最低限必要なメイクポーチの中身とは!?マストなアイテム、人気ブランドも多数紹介!


この記事は2017年1月21日の記事を再編集したものです。

毎日持ち歩くメイクポーチですが、どんどん増えてきて気付いたらすごく重くなってしまった、という事が良くありますよね。使ってるうちに「これもあった方が良いかも?」と思ってしまい、ポーチの中がパンパンに膨らんでしまっている人も多いのではないでしょうか。

でも、中身が多すぎるポーチは出し入れもしにくく、見た目も不格好です。カバンの中でも多くの面積を占めてしまうので、他の荷物が入らなくなることもあります。必要なものと必要ないものをはっきりさせて、ポーチの中身ををすっきりさせちゃいましょう。

スポンサーリンク

まずはポーチの中身チェック

FullSizeRender-2-1

持ち物が増える原因は?

ポーチの中身を減らすために、まずは入っているポーチの中身を全部出してチェックしてみましょう。

ポーチの中身を並べて「いつも使うもの」「たまに使うもの」「しばらく使ってないもの(使ったことがないもの)」の3つにに分けてみると、ポーチの中身が増える原因が見えてきます。

日焼け止めやハンドクリーム、保湿クリームなど季節によっては使わない物が入っていたり、しばらく使っていないリップなど入っていませんか?いつか使うかもと入れっぱなしにしておくことがポーチがかさばる原因になっていることがあります。

小さいものでも入れっぱなしはNG!

また、試供品などをもらったときに「小さいから」「持っていれば使うかも」とポーチの中に入れてしまい、そのまま使わずになっている人もいるのではないでしょうか。

試供品はバラバラになりやすくポーチの中がごちゃごちゃする原因にもなりますし、いつ使うかわからないものはできるだけ入れないほうが使いやすくなります。



本当に必要なものを見極めよう

いつも使うものはそのままポーチに入れておいてもO.K.なアイテム、しばらく使ってないものは持ち歩く必要がないと考えても良いアイテムです。たまに使うものとして選んだアイテムはをもう一度見直し、持ち歩くものを決めましょう。

ポーチの中に入れるアイテムの理想は5~8個程度、10個を超えるようなら欲張りすぎです。季節アイテムは年中入れっぱなしにするのではなく、季節ごとに入れ替えましょう。

また、残量が少ない時には予備を持つのではなく、少ない方を家にいて置き新しいものを持ち歩くなど荷物が増えないように工夫しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

メイクポーチの選び方

収納

ポーチを開けてお目当てのメイク道具を探そうとしたとき、中を混ぜ返さないと見つからない、という経験はありませんか?

仕切りや内ポケットがあり、リップやマスカラなど長さのあるものを縦に収納することが出来るポーチであれば、開けたときに見渡しやすく、探す手間も省けます。また、ポーチの開口部の大きいものであれば、さらに中をよく見渡すことが出来て使いやすいです。

大きさ

メイクポーチは使う場所によって大きさを選ぶことも必要です。旅行に行くときなどであれば大きめで、様々な収納メイク道具をできるポーチを選ぶと安心ですが、普段持ち歩く用であればコンパクトな方がかさばらなくてオススメです。

クッション性

中綿の入ったキルティング材や低反発の素材であったり、ビニールで二重にコーティングされているなど、クッション性のあるメイクポーチを選ぶと安心でしょう。

化粧直しを…と思ってポーチを開けたら、容器が壊れていたりファンデーションが粉々に飛び散ったりしていた…なんてことも時にはあります。

というのも、ポーチは持ち歩く際に何かとぶつかったり、誤って落としてしまったときの衝撃で破損してしまうなど、意外と危険なシーンが多いのです。しかし、ポーチは持ち歩くことが大前提。メイク道具を守るためにもクッション性は非常に重要と言えるでしょう。

防水加工

家の外で化粧直しをする場所と言えば、やはり外出先のお手洗いや洗面所が多いのではないでしょうか。こういった場所は水で塗れていることが多いので、撥水加工がしてある素材が使われているもの外側がビニールコーティングされているものがオススメです。

さらに、水濡れに強い素材であれば汚れを付きにくくする効果も期待でき、ポーチのお手入れも簡単というメリットがあるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ポーチ収納の基本

a0002_011465

ファンデーションとフェイスパウダーどちらかに

ポーチの中で一番大きなものはファンデーションとフェイスパウダーではないでしょうか。これをどちらか1つにすることで、だいぶすっきりします。外出先でメイクを直す時には下地から直すという場面はあまりありませんよね。

ほとんどの場合は崩れたメイクを抑え、その上からファンデーションやフェイスパウダーを塗ることになると思いますが、ファンデーションとフェイスパウダーを両方持ち歩くとなると、それだけでかさばってしまいます。

元々メイクをしている上から重ね付けをするなら、フェイスパウダーだけでも十分です。化粧崩れしにくい人は思い切ってファンデーションは持ち歩かず、フェイスパウダーだけにしてみましょう。

ファンデーションがないと不安という場合はフェイスパウダーを持ち歩かず、メイク直しはファンデーションのみと割り切りましょう。パウダータイプがコンパクトにまとまっていて持ち運びしやすいのでオススメです。



ポイントメイクはこれがあればO.K.

メイクポーチが小さい人のアイテムを見てみると、持ち歩いているものは「フェイスパウダー」「チーク」「口紅(リップ)」の3つだけです。ちょっとした化粧直しならこの3つがあれば対応できます。人によって崩れやすい部分は違うので、あとは不安な部分のアイテムを追加しましょう。

チークはハイライトにも使える薄い色も入っているものを選んだり、アイシャドーの代わりにアイブロウペンシルをぼかして使うなど、代用できるメイク用品を使ったり、アレンジの方法を身に着けておくと、少ないアイテムで幅広い使い方ができるようになるのでオススメです。

使うものだけを持ち歩く

アイシャドーなどは何色も入ったパレットタイプのものよりは、単色2~3色のコンパクトなタイプを選びましょう。口紅やチークも、当日使う色のものだけを持ち歩くようにしましょう。

何種類も入れておくと、かさばるだけでなくメイク直しの時に探すのに時間がかかったり手間取ってしまいます。

綿棒やコットンなどを持ち歩きたい場合は1回に使う分を小さな袋に小分けしてかさばらないようにすると良いですよ。化粧水や乳液を持ち歩きたいという人も、小さな入れ物に小分けして持ち歩きましょう。また、使わなくなったらその都度取り出すようにしましょう。

ポーチの中は清潔に

使っているうちにポーチの中にファンデーションの粉が落ちたり、汚れてしまうこともありますがそのままにしておくとメイク道具にも汚れがうつってしまうので、気になったらその都度汚れを落としましょう。

ポーチの中を綺麗に保つことにより、きちんと整頓しておきたいという気持ちがわき、物が増えるのを防ぐことができます。

押さえておきたいマストアイテム

a0007_001137

フェイスパウダー

フェイスパウダーは元々ファンデーションの上から重ねて使うものなので、重ね付けに力を発揮します。中でも人気なのは、肌の質感を綺麗に見せてくれる細かい粒子のタイプです。つけすぎないように手のひらなどで粉の量を調節して使いましょう。

・カネボウ フェースアップパウダー<ミラノコレクション>  本体価格12,000円
毎年新作が発表される人気商品です。細かいパウダーが密着して透明感のある肌が作れます。化粧直しに使うと厚塗り感なく仕上がると好評価です。

・コスメデコルテ AQ コンパクトパウダー N 本体価格10,000円
柔らかいパウダーで伸びが良く、肌をワントーン明るく見せてくれる効果があります。テカリも抑えられ、メイク崩れしにくいです。小さ目で持ち運びに便利です。つける量も少量でいいので小さくても長持ちします

・DEW スペリア フィニッシュコンセントレート 本体価格5,500円
淡いベージュで白くなりすぎないと人気があります。仕上がりはさらっとした感じになりますが乾燥しすぎるという事もなく、毛穴のカバー力も抜群です。



ファンデーション

ファンデーションは、フェイスパウダーを重ねなくても良いツヤ感のあるものが便利です。化粧崩れをした肌は毛穴が目立ってくるので、毛穴を目立たなくする効果があるタイプもおススメです。

・ルナソル スキンモデリングパウダーファンデーション 本体価格5,500円
フィット感抜群で粉っぽさが少なく、透明感とツヤのある自然な仕上がりになります。美容液成分が入っているので長時間付けていても潤いをキープしてくれます。

・リバイタル グラナス ファンデーション パウダリー(PF) 本体価格6,000円
毛穴やキメの乱れをカバーして、なめらかな肌にしてくれます。透明感があり毛穴を目立たなくしてくれ、厚塗り感のない素肌っぽい仕上がりになります。

・ディオールスキン フォーエヴァー クッション 本体価格6,500円
薄付きで自然に仕上がるのにしっかりとカバーしてくれます。光沢は少ないのですが、全くないというわけではなくほんのり自然なツヤがでます。

口紅・リップ

リップアイテムは持ちの良さや発色が選ぶポイントになっています。メイクを直す時は重ねて塗るのではなくいったんふき取ってから塗ると綺麗に塗れます。

・ランコム パリジャンリップ ルクレヨン 本体価格3,600円
ペンシルタイプのリップで片方がツヤのあるグロス、もう片方はマットな口紅になっています。1本で2役こなせて便利な上、細身なのでかさばりません。色持ちも良く、マットタイプは食事をしても落ちにくいです。

・コスメデコルテ AQ MW ルージュ グロウ 本体価格3,500円
潤いが長続きし、リップクリームなしでもかさつかないのでリップクリームを持ち歩かなくても良くなります。発色が良く長持ちします。

・ディオール アディクト リップスティック 本体価格3,900円
軽い付け心地で塗りやすいと人気です。唇が荒れてる時でもするする塗れるほど潤いがあり上品なツヤ感があります。にじまないので使いやすいアイテムです。

チーク

メイク直しでフェイスパウダーやファンデーションを塗っただけではのっぺりした印象になってしまいます。生き生きと肌に見せるためにチークは欠かせません。重ね付けや単色使いなど、使い方に合わせて選ぶと良さそうですね。

・コフレドール スマイルアップチークス 本体価格2,400円
発色の良い2色とぼかしパウダーがセットになったチークで、くるくると色を混ぜて使うので自分に合った自然な色にすることができます。明るい色は単色でハイライトとしても使用できます。

・マキアージュ ドラマティックムードヴェール 本体価格3,500円
薄付きですが、重ね付けすることによって濃さが調節できます。肌なじみが良く、粉っぽさがないので何度も重ねても大丈夫です。ツヤ感と発色の良さが人気です。

・NARS ブラッシュ 本体価格3,000円
ラメが入っていないので光沢が強すぎるギラギラしたメイクが苦手な人におススメです。自然で血色の良い肌に見えるので、みずみずしい印象になります。

まとめ

せっかく持ち歩くなら、口が閉まらないほどぱんぱんに膨らんだ不格好なポーチより、コンパクトにまとまったおしゃれなポーチが良いですよね。

ポーチの中身が少なくなれば、入っているものも見やすくなり化粧直しがスムーズに行えるようになるので、メイクがさらに楽しくなりそうです。

持ち歩いているうちにまた中身が増えてしまったり、使わなくなったりすることもあると思うので、季節が変わるタイミングでポーチの中身を見直してみると増えるのを防ぐことができて良いですよ。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -