実は約9割の男性がオーラルセックス好き!彼がしてくれない本当の理由と解決方法とは?

Sponsor
nachu

オーラルセックスは、女性がオーガズムを迎えるために欠かせない前戯。恥ずかしいけれど、「大好きな人が自分のすべてを愛してくれる」と伝わってきて、体の快感だけではなく心も安心感で満たされますよね。そのため、エッチの度に彼の熱い舌でじっくり、丁寧に舐めてほしい!と思っている女性は多いはず。

そんな理想とは裏腹に、「彼が舐めてくれない」「作業的に舐めるだけですぐ挿入」など、舐める行為を避ける男性が増えているようです。今回は、彼がオーラルセックスをしてくれない原因と解決方法についてご紹介します。

■9割の男性が実は好き!? でも舐めてくれない本当の理由

男性は舌での愛撫について、本音ではどう思っているのでしょうか?

『LCラブコスメ』が一般の男性157人を対象に行った調査によると、「オーラルセックスは好きですか?」という質問に約86%(135人)もの男性が「はい」と回答しているのだそう!「どちらともいえない」も10%(15人)で、「嫌い」と答えたのはたったの4%(7人)。

つまり、9割近くの男性が彼女へのオーラル愛撫が好きなのです。

しかし、LCラブコスメが女性側にもオーラルセックスに関する調査をしたところ、「彼がオーラルをしてくれない」「手での愛撫だけで終わらせる」など、彼の愛撫に不満を持っている女性からのコメントが続出しました。

<「オーラルは私がするばかりで、彼はほとんどしてくれません。(KONATSU☆さん/31歳)」>

<「彼はアソコを指で触れてくるだけで、すぐに挿入してしまいます(akaneさん/23歳)」>

<「手では愛撫してくれるのに、アソコには近づきません(sonoさん/31歳)」>

9割近くの男性が「オーラルセックスが好き」と回答しているのに、満足にしてもらえず不満を抱いている女性が多いのはなぜなのでしょうか?実は、本来口でするのが好きなはずの男性がオーラルセックスを避けてしまう「ある理由」があったのです。

              >>気がついて!男性がオーラル愛撫を断る本当の理由

ジャムウ

■男性がオーラルセックスをしない理由TOP3

『LCラブコスメ』が男性を対象に「女性のアソコへのオーラル愛撫を嫌う理由は何ですか?」とアンケートを行ったところ、「男性がオーラルセックスを避ける理由」が判明しました。

 第3位・・・女性器の陰毛が邪魔

アンダーヘアのお手入れが不十分だと「陰毛が邪魔で舐めづらい」「抜けた毛が舌や喉に貼りついて不快」など、彼の意欲をそいでしまうようです。お手入れ不足と感じたときは、専用のヒートカッター(Vライントリマー)などで、アンダーヘアの長さや量を整えるケアをするといいでしょう。

 第2位・・・女性器の見た目が苦手

複雑な構造になっている女性のデリケートゾーン、男性によってはグロテスクに感じてしまうようです。特に色は気になっているようで、「思った以上に黒ずんでいて萎えた」という声も。普段から専用の石鹸などでアソコの黒ずみをケアしたり、ラブタイム中は照明を暗くするなど、女性側も配慮してみてください。

 第1位・・・女性器のニオイが苦手

「あまりの強烈なニオイに息を止めた」「舐めたあといつまでも口の中にニオイが残る」など、アソコがニオった瞬間に舐めたい気持ちが萎えてしまうという男性が多数! 男性によっては「指に臭いが残りそう……」と、オーラルどころかセックス自体を避けるようになることもあります。

ジャム2

女性に対して同じ質問でも、自身のニオイが気になったことがある方は約4割。ニオイは慣れてしまうので、自分自身では気がつきにくいのです。

LCラブコスメのアンケートによると、「女性の性器を臭いと感じたのに、我慢して舐めたことがありますか」という問いに対し、なんと4人に3人もの男性が「ある」と回答しています。「私の彼はいつもオーラルをしてくれているから心配ない!」と思っている女性も、決して油断できません。

<「綺麗にしてくれているのは分かるけど…濡れてくると臭いがします!」(32歳/広告代理店)>

<「挿入前にクンニをしたところ、アソコのニオイがキツくて萎えてしまいました…」(26歳/金融)>

<「シャワーを浴びたはずなのに、アソコからチーズみたいなニオイがするのはなぜ?」(28歳/アパレル関係)>

「デリケートゾーンが臭う……」と思っていても、彼女には直接は言えずに我慢してしまうという男性も多いようです。

■毎日しっかり洗ってるのに!ニオイがするのはどうして…!?

「エッチ直前に必ずシャワーを浴びれば大丈夫!」と安心していませんか? 実は、デリケートゾーンのニオイの元は、シャワーで洗い流すだけでは落としきることができないのです。

女性の性器周辺の構造は複雑で、おりものや「恥垢」と呼ばれる垢、汗、尿などが残った特殊なタンパク汚れ、ホルモン周期や蒸れなどの要因で雑菌が繁殖しやすいんです。

さらにアソコは酸性の成分を含んでいます。これらが重なると、女性特有の酸っぱいニオイがアソコから発生してしまうのです。しかし、ニオイを気にして洗いすぎるのもNG! ボディタオルなどでゴシゴシと肌を強くこすったり、洗浄力の強いボディソープで洗ってしまうと、肌を守っている常在菌まで洗い流してしまい、かえってニオイの原因になってしまうことも。

また、洗い過ぎるのはニオイだけではなく、摩擦による黒ずみにもなってしまい、見た目の印象も変わってしまいます。

彼がオーラル嫌いになる前に、適切なデリケートゾーンのケアをしていくことが大切です。

>>正しいデリケートゾーンのケア方法って?

ジャムウ4

■彼がオーラルセックス好きに?絶頂オーラル体験がすごい

一方で、「いつまでも舐めていたい……!」と彼にたっぷり舌で愛されている女性たちもいるのです。

彼女たちのオーラルセックス体験談の一部をご紹介します。

<「これまでの彼女とのエッチで『ニオったからオーラルは苦手』と言っていた彼が、『うぇんちのはニオわないからイヤじゃない。むしろいっぱい舐めたくなる』と言ってくれました! ニオイの悩みがなくなったことで、彼の優しさや愛しさに気づけ、愛を深められました」(うぇんちさん/21歳・大学生)>

<「彼がアソコを舐めてくれてる時も不安でいっぱいで、意を決して彼に直接、「汚いから無理に舐めなくていいよ」と伝えました。ですが彼は「トットのは全然臭いしないから平気。つい舐めたくなる」と言って、またアソコにキスをしてくれました。」(トットちゃんさん/27歳・販売)>

<「いつも通り彼からのアプローチが。いつもはキスや胸を舐めまわした後に挿入して終わりだったのに、デリケートゾーンを舐めてきてくれたのです。「なんか今日はいつもと違うね。」私は感じながらも、すごく幸せな気分でした。ニオイが気にならないんだ!それだけで自信がわきました。その日はいつもより大胆だったかもしれません…(笑)」(ゆうさん/19歳 ・学生)>

彼が夢中でオーラルし続けたくなるアソコを手に入れた彼女たちは、一体、どんなケアをしているのでしょうか。

■ニオイだけではなく黒ずみ汚れの悩みも解消する!「3分パック」とは?

彼女たちが行っている適切なデリケートゾーンのケアとは、LCラブコスメの『LCジャムウ・ハーバルソープ』を使った「3分パック」

『LCジャムウ ハーバルソープ』はインドネシアの伝統的な天然ハーブを使った、デリケートゾーン用の自然派石鹸です。植物エキスの成分を凝縮し、日本人の肌に合うように作られているため、敏感なデリケートゾーンにも毎日安心して使うことができます。2003年に発売し、公式サイトには2,000件以上の好評な口コミがつくほど、LCラブコスメで人気ナンバー1の商品なんです。

ジャムウ5

「3分パック」の方法は、とても簡単!泡立てネットを使ってよく泡立てた『LCジャムウ・ハーバルソープ』の泡を、デリケートゾーンに乗せて3分後に洗い流すだけ。

保存料・安定剤等は一切使用していないので、デリケートゾーンだけでなく、ニオイが気になるワキや足など全身に使えますよ!

また、ニオイだけでなく古い角質汚れもさっぱり洗い流してくれるので、黒ずみの元もすっきり。見た目の清潔感も同時にケアできるので、明るい部屋でのエッチにも自信が持てます。

■デリケートゾーンの正しいケアで、オーラルを避ける理由がなくなる!

多くの男性が舐めるのが好きで、本音では「自分の舌で感じさせたい」と思っています。「自分には求めるのに、彼が舐めてくれない」「彼のオーラル愛撫が雑」なんて不満を抱いている女性は、一度自分のカラダを見つめ直してみてください。

彼がオーラルを避けている原因は、実は女性側にあるのかもしれません。適切なデリケートゾーンのケアをしてアソコのニオイが気にならなくなれば、きっと夢中で舐め続けてくれるはず。

オーラルセックスは、女性がオーガズムを迎えるために欠かせない前戯……。濃厚なオーラルセックスで、体の快感だけではなく心も安心感で満たされる熱いラブタイムを体験してみませんか?

『LCジャムウ・ハーバルソープ』を開発したLCラブコスメは、女性が運営しているセクシャルヘルスケアの専門ブランド。デリケートゾーンのケアアイテムをはじめ、香りで彼を誘惑する「ベッド専用香水」や、思わずあなたの髪をなでたくなるヘアパフュームなど、恋をする女性ならではのお悩みを解決してくれるアイテムが揃っています。「ラブコスメ」で検索すれば、あなたにピッタリのラブコスメがきっと見つかるはず。誰にも相談できずにいたお悩みを自宅でこっそりケアしましょう。

【提供】LCラブコスメ

一番読まれてる記事

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -