好きな人とメール・LINEで盛り上がれる話題とは?彼と急接近する7つのテクも

3-image1
この記事は2015年12月30日の記事を再編集したものです。

好きな人とのメールやLINEは楽しいけれど、知り合った当初のような盛り上がりにはどうしても欠けてしまいます。話題に困ってしまう、好きな彼とずっと楽しいやりとりをするにはどうしたらよいのだろう、そう悩むあなたに、好きな人と盛り上がれる話題や、彼と急接近できるテクについてご紹介します!ぜひ参考にして、いろいろチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

興味を持ってもらいやすくなる?メール・LINEで好きな人の気を引く方法

4-image2

ハートを使ってみよう

ええ、いまさら?と思うなかれ!このハートを使う方法は、古典的ながら実は効果があるのです。さりげなく小さいハートを使ってみたり、一度だけ入れるという貴重な使い方もあれば、どっとたくさん使う方法もあります。頻度はあなたのキャラに合わせる、あえて意外性を持たせるなど、気を配りながら使ってみましょう。

終わり方を工夫する

文末に疑問文をいれることで、また返信をもらいやすくなります。「?」で終わらせることはよく使われるテクですね。あまり使いすぎると面倒な人だと思われてしまうので、軽い質問がベスト、気遣いもポイントです。

スタンプを工夫する

メールにはないテクがスタンプです。あえておちゃらけたスタンプや、面白くて突っ込みたくなるスタンプを使ってウケを狙って返事を期待することもできます。また、王道ですが、かわいいスタンプを使って好印象を与えることも時には大事。スタンプの使い方一つで、ライバルと差がつくかもしれません!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

もっと楽しくやりとりを続けたい!メール・LINEで盛り上がれる話題15選

4-image3

1.直近で話した話題

カウンセリングの技術のひとつに、オウム返しというのがあります。会話が行き詰ったら、相手のいった最後のことばをそのまま返すのです。人は、自分の発したことばをくり返されることで、受け入れられた気持ちとなります。彼が直近で話していた話題を、もう一度テーマに載せましょう。あの件はどうなったの?その後の状況は?と聞いてみましょう。彼はきっと「彼女は話をちゃんと聞いてくれる人なんだな」と感じることでしょう。そこから現在の状況の話となり、楽しく会話を続けることもできます。

2.共通の友達の話題

お互いに知っている友達がいる場合は、その人を話題にしましょう。今どうしているのかな、最近ばったり会ったよ、など。ただし、その友達が男性の場合は、彼が焼きもちを焼いたり、気にし過ぎないように注意が必要です。話題の主をほめ過ぎたりしないようにしましょう。また、絶対持ち出していけないのが、悪口や根拠のない噂話です。メールやLINEは履歴が残ってしまいます。話をする時以上に言い回しには気をつけましょう。

3.学校の話題

社会人になってからだいぶ経つと、学校時代の話題が一層懐かしく思えてきます。同じ学校出身だった場合も、そうでない場合も若き日の学園生活について触れてみましょう。学生時代はどんな部活をしていた、学校周辺はどんなだったかなど、2人で話すうちに、お互いに忘れていた思い出も蘇ってきます。どういう過去から今の彼があるのか、是非知りたいと思いませんか?

4.職場の話題

勤め先が違う場合は、相手がどんな環境で仕事をしているのかが気になるものです。「会社では今日こんなことがあったよ」「あなたの会社はどう?」というように状況を伝えながら、相手からの話も引き出せれば良いですね。

同じ会社の場合は、同僚や上司にも話題が及びますが、悪口にならないように気をつけましょう。新しいプロジェクトや企画、業務上のトリビアなどお互いの実になるテーマであればOK!普段あまり仕事の話をしたがらない彼でも、少しずつ教えてくれるようになるかもしれませんね。

5.相手の好きな話題

あなたからのメッセージの内容が一方的にならないようにするためには、彼の好きな話題を盛り込みましょう。サッカーや野球の結果、趣味の話など、彼が乗ってきそうな情報を仕入れましょう。返信に消極的な彼氏でも、自分の好きなことならば人に説明したくなるものです。自慢げに知識の披露を始めても、それなりに興味をもって聞いてあげてください。長くなりそうなときは、続きは今度直接話してね、と切り上げれば良いでしょう。

6.相手が興味を抱いている話題

趣味以外でも、彼が今興味をもっている話題があれば、そこに話を合わせていきましょう。積極的に話題に取り上げることで、あなた自身の知識も広がります。男性は政治や世界情勢についても、よく見ているものです。今朝のニュースで見たひとことをキーワードにしたり、感想を聞いてみたりしましょう。彼を中心に据えてメールすれば、相手も飽きることなく話題に乗ってきてくれるでしょう。

7.最近流行っている話題

トレンドの話題は、誰でも興味があります。営業系の仕事をしている彼ならば、ありがたい情報になるかもしれません。流行に敏感なアンテナを立てるのは、女性の方が得意です。「こんなの知ってる?」と彼のキュレーター的存在になってしまいましょう。

新しいことばに溢れたメールならば、彼も期待して読んでくれそうです。芸能系からニュースやIT情報まで、自分が面白いと思ったことは何でもひろってネタにするつもりで。あくまで疲れない程度に、自分自身も楽しみながら、情報提供してあげましょう。

8.自分が体験した話題

好奇心旺盛な女性の体験談は、彼にとってもきっと興味深い話になります。旅行先の出来事のような、特別なことだけとは限りません。毎日の生活の中で、びっくりした事や、遭遇したシーンなど面白おかしく伝えましょう。メールやLINEはあくまで、彼が楽しく読んでくれることが前提です。

一方的に面白かったことを伝えるだけではなく、ニュースポットを訪れたならば、「今度は一緒にこようね」と付け加えることをお忘れなく。

9.画像を使った話題

ときには、感動した風景や、ちょっと面白いシーン、アートっぽい写真、グルメな1枚など、あなたの日常にひとコマを彼に届けてみましょう。写真にはその人の感性が映されるもの。構図などにしっかり凝ってみてください。

お風呂上りのぴかぴか素顔で、彼をドキッとさせてみるのもいいかもしれませんね。新しい洋服やファッションアイテムを手に入れたら、さっそく写真にして彼に見せましょう。その際は必ず「今度のデートはこれを着るね」と可愛く添えるとGOOD!

10.相手の過去の話題

よほど秘密主義の彼でなければ、子どもの頃や学生時代の話を喜んでしてくれるはず。どんなところで遊んだのか、その当時何が好きだったのか、流行っていたのか。旅行に行った話や、集めていたものなど、過去を掘り出すことで、彼についての理解を深めることができるかも。

ただし、大人になってからの体験談については、適当なところでやめておきましょう。元カノ話に行きついてしまう可能性高し!要注意です。

11.今日あった話題

一日の終りに送る話題は、その日一番印象に残ったテーマが多いのでは?「今日こんなことがあった」と伝えることで、離れていても少しだけ距離を縮まるような気がするものです。彼にも、今日変わったことがなかったのか尋ねてみましょう。「そういえばこんなことが」と会話が弾むかも。

今日あったことは、一番新鮮な話題です。また、進展がありそうな話題ならば、翌日「昨日言っていたことはどうなったの?」と続きを聞いてみてもよいでしょう。

12.小説で読んだことに関する話題

本好きカップルならば、小説の話題がおススメ。好きな作家が同じならば、尽きることなく話が続くでしょう。「あ、その本持ってる」「今度貸して」という流れもありそう。舞台となった土地に関する話題や、小説に出てきたちょっとしたアイテムなど気になったことは何でも話してみましょう。「いつか行きたいね」「今度探してみようか」なんてリアルで楽しめる話題につながってゆきそうです。

13.パッと思いついた話題

「今考えていたんだけど」「ねえ、あれってさあ」と頭に浮かんだことを、忘れないうちに伝えてみましょう。話す相手がいる楽しさは、こうした他愛のない話題にこそあるのです。他の人に話したら笑われそうなことでも、彼が相手ならば大丈夫。案外「あ、今それ、俺も考えてた」なんて嬉しいシンクロがあるかも。思いつくままの雑談メールって、恋人らしくて良いものですよね。

14.重すぎない話題

男性が受け取りたくないメールの第1位は重すぎるメール。内容が濃すぎたりやたら長文だったりすると、開いた途端、そのまま閉じたくなるそうです。元々多くの男性にとって、メールはかなり面倒くさいもののようです。彼女が送ってくれるから、悪いのでつきあっている、という程度の人がかなりいます。

それなのに、いかにも深刻な内容を長々と送ってこられたら、ドン引きする可能性あり。少し文言を間違えると、かなり異なるニュアンスで受け取られてしまう恐れもあります。彼が読んで思わずにっこり微笑むような、楽しいメールを目標にしましょう。

15.明日やりたいことについての話題

いつも好奇心旺盛で、明日はこれをするよ、ここに行ってくるね!と元気なメールをくれる彼女ならば、彼まで気分が明るくなります。何を書いて送ろうかな、と迷ったときには明日の予定を伝えましょう。「仕事帰りに本屋によって新刊をチェックするつもり」「友だちと気になっていた映画を見る」「明日はジムに行く日だよ」などなど。あるいは仕事上のことでも良いでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

心の距離も一気に縮まる!彼と急接近する7つのテクニック

4-image4
photo by Rosalee Yagihara

彼との共通点を見つける

2人の関係性を深めるために、共通点を見つけることがポイント。1つの共通点を深める、あるいは他にもいろいろ共通点はないか、探ってみましょう。話しやすい話題が増えることで、価値観や趣味が合うと感じてもらえれば、他のライバルとも差がつき、有利に恋愛を発展させることができます。

彼の得意分野を質問する

男性は自分の得意分野に対して、話したい、理解してほしいという欲求があります。その心理を利用して、その話題で盛り上がるようにテーマをふってみましょう。もちろんそのためには事前リサーチ必須です。興味がなくても、興味があるように、すでに知っていても、知らないようにすることがポイントです。

笑顔を絶やさない

笑顔は恋愛において鉄板テクです。メールやLINEでは顔が見えませんので、会えたときはここぞとばかり嬉しさを笑顔でアピールしましょう。

目を5~7秒見つめる

好きな相手を目で追ってしまうのが恋心。その一歩先を進むには、相手の目をじっと見つめてみましょう。あなたに気がある彼なら、ドキッとしてその日のうちに急接近の可能性があるかもしれません。

口元を見ながら話す

目を合わせるだけではなく、口元を見て話すことも有効なテクです。口元を見て話をすると、次第に相手の顔が自分に近づいて急接近できることも。目と同じく口元も有効なコミュニケーションツールであることを意識しましょう。

パーソナルスペースへ入り込む

人には、これ以上近づかれたくない、と思う範囲、パーソナルスペースがあります。いわゆる「テリトリー」ですが自分から45cm程度と言われており、その中に入られると緊張したり、嫌悪感を感じる距離となります。この中にすっと入ることができたら、それはあなたに気を許している証拠です。

彼の正面に座らない

恋愛心理学において、向かい合うと緊張してなかなかうまく話せなくなることがあります。2人の仲を急接近させたいのであれば、正面ではなく、横に座ってリラックスした状態で話すようにしましょう。パーソナルスペースにも入り込むことができ、腕を触ったりするチャンスも訪れます。デートの際には、隣に座れるような場所を選ぶとよいでしょう。

まとめ

好きな人とメールやLINEで盛り上がれる話題を紹介しましたがいかがでしたか?相手の興味のある話題、共通の話題、明日の話題など、彼と一緒に楽しめる話題をテーマに、スタンプや文末に工夫してみましょう。口元を見て話す、パーソナルスペースに入るなど、彼と急接近できるテクもご紹介しましたので、ぜひ試してみてください!

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -