甘えるならこんな人!男性が甘えたくなる女性の特徴4選。信頼関係と母親らしさがカギ

IMG_8951amae

男性に対して、「もっと甘えてくれてもいいのに」と思ったことはありませんか?しかし、甘えられるのをただ待っているだけでは、男性が甘えてくれるとは限りません。

ポイントは、お互いの信頼関係や母親のように包み込んでくれる愛情です。ここでは、男性が甘えたいと感じる女性の特徴について紹介します。

スポンサーリンク

「甘えられる」と「頼られる」は同じじゃない

IMG_2659amae

まず、皆さんは男性にどんなふうに甘えられたいと思っていますか?ベタベタ密着して欲しい場合もあれば、悩み事等を気軽に相談してほしい等、色々なケースを想像されているでしょう。

しかし、ここで勘違いしないで欲しいポイントが、「甘えられる」と「頼られる」です。日本語って似たような表現が色々ありますが、最初はそのニュアンスの違いについて見ていきましょう。

「甘えられる」の意味

甘えられるとは、可愛がってもらうためにベタベタするという意味も存在しますが、その中には物等をねだられることも含まれています。

また、自分からの好意を遠慮せずに受け入れてくれることや、親しい相手に対してわがままな態度を示されることもそうなのです。

他には、恥ずかしがられたり照れ笑いをされるといった意味もあるので、甘えられることの中だけでも印象は変わってくるのではないでしょうか。

そして、甘ったれた態度を取られることも甘えられるということなので、ちょっと違和感を感じた方もいるでしょう。




「頼られる」の意味

では、頼られるの意味ですが、主に自分が力を貸した際に依存されることを意味します。依存されるというと、なんだか重く感じてしまうかもしれませんね。

他には、自分に助けを求めて会いに来るとか、言い寄られるといった意味も含まれています。甘えられると頼られるでは、似ているようで実はちょっと違うんですね。

違いは「信頼」と「依存」

甘えられるの場合には、「可愛がって欲しい」といった理由からベタベタすること等とありましたが、頼られるに関しては「助けて欲しいから」会いに来る等の意味がありました。

愛されたい気持ちとサポートして欲しい気持ちでは、だいぶ違ってきますよね。それに、甘えられる対象となる相手は、信頼している親しい間柄というのもポイントです。

頼られるのように、信頼関係のないまま手助けしてあげることで依存されるのとでは、大きく違ってくることが理解できたでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

男性が甘えたいと感じる女性の特徴

IMG_2671_sepiaamae

甘えられることがどういうことなのか理解できたら、次に気になるのが「男性にとってどんな女性だと甘えやすいのか」ですよね。単純に、男性にとって好きなタイプであれば良いのでしょうか?

今よりも信頼関係を築きやすくするためには、その特徴からきっと改善方法も見えてくるはず。男性を好きにさせる行動等、どんなところが自分に足りないのかをチェックしていきましょう。

1、スムーズに会話ができる

男性の理屈っぽい長話って、苦手な方も多いですよね。しかも、無理に合わせようと頑張っても理解してもらえない時もあるでしょう。

また、話がかみ合わない場合には、こっちもイライラしてしまいます。そうならないように、程よく聞き流すことができたり、話題を切り替えて会話ができると、言い合い等もなくなり面倒な女性と思われなくなるでしょう。




2、マイナス面も受け入れてくれる

男性に対して、面倒だなと感じる部分があった場合、あきれてしまうこともあるでしょう。しかし、冷たくあしらってしまうと、男性は当然傷ついてしまいます。

怒りたくなる時もあるかもしれませんが、そういったところも長所だと理解して接してあげることも大切です。

直接相手に伝えなくても、「こんな時もあるけれど、こうしてみるとやっぱり長所かな?」なんて思いながら接すれば、冷たい女性とは思われなくなるでしょう。

3、一緒にいることに幸せを感じる

男性の行動で気になる部分があった時に、つい色々と言ってしまう時ってありますよね。特に、同じことを頻繁に注意され続けてしまうと、男性から心が狭い女性と思われてしまうことも考えられます。

女性から見たら雑だと思ってしまう部分でも、会うたび「やめて」とか「どうなの」ときつく言い過ぎないように注意しましょう。そして、雑な部分はあるけど「一緒にいるだけで幸せだな」と思えれば、相手に対しても優しく接することができますよ。

4、素直に謝ることができる

明らかに自分が悪い場合でも、なかなか謝ることのできない人もいるでしょう。しかし、悪いことをしたという気持ちがあるのであれば、素直に謝ることも大切です。

相手に甘えられたいと思っているのなら、自分の心もちゃんと開いてあげましょう。そうすれば、相手からも今以上に信頼してもらうことができますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

甘えられる女性になるためのポイント

IMG_8977amae

相手のことを受け入れられる女性なら、甘えたくなることの他に「守りたくなる」と感じる男性は多いでしょう。また、今まで以上に好きになってもらえる可能性もあるため、恋愛面では重要なポイントとして覚えておくことをお勧めします。

しかし、急に自分を変えることって難しいですよね。ここでは、甘えられる女性になるために、押さえておきたいポイントを紹介していきます。

1、相手の性格を把握する

相手との信頼関係を築くためには、まずは相手がどんな人なのかを知っておくことも大切です。他人には見せない、細かい性格までは流石に難しいと思いますが、おおざっぱな人や神経質な人等、ざっくりとした性格なら何となく把握できますよね。

そんな中で、自分が相手に対して歩み寄れる部分を見つけていきましょう。愛情や好意にこの歩み寄りがプラスされれば、相手にも甘えたいと思われやすくなりますよ。




2、一方的に頑張りすぎない

相手に喜んでもらおうと、自分なりに頑張って工夫することも時にはあるでしょう。しかし、鈍感なタイプの男性も中にはいますし、その分見返りを求めようと思っていたら、期待外れでガッカリしてしまうこともあるかもしれません。

逆に、そこまで頑張りすぎないシンプルなものの方が喜ばれたり、重く受け止められなくて済むこともあるんです。そして、気楽に付き合える関係の方が相手も受け入れやすいので、頑張りすぎない範囲内でアピールするようにしましょう。

3、相手を上手く立ててあげる

自分なりに頑張ったものの、努力が報われないことってありますよね。「私だって頑張ってるのに」と言いたくなる気持ちもわかりますが、後から相手が自分のことを思って言ってくれていたこと等に気づく場合も意外と多いです。

そんな時には、上手く相手を立ててあげ、相手に任せてみてください。「今週はお願いしてもいい?」とか、予定等も決めてみたりすれば、自分の頑張りを知ってもらうきっかけにもなりますよ。

4、ダメなところも愛してあげる

どんな人にだって、ダメなところは必ずあります。そのため、相手にも自分にもダメなところがあることを認めましょう。

また、自分には甘えられることは向いていないのかと考え込む必要もありません。初めは勇気がいることもあるかもしれませんが、完璧な人なんていないので、まずは相手のダメなところも愛してあげましょう。

甘えられやすい女性の特徴の活かし方

IMG_8994amae

甘えられないと感じている女性にとって、甘えられる女性の行動は、かなり我慢しているもののように見えている方もいるかもしれません。しかし、自分の人格まで変えなくてはいけないと思う必要はないんですよ。

大切なことは、相手を信頼してあげる気持ちと母親のような包容力です。甘えられる女性の特徴で紹介したポイントを参考にして、自分なりに活かしていきましょう。

1、時には諦めてみよう

いくら注意したところで相手に変化が見られない場合には、注意することを諦めてみましょう。そうすることで、ここは相手に譲ってみようと思えることも出てくるかもしれません。

また、今までは口で注意していたものの、別の作戦が思いつくこともありますよ。実際に試してみたらより効果的だったり、代わりに自分が対処することで嫌な気持ちが軽減されることもあるでしょう。




2、甘えられたい気持ちを伝えてみる

初めはお互いが好意をもって過ごせていたのに、なぜか最近はあっさりしていると感じている方はいませんか?それは、徐々に現実が見えてきたことも関わっていると思います。

「これからも甘えられたいのにわかってもらえていない」とモヤモヤしているのであれば、具体的に自分が思っていることを伝えてみましょう。その言葉から、相手が自分の気持ちを理解してくれることも多々ありますよ。

3、相手も甘えられたいと思っていることもある

お互いが信頼しあっていると感じてはいるものの、なぜか「自分ばかり」と思い込んではいませんか?確かに、なかなかうまくいかない時ってありますよね。

相手に対して、ネガティブな感情を抱いてしまうこともあるでしょう。しかし、相手にしてみれば悪気はないこともありますし、案外似た者同士で相手も実は甘えられたいと思っていることもよくあります。

4、甘えられたいと思う気持ちは素晴らしい

そもそも、甘えられることに欠かせないのが「相手への好意」です。しかし、なかなか思うようにいかなくなると、相手の態度にモヤモヤしてしまいますよね。

でも、まずは甘えられたいと思う自分が、素晴らしい人なんだということも忘れないでくださいね。広い心で相手を受け止める余裕があるのですから、意外と自分がそばにいない時に、相手はそのありがたみを感じているかもしれません。

まとめ

甘えられると頼られるでは、信頼と依存といった違いがありましたね。

また、男性が甘えたいと思う女性の特徴の中には、難しいと感じる部分もあったかもしれませんが、相手に好意がある場合なら、意外とすんなりと取り入れられる部分もあるでしょう。

女性の方から「甘えられたい」と直接伝えることに関しては、抵抗を感じるかもしれませんが、ただ一人でじっと待つよりは、最短の近道かもしれません。相手との信頼関係と母親のような包容力が身につけば、自然と相手も甘えたくなるでしょう。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -