が少々使いにくさがあるような気がします。

無料家計簿アプリは銀行やクレジットカード会社とも連携しているので、使ったらそのまま家計簿に反映します。事情があって家計簿に反映させたくない場合も自動的に強制的に反映してしまうので不便な場合もあります。

レシート認識機能がある無料家計簿アプリならレシートをカメラで撮影して記録されますが、そうでない場合は手入力で記録しなければいけません。全ての家計管理が自動で反映するのに、現金で支払いの場合が手入力とは、面倒くさいと感じますよね。また、レシートがなく現金で支払いの場合や、アプリに手入力機能が入っていない場合は無料家計簿アプリに反映しません。

無料家計簿アプリの場合、カテゴリを自動で分けるので自分の思った費目が違うところに入ってる場合もあります。例えば友達との外食代を<交際費>にしたいのに<食費>に分類されるなど。

非常に楽ちんで秀逸な無料家計簿アプリなのですが、全ての家計データが正確に反映されているかというと、そうではない場合が多くあります。ところがエクセル家計簿は自分の作ったカテゴリに自分の好きな費目を入れ、レシートのない現金払いの場合も入力さえ忘れなければ全て家計簿に反映されます。

旦那様へのサプライズプレゼントをクレジットカードに使った場合があるとしましょう。旦那様もエクセル家計簿を見るため、とりあえず今は家計簿に反映されたくない、せめてプレゼントを渡した後に記録しようという自分の自由がきくというエクセル家計簿は無料家計簿アプリと比べて断然便利ではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1,実際にエクセル家計簿を作ってみる

pencil

実際にエクセル家計簿を作ってみましょう。エクセルを表示してから下記の方法にそって作成してみてください。

簡単方法その1

まずフォーマットシートを作りましょう。自分の好みで作っていけば良いのですが、これはあった方が良いというポイントをご紹介します。月ごとの合計ベースで作成していきましょう。最初に入力項目を決めます。

お好きな配列で結構なのですが、参考してもらえる例としてA列の3行目に<月>と入れ、B列の3行目に<日>と入れます。A列4行目から下に向かって1月の場合は1,1,1,とずっと下に向かって入れ、B列4行目から1日から31日までの日にちの数字を下に向かって入れていってください。

次にC列3行目に<名目>と記入します。この名目欄は4行目の上から収入の<給料><助成金><ポイントサイトでためたポイントの換金>など記入し、収入欄が入れ終わったら<洋服><靴><コンビニ弁当>などの支出の名目を下に向かって毎日記入していきます。




簡単方法その2

まずD列3行目に<カテゴリ1>と入れ、4行目から給料や助成金など入ってくるお金の<収入>費目の収入欄。食費やお金が出ていく<支出>費目の支出欄。貯蓄に回す<貯蓄>費目の収支欄を下に向かって作っていきましょう。以上の3つの項目は色を変えると分かりやすいので文字の色を変えることをおすすめします。

簡単方法その3

E列3行目に<カテゴリ2>と入れます。このカテゴリ2では、収入欄の場合<本業><アルバイト>などと記入したり、支出欄には<食費><医療費><車関係><交際費>などのカテゴリー分けした項目を記入していきます。

簡単方法その4

F列3行目に<カテゴリ3>と入れます。ここには収入欄であれば<夫手取り><ポイントサイト>などの情報を記入し、支出欄の場合は<外食><薬><ガソリン>などのカテゴリー分けした項目を記入していきます。カテゴリ2を補足する情報を入れるような感じです。

簡単方法その5

G列3行目に<金額>と入れます。4行目からは金額の数字を記入していく欄になります。H列3行目には<支払い・受取相手>と入れます。これはショップの名前などの情報を記入する欄になります。I列3行目に<支払い・受取方法>と記入し、この欄には現金、カードといったどの方法で支払ったかなどを記録していきます。

簡単方法その6

簡単方法その2で作った貯蓄欄と簡単方法その5で作った金額欄が交わるセルに貯蓄の金額が入ります。貯蓄の算出はいたってシンプル!
貯蓄=収入合計ー支出合計となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2,エクセルの関数SUM機能でらくちん計算

3bf5d06835e578754347a671f96c99b3_s

関数SUMってどんな機能?

家計簿は数字を集計しなければいけませんが、電卓を使うのは結構大変ですよね。打ち間違えて初めからやり直し、どこの部分を打ち込んでいるのか分からなくなったり、などといった経験がある人もいるのではないでしょうか。

エクセルを普段から使っている人にはお馴染みの機能だと思いますが、エクセルには数字を入れなくてもセルを指定するだけで面倒な計算をしてくれるSUM関数という素晴らしい機能があります。

先ほど簡単方法その5でご紹介した、貯蓄=収入合計ー支出合計の計算はこの関数SUMを使います。まずは貯蓄の数字を出したいセルを選択しておきます。そしてエクセルのホーム画面、Aの上あたりでSUM表示を指定します。その横の長いスペースにSUMの計算式を記入します。




実際の関数SUMの記入の仕方はこれ!

記入の仕方は =SUM(合計したい範囲の始まりのセル:合計したい範囲の終わりのセル)-SUM(合計したい範囲の始まりのセル:合計したい範囲の終わりのセル)

簡単にいうとSUM収入の合計ーSUM支出の合計なのですが、イコールがはじめにきたりカッコでくくったりという上でご紹介した形式があるので、それに慣れてしまえばあとはエクセルが勝手に自動で計算してくれます。

3,エクセル家計簿のフォーマットシート作りさえ面倒!

2

エクセルが苦手…家計簿はじめたいけど無理?!

大丈夫です!ここまで読んでみたけど、フォーマットシート作りも面倒、と思った人にもエクセル家計簿は始められるのです。今の世の中テンプレートを作成してくれ、無料配布してくれてる人がいるのです。無料でダウンロードできる場合が多いのでそのように出回っているエクセル家計簿テンプレートを試してみるのはいかがでしょうか。

そのようなテンプレートを使ったエクセル家計簿でも、毎日数字を記入していくうちに慣れてきて、項目を増やしたいな、とか色を変えてみようなど自分流のエクセル家計簿を作成できるようになるかもしれません。

エクセル家計簿をつけるのが慣れてきたら年間収支一覧表作り

a0002_010815

もっと家計データーをしっかり管理

先ほどご紹介したフォーマットシートを作る時点で、入力項目を設定しました。そのカテゴリー分けは実は後で役にたつようにと、設定しました。
月、カテゴリ1,カテゴリ2,カテゴリ3、金額の5項目を用いて年間収支一覧表を作成する事ができます。それはピボットテーブルというエクセルの便利な機能を使った一覧表です。

ピボットテーブルはデータの集計作業をしてくれる機能で、一度年間収支一覧表を作ってしまえば後は自動で更新されていくという凄い機能なのです。1年の収入、支出、貯蓄が表でひと目で分かるので貯蓄の計画などこれからのプランにとても役立ちます。エクセル家計簿に慣れてきたら年間収支一覧表作成にも挑戦してみてはいかがでしょうか。

まとめ

エクセルを使った家計簿の初めてでも簡単に出来る方法3選をご紹介しました。日々の買い物を含める支出を記録することで何にどの位のお金を毎日、毎月使っているのかと認識し、お給料などの収入のバランスと見合って自分はお金を使っているのかを見直す事が家計簿をつける事で見えてきます。お金の無駄使い防止にもなり、お金の使い方にも計画性がでるようになります。

お給料日から1ヶ月経った時に余ったお金が貯蓄になるスタイルから、家計簿をつける事によって計画をして貯蓄ができるようになる事でしょう。お金の流れが分かるようになると毎日の家計簿をつけるのも楽しくなります。簡単な入力でできちゃうエクセル家計簿、ぜひ始めてみてください。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -