好きな人とのLINEでの接し方。11の注意点とは?彼を落とす5つの最強テクも

この記事は2015年12月30日の記事を再編集したものです。

LINEは手軽にやりとりできるツールとしてたくさんの人が利用しています。あなたも好きな人にLINEした経験があるはず。それでもなぜか、LINEでのコミュニケーションがうまく続かない、すぐに連絡が途絶えてしまう、そんなあなたに、LINEでの接し方の注意点をご紹介します。当てはまる項目があれば、要注意です。また、LINEでの好きな相手を落とすテクもありますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

見直した方がいいかも?LINEが続かない女性がしている接し方の特徴

4-image03
photo by Bart Everson

スタンプ送信のみ

何が言いたいかわからない、当然ですよね。会話の間にはさむスタンプは面白くて効果的ですが、スタンプのみの発信は、相手をただ困惑させるだけです。自分が楽しむのではなく、音声がないと言っても、相手にきちんと伝わるように、LINE会話でもキャッチボールが必要です。返信がほしいのであれば、基本は文章ありきということを覚えておきましょう。




ストレートな文章すぎる

気持ちをストレートに送ることは勇気があってすばらしいことですが、気持ちをストレートに表現しすぎると、相手は返信に困る場合があります。まずは彼の気を引いて、彼にもあなたに好意を抱いてもらえるように駆け引きをすることを覚えましょう。

好意があるのかどうか分かりにくい

恥ずかしさからわざとなのか、ただ本当に何も考えていないのか、内容が曖昧なパターンも、あなたに煙に巻かれてしまって対応に困ってしまいます。男性はプライドの生き物ですので、意味のわからない、手の届かないような相手はすぐに諦めてしまいます。チャンスを逃さないように、自分の気持ちが伝わるよう心がけましょう。

内容がネガティブ

たまにネガティブな話題も男性側からすると「頼ってくれている」と嬉しくなるものですが、ネガティブな内容ばかり送っている場合は、うんざりされたり、呆れられてしまいますので逆効果になります。

かまってほしいアピールが過ぎる

寂しいからかまってほしい、見てみて、すごいでしょ、暇なんだけど…と、相手のことをお構いなしに、自分のことだけアピールしていると、男性の熱がサーッと冷めてしまうことも。男性の興味のある話題で自分のアピールをするように意識して、LINEに依存しすぎることも注意が必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

便利であるがゆえの思わぬ落とし穴…LINE中に気を付けたい11の注意点

4-image02

1.頻繁にしすぎない

アプリは簡単で便利、手軽な分だけ頻繁に使いがち。気持ちが盛り上がっている時などは短いメッセージを乱発してしまうこともあります。ですが好きな人にメッセージを送る時は特に注意が必要です。メッセージを送る頻度をいま一度振り返ってみましょう。頻度が高すぎると、あなた自身を軽い存在に見られてしまうようなことにもなりかねません。

送信ボタンを押す前に「これは本当に送るべきメッセージ?」と気持ちを落ち着けてみましょう。時にはグッと我慢をして、送る頻度を少し抑えてみるのも良いかも知れません。




2.相手のペースにあわせる

好きな人とのLINE会話履歴を見直してみましょう。あなたから送信するばかりで、彼との温度差ができていないでしょうか。あなたにはあなたの生活があるように、彼にも彼の生活があります。または彼にも、あなたに言いたいことや話したいことがあるかも知れませんよね。そんな時はしっかりと彼の話を聞いてあげましょう。

彼が窮屈に感じないようにペースを合わせることも大切です。また彼に時間がないときは、返信を急かさないようにしましょう。

3.内容はお互いの興味にあわせる

好きな人の興味や関心ごとに話を合わせてあげることは、好感度アップにはとても効果的です。ただ、あなたのリアクションが大げさになりすぎると嘘っぽくなってしまうので、少しだけ注意が必要です。好きな人があなたに好感を持ってくれていたら、ある程度は話を合わせてくれるでしょう。またあなたの好きな人は今どんなことに興味があるのか、さりげなく探って会話を膨らませてみるのも良いかも知れませんね。

4.心配すると好感度UP

好きな人に元気がない時は、「どうしたの?最近元気ないね。」「疲れてる?大丈夫?」など、あなたが彼をよく見ていること、彼に関心を持っていることをさりげなくアピール。どんなことであっても自分のことをちゃんと見てくれている人がいるというのは嬉しいものですよね。メッセージを受け取った彼もあなたとの距離感を近いものと感じて、もしかしたら誰にも言えないような本音やグチなどを話し出してくれるかも知れません。

やりすぎて押し付けがましく思われないように、彼の様子を伺いながらあなたの気持ちを適度に伝えましょう。

5.趣味関係にもつきあう

好きな人の趣味に興味を示してみるのも好感度アップの方法のひとつ。まだ知り合って間もない彼なら、趣味や休日の過ごし方等聞き出してみましょう。もしもあなたと近い趣味を持っているなら、彼の趣味関連のイベントをリサーチして、あなたから勇気を出して誘ってみてはいかがでしょうか。

もしも彼の趣味があなたの興味のないものでも、まず彼の話を聞いてあげましょう。ある程度話を合わせるのも良いでしょう。あなた自身が彼の趣味に本当に興味を持つことができたらそれがベストですね。

6.嬉しかったことについて書く

嬉しい報告は、相手との距離感が近いほど共感しやすいもの。時には好きな人にあなたが嬉しかったことを報告してみましょう。もし彼があなたのことを少しでも理解してくれているなら、共感し一緒に喜んでくれるでしょう。また、いつも笑顔でいる人に人は集まります。あなたが前向きでハッピーな雰囲気を持った人であるほどLINEのメッセージからもそれが伝わるもの。もしかしたら彼もあなたに会いたいと感じるかも知れません。

注意が必要なのは、彼にあまりにも関係のない話を送る時。いくらあなたが嬉しく感じていても、彼にとってピンと来ない話題であればいまいち共感しづらいかも知れません。なるべく彼も興味を持ちそうな話題を選ぶようにしましょう。

7.ネガティブな内容は避ける

「好きな人だけには本音を知って欲しい!」という気持ちも分かりますが、ネガティブな言葉は相手にも負担がかかります。本音をこぼして彼のことを信頼しているというアピールも良いですが、ネガティブな内容はほどほどにしておきましょう。前向きでポジティブな姿勢を持っている人は、周りから見ても魅力的に映るもの。好きな人相手だからこそ、なるべくポジティブな言葉を選んでメッセージを送ることも大切です。

8.スタンプの多用は避ける

スタンプは感情を伝えるのに便利で楽しいツールですが、やたらスタンプばかり多用したり、おススメスタンプを送ってきたりされると、男性の中にはスタンプが苦手な人もいて気分を害する可能性もあるので、気をつける必要があります。何が言いたいかわからない、と思われないように、適度に使用するようにしましょう

9.一方的に送りすぎない

好きな人とLINEを送り合っている時、お互いの発言のバランスはどうなっているでしょうか。あなたの方から一方的にメッセージを送りすぎてはいませんか?彼とあなたの会話に温度差はありませんか?もしすぐに既読がつかなくても不安にならないこと。

急かされて義務的に返すメッセージよりも、返信したいと思った時のメッセージからの方が彼の本心が見えてきます。あなたが伝えたいことを送ったら、余裕を持って返事を待つようにしましょう。

10.LINEがこないことを心配しすぎない

好きな人からの返信は、早いほど嬉しいものですよね。それまでリアルタイムでのやり取りが続いていたのであれば、急に既読がつかなくなったり返信がなくなったりした時には不安になってしまうもの。返信が来ないのは、ただ忙しいだけなのかも知れません。

また夜遅くのやり取りであれば寝落ちした可能性もあります。そんな彼を責める意味はありませんよね。あなた自身にとっても、今は忙しいのだと割り切って、のんびり返信を待つことができたら気持ちが楽になると思いませんか?

11.画像を適度にはる

あなたの今の気持ちを伝えるのには、文字も良いですが写真やスタンプなどの画像も有効です。LINEは相手の顔が見ることができません。文字だけのやり取りでは表現や説明が足りずに、時には思わぬ誤解が生まれてしまうことがあります。そのためなるべく親切に、伝えたいことを分かりやすく伝えるように心がけましょう。

また、画像やスタンプだらけのメッセージも注意が必要です。あなたが何を伝えたいのか、あなたなりのやり方で分かりやすく表現してみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

仲良くなるだけじゃ物足りない!彼を落とす最強テクニック5選

PAK86_naninanisore20140321_TP_V

既読と返信のタイミングが命!

LINEの特徴である「既読」。この機能を上手に使いこなすことが好きな相手を落とすテクになります。まずしてはいけないことは「既読スルー」。うっかり返信を忘れていても、後でフォローを忘れずに!好きな人とのLINEで大事なのは「未読」を「既読」にするタイミングです。あまりにもすぐ既読になってしまうとスタンバイしているのかと気持ち悪がられたり、暇なのかなという印象を与えかねません。相手の状況を考えながら、バラバラに既読にすることが大切です。返信のタイミングも、バランスを大切にするようにしましょう。




かわいいスタンプを使う

女性にしてみれば友達同士でも使用頻度の高いハートの絵文字やスタンプも、男性側は「気があるのかな?」と期待してしまいます。おちゃらけたものを使うより、女性らしさをアピールできますので、上手に使いこなすことが、好きな人を落とすテクになります。

寝る前を狙って短文コミュニケーション

寝る前に、ベッドに入って眠りにつく前のほんの10分ほどの時間が、彼との短文のコミュニケーションをするチャンス。力を必要としない短文を続けることで、一気に距離を縮めましょう。LINE最中に寝落ちしてしまっても問題ありません。次の日、「値落ちしてごめん」とメッセージがあれば、またその日も楽しく継続してください。

「ありがとう」をきちんと伝える

「~してくれてありがとう」「助かりました」という素直な感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。感謝の気持ちは言われてイヤな気持ちにはなりませんよね。お礼の言葉は、丁寧に伝えるように心がけると、いい印象を持ってもらうことができます。

相手の好きなこと、興味のあるものを話題に

相手を確実に落としたいのであれば、彼の興味があるもの、価値を感じているものを知っておきましょう。共通の好きなことでも構いません、その話題をテーマにしてLINEしたときの、彼の食いつき具合をチェックしましょう。相手の関心事であれば、話したいこともたくさんあるはずです。価値観を認めることは、存在を認めてもらえるということ。嬉しくなって、あなたを気が合う人だと思ってくれるはずです。

まとめ

好きな人とのLINEでの接し方をご紹介しました。ポジティブな内容、共通の話題や相手の興味のある話題にすることがポイントのようですね。彼を落とすためにも、相手の好む話題のリサーチは重要ポイント。今日からでも、好きな彼とのLINEに気をつけて、もっと仲良くなれる話題作りを心がけましょう!

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -