韓国の季節に合わせた服装とは。暑くて寒い国?初韓国の方必見の見どころもご紹介!

日本から2時間ほどで行ける上に、LCCなどで気軽に行ける韓国は、日本人に根強い人気の旅行先です。時差もなく、気候も似ているため、準備はしやすい国ですが、やはり日本より北に位置し、島国ではなく大陸にありますので、実は気候に大きな違いがあります。

日本と同じ服装で行くと、失敗してしまうこともありますので、初・韓国旅行を計画中のあなたへ、知らないと損をするかも?韓国の天気、服装、見どころなどをご紹介します。また韓国のおすすめファッションスポットもあわせてご紹介。ぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

日本より寒い?韓国の春の気候と服装&みどころ

7-image2

韓国・春の気候

3月上旬はまだまだ春とは程遠く、日本よりも寒い日が続きます。朝晩に急激に冷え込むこともありますが、雨が降らないので外出はしやすい季節と言えます。

中旬ごろから少しずつ、暖かい陽射しがちらほら。4月ごろから、日中と朝晩の気温の差が大きくなりますので、体調を崩さないように注意しましょう。中旬からは、春らしい穏やかな気候になります。

5月入ると、20度近くまで気温が上がってきますので、夏のように感じる日も増えてきます。

韓国・春の服装

3月上旬はまだまだコートが手放せない寒さが続きますが、下旬から徐々に暖かくなります。朝晩は冷えますので、すぐに着脱できる薄手のコートやセーターを持っていくと良いでしょう。この季節は、湿度が低く、風が強い日は黄砂が舞っていることがあります。マスクも忘れずに携帯しましょう。

韓国・春の見どころ

3月下旬ごろから、韓国の南に位置するチェジュ島から桜前線が北上します。4月中旬ごろからソウルでも桜見が楽しめます。また、レンギョウ、ツヅジなど、韓国の花盛りの季節、市内の公園や野山を美しく彩ります。汝矣島(ヨイド)では桜祭りが開かれ、南山(ナムサン)、オリニ大公園、徳寿宮(トクスグン)など、桜の名所として見どころのスポットとなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

美味しいかき氷がピッタリ!韓国の夏の気候と服装&見どころ

7-image3

韓国・夏の気候

高温多湿の日々が続きます。一年の降水量の半分以上がこの夏に集中しており、高温多湿の夏と言えるでしょう。6月のソウルの平均気温は、ほぼ東京と同じくらいで、東京ほどジメジメしていませんが、強い日差しが照っています。梅雨の季節も始まり、強雨になることもありますので注意が必要です。7~8月になると、日中は30度を超える真夏日になります。

外出の際はしっかりと紫外線対策が必要です。雨具も忘れずに持参しましょう。

韓国・夏の服装

日本の夏と同じ服装でほぼ大丈夫ですが、6~7月は梅雨の季節です。必ず折りたたみ傘、レインコート、あるいはパーカーなどを持参するようにしましょう。一年の中で7~8月は最も高温多湿になる季節です。それでも湿度は日本より低く、まだ日本よりは過ごしやすいと感じるかもしれません。突然の夕立には注意しましょう。

韓国・夏の見どころ

日本のように蒸し蒸しはしませんが、それでも日中30度を超える夏日になる韓国では、涼しい水の近くがおすすめのスポットになります。ソウル中心に流れる漢江(ハンガン)は、観光客だけではなく、地元の人にも人気の憩いの場。

遊覧船クルーズや、漢江公園、展望台など様々な楽しみ方ができます。韓国と言えば、小豆やフルーツが乗ったパッピンス(かき氷)がおすすめ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

旅行に快適な季節。韓国の秋の気候と服装&みどころ

7-image4

韓国・秋の気候

春のように、晴れの日が多い韓国の秋。9~10月は風もあまりなく、湿度も70%前後となりますので、観光するにはベストシーズンです。9月上旬から猛暑ではなくなりますが、日中気温が25度を超えることもあり、残暑の厳しい時期となります。中旬以降、朝晩が涼しくなりますので秋を感じることができます。

10月以降、平均気温が20度を下回りますので、快適な日々ですが、徐々に気温が下がり始め、すぐに肌寒い季節となります。11月には冬のように寒い日も多くなり、下旬には氷点下になりますので、この季節は特に、旅行前には気温のチェックが必要です。

韓国・秋の服装

台風シーズンの9月、そして10月に入ると朝夕の温度差が非常に大きくなる季節です。セーターやカーディガンなど、簡単に脱ぎ着できる上着で調節するようにしてください。

韓国・秋の見どころ

比較的過ごしやすく、旅行に最適な季節。情熱の国、真っ赤なキムチ料理の印象が強い韓国ですが、秋には古宮を美しくしっとり彩る紅葉がおすすめ。また、夏におすすめした南山など、公園や郊外の山へ出かけると紅葉や銀杏など、赤や黄色に染まった木々を愛でることができます。また、仁寺洞や北村にある韓国の伝統茶屋でお茶をいただくのも風情があっておすすめです。

凍える冬も韓式サウナやお鍋が◎韓国の冬の気候と服装&みどころ

7-image5

韓国・冬の気候

韓国の冬は、大陸性高気圧の影響で、強烈な寒さです。空気も乾燥しますので、旅行の際はホテルで加湿器などをレンタルすることをおすすめします。12月は氷点下になり、本格的な冬シーズンのスタートです。雪が降り、体感温度もマイナスになります。1月にはほぼ毎日氷点下で、最も寒いシーズンです。芯から冷えますので、十分に注意してください。

2月ごろ、寒さのピークは過ぎますが、日中と朝晩の気温差が激しので、体調管理に気をつけましょう。

韓国・冬の服装

乾燥した空気と、体の芯から冷える厳しい冬は、厚手のコート、手袋、タイツ、防寒対策はしっかりと準備しましょう。ただし、韓国は室内がオンドルによって暖かいため、逆に汗をかかないように、脱ぎ着がしやすいものがおすすめです。

韓国・冬の見どころ

韓国の厳しい冬には、韓国ファッションスポットでショッピングがおすすめ。韓国旅行にはショッピングが目当てで訪れる人も多いのでは?ファッション、コスメなど、最新韓国アイテムをゲットしに、ショッピングへお出かけしてみてはいかがでしょうか。

また、寒い時期には韓国鍋とサウナは外せません。カムジャタン、キムチチゲ、ブデチゲ、ありとあらゆる鍋が美味しい季節です。サウナでは、アカスリやマッサージなどがおすすめ。

オルチャンファッションのトレンドが集結…韓国・ソウルで人気のファッションスポット

7-image6

サムジキル

人気の観光地、仁寺洞(インサドン)にあるサムジキルは、世界から韓国旅行へ訪れる観光客に人気のスポットで、現地の若者も多く訪れます。70以上の個性的なショップが入っており、現代の韓国の若者ファッション事情を感じることができます。また、韓国のお土産ショップや露店も多く並んでいますので、韓国へ来たら必ず行っておくべきスポットと言えるでしょう。

【住所】ソウル市鍾路区寛勲洞38番地
【電話番号】02-736-0088
【営業時間】10:30~20:30
【定休日】旧正月・秋夕

コエックスモール / COEX MALL

地下鉄2号線のサムスン駅から直結している、大型ショッピングモール。ファッションショップやレストラン、映画館や水族館まで入っている巨大アミューズメント施設です。現地の人にも人気があり、丸一日かかっても見飽きない、見どころいっぱいのスポットです。韓国観光でファッションアイテムをゲットするならココ。

【住所】ソウル市江南区三成洞159 貿易センター COEXMALL
【電話番号】02-6002-5300
【営業時間】10:00~22:00
【定休日】なし
【ホームページ】http://www.coex.co.kr/jpn/

GOTO MALL

韓国女子のファッションを知りたければココがおすすめ。韓国のプチプラショップが並ぶ、全長880mの巨大地下街ショッピングモールです。約630もの店舗が並び、そのほとんどがファッション関係のお店となっています。

その他シューズや小物、アクセサリー、コスメまで、現在の韓国ファッションアイテムに溢れかえった、韓国ファッション好きな女子に嬉しい楽しいショッピングスポットです。

【住所】ソウル市瑞草区盤浦洞163
【電話番号】02-535-8182
【営業時間】9:00~22:00
【定休日】旧正月、秋夕

コモングラウンド / COMMON GROUND

韓国の若者から高い支持をうけている、国内初、世界最大規模のコンテナショッピングモール。200個もの大型コンテナを組み合わせて構成されている建築物で、コンテナマーケットでも世界有数の規模を誇ります。韓国ファッションのお店がひしめきあい、レストラン、カフェなどおしゃれなお店がたくさん並んでいます。流行に敏感な若者が集いますので、韓国旅行の際にはぜひアクセスしてみてください。

【住所】ソウル市広津区紫陽洞17-1
【電話番号】02-467-2747
【営業時間】11:00~22:00
【定休日】なし
【ホームページ】http://www.common-ground.co.kr/jp/main.html

江南駅 地下ショッピングセンター

ソウルにはたくさんのショッピングスポットの中の1つ、カンナム駅の改札を出るとすぐのところに広がる、ソウル内でも大きい規模の地下商店街です。20~30代の女性をターゲットにしており、最新韓国ファッションを知るならココがおすすめです。

ファッションはもちろん、コスメ、アクセサリー、雑貨が揃います。リーズナブルでお洒落な韓国土産を探すならココがおすすめです。

【住所】ソウル市江南区駅三洞821-1 地下
【電話番号】02-553-1898
【営業時間】10:00~22:00 ※店により異なる
【定休日】旧正月、秋夕

ミリオレ東大門

元祖ファッションビルと言えば、東大門のミリオレです。韓国のファッションビルの先駆けとしてオープンして以来、現在に至るまで東大門のランドマークであり、韓国最新ファッション情報発信地として、今も若者に人気のスポットです。ファッションフロアには300もの店舗が入っており、韓国ファッションアイテムからキッズ、マタニティグッズ、雑貨までありとあらゆる商品が揃っています。

【住所】ソウル市中区乙支路6街18-185
【電話番号】02-3393-0005
【営業時間】10:30~翌4:30
【定休日】月曜日、正月、旧正月、夏季、秋夕

ドゥータモール / DOOTA MALL

東大門市場にある、このエリアの代表的存在のファッションビルです。まわりにミリオレなどもあり、コリアンブランドを全面にうちだした、特徴的なコンセプトをかかげ、今もなお人気を誇る韓国でも有数の巨大ファッション市場となっています。ブティックの数は100を超え、韓国の新進デザイナーによるファッションも。今注目のデザイングッズをゲットするならココがおすすめ。

【住所】ソウル市中区乙支路6街18-12
【電話番号】02-3398-2386
【営業時間】月~土10:30~翌5:00、日10:30~0:00
【定休日】旧正月、秋夕、夏季
【ホームページ】http://www.doota-mall.com/en/index.do

まとめ

韓国の季節ごとの天気や特徴、服装や見どころを紹介しましたがいかがでしたでしょうか。初めて韓国旅行へ行く方は、日本と同じような服装で行くと、後悔することもあります。特に冬は日本とは比較にならないほど寒い季節ですので、防寒、乾燥対策はしっかりと準備していきましょう。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -