ハーフ顔メイクはカラコンが決め手!アイメイクのポイントとは?カラコン別の印象も

3fbf6fbc889a657573778daa6c765b5e_s

ハーフ顔になりたいと思っている方、多いですよね。そんなハーフ顔を思い出したとき、印象に残っているのは目の色ではないでしょうか?

日本人のほとんどは黒に近いこげ茶色ですが、白人系のハーフの場合は琥珀色だったり青みがかった美しい瞳になります。そのため市販のカラコンで瞳の色を変えれば、手軽にハーフっぽさを出すことができます。

今回は、ハーフ顔メイクでは必須のカラコンについてご紹介します。色によって印象が変わる点やカラコンを使った場合のメイク方法をご紹介します。

カラコンに合わせて上手にコーディネートすれば、のっぺりした日本人顔でも、メリハリのあるハーフ顔に近づけます。今人気のハーフ顔メイクを、カラコンの力を借りて試してみませんか?

スポンサーリンク

憧れのハーフ顔になりたい…日本人顔とハーフ顔の目の特徴の違いとは?

b3c9a97dfcf98c7b58991a2503b49a8f_s

ハーフの方は虹彩が明るい

ハーフ顔の特徴で目立つのは、瞳の色素の薄さです。白人系のハーフの方は、身体の色素が薄いので、瞳の色も明るくなりがちです。

実際のハーフの方の瞳(虹彩)は、黄色に近い茶色やグレーのような明るめのカラーが多く、真っ青や緑と言った瞳は少なめです。欧米人の青い目をイメージしてカラコンを選んでしまうと、日本人の顔立ちとはちょっと合わずに浮いた感じがするかもしれません。

純日本人顔の女性がメイクでハーフ顔に近づけるときには、実際のハーフの方の瞳に近いような淡い薄い色をチョイスするのがおすすめです。カラコンだけが浮かずに、ナチュラルなハーフっぽさを演出することができるでしょう。

円周は小さめでも、カラーの印象が強くなる

欧米人の遺伝子を持つハーフの方は、目が大きくパッチリした印象になります。

それを真似して、目を大きく見せるようなメイクをするのがハーフ顔メイクですが、「目を大きく見せるために」とカラコンの円周が大きいものをチョイスする必要はありません。着色直径の大きな物でなくてもハーフっぽい顔にすることはできます。

確かにカラコンの円周が大きい方がパッチリ目になれますが、どちらかというと明るいカラーであることが重要です。逆に円周が大きいカラコンは子供っぽくなって、ハーフっぽさが出ないことがあります。

ちょうどいい大きさのカラコンを選ぶようにしましょう。

眼球周りのくぼみが日本人よりも深い!メイクで陰影をつけよう

ハーフ顔と日本人顔では瞳の色以外にも、目の形が少し違います。

彫りが深いのがハーフ顔の特徴です。鼻が高く、眼球周りが凹んだようにみえますよね。この凹んだくぼみのところを上手くメイクで表現することができれば、かなりハーフ顔に近づきます。

メイクで彫りの深さを表現し、カラコンで色素の薄さを表現できたら、ベストなハーフ顔になれるのではないでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カラコンならお手軽で簡単!ハーフ顔になれるアイメイクのポイントと雰囲気の作り方

IMG_3331

普段のメイクにカラコンでも、ハーフ顔になれます

初めてハーフ顔メイクに挑戦するという方は、普段のメイクにカラコンだけつけてみましょう。

明るい色味のカラコンをを選べば、普段通りのメイクでもハーフのような雰囲気になれます。それ位、目の印象は強いということですね。

ハーフ顔メイクは、ちょっと間違えるとケバくなってしまいます。いきなりメイクを変えることに抵抗があるのなら、コンタクトだけ挑戦してみてはいかがでしょうか。

カラコンを付けるなら、アイシャドウの色味は抑えめに

カラコンを付けるのなら、アイシャドウはブラウン系かゴールド系の色味を抑えたものにするとハーフっぽい雰囲気を出すことができます。

ハーフ顔メイクで人気のベージュやグレーのカラコンは、それだけでとてもインパクトが強くなってしまいます。アイシャドウやチークなどに色物を使うとケバイだけの印象になってしまうかもしれません。

日本顔特有ののっぺりした顔を、彫り深く見せるためには濃いめにシャドウをいれたりハイライトを使ったり、アイラインを強めに引くことが多くなります。ですから、特に色味の強いメイクをしていなくてもケバい印象になりがちです。

ハーフ顔メイクに慣れるまでは、ブラウンで陰影をつけるようなメイクをしていきましょう。

目頭と目尻のところはとがらせる

メイクでハーフ顔を作っていく場合、目頭と目じりはとがらせるようにアイラインを引きます

欧米人は鼻筋が通っていて、目頭が引っ張られたようにとがった形になります。アイラインを引くときに、目頭をくの字で囲むようにすれば、目頭のとがりを強調することができ、欧米人のような目元を表現することができます。

目尻も同様に、少し跳ね上げるようなアイラインを引くことで、ハーフ顔に近づくことができます。

アーモンドアイならハーフっぽく決まる

欧米の方は、目の中心部が縦に広いアーモンドのような形の目をしています。

アイラインを引くときには、上まぶたは際に沿って、下瞼は目尻に向かうにつれてアウト(外側)気味に描いていきます。そして、目頭をくの字に囲めばキレイなアーモンドアイができます。

黒いラインでしっかり描いておけば、その後アイシャドウで色を載せたり、影を付けても目の形が整ったまま維持することができますので、しっかり描くようにしましょう。

アイシャドウは、目の彫りを深く見せるように塗る

ハーフの方は目の周りの彫りが深いので、ハーフ顔メイクでも陰影をつけて彫りの深さを表現していきます。

アイホール全体にベースカラーのアイシャドウを塗ったら、目尻側に濃いアイシャドウをかさねたり、目のくぼみになる部分にブラウンで影を作っていきます。

黒目の上にハイライトカラーをのせるとより陰影がはっきりしますので、忘れないようにしましょう。また目頭にもハイライトを付けると、アイラインの効果と相まってアーモンドアイが強調されるのでおすすめです。

長めマスカラで目が縦長に見えるメイクを

ハーフ顔にするには、眉と目の距離を近くすることがポイントです。

そのため、まつ毛を上向きにして、長くなるようにマスカラを塗ることで、日本人特有の上まぶたの広さをカバーすることができます。またまつ毛が長いと、目が縦に大きく見えるので、ハーフの人達のようにパッチリした目に近づくことができるでしょう。

二重の幅を広め、目と並行にするとするとハーフ顔に

ハーフ顔の特徴の一つに、二重の幅があります。日本人はの二重のラインは、目頭側は目とつながっていて目尻の方は目から離れていくタイプが多いのですが、欧米の方はちょっと違います。

具体的には、目頭から目尻まで目とくっつくことはなく、二重のラインが目と並行して走っています。また彫りが深くて目のくぼみが大きい方は二重のライン自体見られない場合がありますが、くぼみが二重のラインと同じ役割をします。どちらにしても二重の幅が広いので、目が余計に大きく見えます。

ハーフ顔メイクをするときは、市販の二重にするアイテムを使って幅広で平行の二重を作りましょう。一重や奥二重の人、もともと二重の人でも少し大きめの二重にすればハーフっぽい目に見せることができます。

眉毛は直線的に長めにするのが簡単

眉毛を描くときには、下の方を描き加えるようにしましょう。そうすれば、目との距離が近くなるので、彫りを深く見せることができます。

また、眉の形は直線的な方がハーフ顔に近づきます。眉山の下を埋めるように眉を作って、なるべく直線に近くなるようにしましょう。

髪は明るめでふわっと柔らかい印象にするのがポイント

せっかくハーフ顔メイクをするのなら、全体的なコーディネートも欧米風にして楽しみましょう。特にメイク以外でハーフっぽさをだすのなら、髪型が重要なポイントになります。

ハーフの人や欧米の人の中には、ブロンドの髪の人もいますし、もちろん黒髪の人もいます。他にも赤みの強いオレンジの方もいますし、ヘアカラーでいろんな髪色に変えている人もいます。でも、だからといって日本人が黒髪にしてしまうと、いつもと変わらない状態になってしまいます。

やはり、分かりやすくハーフっぽさを出すためには、ヘアカラーは明るめにすることをおすすめします。できれば欧米の人と同じように、髪の色とカラコンの色を合わせるようにすると自然な印象になります。

また、あまり脱色しすぎると、逆に日本人っぽさが出てしまうので注意しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どんなハーフ顔になりたい?カラコン別で変わる印象の違い

555d4b6899b3a59f3c61be8bb947384c_s

大きすぎるカラコンは子供っぽくなりがち。ハーフっぽさなら白目が見えることも大事

カラコンにはサイズはあり、大きいタイプ程パッチリした目になります。

しかし、ハーフ顔にするのなら、着色直径が大きすぎるカラコンはおすすめしません。ハーフタレントの方や欧米のモデルや女優の方を見ると、色素の薄い瞳が目立ちますが、白目がはっきり見えていることも分かると思います。日本人よりも三白眼(白目が左右と下に見える目のこと)の人が多いので、白目が見えることは欧米っぽさを出す大事なポイントになります。

黒目がちになって可愛いのは、子供っぽく見えるからです。アジア系の顔は若く見えるので、着色直径が大きめのカラコンを付けても違和感は出にくいのですが、欧米では大人っぽい雰囲気のメイクにすることが多いので、子供っぽくなるカラコンをつけると違和感が出てしまうかもしれません。

もちろん、目を大きく見せて可愛い雰囲気になれることは大事ですが、あまりに黒目がちになってしまうと、逆にアジア人っぽさが出てしまうので注意しましょう。

カラコンの色で雰囲気を変えよう

実に様々な色が販売されているカラコンですが、色によって雰囲気が変わってきます。

初めて付ける方やナチュラルな雰囲気になりたい方は、やはりブラウンがおすすめです。少し黄色がかったタイプのカラコンなら、違和感なくハーフ顔メイクに似合います。

もし、もっとハーフっぽさを出したいのなら、グレーのカラコンがおすすめです。より色素が薄い雰囲気になり、目の印象が強くなります。薄いグレーならちょっと神秘的な雰囲気に、濃いグレーだと青い瞳に近い印象になります。

青や緑の瞳の方が海外っぽいと感じるかもしれませんが、実際につけるとちょっと浮いてしまうかもしれません。ハーフ顔メイクに合わせるなら、明るめブラウンとグレーがおすすめです。

カラコンのフチの有り無しも大事なポイント

カラコンと言えば、フチがしっかり黒くなっているものとそうでないタイプがあります。

ハーフ顔メイクに合わせるカラコンは、フチなしタイプをおすすめします。ただでさえ明るめのカラコンは瞳の印象が強くなりますので、そこにフチありタイプを選んでしまうと、彫りの深さや顔全体のイメージよりも目にばかり視線が集まってしまいます。

あくまでハーフっぽさを出すのなら、フチなしタイプか、あっても色が薄いタイプのカラコンを選びましょう。

まとめ

憧れのハーフ顔になるには、目の印象が大切です。

目の形をアーモンドアイにしたり、目の周りのくぼみを表現するように陰影を付けるとハーフ顔に近づくことができます。また二重の幅も印象を変える大事なポイントですので、少し広めになるように上手にアイテムを使っていきましょう。

もちろん、カラコンで瞳の色を明るくすれば、それだけでハーフ顔に近づくのは間違いありません。明るめのブラウンやグレーをチョイスすれば、円周が小さいタイプのカラコンでも十分インパクトを出すことができます。

ハーフ顔の特徴をしっかり捉えれば、ハーフっぽさを出すのは難しくありません。特にカラコンは手軽にハーフ顔になれるアイテムですから、一度挑戦してはいかがでしょうか?

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -