キスフレ・ソフレとは?恋人にならない3つの理由!作り方や男性心理もご紹介!

--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-TIG88_bednouederirakkusu

恋愛の形も友情の形も表現方法が多様になってきた現代。親愛なる相手にどこまですることがどういう関係なのか、明確なラインが消えつつあります。その顕著な例がキスフレやソフレ。フレは○○フレンドの略称ですが、「え、友達でここまでするの?」という表現方法が増えてきました。話題になっているキスフレとは?ソフレとは?一体どんな関係でしょうか。作り方や男性の心理もご紹介します。

スポンサーリンク

キスフレ・ソフレってなに?

--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-BO150403366338

そもそも○○フレって?

友人関係であってもちょっと性的なイメージがある行動を伴うとき『○○フレ』という表現は古くから使われます。最も古いメジャーなものはセフレでしょうか。セフレとは言うまでもなく『セックスをする友人』という意味です。

しかしセックスは本来、恋愛関係や夫婦関係の間で行われるコミュニケーションのひとつであり、そのため、セフレという関係は友人という名を借りたセカンドであったり浮気相手であったりすることが殆どという認識の人も多いでしょう。

セックスのようにわかりやすく恋人関係の行動を友人関係に持ち込むだけでなく、最近では、キスフレやソフレという新しい○○フレと言われる関係が登場しています。キスはもともと海外では家族や親しい友人の間でも行われます。添い寝も同性であれば問題ないという考えもあるでしょう。

つまり今、こういった価値観によって恋愛かどうかはっきりさせにくいけれど、恋人間でよく行われる行為をする友人関係が広まりつつあります。

他にもハグをするだけの関係であるハグフレも○○フレのひとつです、ハグは日本人も現代では行う人は増えています。ここまでくると、どこからが恋人と言っていいのか、境界線は個人の裁量となってきます。自分自身で持つかどうかはさておき、キスフレやソフレとは何か、理解を深めてみましょう。




キスフレは普通“どこまでする”の?

キスは日本ならかなり恋人よりの関係で行われる行為。キスにも様々ありますが、キスフレは具体的には一体どのような関係でしょうか。これは驚くのですが、本当にキスだけの関係という人が多数のようです。キスという行為が好きな者同士なら、よい関係が保てるようです。

よくあるパターンとしては、遊びに行ってキスをする程度。キスはお互いの了承があればディープキスなど濃厚なキスもアリというキスフレもいるようです。それでもセックスまでは進まない、おつきあいとしても進行しない。曖昧なラインでありながら、友人というフレームは越えないのです。

ソフレは添い寝だけ?

ソフレは添い寝をする友人関係です。一緒にベッドで横になっても何もおきないというのは、かなりの信頼が必要とされる友人でもあります。添い寝以上のことがないために、安心感があるというおもしろい関係ですが、これもお互いに同じような価値観でなければ継続は難しいつながりです。

ソフレにしろ、キスフレにしろ、興味深いのは別に好きな人や恋人がいたり、既婚者もそういう関係を持つ人がいることです。セックスがない関係とはそれほど曖昧で、罪悪感も薄れてくるのです。では逆にキスフレやソフレから恋人になることはあるのでしょうか。なぜ恋人ではなく、キスフレやソフレなのか、その理由を調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

キスと添い寝はしても恋人にならない3つの理由

62e05de6f74538f065fb3fcac7a786e9_s

一対一の恋愛関係がめんどう!

キスフレやソフレを持った経験者が語る圧倒的多数な理由が『恋愛関係が面倒』というケースです。恋愛関係とは一対一な上、妙齢であれば結婚も視野に入れることもあります。その上、パートナーとして一対一の関係でいようとすると、お互いの恋愛に対するモチベーションの差が、メンタル的にも負担になることも少なくありません。

「束縛がキツかった」「一対一で恋愛一色の関係は今はいい」そう考える人も、だからといってたったひとりで孤軍奮闘する人生を24時間何年も続けるのは少ししんどいところです。そういう癒やしを求めた上で、しんどい恋愛はパスしたいという人には、キスやハグ、添い寝ができるくらいの信頼がありながら、恋人までの関係ではないという軽さが心地よいのです。




コミュニケーションで健康に!?

キスや添い寝はコミュニケーションのひとつです。同時に異性とキスフレやソフレという関係を持つと、自分が女性だと思い出させてくれる効果もあります。それだけでなく、人との肌の接触は人間にとって必要不可欠です。

小さい赤ちゃんがスキンシップを愛情として求めてきますが、それは愛情を人の体温から感じることで体の免疫もアップします。このような家族が得るような情の心地よさを求めている人も多いようです。

恋人は長くつきあうと家族のようになってときめきが減り、マンネリ化するとも言われます。つまりキスフレやソフレの関係はときめきからの倦怠期を飛ばして、家族のような関係になっているのです。女性を感じながらも、異性相手としてのときめきがあるわけではない、友達以上、恋人未満のような、美味しいところ取りの関係でもあります。

恋人になる決定打を打ちたくない

家族のようだとか、恋愛が面倒だとか、恋愛からきれいに切り離して、キスフレやソフレを持つ人もいますが、一方で恋愛に臆病だからこそのキスフレやソフレもいます。例えば親しい友人を好きになって、友人としてとても大切で失いたくない場合、告白をすることで関係が悪くなるかもしれません。フラれたときを心配して、決定打を打てない人は、キスフレやソフレという関係で恋人気分だけを味わうという人もいます。

ただこの場合、問題なのは、キスフレやソフレになる時も同じようなリスクは0ではないということです。告白するほどのダメージはなくても、ソフレやキスフレも相手の価値観が合わなければ、結局疎遠になることは十分にあり得ます。

そう考えると、キスフレやソフレはあくまで恋人外の関係であり、恋愛感情がある場合には相手に選ぶべきではないと言えます。または相手の価値観をしっかり理解した上でどうするか決めましょう。

「酔ってキスしただけ」がセーフな人もいれば「キスしただけで浮気」と考える人もいるので、キスに対して恋愛の比重が大きい人は相手がキスフレを持つことも、キスフレをよしとする価値観が理解できないのは十分に想定できることです。決定打を打ちたくない恋愛のキスフレやソフレは恋人関係への助走期間にはならないと考えるべきでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

キスフレ・ソフレの作り方

TAKEBE160224290I9A0418_TP_V

親しい友人から始まる関係

信頼ができる相手だからこそ可能なキスフレやソフレは、もともと親しい友人だったというケースが多いようです。リアルに見つけるなら一番高確率ではありますが、いきなりキスフレやソフレは交渉しない方がいいでしょう。また恋愛感情がお互いにないこともポイントです。

自分が恋愛感情がないとしても、相手に恋愛感情があれば、キスフレやソフレのメリットである曖昧さや干渉のなさというメリットが失われます。

またソフレやキスフレになった時は相手を知っているからOKと思っていたところ、どちらかに恋愛感情が芽生え、関係がこじれるケースもないわけではありません。お互いに最初にきちんと価値観が共有できることが大切です。




ネットで同じ趣味の人を募集

恋人探しや婚活で活用されているネットでの出会いは実はソフレやキスフレにも向いています。恋人探しには出合い系ならではの危険があるので、避ける人も少なくありませんが、こういった特殊な恋愛とも友人ともつかない関係は、初めから同じ価値観を持つ相手であれば成立しやすくなります。そのためにネットでソフレやキスフレを探している人と出会うのは有効です。

婚活もそうですが、結婚という共通目的があるため、婚活サイトでは出会い系サイトより成婚率が上がります。これと一緒で、目的が初めから同じ人が集まるコミュニティで相手を探すと、キスフレやソフレと出会えるのです。もちろんリスクがまったくないわけではありません。

中にはそういう趣味があると装っている人もいるでしょう。同じ傾向があるからと安心してすぐそういう関係になるのではなく、しばらく時間をかけて、相手を見極めることも大切です。

信頼できる身近な人から

親しい友人から始まる例だけでなく、友人でもないけれど恋人としてのターゲットでもない相手とソフレやキスフレになる人もいます。これはどんな関係かというと、女性から見ると、先輩や上司のような友人とは違うけれど安心できる身近な人というケースです。

安心したい関係、信頼できる関係として人の体温やふれあいを求めるには、頼りがいがある身近な相手はぴったりの相手です。

恋人になりたいようなときめきがなくても、安心できてほっとする人とちょっと気軽に寄り添いたいと思うなら、相手さえOKならほどよい距離感を保った上で、いいキスフレやソフレになれる可能性を持っています。

キスフレは欲しい?欲しくない?男性の心理とは?

b943c3d91d060463491177e7ff0c9b6b_m

キスフレをどう思ってる?

男性にとってキスフレやどんなイメージを持っているのでしょうか。あるリサーチによると、3割の男性が欲しい、7割が不要と考えているようです。キスフレが欲しいというタイプは決して主流ではありません。それでもキスフレを求めるのはやはり、面倒な恋愛関係はいらないけれど、ちょっと誰かと触れ合っていたいという心理が働くようです。

また、男性によってはキスフレはセフレの前段階と考えている人もいます。恋愛関係はいらないというタイプだから起こる。「気軽なふれあいができるキスフレ」→「気楽にセックスのみを楽しむセフレ」と進化するようです。進化の先が恋愛ではないところは興味深いところです。

友人でもない、恋人でもない関係になってしまうキスフレは、人恋しいけれど曖昧な関係が欲しい時に欲しくなる関係だからこそ、キスだけでなく、体のさみしさも埋めたくなる相手へと進化しやすいのかもしれませんね。

また、実は恋愛感情を隠して近づくという人もいるようです。大人になると必ずしも告白をしてからおつきあいしてという流れになるとは限りません。抑えられない気持ちからキスをしたものの、そこからどう進むのか関係が曖昧なままなしくずしにキスフレを続けているというケースもあります。

キスをするくらいの好意はある、けれどそれより先に進むほどのエネルギーはお互いがないという時に、友達以上、恋人未満のキスフレはとても都合がいい関係です。




ソフレをどう思ってる?

ソフレもキスフレと同様に欲しいという男性は少数派です。添い寝だけのソフレという関係は成立するとしているのは、ある調査では3割を切っています。これはつまり7割は無理!と考えているということ。その理由は「添い寝だけでは収まらない」が最も多い理由です。

実は筆者もソフレと明言はしないものの、添い寝をしたことがありました。確かにその場では何もないのですが、それがどういう相手かと言えば「元カレ」だったわけです。

恋愛関係は既に終わってる上に経験済み。お互いフリーならケンカ別れしたわけでもないし、なんとなく一緒に寝るくらいならいいという関係はまさに現代のソフレの感覚に近いかもしれません。恋人感より縁側で茶をすするような老夫婦のような関係です。ソフレというのはこのような家族に持つような感覚に近いかもしれません。

やはりきれいに別れた元カレくらいでなければ、なかなか添い寝だけでOKとする男性は少数派のようです。これもどちらかが未練を持っていれば即こじれるので要注意の相手なので気をつけましょう。

そしてこの少数派のタイプがソフレOK派なのですが、そこにはセックスへの期待度の低さや自信のなさが見て取れます。セックスへの興味が薄い人や自信がない人も、人肌が恋しい時はあるものです。そういった時にセックスをしなくていいけれど、添い寝して抱きしめることができる相手は貴重なのです。男性にとってソフレがセックスの話と直結してしまうのは、男性と女性がセックスに対してメンタル的な重きを置く比重の違いともいえます。

女性はセックスに愛情を求めますが、男性は好意くらいであってもその気になれる人は多くいます。ソフレをするほど気を許す関係ともなれば、恋愛対象とまではいかなくても、セックス対象になることはあり得るのです。

男性からキスフレ・ソフレに誘う心理は?

女性がキスフレやソフレを募集して男性がそこに乗ってくるというケースが多いように感じますが、それはやはり、男性にとってキスや添い寝はセックスへの前哨戦である場合が多いからでしょう。はじめからそこで止める自信があってキスフレやソフレをする人でなければ、その後の関係を意識している人が多いのです。

7割の人がそのような感性で受け止めるキスフレやソフレを、あえて自分から誘ってくる男性はどんな心理で実行に移しているのでしょうか。

今までに出てきた女性の心理とも近いのですが、さみしいからという感情は少なからずあるようです。誰かと触れたいという感情は男女共にさみしさを埋めたい気持ちが発端になっているのです。人間が嫌いな人ならあえて他人と関係を築こうとはしないでしょう。

また、キスや添い寝がストレス発散につながるからという気持ちもあるようです。疲れた時の癒やしとして、恋人や夫婦のようなきちんとした関係ではなく、曖昧だからこそ、ホッと一息つける相手が欲しいという気持ちから、癒やされたい相手を誘うこともあります。

気をつけたいのがセフレ候補を探して誘う男性です。キスフレやソフレは恋愛抜きの気楽な関係である一方、人との関係は求めたいさみしい気持ちを持つ人も少なくないので、さみしさをついてキスフレやソフレから次のステップとしてセフレを考えている人もいないわけではありません。

キスフレやソフレはあくまでそこまでの関係。それ以上のことを匂わせる相手はキスフレやソフレにはあまり向いていないといえるでしょう。

ソフレやキスフレはまずそれらに対しての価値観と恋愛の価値観を確認し、近い感性の人から選ぶ方が無難です。

まとめ

誰かが欲しい。けれど責任は持ちたくない。そんな元気は今はない。そういう人にとって、セフレやキスフレは気軽に人の体温を感じられる、新しい画期的な関係です。さみしさを埋めたい時に手軽にそばにいられる手軽さは一度ハマると手放せなくなるかもしれません。メリットも多いキスフレやソフレですが、曖昧であるがゆえに、相手との価値観の合致は不可欠です。

簡単に重たいものを抱えたくないと始めたキスフレやソフレをこじらせてしまったり、セフレに進化して後悔するなんてことがないように、自分がどんな風にキスフレやソフレと関係したいかははっきりとした意志を持っておきましょう。未来を約束する関係ではないからこその良さを楽しむためには、自分がどんな価値観を持っているか知ることが大切です。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -