LINEで復縁してみませんか?元彼の心に火をつけるテクニックを大公開!

この記事は2015年8月29日の記事を再編集したものです

付き合っていたときの幸せな思い出というのは、例え喧嘩して別れたとしても思い出してしまうものです。携帯でLINEを開けば昔の写真が出てきたり、仲睦まじい掛け合いが残っていたりと、そのまま元カレに連絡してしまいたくなる人も多いはず!!しかし、いきなり重い内容を送っても引かれるだけ!!まずは焦らず連絡を取り続けることが大切です。そこで今回は、大好きな元カレと復縁するためにLINEで連絡を取り続けるコツをお届けします。

スポンサーリンク

さっそく元カレにLINE…その前に!!

最初にしておくべきこと

まず元カレにLINEする前に絶対しておくべきこと!アイコンの画像を変えておきましょう!!

LINEをしている時に必ず目に入るのがアイコンです。画像で相手を認識している人も意外と多いもの。アイコンを変えるだけでまず相手にあれ?という引っ掛かりを持たせるわけです。大事なのはいい意味で『変わった』ことを意識させること。

爽やかな雰囲気の画像を使えば別れから立ち直っている事をさりげなくアピール出来ますし、ポジティブな印象を与えることができます。別れた後に撮った写真など元カレの知らないあなたの写真を使えば、そういえばあれから顔見てないな…なんて自然に思ってもらえるかもしれません。

成長したあなたをみてもらいましょう

別れたときのままでは復縁しても同じことの繰り返し、でもお互い成長した今なら…と思ってもらえるよう仕向けていくのです。ひょっとすると『アイコン変えたんだね』なんて、元カレの方から話題にしてくれるかもしれません。

同時に表示名もひらがな表記からローマ字表記など、少しだけ変えてみると効果的かもしれません。ただし、元カレに一目で自分だと分かってもらえるもの、自分らしさを損なわないものを選びましょう。

彼とまっすぐ向き合うために

もうひとつ彼に連絡をする前にしておくとよいのが、彼のタイムラインを非表示にすること。
少しでも彼の情報を知りたいと思うでしょうが、彼の行動や発言に一喜一憂してしまっては、余裕のある対応が出来ません。

今の彼とまっすぐ向き合い、いらない感情を持たないためにもタイムラインは非表示にしておきましょう。

また、あなた自身もタイムラインの情報は隠して、彼に余計な情報を与えません。
楽しかったことなどを見て、俺がいなくても大丈夫と思われ復縁する気がなくなってしまうかもしれませんし、今のあなたがどんな状況かわからないほうが、あなたへの興味がそそられます。

スポンサーリンク

まずは会話をすることを意識する!!

重くなりすぎないように

さあ、いよいよ復縁への第一歩です。どんな内容を送っていいのか迷いますよね?

あれこれ考えているうちに、気がつけば久しぶりだね?元気?最近はなにしてる?彼女できた?…なんて質問攻めの文章が出来上がっていたり(昔は私もそうでしたが笑)。しかし、LINEは会話のようなテンポでやりとりすることで親近感を覚えるもの!!

想いを詰め込むあまり長文になってしまわないように、まずは短文の事務的なやりとりから始めましょう。

例えば、「前に行ったあの店の名前なんだっけ?」「○○ちゃんの誕生日いつだっけ?」「友達に聞かれたんだけど、男物のプレゼントなにがいいと思う?」など、2人の共通の話題だったり元カレが答えやすいものにしましょう。

感謝の気持ちを伝えましょう

そして、最初のやりとりでは用件が終わったら敢えてそこで話題を切ること。男性は別れた後も相手に好かれていたいと思う人が多いので、連絡が来て少し「おっ!!」と身構えていた元カレも「え、本当にそれだけ?」と肩を透かされて逆に気になってしまうはずです。

そんなモヤモヤした彼には後日、「おかげで友達とあの店行けたよ」「誕生日お祝いしたよ」「ありがとう」と結果報告と感謝の気持ちを伝えましょう。この質問、結果報告という短い2ステップを繰り返すことで、彼に対する連絡が単発ではなく継続的なものに発展する確率がぐんと上がります。

スポンサーリンク

会話をしていく上で注意したいこと

彼女面しない

彼とある程度会話が続いたり、楽しく会話が出来たりすると、ついつい付き合っていたころの感覚になってしまいがち。ましてや、彼と復縁したい!という気持ちを持っているので、なおさらですね。
もしかすると彼のほうも、当時のようなノリやテンションで返してくれることもあるかもしれません。しかし、調子に乗って彼女面してしまうのはNG!

付き合っていたころのように、「何してる?」「どこにいるの?」などと頻繁にLINEしてしまったり、ヤキモチを妬いてしまったりしては、いけません。

このように彼女面をしてしまったことで、復縁に失敗してしまうケースは少なくありません。
いくら彼と昔のように会話ができたとしても、今あなたは彼女ではないとしっかり自分自身に言い聞かせましょう。せっかくのチャンスを逃さないためにも、気を付けたいですね。

LINEの頻度に気を付ける

彼とラインが出来るようになって嬉しい気持ちや早く復縁したいという気持ちから、連絡の頻度は増えてしまいそうになりますよね。

しかしLINEでやり取りできるようになったからといって、頻繁にLINEしてしまうと、彼に復縁したいという気持ちを感付かれてしまうかもしれません。この時、既に彼も復縁したいと思ってくれている彼なら良いですが、そうでない場合は引いてしまったり、警戒してしまうことが多いです。
彼の返信ペースに合わせて返信することも大切です。

最初は焦りは禁物です。あなたの「復縁したい!」という気持ちは隠し、余裕のある態度でLINEしましょう。

過去の話はしない

彼と話していると、昔のことを思い出してしまいますよね。楽しかったことや悲しかったこと・・・。共有できるのは彼だけですし、話したくなってしまう気持ちもわかります。

ですが、過去の話は避けましょう。
楽しかった話だとしても、彼に余計な感情を思い出させるきっかけになってしまうかもしれないからです。
大切なのは過去ではなく、未来です。返信をしにくいと思われてしまうこともありますので、過去の話はしないほうがベターです。

おやすみスタンプ以外は単体で使わない!!

元カレの気持ちを想像してみる

何回かなんでもないやり取りを繰り返していると段々と昔の感覚に戻ってしまいがちです。

ここで注意したいのが、相手に対する返事をスタンプ1個でしてしまうこと。
女性同士ではよくやるスタンプでの会話ですが、男性はなぜかスタンプに対する理解力が乏しい傾向にあります。スタンプに対する返答を思い付かなかった場合、会話がそこ途切れてしまう危険性があるのです。

これが彼女であれば頑張って返すでしょうが、元カノである状態ではそこまでしてくれない可能性が高いです。スタンプを使ったあとに解説的な一言を添えるなり、少しでも危険性を減らす努力をしましょう。

「おやすみ」スタンプで元カレの気持ちを確かめてみる

ただし、会話を切る時に限ってはスタンプ1個でOK。

「おやすみ」などの分かりやすいスタンプで会話を切ることで男性に適度な寂しさと余韻を残すことが出来ます。ここで彼からわざわざ『おやすみ』と返事が来るようなら彼も少しあなたに対する寂しさを覚えている証拠です。彼の感情を測るバロメーターとしてもおやすみスタンプはお勧めです。

ポップアップ機能で既読スルーを回避!!

既読機能について

最後に、LINEにおける最大の問題点とも言える既読スルーの回避方法について。

本来は便利なはずの既読機能ですが、もはや社会問題と言っても過言ではないのが既読になるのに返事が来ないという所謂「既読スルー」ですよね?スルーまでいかなかったとしても、既読と返信のタイムラグがあればあるほど、相手は自分の優先度が低いと感じてしまいます。

メールだと気にならない返事の遅れが、LINEでは上記の理由で大きなマイナスになること恐れがあるのです。

元カレを傷つけないように

ここでうまく活用したいのがポップアップ機能です。

LINEでメッセージが届くと待ち受け画面に文の冒頭が表示されるこの機能、読めるのはせいぜい2行程度ですが意外と大体の内容が分かるもの。仕事や飲み会で返信が難しい時はポップアップで内容を確認して、後からゆっくり返信すれば既読スルーをうまく回避することができます。

また、ポップアップで内容を確認し、文章を考えてからLINEを開く事で既読と返信のタイムラグもコントロールすることが出来ます。敢えて感覚を開けて相手を焦らすのも、テンポの良い返信で会話を盛り上げるのも思いのままです。

まとめ

いろいろ書いてきましたが、大切なのは自然体で連絡を取ること!!LINEで継続的に連絡を取れるようになったら、最後はやはり直接会って想いを伝えるのがベストです。気負わず、気負わせずに食事に誘えるようになったら募る想いを打ち開けてみましょう。LINEでのやりとりを通して彼もあなたのことを改めて考えるきっかけが生まれているはずです。また幸せな日常が2人のタイムラインに綴られていくことを願っています。最後までご拝読いただきありがとうございました。



   
続きを読む

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -