【モテる女にチェンジ!】可愛げを身に付ける方法って?

「お前、可愛げ無いな」。男性からそんなキッツイ一言を言われたことがある人も実は多いのではないでしょうか。でも「可愛げ」って聞いてもパッと思い浮かびませんよね。

そこで今回は可愛げについて解説し、そこから可愛げの身につけ方をご紹介します!可愛げのある女性に変身しちゃいましょう☆

スポンサーリンク

そもそも「可愛げ」って何?

 可愛げは「素直さ」です!

可愛げとは、その人の持っている「素直さ」そのものです。なので実は女性だけではなく男性も持っているものなのです。可愛いというイメージで女性的な概念のように思えますが、素直に気持ちを表現できる心こそが可愛げなので性別は関係ありません。

例えば人に親切にしてもらった時に素直に「ありがとう」と言えること。嬉しかったり楽しかったりする時に、それを素直に言葉や態度で表現できる無邪気さ。なので基本的な人間のマナーや礼儀正しさも広く見ると「可愛げ」に該当します。礼儀が無ければ感謝を表すこともできませんからね。

また素直さと同時に感受性や想像力も大切です。親切にしてもらえたと気付くことができなければ、ありがとうの言葉も出てきません。素直さと、そうするに値するだけの見識。二つが備わった時に始めて「可愛げがある」と思ってもらえるのです。

女性らしい仕草や態度

女性ならではの可愛げの要素として、女性特有の仕草や態度も含まれます。それらはセクシーさや「男性を誘うような仕草」とは違い、どちらかと言えば少女的で無垢な姿から連想されるものです。初心さ、謙虚さが大切です!

例えば褒めた時にありがとうと素直にお礼を言うだけではなく、顔を赤らめたり恥ずかしがるような素振りをするとそれは可愛げがある、とされます。この場合の「可愛げ」は所謂「可愛い」と近いものがあるのですが、ただ造形の可愛さだけではないのが「可愛げ」です。

 少し脆かったり儚かったりする「ギャップ」にも可愛げが

また可愛げはしおらしさや恥じらいにも比例するので、そのギャップを感じる元気系・クール系の女性にも当てはまります。ツンと済ましている高飛車な女性には可愛げが無いですが、そんな女性が見せるギャップの一面には強く可愛げを感じることができます。

所謂「ツンデレタイプ」にこそ可愛げのヒントがあるのかもしれません。もちろん元から素直で可愛げがある女性も素敵ですが、普段は見せない姿を見れたとなると攻撃力が上がりますよね!男性に「可愛げあるな」と思ってもらえるためには、相応の基盤にも左右されるのです。

スポンサーリンク

可愛げがない女性の特徴5つ

何かしてもらうのが当たり前だと思っている

人から親切にしてもらったり優しく接してもらったにも関わらず、それを当たり前のように感じて感謝の気持ちを持てない女性は可愛げがありません。当たり前だと思っているのでお礼なんて言うこともなく、言うということすら思いつかず、相槌だけで済ませてしまいます。

お礼を言われるためにやったわけではないにしても、そんな態度をされたら優しくした側もカチンと来てしまいますよね。可愛げが無い女性は、そのまま性格が悪い女性としても受け取られてしまいます。人からの優しさに気付かないということは自分の株も下げてしまうのです。

ツンデレのツンが強すぎる

ツンデレはツン部分があるからこそデレ部分が輝くのですが、デレ部分があるからこそツン部分が意味を持つのです。いくら恥ずかしがりやさんでも、本当はシャイなだけの性格を隠そうとしているだけでも、ツンばかりが強調されてほとんどデレが無い女性は可愛げがありません。

そんなツンデレは「ただの性格が悪いツンツンしているだけの女」でしかありません。そんなタイプは付き合ったらデレデレになるパターンも多いのですが、少なくとも付き合う前の段階の男性へのアプローチに多様なツンは邪魔なだけ。デレの可愛げも定期的に挟まさんくてはいけません。

 高飛車である

高飛車な女性は総じて可愛げがありません。漫画の中に出てくるような「ツンとしていてもモテる高嶺の花」なんて現実世界にはいませんし、いたとしてもほんの一握りの絶世の美人だけです。顔で飯が食えるような一部人間だけの特権なのです。

なのでそうではない一般人の女性は、高飛車であっても何も特がありません。だってそう思いませんか?どんなに美味しい料理を食べさせても「美味しい」も言わず、どんなに高級なプレゼントを渡してもそっけなく「ありがと」として言われない……。

これでは可愛がりが無いですよね。男性はあなたの寵愛を求める下僕ではないのです。一般男性に好かれるためには、やはり女性ならではの可愛げが必要になります。男性を顎で使い倒そうとするような高飛車女は、こちらから願い下げなのです。

心が狭い

一般的に可愛げのある女性の共通点は「穏やか」であること。特別心が広いわけではなくても、小さなことはいちいち気にしなかったり平和主義者であることが多いのです。ですが可愛げの無い女性はその逆となります。ちょっとしたことでもイライラしたり、すぐに他人のせいにしたり、悪口や陰口が多かったり。

どんなに笑顔がキュートで小悪魔的な魅力がある女性であっても、人間性に疑問を抱かせるような欠点があれば可愛げを感じることはできません。心の狭さはそのまま可愛げの無さに繋がるでしょう。

ヤキモチの焼き方がキツめ

確かにヤキモチを焼いている女性は可愛らしいです!違う女性と話しているとプンプンとむくれたり、嫌に近づいてきたり。そんな可愛げのあるような焼き方ならまだいいのですが、たまにとっても性格がキツくなるタイプのヤキモチ女性がいます。

これは非常に可愛げが無い!と言うのも、口が悪くなるんですよね。「はぁ?何?話しかけないで。」「マジ腹立つ。ありえない。」「無理だから。あっち行って。」なんて冷たくあしらわれたら、「そこまで言わなくても……」と怒りと悲しみが湧いてきてしまいます。

それがヤキモチだからこそだとは分かっていても、その仕草や言動に可愛げが無いとただただ嫌な印象だけを残してしまうことになります。ちょっと可愛く怒るだけで充分なのに、なかなかそれができないんですよね……!

スポンサーリンク

男性にモテる!可愛げを身に付けるには?

素直な気持ちを言葉にすること

最初にも述べたように、可愛げとは素直さそのものです。可愛げを身に付けるためには、心の中で思ったことをそのまま言葉にできるようにする素直さがなにより必要となります。「バカっぽく見えるかも」「舐められるかも」というスれた不安は一旦捨ててしまいましょう。

カッコ付けずに、子どものような素直さで生きるって意外と心地よいものですよ。それにカッコ付けて偽った自分の意見に賛同する人達よりも、少し理想の自分とは違っても素直で正直な意見に賛同してくれた人達の方が本来の「気が合う人達」です。可愛げは、人間関係の振るいをかけることにも使えるのですよ!

 感激をしやすい心を作ること

そして素直で無邪気な可愛げのためには、それ相応の感受性が必要となります。感受性はストレスなどで鈍くなり視野を狭まらせ、美しかったり美味しかったり綺麗だったりするものをそう思わせなくさせてしまいます。

それは可愛げを失うことに直結してしまうので、常に「何かしらに感激できるようなピュアな心」を持ち合わせることが無垢さにも繋がるのです。所謂「涙もろい性格」「真に受けやすい性格」は、可愛げが生まれるための温床となります。

とは言えども感受性は人間性の中に定まっていますので変えるというのはなかなか難しいものです。なので、その感受性を素直に発揮できるような視野の広さと心の余裕を持ち合わせるようにしてください!ストレスをコンスタントに発散させることはそれに繋がります。

やはり人間、心にわだかまりが出来ていると見えるものも見えなくなります。「いい」ものを、しっかりと「いい」と気付き、「いい」と思えるために自分をコントロールしていきましょう。

 大袈裟なリアクションが丁度いい!

特に日本人の男性は「ちょっと頭が弱そうな女性」に可愛げを感じることが多いです。自分が支配できそう、コントロールできそう、自分がヒエラルキーとして優位に立てそう、と思う女性にこそ自尊心を感じるのです。言わば、彼女が自分より基本的には頭が悪くあってほしいと思うのです。

そして可愛げを感じる女性は、総じてそのような「ちょっとオトボケ系」が多いのもまた事実。決して天然さんというわけではないのですが、どこか抜けていそうで「頭が悪そう」な感じがします。この特徴の一つとなるのがオーバーリアクションです。

いちいち声を大きく出して大袈裟にリアクションをしたり、必要以上に感激をしたり、相手を大袈裟に褒めたり尊敬したり。「こんなの初めて!」くらいの大きなリアクションをする女性は、やはり男性から見ると可愛げがあるように映るのです。

まとめ

いかがでしたか?女性ならではの可愛げの身に付け方や、可愛げが無い女性の特徴などをご紹介しました。あなたは当てはまっていませんでしたか?男性はやっぱり可愛げのある女性が可愛らしくて大好きです♡男性の自尊心を満足させるような可愛げを手に入れましょう!

どんなに美人でもどんなにモデル体型でも、可愛げが無い女性はモテません。ツンと済ましてお高く止まった美人よりも、素直で明るく優しいちょいブスの方が圧倒的にモテるのです!それも全て可愛げが成せる技。気になる男性がいるあなたは、まずは可愛げを身に付けることから始めてみませんか?

続きを読む

オススメPR

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -