デートスポットは茨城がアツい?大人カップルも満足する観光地7選!人気のおみやげも

この記事は2015年9月21日の記事を再編集したものです。

茨城と言えば何を想像しますか?関東圏内に住んでいても、近くに住んでいなければなかなか足を運ぶ機会も無いのではないでしょうか。ですが茨城県には実はカップル向けデートスポットがいっぱい!自然派カップルだけでなく、お酒好きカップルや文系カップルにも楽しめるスポットなど、見所たくさんなのです。

今回は、茨城県の中にあるカップルおすすめのデートスポットを紹介します。大人のカップルや夫婦にもおすすめできる施設がいっぱいです。また茨城県で大人気のお土産もご紹介。この記事を参考にして茨城を遊びつくしましょう!

スポンサーリンク

大人カップルも大満足!茨城のおすすめ観光スポット7選

国営ひたち海浜公園

遊園地を中心としたアミューズメント施設と自然のエリアが複合された大きなレジャー公園です。自然エリアは季節に合わせて様々な種類の花たちが咲き誇り、いつ訪れても楽しめます。特にネモフィラの花畑は県外からも多くの観光客が訪れるほどの人気で、毎回花の開花に合わせて繁忙期となります。東屋を囲むようなラベンダー畑も圧巻です。

みはらしの良いエリア・サイクリングエリア・樹木が多い茂るエリアなど、広大な敷地の中は大きくいくつかのゾーンに分かれています。全て堪能しようとするとかなり時間がかかりますので、見たいスポットを厳選しておくことをおすすめします。逆に体力に自信のあるカップルでしたら、ここだけで充分1日楽しめるほどの充実さを誇っています。




キリンビール取手工場

ビールの歴史や作り方を学びつつ楽しめる、大人のための見学ツアーが大人気のビール工場です。無料と有料のツアーに分かれていて、無料のものでも所要時間70分間と大満足な内容。ビールの元となる酵母を観察できたり、製造に使用する巨大な機材を見学できたり。もちろんツアーの最後には生ビールをいただくことができます。

そして毎月1回開催されている有料の90分ツアーでは、キリン特有の一番絞り製造の実験にも参加できるという大人の好奇心を刺激する内容です。

無料のコースでは試飲できない種類のビールもありますので、お酒好きのカップルでしたら日程を合わせて是非こちらをおすすめしたいです。いつも飲んでいるあのビールが、今日から違う味に感じられるかもしれません。

鹿島神宮

陶芸において世界的に有名な益子町の中心地に鎮座する神社であり、勝負事への必勝祈願として参拝の人気が高いです。スポーツや受験などの祈願のために学生さんがはるばる訪れることも多いのだとか。境内周辺には実に6000株の紫陽花が植えられていて、梅雨の時期は紫陽花に倣った行事も行われています。

特に初夏からお盆にかけては、見た目も内容も現代的にはユニークな行事が続きます。見学できるものも多いので、近くまで立ち寄ったら是非覗いてみたいもの。男性10人で巨大な器に注がれた大量の熱燗を飲み干す行事も人気です。自然豊かな神社に2人で訪れるだけで、心の穢れが無くなっていくようですよね。

日川浜海水浴場

春は桜、夏は海、秋の紅葉に冬は銀世界と自然豊かな茨城県ですが、中でも日立は観光客にも人気のスポットです。

日立というエリアだけでも夏は久慈浜海水浴場・水木海水浴場・河原子海水浴場・会瀬海水浴場・川尻海水浴場・伊師浜海水浴場と非常に多くの海水浴場が展開されています。どの海水浴場も各々の個性があり、それぞれ人気です。

これからどんどん暑くなる季節、たまには茨城県にまで足を伸ばしてのんびりとビーチを楽しむのも良いでしょう。特に久慈浜海水浴場は白い灯台と広い砂浜が特徴的で、都心からのアクセスも良いと評判です。

遠浅で穏やかな波なので、泳ぎが苦手なカップルにもおすすめできます。すぐ傍には新鮮な海の幸を扱っている市場もあり、思わず舌鼓が。

水戸芸術館

美術館・コンサートホール・劇場からなる芸術型複合施設です。遠目からも見える高さ100mの独創的な縦型モニュメントが目印になっています。コンサートホールの内装は特徴的な空間であり、特にクラシック音楽の響きが最も美しく鳴り渡るという専門家からも高評価の造りとなっています。

毎日何かしらのイベントが開催されていますので、アート&音楽が好きなカップルであればスケジュールを確認しておいて損は無いでしょう。週末の昼であれば玄関ロビーの吹き抜けエリアで無料のコンサートが行われます。巨大なパイプオルガンは必見です。アートギャラリーに差し込む光りも毎日その表情を変え、訪れた人の感性に訴えかけます。

つくばクレオスクエア

つくばでショッピングと言えばここに行けば間違いないでしょう!つくばエクスプレス駅から直通で展開されている大型ショッピングモールです。ワンフロア40店舗以上のテナントが広がり、お馴染みのあのブランドから都内でも珍しいあのブランドまで、数多くのファッションジャンルが取り揃えられています。

レストランフロアも納得の充実で、お手軽なファミリーレストランやファーストフードから、ちょっと贅沢な焼肉店や中華料理や海鮮まで幅広いニーズに応えます。また大型モールならではの季節のイベントも充実しています。夏はなんと広場でドジョウの掴み取りが開催されるのだとか!

こもれび森のイバライド

全国的な有名観光サイトにて、茨城県エリアでアクセス1位の知名度を誇る自然公園です。都市近郊型の農業公園として営業をしていて、都会ではなかなか触れ合うどころかお目にかかることもできない可愛いミニブタを中心に、ヤギやネコ、サルなどの動物と近距離で触れ合うことができる恋人にも家族にも人気のスポットです。

パン・ピザ・アイスクリームなどを作ることができるフードの体験教室も充実していて人気があります。大切な人と一緒に作ったアイスクリーム、それはとっても甘くて特別な美味しさなのでしょう。ジップスライダーなどのアドベンチャー施設もありますので、動きやすい格好で出かけましょう。茨城でしか飲めない地ビールも大人に人気の秘密です。

スポンサーリンク

茨城を遊び尽くせるかも?茨城ならではのデートスポットとは

アクアワールド茨城県大洗水族館

太平洋に面した茨城最大の水族館であり、日本国内でもトップクラスの規模を誇ります。人気のサメや可愛いラッコ、深海魚やイルカのショーまでその内容はとても充実しています。都会の水族館に行き慣れている人でもその展示の幅に息を呑むこと間違いなし。茨城の美しい川を再現したゾーンも清清しく新鮮です。




茨城県フラワーパーク

30ヘクタールの土地を有する広大な庭園施設であり、季節ごとに様々な花が咲き誇る人気スポットです。特にバラ園はカップル向きで、世界中の800品種のバラが30000株も植えられています。ダリア、やまゆり、アジサイにボタン・・・女性のみならず男性も目を奪われてしまう自然美に、2人の心の距離も近付いていくことでしょう。

大洗マリンタワー

富士山から那須連山まで見渡せる展望台が人気で、360度のパノラマから見渡せます。沈んでいくサンセットの光景はとってもロマンチックで、毎日カップルに大人気!夏は花火大会もよく見えるので繁忙期となり、多くの人で賑わいます。暗い所で光るファンタジーアートのエリアでは、願いを込めたミサンガを近くのロープに結ぶと叶うのだとか。あなたは彼とどんな願いをミサンガに込めますか?

スポンサーリンク

彼と一緒に楽しく選ぼう。茨城の人気お土産3選!

メロンバームプレミアム(ファームクーヘンフカサク/深作農園)

日本1の産地で自然農法で育った元気いっぱいのメロンがバームクーヘンとなったスイーツです。メロン丸っと1個分、約1kgのメロンピューレを使った究極のバームクーヘンとして、茨城県のお土産として安定した人気を誇っています。表皮はメロンパイ生地を使っていて、最初から最後まで余すことなくメロンが楽しめます。

メロンの果肉を15層のバームクーヘンで包み込み、最中深部にはメロンのようかんがぎっしりと詰まっています。まさにメロン天国、メロン三重奏!果物をイメージした愛嬌たっぷりの見た目も可愛らしく、家に帰っても美味しく楽しく思い出話に花が咲くことでしょう。




大黒豆ろーる(お菓子の麻呂宇土)

生クリームとスポンジと大黒豆の絶妙なバランスが人気の、見た目もインパクトがあるロールケーキです。一見普通のケーキに見えますが、包丁を入れてみると中からは大粒の黒豆が登場!希少価値の高い常陸大黒(ひたちおおぐろ)という味わい深い黒豆が、ふんわり&しっとりのスポンジで巻かれています。

常陸大黒は全国で初めて生産された、黒1色の花豆。また、日本1大きな黒豆でもあり、ポリフェノールの1種であるアントシアニンが通常の黒豆の約3倍も含まれています。大黒豆は濃厚な生クリームとの相性も抜群で、コーヒーでも日本茶でも合わせられる味わい深いスイーツです。

おみたまプリン

茨城県のご当地スイーツの看板のような商品であり、お土産に大人気のプリンです。2005年に販売が開始され、当時民放で放送されたのをきっかけにわずか数分で完売されたという伝説が残ります。平飼い卵とノンホモ牛乳をしたキャラメルの無いプリンで、濃厚な味わいが病みつきになります。

プリンの層は、自然にできるクリーム層とプリン層に分かれています。なめらかで柔らかな口当たりはまさに自然の優しさがそのままギュッと詰め込まれているかのようです。茨城の地元の生産品にこだわって作られた、高品質で高級感のあるスイーツであるおみたまプリン。家族や友人にもプレゼントしたい一品です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。自然の豊かな恵みが特徴的の茨城県。産地の野菜や果物の美味しさも然ることながら、地ビールもとても人気です。日程に余裕があるのなら1泊予約して、ホテルの中で地ビール飲み比べなんてプランもやってみたいですね!

首都圏からのアクセスもしやすいのが魅力の茨城県。もちろん日帰りでも充分楽しめます。次の彼との休みは思い切って少し遠出してみませんか?都会にいるだけでは感じられない素敵な光景に出会えるかもしれませんよ!

続きを読む

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -