【リップライナー】おすすめベージュカラータイプ7選!使い勝手が良くてヘビロテ確定

リップライナーは輪郭を際立たせるのに使ったり、口紅の変わりに使ったりなど様々な使い方があります。その中でもナチュラルメイクや唇の輪郭修正に使いやすいのがベージュ系の色のリップライナーです。

今回は、リップライナーの中でもベージュ系の色みのおすすめをピックアップしてご紹介していきます。そのほか、リップライナーの使い方がイマイチわからない、興味はあるけれどまだ使ったことがないという人のための、リップライナーの基礎知識やメリット・デメリットも合わせてご紹介します。

スポンサーリンク

大人のしっかりメイクを目指すなら…リップライナーのススメ

845d3b1775909d87c8f074436e1ccb06_s

リップライナーの基礎知識

リップライナーは唇のメイクをする時に口紅と同様に色をプラスするコスメです。口紅との違いは基本的に「面よりもきっちりとした線を引くのに向いている」という点と、ペンシル型をしているので狙った場所に塗りやすいという点です。また色をプラスするだけでなく、肌色に近いカラーは唇の輪郭を隠すコンシーラーの的な使い方も出来ることにも注目して欲しいポイントです。

リップライナーの形は

  • 繰り出し式
  • ペンシルタイプ
  • クレヨンタイプ

の3種類。それぞれの特徴は、削る必要がなく使いやすさがポイントの繰り出し式。好きな形に自由に削ることができて、線や面にも対応できて、色持ちも良いものが多いペンシルタイプ。

他のタイプよりも芯が比較的やわらかく出来ているものが多くて、輪郭だけでなく口紅の変わりにも使いやすいのがクレヨンタイプとなっています。




リップライナーのメリット

それぞれのリップライナーのタイプのところでも、そのメリットはおわかりいただけたと思いますが、リップライナーは

  • 唇の輪郭をきちんと作りやすい
  • 口紅の代わりに使うことが出来る
  • 口紅よりも色持ちが良いものが多い

この3点になるでしょう。しっかりメイクはリップライナーで輪郭を作ることで、より唇の形を強調して綺麗に仕上げることも出来るのが魅力です。

リップライナーのデメリット

色々と使えてコスパも良いものが多いリップライナーにも、苦手とすることがあります。色みの強いリップライナーで輪郭を引いてしまうと、唇の輪郭がハッキリすることから、ナチュラルメイクではデメリットとなり使わない方が良いという人もいます。でも、唇と他の肌の境目がハッキリしないと顔の印象もぼやけがち。せっかくメイクしたのに唇で台無しということも。そんな時に役立つのがベージュ系カラーのリップライナーです。

次の項には、ベージュ系カラーのリップライナーをまとめてご紹介します。これからリップライナーを買おうと考えている人は参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

輪郭矯正にも便利!人気のベージュカラーのリップライナー7選

b72d2d04987908ca5e7b0424ec4c8f1a_s

1.メディア リップライナーAA

削らずに使える繰り出し式のリップライナーで、口コミ人気も高いのがメディアのリップライナーAAです。その人気のひとつに豊富な色数が用意されているということもあげられます。

もちろん、ベージュ系の色みもしっかり揃っています。特にピンクベージュは使いやすいという人が多く人気の色となっています。スルスルと唇のすべりがよい芯を使用しており、口紅の滲みも防いでくれます。

1.メーカー・・・メディア
2.発売日・・・2013/8/1
3.値段・・・650円




2.インテグレート リップフォルミングライナー

ベージュ系のリップライナーを探しているなら、このインテグレートのリップフォルミングライナーがおすすめです。用意された色全てがベージュ系。ピンク、オレンジ、レッド、そしてベージュと4色全てベージュミックスのカラーが揃っています。

繰り出し式のリップライナーで、コスパも良く、滲まず色持ちも良いとリップライナーの中でも人気定番商品となっています。血色に悩んでいたり、唇のくすみが気になる人はぜひベージュ系の色がそろったこのリップライナーを試してみてはいかがでしょうか。

1.メーカー・・・資生堂インテグレート
2.発売日・・・2014/2/21
3.値段・・・800円

3.MiMC エムアイエムシー ミネラルリップライナー

唇の色素沈着や気になる縦ジワも防いでくれるリップコンシーラーとしても利用できるのがこのエムアイエムシーのミネラルリップライナーです。色展開はオレンジ、ローズ、ベージュの3色。その中でもコンシーラーとしても優秀なベージュは人気が高い色となっています。唇の色みが明るくなり、上に口紅で色を乗せると同じ口紅を使っているのに今までとはまったく違って発色となるので同じ口紅で2通りの使い方ができ、得した気分になれます。

1.メーカー・・・MiMC エムアイエムシー
2.発売日・・・2017/2/8
3.値段・・・2,800円

4.SHISEIDO スムージング リップペンシル

資生堂はインテグレートのリップライナーも人気が高いですが、こちらも定番商品として人気のあるリップライナーです。色数が豊富なこと、発色がよく肌なじみも良く、芯もほどよい硬さで使いやすいと好評でした。柔らかめなリップライナーですと色持ちが心配になりますが、しっかり色みを持続してくれるので使いやすい一本です。

1.メーカー・・・資生堂
2.発売日・・・2011/1/1
3.値段・・・2,200円

5.リンメル エグザジェレートリップライナーペンシル

全4色全てがベージュがかった色みになっている繰り出し式のリップライナーです。600円というプチプラで繰り出し式のリップライナーが購入できるのですから、コスパ的には問題ないお品でしょう。しかし、つけた後の唇の荒れが気になるという声もチラホラ・・・レビューの中にありました。肌があまり丈夫ではないと思っている人は、買う時には注意が必要となってくるでしょう。

1.メーカー・・・リンメル
2.発売日・・・2012/4/27
3.値段・・・600円

6.セルフィット リップペンシル

コスパが良い、書きやすいと10年以上もこれしか使っていないというファンもいるくらいリップライナーの定番商品と言えるのがこのセルフィット リップペンシルです。

形は色鉛筆のような長さがあって、1本買えば輪郭を描くだけならかなりのコスパの良さです。書き味もなめらかで、輪郭に使って唇の立体感を出したり、ナチュラルメイクなら全体に使ったりとこのお値段なら惜しみなくたっぷりと使いまくれますね。

1.メーカー・・・セルフィット
2.発売日・・・2001/6/21
3.値段・・・400円

7.メイベリンニューヨーク ライン アンド デザイン リップライナー

硬めでしっかりとした塗り心地のリップライナーを探しているなら、メイベリンのこのリップライナーがおすすめです。ベージュ系の色みはベージュとヌードの2色が揃っており、リップコンシーラーとしても使用可能です。くすんだ唇の色を整えて、口紅の色のトーンアップをしてくれる便利アイテム。メイベリンのベージュ系は白っぽいという口コミが多いので、これだけで使用するよりも口紅の下地として使用すると良いでしょう。

1.メーカー・・・メイベリンニューヨーク
2.発売日・・・-
3.値段・・・600円

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リップライナーと一緒に使えば無敵の唇に?相性の良いコスメ3つ

ac9e4065192fcfbde8a095b4d6578c43_s

1. 口紅とリップライナーは鉄板

唇を彩るコスメと言えば口紅ですね。リップライナーと一緒に使う人も非常に多いです。もうこの2つの合わせ技は多くの人が知っていることも多いでしょうが、ここではリップライナーで輪郭をとったあとに口紅で面を塗っていくときのポイントを1つご紹介します。

リップライナーで輪郭線を引いたあと、指で伸ばすという人もいますが口紅をブラシにとって色を入れる人は輪郭線から内側へと向かって伸ばしていくとその手間が省けて楽に自然になじみます。同じような色みを使うのが一般的ですが、あえて濃い目の色をリップライナーで引いたあとに口紅で伸ばすことで唇を立体的に作ってくれます。




2. リップグロスと一緒に使うのも○

ベージュ系の色みのリップライナーといえば、ナチュラルメイク志向の人には定番のアイテムではないでしょうか。その時、口紅と合わせるのも良いですが、あえてグロスだけでヌーディーな唇を作ってみてはいかかでしょうか?その時は、リップライナーも落ちやすくなってしまいますのでその点には注意が必要となってきます。

3.落ちやすい口紅はリップライナーと一緒に使って

グロスと使うと色落ちが気になりますが、基本的にリップライナーは色落ちしづらく色持ちが良いのも特徴です。口紅だけでは色落ちが早く唇が不健康になってしまいがち・・・というものがあったら、リップライナーと一緒に使ってみることをおすすめします。リップライナーでまず唇全体を塗ってしまってから口紅を使うようにすると、口紅の色落ちを少しだけ防いでくれるので、気がついたら唇が真っ白だった・・・なんてことは避けられそうです。

まとめ

メイクの時にリップライナーを使ったことがない人も少なくありません。面倒だからとか、ナチュラルメイク派だからなどという理由で使わないのではもったいないというのがおわかりいただけたのではないでしょうか。いくらナチュラルメイクでも輪郭がぼやけてしまってはせっかくのメイクもイマイチ決まらないことが多いのです。そんな時に使えるのが、ベージュ系のリップライナーです。

自分好みの色みを選ぶことで、色持ちもよくてしっかりとメリハリのついたメイクが可能となるでしょう。人気のベージュカラーのリップライナーもご紹介しましたので、リップライナー選びの際にはお役に立てていただければ幸いです。

あなたのメイクアップに、リップライナーでのテクニックをプラスして、今までとはちょっと違った自分を発見してみませんか?

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -