告白を成功に導く文章7選!勢いよりも誠実さが重要?告白前の立場別アピール方法も

好きな人への告白は誰しも緊張するものです。直接言うという人が多いですが、中には電話やLINE、今時でも手紙などという方法を取る人もいます。中でもメールやLINEは手軽な告白方法の1つであり、思ったことを素直に伝えられるというメリットから今尚使う人が多いです。

ですが、LINEでの告白はタイミングや言葉選びがとても重要です。1歩間違えると「真剣味が無い」と誤解されてしまうこともありえます。今回は、LINEやメールで告白する時のオススメの例文をご紹介すると共に、その際の注意点やコツなども解説していきます。

スポンサーリンク

焦りはNG。LINEでの告白の成功率を上げるタイミングとは?

IMG_9416

恋愛・彼氏彼女という話題をしておく

当たり前ですが、LINEでの告白は今相手がどのような状況か分からない状態で行います。なので基本的にはLINEで会話をしつつ、今リアルタイムで話しているという前提があってこそ成功率が上がります。彼の寝ている間や仕事の間に送るより、実際に会話するタイム感の方がドキドキ度も上がるのです。

特に恋愛に関しての話題や、彼氏・彼女というデリケートな話題の中でさりげなく告白のタイミングを切り出せると素敵です。例えば彼が「彼女がいればいいんだけどね~」「いい加減彼女欲しい!」などの発言をしたら、すかさず「じゃあ話があるんだけど・・・」と移行しやすいです。




年末年始やGWなどの連休前

特に彼女が欲しいと思っている独り身の男性が憂鬱になるのは、年末年始やゴールデンウィークなどの長期のお休みです。特に実家が県内であれば里帰りに固執する必要もありませんので、必然的に時間を持て余すことになります。「彼女がいたら良い連休になるのにな」と思っている人も多いでしょう。

それに伴い、連休に入る直前というのは告白のタイミングにはとても適しているのです。逆に年末や繁忙期など彼が忙しい時ですと「このタイミングで言わなくても・・・」と思われてしまうかもしれません。彼が自由な時間が増える時を見計らってアピールをしていきましょう。

相手が余裕のある時期・時間帯

上記で触れた「繁忙期」ですが、これはやはり業種によって大きく変わってきます。年末・年度末はもちろんのこと、逆にサービス業ですとお盆や三が日こそが忙しくなるということもあるでしょう。安易に彼のスケジュールを決め付けず、彼が休める時期を事前にリサーチしておくことも肝心です。

また連勤が続いていたり、休日だと聞いていたから告白したのに夜勤明けで迷惑になってしまったなどのイレギュラーもありえます。いきなり告白という雰囲気に持っていくよりは、会話の中からそれとなく予定を聞きだすのが無難です。その点公務員や一般企業勤めですとまだ分かりやすくて良いですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

より成功に導くために・・・2人の立場ごとによる告白前のアピール方法

IMG_0685

学生同士の場合

告白の成功率を上げるためには、その段階までにどれだけ自分が相手に対してアピールできたかで決まります。お互い学生さんだった場合は、長期休みに入る前までにアピールをするように心がけましょう。

一緒に帰ったり帰りがけにごはんを食べに行ったりと、学生ならではの距離の縮め方はたくさんです。また毎日顔を合わせられるという特権を駆使し、家に帰った後でもその日のことをLINEで会話して心の繋がりを保つことです。社会人になるとなかなか共通の話題も減ってくるものです。




社会人同士の場合

事前にレストランや風景の写真やURLを送信し、「ここに行ってみたいんですけれどさすがにカップルだらけそうで行き辛い」などと冗談交じりに独り身アピールをしてみましょう。それによる相手の対応で現時点での脈アリ判断に役立ちます。立候補をしてくれたらしめたものです。

友達同士の場合

友達だからこそできる他愛の無い会話ってありますよね。ポイントは、絵文字や顔文字は使いすぎずにタイミングを厳選して選ぶことです。ここぞという時のハートマークは男性の心を掴みます。LINEだからこそできる大胆な2人きりのお誘いも、友達同士なら口実ができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEで想いを伝えよう!告白が成功するためのお手本文章7選!

IMG_0689

「今日は大切な話があってラインしました」・・・いきなり告白するよりも、相手に緊張感を与える

告白に限らず、LINEでの会話は顔や声色も分かりませんよね。なので突然LINEで告白の文章を送ってしまうと、あなたがとのようなテンションや心理状態なのかがイマイチ判断付きません。特にまだ付き合いが深いとは言えない関係でしたら尚更のことです。

なので告白の時には、その文章の最初の方にこのように前置きを入れましょう。それにより相手も「お、なんだ」と真剣にLINEを読んでくれる気になります。普段通りの雑談だと思ってサラッとスクロールしたら告白だった、となってはせっかくの雰囲気作りや文章作りも浮かばれません。




「○○な所や△△な所が大好きです」・・・具体的に相手の好きな所を伝える

単刀直入に「好きです」という言葉が相手の心に伝わるためには、LINEの文章だけだと心もとないです。やはりシンプルで簡潔な言葉は直接的だからこそ効果的であり顔の見えないLINEでは好きになった理由を文章として書き示すことでその想いの強さを伝えることができます。

ぼんやりとした「優しい所」なども悪くはありませんが、「私が落ち込んでいる時に○○って言ってくれたことにとても勇気付けられました」などのような具体的なエピソードも入れた上で伝えるとより効果的です。口では恥ずかしくて伝えられないことでも、LINEの告白だからこそできます。

「直接だと上手く伝えられなさそうで」・・・メールで告白する理由をしっかり伝える

女性からしたら悩んだ末でのLINEやメールでの告白だったとしても、男性によっては「何故直接言ってくれないのか」と疑問に思うこともあります。一般的に「直接の方が真剣味が伝わる」というのは通念でありますので、LINEだと本気度が足りないのでは?と誤解されてしまうこともあるのです。

告白に対してマイナスなイメージを持たれないように、文章での告白の際はなぜ直接ではなくLINE・メールという方法を取ったのかということを明記しておきましょう。「直接だと上手く伝えられなさそうで」「文章の方が素直になれるので」と理にかなった理由を伝えれば相手も納得してくれるはずです。

「ずっと好きだった」「ずっと気になってた」・・・気まぐれの恋心ではないことをアピール

LINEやメールという告白手段を選ぶ時点で、相手に気持ちの軽さや浅さを疑われてしまう可能性は少なからずあることを理解しておかなくてはなりません。その誤解をさせないために、告白の文章では「昨日今日で芽生えた恋心ではない」ことを強調することがポイントです。

「ずっと好きだった」「○年前から好きだった」のように、「ずっと」という言葉は文章だからこそ余計に攻撃力が上がります。具体的にいつからというのも足せたら尚良いでしょう。数年越しの片思いだったのでした、それも必ずアピールポイントとして利用しましょう。

「あなたのことが好きです。彼氏になってほしい」・・・絵文字はいらない、シンプルに!

今までの彼との付き合いの中で、お互いが両思いかもしれないことが暗に分かっているのであれば、あえて文章でもシンプルな言葉を選択するという選択肢もあります。長年の思い出や実績があるからこそ、他の言葉で飾らなくてもその真剣さが伝わるということですね。

このLINEを送る前に、何通かやり取りをしていることが前提条件です。何気ない会話の中や恋愛に関する話題の中で、告白に繋がれるようなきっかけを自分から作りましょう。それまでフランクだったからこそ、突然のシリアスモードに彼も気が引き締まってくれます。

「私と付き合ってくれませんか」・・・敬語を使うことで一途感アップ

特に友達同士の状態が長い男性に効果的な方法で、普段は砕けた言葉遣いやフランクなコミュニケーションを取っている最中に告白モードの時だけ敬語になるというテクニックです。どんなに近しい仲の2人であっても、決めるところはちゃんと決めた方が好感度が上がります。

「付き合ってくれない?」よりも「付き合ってください」「付き合ってくれませんか?」の方が真剣っぽさが伝わりますよね。こちらは最大の勇気を出して一世一代の告白をしている、という雰囲気を文章越しに伝えましょう。もちろんそれに伴って余計な絵文字や顔文字もいりません。

「お返事くれたら嬉しいです」「お返事待ってます」・・・返事を急かすのはNG、でも要求はすること

告白と返事は1つでセット。その方法がLINEであれ、告白をしたのでしたら相手からの返事を貰わなくては宙ぶらりんになってしまいます。なので必ず文章の最後には返事を求めている気持ちを書きましょう。ですがここで難しいのは、相手を急かすような文体では必要以上のプレッシャーに なってしまいかねないということです。

「お返事ください」などのような半強制的な物言いではなく、「お返事くれたら嬉しいです」「お返事待っています」などと柔らかいニュアンスの言葉選びをするのがベターです。これでも充分返事が欲しい気持ちは伝わります。あなたからの心配りで彼に考える猶予を与えましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。文章で告白する際のお手本となる例文やその時のコツなどをご紹介しました。直接の告白とLINEでの告白は、それぞれがメリットとデメリットがあります。文章だからこそ伝えられるというそのメリットの部分を是非利用していきたいですね。

また告白においてはデートを何回重ねたかも重要な項目となってきます。告白の成功率をより高めるためにはどれくらいデートをするのがベストなのかが気になる方は、是非こちらの記事もご覧ください。あなたの告白を後押しする情報がいっぱいです!

【保存版】告白・キス・エッチは何回目デートがベストなの?

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -