【飛び出せ30代!】一目惚れは存在する?

一目惚れって、したことありますか?「何歳になっても恋はするもの」とは言いますが、ある程度の年齢になると、「一目惚れしてしまうなんて、子どもっぽい……」なんて思ってしまいますよね。

年齢を重ねると気軽に周りに聞くこともできないし、自分の気持ちに自信や確信が持てなくなってしまうものです。

こちらの記事では、今の気持ちが本当に一目惚れなのかどうか確認する方法や、一目惚れからお付き合いまで発展した体験談などをご紹介していきます☆

スポンサーリンク

好きになっちゃった?一目惚れかどうか確かめる方法☆

そもそも一目惚れって何?

一目惚れとは、「この相手は優れている」と脳が本能的に感じることから起こるものだという説があります。動物としての本能や直感力が瞬間的に働くことで、相手へ対する強い興味を抱くそうです。

会ったばかりで性格や肩書などの情報が無かったとしても相手のすべてが良く見えてしまう…なんて経験はありませんか?これがいわゆる一目惚れです。

一目惚れは、人間の五感や本能が「自分にとって必要なパートナー」を感じとり、一瞬でジャッジしているということのようです。頭でいろいろと考えてから好きになるよりもずっと合理的なのかもしれません。

「好きに理由はいらない」とはよく言いますが、「相手のここが好き」「こういうところを愛している」と様々な理由を考えるのは、脳による後付けなのだそう。

一度会っただけなのに、何度も思い出してしまう

人は本来、何らかの情報があるから物事を思い出します。したがって、情報の少ない相手のことは本当ならあまり思い出さないと考えられます。

この「情報がない」という部分が重要で、相手のことをよく知らないのになんだか気になったりドキドキしたり、1日に何度も思い出してしまう場合、一目惚れの可能性が高い言えるでしょう。

また、相手が目の前にいない時にその人のことを考えると、相手に対する感情がより大きくなり、気になった相手はさらに気になり、いつの間にか恋に落ちていると言います。

ほとんど情報がない中で相手のことを頻繁に考えていると、だんだんと対象が美化されてしまいます。こうして、一度会っただけの相手のことをどんどん好きになってしまうのですね。

日に日に好きになっている

たった一回会っただけの相手なのに、次の日もその人のことを考えてしまう。それどころか、時間が経つにつれてどんどん気持ちが大きくなってくる……。

本来ならば、会わなくなった相手の事は時間とともに思い出さなくなるものですが、日に日に好きになっているのであれば、その相手に一目惚れしてしまったと言えるでしょう。

ふとした時に相手のことを考えると、「どうしてこんなに思い出してしまうの?」とモヤモヤしてしまいますが、「私は彼のことを好きになったんだ」と自分の気持ちを受け入れると、だんだんと落ち着いてくるはずですよ。

相手との関係を進めたいと強く思う

一度しか会っていないのに、どんどん好きになっている。さらに、この恋をどうにかして進めたいという強い気持ちまで出てきた気がする、それどころか、「運命の相手」とさえ感じる……。

単に「気になる」程度では、ここまでの気持ちにはならないと思いますが、相手との関係を進めたい、もっと相手のことを知りたいと強く思う場合はその相手に一目惚れしてしまっているということです

せっかく好きになったのなら、恐れずに相手との距離を縮めてみても良いのでは?まずはもう一度会う機会を作り、勇気を出して話をしてみましょう。

スポンサーリンク

30過ぎて一目惚れ……恥ずかしいことなの?

何歳になっても一目惚れは起こりうる!

前述したように、一目惚れとは本能的に相手を求めてしまう感情です。人間の本能は永遠に持ち続けられるものなので、何歳になっても一目惚れをする可能性はあるということです

相手の優れたところを自分の本能が求めているということは、優秀な子孫を残せるパートナーであるということ。

「いい年して一目惚れなんて恥ずかしい……」と感じてしまうかもしれませんが、生物として考えるととても自然なことですので、まったく恥ずかしいことではないのです。

女性より男性の方が一目惚れしやすい?

実は一目惚れというのは女性よりも男性の方がしやすいものです。その理由は、男性は女性の外見から恋に落ちるケースがほとんどであるため、多くの恋が一目惚れから始まりやすいということです。

女性でも男性的な脳の持ち主は一目惚れも多くなります。男っぽい考え方の女性は、男性を一目見た瞬間に恋に落ちてしまうこともあるようですね

また女性の一目惚れは相手の外見だけでなく、全体的な雰囲気やオーラなどさまざまな要素を合わせて瞬間的に判断されていると言います。初対面であっても、少し話しただけで何となく相手の性格を見抜き、そこから恋に落ちていくようです。

自分の恋心を大切に

「一目惚れなんて子どもっぽい」なんて否定せず、まずは自分の気持ちに素直になってみてください。そして、勇気を持って相手との関係を少しずつ進めてみてはいかがでしょうか?

一目惚れから始まった恋愛は本能的なものなので、そのお相手はあなたにとってのベストパートナーかもしれません。

「一目惚れなんてするわけない」なんて意地を張らずに、せっかく知り合ったお相手とゆっくり距離を縮めて行きましょう。

スポンサーリンク

一目惚れしたことある?みんなに聞いてみた☆

どんな状況で一目惚れしたの?

「いつも行くお店の店員さんに一目惚れしました。爽やかな笑顔にやられました」(25歳男性・会社員)

「仕事で出掛けた先の会社で、受付にいた女性に一目惚れしてしまった。予想しなかったことだったので動揺しました」(30歳男性・営業)

「駅ですれ違っただけの人に一目惚れしたことがあります。すごく好みのタイプで、一瞬で好きになりました」(24歳女性・飲食店)

「車の点検に来るお客さんに一目惚れしてしました。自分が担当のお客さんで、話しているうちに優しそうな雰囲気に目が離せなくなりました」(22歳男性・整備士)

「同僚の男性に初めて会った時、前にも会ったことがあるような気がして、ずっと頭から離れませんでした。気が付いたら一目惚れしていました」(31歳女性・経理)

など、実際に様々なシーンで、一目惚れする人がいるようです。出会うことを予想していない時にふいに相手と知り合うと、恋に落ちてしまうことがあるようですね

一目惚れした恋の結果は?どう行動したら良い?

しかし、いざ一目惚れしてしまうと、今後どう行動したらいいのかわからなくなってしまいますよね。すでにこちらは好きになってしまっているので、相手に対する態度がぎこちなくなってしまったりして、うまく距離を取れないこともあります。

出会った状況や相手との関係性にもよりますが、継続して会えそうな相手ならば、「まずは話しかけてみる」といった積極的な意見も多くありました。

「自分から挨拶をする」、「毎日声をかける」、「次に合うチャンスが合ったら連絡先を渡せるように準備する」など、何かしらアクションを起こすことで、相手にも自分のことを知ってもらうきっかけを作れます。

けれども「失敗したら恥ずかしい」「きっかけを作りにくい」など、状況によっては特に何もしないという声もありました。一目惚れしてからの行動は、人によって様々のようですね。

見事カップルに!成功体験談

「お店のお客さんに一目惚れしてしまった時に先輩に相談したら『次に来店した時に彼氏がいるか聞いてあげる』と言ってくれて、実際に聞いてもらいました。その際フリーだったことがわかったので、僕の連絡先を渡し、実際に2人で会うことに。いろいろと話してみたらすごく気が合ったので、何回か会ってから告白して付き合うことになりました」(26歳男性・美容師)

「職場で会ったメーカーさんに一目惚れしました。仕事でよく顔を合わせる関係だったのですが、ただ職場で会うだけでは満足できなくなり、思い切って私の方から連絡先を渡しました。何回かのデートのあと告白されて付き合うことになり、数年後、プロポーズされました」(32歳女性・主婦)

「会社の食堂で見かけた男性に一目惚れしました。いつ会えるかも、どこの部署なのかもわからない人で、ずっと一方的に見ているだけでした。けれども自分の退職の時期が迫って、これを逃したら会えなくなると思い、勇気を出して話しかけました。用意しておいた連絡先のメモを渡したらその日のうちに連絡が来て、後日会うことに。何回か会っているうちに相手の方から告白してくれました」(26歳女性・会社員)

周りの人のサポートがあったり、勇気を出して行動したりすることで、一目惚れからお付き合いまで発展させた人もたくさんいるようです。

女性から一目惚れしたケースでは、「2人で会えるようになってからは、相手に告白されるまでは自分からは言わない」という意見もありました。

はじめのアクションはこちらから起こし、あとは男性に追いかけさせるというスタンスでいることがうまくいく秘訣のようです。

まとめ

いかがでしたか?一目惚れの定義や実際の成功体験など、少しでも参考になった項目はあったでしょうか?

一目惚れから始まった恋は相性が良く、別れにくいとも言われていますので、もしも一目惚れしてしまったら、勇気を出して相手に話しかけてみることをオススメします。

案外、相手もあなたのことを気に入ってくれて、お付き合いまでスムーズかもしれません。勇気を出して行動に移していくことが肝心ですので、今回の記事を参考にして、是非一歩踏み出してみてくださいね。応援しています!

続きを読む

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -