恋愛結婚は離婚率が高い!?女性の婚活に役立ててほしい、破局の4つの理由

878378d2a952b835937fed9cd6614a89_s

「恋活」「婚活」「妊活」など、最近は結婚出産に関わることを公に話すようになってきましたよね。良い人が車で待つというような昔の価値観とは違い、女性でもどんどん積極的に出会いを探しに行くのがイマドキのスタイルです。

結婚をするカップルには様々なタイプがいます。相思相愛のカップル、お見合いカップル、電撃婚カップル、妥協をしたカップルなど、パッと考えても色々あります。その中でも、一番幸せそうな恋愛結婚のカップルって皆も憧れですよね。

しかし、そんな恋愛結婚のカップルに限って離婚率が多いって知っていましたか?今回は、恋愛結婚が離婚率が高い理由と、今後の婚活に役立てて欲しいポイントをご紹介します。是非参考にして、素敵な男性を見つけて下さいね!

スポンサーリンク

結婚って、どんなカップリングがあるの?

c12d3cd4bc6cfb632d6afef3403ccf7c_s

相思相愛で皆の憧れ、恋愛結婚カップル!

結婚をするのなら、今の時代自由に恋愛をして自分が一番好きな人とするのが一般的ですよね。自分で結婚相手を探し出し、自分が納得した相手と一生共に暮らすのはとても素敵なことだと思います。

「数年付き合った後に、結婚話が出て…」なんて自然な結婚が羨ましいという人もいます。

恋愛結婚カップルは、お互いが好意を持っていて付き合った末に結婚を決断した夫婦なので、新婚当初からラブラブな雰囲気を満喫することができます。 「同じ家に住めるなんて嬉しい!」「名字が一緒になって嬉しい!」というように、念願かなってという場合も多いです。

相思相愛で皆の憧れでもある恋愛結婚カップルは、「あんな二人になりたい」「長く付き合った末に結婚なんて、素敵」「付き合いも長いし大丈夫だね」と周囲も安心して祝福することができると言えるでしょう。

紹介されて気に入った、お見合い結婚カップル!

恋愛結婚カップルの他に、有名なのはお見合い結婚カップルです。一昔前の結婚では当たり前でしたが、最近では自由に恋愛をして、自分で結婚相手を選ぶことができるようになったため、お見合い結婚は少なくなってしまいました。

しかし、お見合い結婚は今でも密かに人気です。今の若い人は仕事がとても忙しいですし、結婚適齢期になった時に良い縁談を持ってくるお節介な人も近くにいない場合が多いです。

その為、自分で探そうとするとなかなか決まらず、家族をヤキモキさせてしまう場合も少なくありません。

恋愛結婚カップルが多くなった現在でも、お見合い結婚カップルは意外と多いです。昔のように着物を着て料亭でお見合いなどではなく、バーなどで飲みながらラフに話すスタイルのお見合いもあります。恋愛結婚に見えても、出会ったきっかけはお見合いだったなんて場合も多いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

付き合ってすぐに入籍、電撃婚カップル!

「えっ?もう結婚するの?」「この前付き合い始めたばっかりなのに?」と周囲を驚かせるのが付き合ってすぐに入籍をしてしまう、電撃婚カップルです。最近では女優を引退した堀北真紀さんがそうでしたね。芸能人ではなくても意外とこのタイプの結婚も目にします。

「出会った時に、この人だと思った!」「ビビッときたんだ」というカップルもいれば、付き合いこそしなかったものの、ずっと良いなと思っていて、告白時に結婚を前提に付き合ってもらったという場合もあります。

付き合ってすぐに入籍ということは、一番ラブラブな気持ちが高まっている時に入籍をするということです。一緒にいたい時期に家族になるのですから、新婚生活はとても甘いものになります。結婚式の準備や新居探し等、2人で楽しめるのも醍醐味の1つです。

この人でいいか…妥協で選んだカップル!

本当に好きだと思う人と結婚できれば素敵ですよね。「この人だ!」と思える人と出会えれば良いですが、残念ながら結婚適齢期までにそういう人と出会える人は少ないです。

もし出会えたとしても、その時に相手がフリーで、更に自分と付き合ってくれるとなると、難しい現実もあります。

結婚適齢期は昔と比べて高齢化していますし、女性の社会進出も広まっているとは言え、やはり30歳前後になると周囲が急かしだすのが一般的です。

「まだ結婚しないの?」「誰か良い人いないの?」「このままだと婚期を逃すよ」なんて言われて、自分の希望している条件を下げる人も多いでしょう。

それは男性も同じです。「そろそろ結婚しないとな」と思いながらも、恋愛感情はなかなか出ない。でも、自分の家族とうまくやってくれそう、信頼できる、家族として理想的、この人となら安定した生活を送れる等、自分の希望する結婚生活を叶えられるか考えます。このように、ある程度は妥協して結婚するタイプになります。

「結婚」と一言で言っても、色々なタイプがありますし、色々な夫婦が存在します。この説明だけ見ると、一番仲が良いのは相思相愛で結婚できた恋愛結婚カップルのように思いますよね?でも、実はこの恋愛結婚カップル、意外と離婚率が多いのです。その理由について見てみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

意外!!恋愛結婚ほど離婚率が高いらしい!

6fadeaa40243094f87ad40da9ef31947_s

恋人感覚から、日常生活への落差が大きい…

恋愛結婚の離婚率の高さに、「恋人感覚と日常生活の落差が大きい」ということが挙げられます。恋愛結婚は、好きで付き合っているが故に、「大好き!ずっと一緒にいたい」という気持ちから一緒になることが多いですよね。でも、それだけが理由だと、好きという気持ちが無くなった時が危険なのです。

もちろん、恋愛結婚でも仲良しでずっと一緒に生活をする夫婦もいます。そういう人達は「大好き」という気持ちの他にも、「信頼できる」「人生のパートナーだと思っている」「仕事への姿勢が尊敬できる」「良いパパ、ママになれそう」というようなプラスαの理由もセットだから上手くいくのです。

「好きだから付き合いたい」と同じような感覚で結婚を決めてしまうと、「好きじゃなくなったから別れたい」というような発想になりかねません。

結婚すれば将来を考えて経済的にも節約しますし、恋人のようにプレゼントやイベントをしないことも多いです。ささやかな日常で幸せを感じれるかどうかが鍵となります。

生活するうちに、嫌な面も見えてくる…

恋人でいる時には、ある程度相手に合わせられても、毎日となると難しいのが現実です。付き合っている時に、少しこうして欲しいなという部分があったとしても、「まぁ、自分が合わせれば良いか」と相手に合わせることもありますよね。

でも、それは会っている期間限定だから。毎日同じ空間で同じ時間を過ごす生活の中で、その小さな「まぁいいか」が、いつか「なんで自分ばかり!」と爆発することも少なくありません。一度嫌になるとほんの些細なことでもイライラしやすく、目についてしまいます。

食べる時の音が嫌、洗面台の使い方が汚い、洗濯物のたたみ方が気に入らない…こんな風に、今まで恋人だった時には気にしなかったことでも、急に気になり出すことがあるようです。

条件を妥協、結婚に執着しすぎた…

お見合い結婚なら、「年収はいくら以上」「子供好き」「趣味はアウトドアが良い」等、自分の好みの希望や、結婚後の生活を考えて条件を出せますよね。

そして、それにヒットする人を紹介してもらえると思います。つまり、お見合い結婚はある程度理想通りの人なのです。

その点、恋愛結婚はどうでしょうか?「彼氏がパチンコをやめてくれない」「二股をしていた」「金遣いが荒い」というようなマイナス点があったとしても、頑張ってしまう傾向にあります。

「こんなに何年も付き合っているんだから結婚を!」と結婚自体に執着してしまうと危険です。妥協したまま結婚をしてしまうと、結婚生活の中で「あれ?」「なんでこの人のことをそんなに好きだったのだろう」とふとした時に気付き、離婚を考えるきっかけになってしまいます。

恋愛結婚と言うと、ラブラブな新婚生活を送り、お互いに幸せな結婚に満足して老後を迎えるイメージが強いですよね。でも、現実はなかなか厳しいようです。最後に、今厳しいと言われている婚活について、どうやって活かせば良いのかをまとめました!

婚活に、どうやって活かせば良いの?

d6b5825353926a566894bef6e77fb7c8_s

「好き」だけではなく、結婚生活のイメージもしよう!

「結婚するのは、ずっと一緒にいたいから」「好きな人と結婚したい」という想いは素晴らしいものです。好きな人と結婚して一緒に暮らし、子供を作るのは結婚の幸せの醍醐味と言えるでしょう。

でも、婚活で成功するには好きと言う気持ち意外にも結婚生活のイメージをすることも大切です。

例えば、あなたが寂しがり屋なら、激務で毎日遅くにしか帰ってこない男性はやめた方が良いかもしれません。恋人の時には都合を合わせてデートをするので寂しくないかもしれませんよね。

でも、結婚後の生活となれば話は別です。

ずっと家で待っているのに、夜遅くまで帰ってこない。土日も仕事があって構ってもらえない。家族だからわざわざ都合を合わせなくても家で会えると思われている等、あなたが寂しがり屋なら不満が爆発するのが予想されます「好き」という気持ちも大切ですが、結婚生活が無理なくできそうかも見るようにして下さい。

結婚はゴールではない!スタートだと考えよう!

周囲が「あの人はやめた方が良い」と言っても、何とかして結婚したいと思っている人が少なくありません。その理由は、「結婚できそうだから」「彼が好きだから」「どうしても○歳までに結婚したいから」「もう皆結婚しているから」というような理由で焦っています。

しかし、結婚はゴールではありません。スタートでしかないのです。結婚をゴールだと思いこんで、結婚さえできれば良いと無理をしたり、周囲の反対を押し切ったりしても、毎日続く生活の中では対応できないことも出てきます。

「私が頑張れば良い」「私が合わせれば良い」と思って無理に結婚話を進める人がいますが、ふとした時に「ど0うして私だけ必死なんだろう」「彼は何もしてくれないのに」と冷静になる瞬間が出てきます。結婚はゴールではありません。これからのスタートを切るにあたって、どういう人を選びたいか、もう一度見直して下さい。

現実的なビジョンを持って、出会いを探そう!

婚活をしている人の中には、「こういう人と出会いたい」という明確なビジョンを持っていない人が少なくありません。「誰かと出会いたい」「良いご縁が欲しい」とは思っていていも、実際にどういう人が良くて、どういう条件の人と出会いたいのかが曖昧なのです。

また、もしも自分の希望する条件を詳しく考えていたとしても、現実的でない場合が多いです。「年収は500万円以上が良い」「家を買いたい」「優しい人が良い」「イケメンが良い」「ある程度学歴が欲しい」等です。仮に全て叶える人がいても、そんな人は婚活をしなくても女性の方から寄ってくるのでいないはずです。

あなたが子供が好きなら「子供好きな人が良い」「穏やかな人が良い」「普通の生活ができれば良い」。あなたが寂しがり屋なら「私と休みが同じ曜日の人が良い」「同じ趣味を持っている人が良い」等、自分の性格や希望する生活を考えて現実的なビジョンで出会いを探しましょう。

まとめ

恋愛結婚の離婚率の高さや、婚活をする上でのコツをご紹介しましたがいかがだってでしょうか?恋愛結婚カップルでも、理想通りずっと仲良く、素敵な家庭を作っている人もたくさんいます。そのためにはまず、「無理をしない生活」「好きの気持ち以外に、好きなところがある」ことを意識して動いてみて下さいね!

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -