【スイーツビュッフェ】京都のおすすめホテル7選!上品な人気スイーツをいただこう。

PAK75_resumakaron20140304_TP_V

https://www.pakutaso.com/20140333076post-3948.html

京都は多くの料理や甘味の文化を継承する街。ですがそんな中でも洋菓子のスイーツビュッフェは多くの女性からの人気を得ています。

今回は、京都でおすすめのスイーツビュッフェをご紹介します。お友達や彼とはもちろん、観光や旅行でも訪れる機会の多いッ京都。せっかくでしたらお気に入りのホテルビュッフェを見付けて、宿泊場所までこだわっていきましょう!

スポンサーリンク

京都観光にもおすすめ◎人気のホテルスイーツビュッフェ

8369363664_9616409d92_z
photo by James Petts

カラフルで目にも楽しいキュートなスイーツがたくさん!【京都タワーホテル】

タワーホテルのスイーツビュッフェは「とにかくフォトジェニックでインスタ映えがする」と評判です。色とりどりで目にも楽しく、煌びやかなのにホームメイド感の暖かみがあります。ヒルトンの派手さとはまた違った可愛さの魅力があるスイーツで、お腹も心も満たされること間違いなし。

2017年にオープンしたばかりのダイニングで楽しいひと時を【京都センチュリーホテル】

2017年11月にリニューアルオープンし、広々としたホテルのラウンジを使ったモダンでエレガントなレストランとなりました。「カスタムメイド・ビュッフェ」を掲げ、目で楽み食感でも楽しめる様、料理スタイルを構成しています。スイーツも例外ではなく、一切手抜きの無い上質なホテルスイーツです。

洗練されたスイーツで最高のアフタヌーン【ホテルグランヴィア京都】

アフタヌーンティータイムに開催されるスイーツビュッフェがクオリティが高いと評判。特別な瞬間のために丁寧に作られた美しいスイーツが、ビュッフェ形式で食べ放題だなんて感激です。色彩的だけではなく立体的な造形美は溜め息が出ますね。軽食も付いていて安心です。

本格派ビュッフェをカジュアルに楽しく【ホテル京都京橋グランデ】

京都と言えば和菓子が食べたいと思いませんか?こちらのビュッフェでは、種類豊富な洋菓子はもちろんのこと和菓子まで広いバリエーションのスイーツが揃っています。生クリームでちょっとお腹がもたれそう・・・という時のみずみずしいわらび餅や黒豆茶なんて最高に美味しいですよ!

宝石のようなスイーツに目がキラキラ!【ウェスティン都ホテル京都】

朝食からディナーまで1日を通してビュッフェスタイルの食事が楽しめます。色鮮やかなスイーツコーナーはどれから食べようか迷っちゃいます!スポンジケーキにムースケーキ、グラススイーツやタルトまであらゆるスイーツが勢ぞろい。山盛りに詰まれたマカロンは乙女心をくすること間違いありません。

パティシエの作る本格的なケーキバイキング【グランドプリンスホテル京都 ロビーラウンジ】

定期的に開催されるシーズン限定ビュッフェはファンが多い・・・と言うのも、京都って実は「適度な価格帯のホテル」を探し辛いんですよね。高級ホテルか観光客向けの格安ホテルが多く、庶民のプチ贅沢で楽しめるこちらのホテルビュッフェはスイーツ好きにも重宝されるのです。

四季で表情を変える東山を見渡しながらの贅沢な時間【京都ホテルオークラ トップラウンジオリゾンテ】

京都に雄大に聳え立つ東山を見渡しながら、心穏やかな贅沢な休日をスイーツと共に堪能することができます。ビュッフェの料理のクオリティはお墨付き!ランチもディナーも両方でスイーツが楽しめます。ちなみに毎週火曜日はビュッフェがお得な料金で楽しめるので狙い目です。

  • 住所:京都府京都市中京区河原町二条南入一之船入537-4
  • 電話番号:075-254-2534
  • 営業時間:ご朝食 7:00~10:00
    ランチ 11:30~14:30(最終入店)
    ※土・日・祝 11:30~、13:30~
    ディナー 17:30~20:00(最終入店)
    ※土・日・祝 17:00~、19:10~
    カクテルラウンジ  20:30~23:00
  • ホームページ:http://okura.kyotohotel.co.jp/restaurant/orizzonte/
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ホテル以外にもあるから目移りしちゃう…京都で人気のはんなりスイーツビュッフェ

10375903453_7ea9e79e70_z
photo by Norio NAKAYAMA

ケーキショップの開催する月ごと限定のビュッフェ【洋菓子のカトレア新十条店】

美味しいのに安い!とコスパ抜群のケーキビュッフェ。ケーキ専門店が開催しているので味の保障はバッチリです。レンガ作りの黄色い壁が可愛いドールハウスのような建て構えが特徴。ビュッフェイベントは月ごとの開催となっていて、地元の人からも高い人気を誇っています。1つ1つのスイーツのクオリティに感心します。

  • 住所:京都市山科区西野広見町46-11
  • 電話番号:075-591-4677
  • 営業時間:9:00〜20:00
  • ホームページ:http://cattleya-kyoto.com

珍しい!豆腐レストランのケーキバイキング【不二乃 京都伊勢丹店】

基本的にはお豆腐料理をメインとしたお豆腐スイーツのお店なのですが、不定期でビュッフェを開催しています。お豆腐で作ったケーキやソフトクリームは、豆腐特有の苦味すら心地良く味わい深い洗練された甘味です。甘ったるいだけがスイーツじゃないということをよく教えてくれる名店です。

  • 住所:京都市下京区京都駅ジェイアール伊勢丹11階
  • 電話番号:075-352-5401
  • 営業時間:午前11時~午後10時(ビュッフェは不定期開催のため公式HPを要確認)
  • ホームページ:http://www.kyotofu.co.jp/shoplist/isetan/isetan-about

地元民にも大人気のスイーツビュッフェ【トゥレ・ドゥー】

毎週土日限定開催されるスイーツビュッフェ。時折日曜日が休みの時もありますので公式ホームページでチェックしておきましょう。季節の旬の食材を使った美味しいスイーツは、何度来ても新鮮な気持ちで楽しめます。まるでホテルスイーツのような繊細な作りでお得感も高いです!

  • 住所:京都市中京区三条通新町角
  • 電話番号: 075-254-6645
  • 営業時間:一部 13:00~14:30 二部 15:00~16:30(日によって変動ありのため公式HPを要確認)
  • ホームページ:http://www.nau-now.com/cake/touslesdeux/
スポンサーリンク
スポンサーリンク

京都のスイーツ巡りは終わらない。おすすめ甘味処スポットは?

6695271253_21a304e497_z
photo by PRONorio NAKAYAMA

豆腐ソフト・黒豆コーヒーなどヘルシーで美味しいメニューがたくさん【トーフカフェフジノ 北野店】

お散歩や観光の途中で、ふっと立ち寄りたくなる和菓子屋さん・・・かと思いきや、実はこちらのお店はお豆腐の専門店。国産大豆から作られたこだわりのお豆腐を使い、バリエーションに富んだスイーツを提供しています。豆乳ソフトクリームやパフェは甘さ控え目で美味しいです。黒豆コーヒーは女性に高い人気。

  • 住所:京都市上京区今小路通御前通西入
  • 電話番号:075-463-1028
  • 営業時間:午前10時~午後6時(2階お食事処:午前11時~午後2時L.O./1階カフェカウンター:午後5時L.O.)
  • ホームページ:http://www.kyotofu.co.jp/shoplist/main

特製椿油から簪などの和雑貨まで幅広いアイテムが【かづら清老舗】

京都祇園のかづら清老舗。椿油で有名ですね。簪や櫛など様々な和雑貨までそろっています。店内はかなり広いので、髪を気にする女性であれば時間をかけて見繕いたいものですね。職人さんの手によって作られた美しい櫛は、手に持つだけで女性としての自信が内側から溢れてくるのを感じます。

  • 住所:京都府京都市東山区祇園町北側285 サロン霜雅
  • 電話番号:075-561-0672
  • 営業時間:10:00~19:00
  • ホームページ:https://www.kazurasei.co.jp

世界に1つだけの「箱」に心を込めて・・・【十八番屋 花花】

「箱」屋さん、と聞いてもあまり最初はピンと来ないかもしれませんね。ですがこちらはその通り、あなただけの箱を作ってくれる素敵なお店。贈っても貰っても嬉しく心の暖まる「箱」の中に、お菓子などお好きな物をチョイス。相手のことを想いながらあなたが選ぶ柄で作った箱は、その人にとってきっと大切なギフトになるでしょう。

  • 住所:京都府京都市伏見区肥後町359-1
  • 電話番号:なし(問い合わせは公式HPのメールのみ)
  • 営業時間:11時00分~18時00分
  • ホームページ:http://www.ohako.co.jp/

まとめ

いかがでしたでしょうか。京都のおすすめホテルスイーツビュッフェ、おすすめスポットなどをご紹介しました。

文化と歴史が息づく街である京都。その「文化と歴史」の中にはもちろん甘味も入っています。

形を変えながら進化していく京都スイーツの、現時点での1つの完成形の姿を是非味わってみてください!そこにはきっと「美味しさ」以外の感情が芽生えるはずです。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -