ラングドシャを作ろう!お手軽レシピで簡単調理。アレンジでバリエーションも広がる◎

MMO_kumatocyokore-to_TP_V

独特で軽やかな食感と優しい甘さが人気のラングドシャ。地方のお土産でも人気ですよね!周りはクッキーのようにカリカリなのに中はそこはかとなくしっとりとしていて・・・ラングドシャは子供から大人まで人気のスイーツの1つです。そんなラングドシャが自分で簡単に作れるのはご存知ですか?

今回は、お菓子作りの初心者の人でも簡単に挑戦できる手作りラングドシャのレシピをご紹介します。家の中に余っている卵白と基本材料を足すだけで、お店で売っているような絶品ラングドシャに早変わり!アレンジレシピや上手に作るコツなども解説していきます。

スポンサーリンク

初心者でも簡単・美味しい!手作りラングドシャのおすすめレシピ

4708495681_6b4c773cc2_z
photo by Vegan Feast Catering

卵白メインで作るシンプルなラングドシャ

  • 卵白100g
  • バター90g
  • 砂糖90g
  • 小麦粉90g

最初にご紹介するのは、最も基本的な材料のみで作れるオーソドックスなラングドシャです。作り方はシンプルですが、だからこそ作る人によって微妙に変化する味が面白いですよ。不安な人は、このラングドシャを作れるようになったら他のレシピに挑戦する、というのも良いかもしれません。

まずはボウルを2つ用意しておきましょう。バターを室温に戻しておいて、1つのボウルで白っぽくなるまで混ぜ、砂糖を加えて更に混ぜます。もう1つのボウルでは卵白を軽く泡立てておきます。バターのボウルに卵白を入れてバニラエッセンスを少し加えます。

そして小麦粉を振るいながら加えて混ぜ合わせていきます。滑らかになったら絞り袋に入れて天板に並べて、180度に余熱しておいたオーブンで10分焼いたら完成です。焼きあがると膨らむので天板では距離を取っておくようにしましょう。

餡を入れてみよう!和風感ラングドシャ

  • 卵白105g(3個分)
  • サラダ油105g
  • 砂糖120g
  • 塩子匙3/4
  • 薄力粉30g
  • バニラオイル 3滴
  • つぶ餡oこし餡150g
  • クリームチーズ50g

生クリームは泡立てて絞り袋へ&薄力粉は振るっておきます。別ボウルにあらかじめつぶ餡とクリームチーズを混ぜておきます。まず砂糖と油をかき混ぜて、そこに卵白を分けながら入れて混ぜます。

塩を入れて軽く混ぜ、薄力粉を1度に入れます。生地をセットして170度予熱のオーブンで15分焼きます。冷ましたら餡とチーズを混ぜたものを塗って挟んで完成です。生クリームがよく合います。

気分はパティシエ?シガレットタイプラングドシャ

  • バター38g
  • グラニュー糖 38g
  • 卵白38g
  • 塩ひとつまみ
  • 薄力粉38g

薄力粉はあらかじめ振るっておきます。牛乳パックなどを使って直系10cmのマル型を作っておきます。まずバターを500W30秒で温めて溶かし、その中にグラニュー糖を3回程度に分けながら入れていきます。卵白に塩をひとつまみ入れて泡立てます。

バターのボウルに卵白を入れて混ぜ合わせた生地を、型に沿って薄く伸ばして180度のオーブンで4分焼きます。そしてひっくり返してお箸などを使いクルクルと巻いて、巻き終わりを下にしてもう1度焼いたら完成です。巻く時はとても熱いので軍手を必ず着けるようにしましょう。

やっぱり人気味!チョコサンドラングドシャ

  • 薄力粉30g
  • 砂糖30g
  • 卵白30g
  • バターまたはマーガリン30g
  • チョコレート30g程度

事前準備として、スーパーのお肉などが入っているトレイを6cm×3cmの長方形に切り抜いておきましょう。3つ分ほど作っておくと便利です。まずはボウルに室温に戻しておいたバターと砂糖を入れてよく混ぜ合わせます。卵白を少しずつ加えながら混ぜていきます。

薄力粉を振るいながら入れて混ぜたら、最初に作った型の中に入れてスプーンの背やヘラなどで表面を平らにします。180度予熱のオーブンで5分焼いて、140度に下げて10~15分焼きます。熱いうちに半分を裏返してチョコレートを乗せてサンド!オーブンに戻して余熱で軽く溶かし、両面にくっ付いたら冷やして完成です。

ふんわり香ばしい!アーモンド風味のラングドシャ

  • 卵白1個分(約30g)
  • バター 卵白の重量と同程度(約30g)
  • パウダーシュガー 卵白の重量と同程度(約30g)
  • 薄力粉25g
  • アーモンドプードル 10g

あらかじめバターを室温まで戻しておいて、クリーム状になるまでボウルで練っていきます。パウダーシュガーを半分だけ加えて、全体的に白っぽくなるまで混ぜます。卵白を別ボウルで泡立てて、白っぽくなったら残りのパウダーシュガーを数回に分けて加えながら泡立てます。

ツノが立つまで泡立てたらバターに混ぜ、振るった薄力粉とアーモンドプードルを加えてサックリ切るように混ぜます。クッキングシートの上に絞り出して、180度予熱のオーブンで10分焼きます。中心と周りの縁部分に焼き色が付いてきたら完成です。

あの名店の味を家庭で!ヨックモック風ラングドシャ

  • 薄力粉35g
  • バター50g
  • 粉糖65g
  • 卵白40g
  • アーモンドパウダー 5g
  • ※紅茶の葉(アールグレイ)大さじ1
  • スイートチョコレート(荒く刻む)50g
  • ホワイトチョコレート(荒く刻む)50g
  • アーモンドスライス5g
  • アーモンドダイス5g

あらかじめバターは常温に戻します。卵白は溶いて常温に戻し、粉糖は振るいます。薄力粉とアーモンドパウダーは振るって分けておきます。バターを軽く混ぜで均一の柔らかさにしたら粉糖を加えて、ボウルを回しながら中央に集めるように混ぜます。卵白を7回程度に分けて加え、その度に泡立て器を小刻みに動かしてムラが無いようにします。

薄力粉とアーモンドパウダーを均一に混ぜ、バターに加えます。数箇所を切るように混ぜていきます。オーブンペーパーに型を出していき、生地の中央にアーモンドスライスやダイスを少量。170度の予熱で7分焼きます。熱い内に台に起き重しをして冷まします。

チョコレートはレンジで溶かしてそれぞれコルネに詰め、生地の裏を上にして焼きましょう。紅茶生地砕いた茶葉をボウルに入れて、振るった薄力粉とアーモンドパウダーと混ぜ同じように焼きます。

手作りなのにゴージャス!カスタードサンドラングドシャ

■ ラングドシャ

  • 卵白1個分
  • バター(マーガリン)卵白と同量
  • 砂糖 卵白と同量
  • 薄力粉 卵白と同量

■ カスタード

  • 卵黄 1個分
  • 砂糖25g
  • コーンスターチ 大さじ1
  • 牛乳100g
  • バニラエッセンス 適量

バターに砂糖を加えて混ぜ、卵白を入れて更に混ぜます。薄力粉を加えて混ぜたら絞り袋に入れて絞り、180度予熱で7分程度焼きます。ここまでは基本のラングドシャと同じです。別ボウルに卵黄と砂糖を混ぜてよく混ぜましょう。コーンスターチも加えて混ぜ、人肌程度に温めた牛乳とバニラエッセンスを加えてまた混ぜます。

小鍋に入れて弱火で混ぜ、とろみが付いたら氷水に当てて冷まします。粗熱が取れたらラップをして冷蔵庫へ。これでカスタードの完成となるので絞り袋に入れ、ラングドシャに挟んだら出来上がりです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ホットケーキミックスも使える◎ラングドシャを簡単に作るコツ

37673845952_cd5c7efe9f_z
photo by KaguraYanki

フライパンだけでもラングドシャが作れるって本当?

  • 全卵1個
  • 砂糖40g
  • 豆乳 40cc
  • 薄力粉40g

ズボラさん用のおすすめレシピですよ!1つのボウルの中に、卵→砂糖→豆乳→薄力粉の順に入れて1つずつ丁寧にかき混ぜていきます。スプーン1杯分を掬ってフライパンにクレープのように丸く伸ばします。蓋をして様子を見ながら蒸したら完成です。

豆乳は牛乳でもOK。砂糖は黒砂糖など使うとまた違った味わいになります。見た目はポテトチップに似ていますが味はしっかりラングドシャ!

ホットケーキミックスで材料削減☆黄身も使っちゃおう

  • ホットケーキミックス 100g
  • バター60g
  • 砂糖40g
  • 卵一個
  • 牛乳小さじ3杯

家に薄力粉が無いという時も、ホットケーキミックスでラングドシャを作れるんですよ。まずバターはマヨネーズ状になるまでしっかり混ぜ、砂糖を入れて更に混ぜます。混ぜ終わったら卵と牛乳を入れて更に混ぜていきます。そしてここでホットケーキミックスを投入!更に更に混ぜていきます。

生地が出来上がったら絞り袋に入れてクッキングシートに絞り出していきましょう。170予熱のオーブンで12分焼き、焼き色が付いたら粗熱を取って完成です。薄く焼くとサックサクになって美味しいですよ!

卵白の大きさやレシピによって焼き方が変わる?上手に焼くには

ラングドシャで難しいのが卵白の大きさ。卵によって個体差があるのでLサイズ卵は避けた方が無難かもしれません。基本的には170~180度で10分前後が目安ですが家電により差が大きいので、真ん中と縁に焼き色が付いたのを目安としましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ただのラングドシャじゃつまらない?美味しさそのままにアレンジしてみよう!

6094614677_610816c521_z
photo by jamieanne

ラングドシャでマフィンケーキ作り

  • 卵白 1個分
  • 砂糖卵 白同量
  • 小麦粉 卵白同量
  • バター 卵白同量

室温に戻したバターをクリーム状まで混ぜて砂糖を加えて混ぜ、別ボウルで卵白を泡立てます。3回程度に分けて卵白をバターに加えて混ぜ、小麦粉をふるいながら加えて混ぜます。型に流し込んで180度予熱で15~20分焼いたら完成です。

ラングドシャの作り方を応用!ラングドシャ風のクッキーはいかが?

  • 無塩発酵バター(無塩バターもOK)50グラム
  • 純粉砂糖(グラニュー糖もOK)50グラム(ガナッシュを挟まない場合は60~65グラム)
  • 卵1個(Lサイズ)薄力粉…39グラム
  • A-ココアパウダー(無糖)…6グラム
  • A-アーモンドプードル…15グラム
  • バニラ系の香料(無でもOK)適量

バターは室温にしてクリーム状にホイップ。卵を溶いて卵白のコシを切りサラサラに。材料Aを合わせて振るっておきます。粉砂糖も別に振るっておきます。バターに粉砂糖を何回かに分け入れてクリーム状までホイップします。

卵を少しずつ入れてこちらもクリーム状まで細かくホイップを忘れずに。そして材料Aと香料を入れてサックリと混ぜます。絞り袋に入れて170度で10~15分程度焼き、粗熱が取れたら完成です。

アーモンドなどのナッツ系を乗せて大人味

オーブンで焼く時に上にアーモンドスライスなどを入れると大人っぽい味わいに。生地にパウダーを入れて混ぜて焼くのももちろんOKです。高さがあると焦げやすいので、なるべく生地の上に乗せるだけ程度の立体感にしておくのが良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ご家庭でも比較的作りやすいラングドシャのレシピをご紹介しました。

なんだかちょっとリッチなイメージもあるラングドシャですが、実際に作ってみると予想以上にとっても簡単!

むしろ初心者さんにこそ挑戦してもらいたいレシピとも言えますよね。是非美味しいラングドシャにチャレンジしてみましょう!

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -