アラサーカップルにおすすめの斬新デートスポット7選!会う頻度もマンネリ防止の鍵?

IMG_9126
この記事は2015年9月11日の記事を再編集したものです

どんなカップルであっても付き合っていくうちにぶち当たる壁であるのが「マンネリ」。その理由は様々ですが、デートコースがマンネリ化してしまっていることも1つの原因の可能性があります。どれほど好きで付き合っている相手であっても、毎回行き先がパターン化してしまうとだんだんと緊張感も無くなってしまいますよね。

今回はアラサーカップルに向けて、2人のマンネリ化してしまいがちな関係に新しい風を吹かせる斬新なデートスポットを紹介します。たまには少し変わったデートプランを組んでみませんか?新鮮な体験を2人で共有することで絆も深まり、当たり前という幸せも再確認できるかもしれませんよ!

スポンサーリンク

最近、彼との関係がパッとしない・・・。カップルのマンネリ化が起こる3つの理由とは?

23826000545_d9d43ce2b0_z
photo by 攝影家9號 – Photographer N

好きになった理由が「一目惚れ」だった

元々は相手のことが大好きだとお互い思っているからこそ付き合い始めるのに、何故カップルにはマンネリという問題が降り注いでしまうのでしょうか?その理由の1つとして、そもそも相手のことを好きになった理由が一目惚れであったという可能性があります。

美人は3日で飽きるという言葉があるように、どんなにカッコイイ男性や自分のタイプのルックスな男性であっても、長い時間を共に過ごしていれば良くも悪くも慣れてきてしまいます。それにより外面的な要因から感じられるトキメキが無くなってしまうのです。対して相手の性格や人間的相性から恋に落ちたのであれば、マンネリも来づらいでしょう。

相手に対して格好を付けなくなってきた

特に近距離恋愛で会うスパンが短いカップルが陥りがちなのですが、2人の時間を過ごすにつれて相手との心の距離感が縮まることで、相手に対して異性として格好を付けなくなってしまうという原因も挙げられます。女性だったらメイクが手抜きになってきたり、男性もファッションやヘアなどがラフになってきてしまったり。

お互いがリラックスできる関係になってきたとも取れるのですが、やはり最低限の相手のためへの身だしなみが出来ていないことには男女としてのトキメキは下がっていってしまうものです。だからと言って恋心まで冷めるというわけではないので、なかなかキッカケが無いと奮起しづらいのも長期化しやすい理由です。

要注意!デートコースのマンネリ化

そして今回の記事の表題でもある、デートコースのマンネリ化。これも多くのカップルが陥りやすいです。特に同棲をしているカップルは近場で済まそう、2人が見知った街で済まそうとしてしまいがちです。街が同じであっても毎回目的意識が違えばまだ良いのですが、都心に住んでいても流石に毎回はそういうわけには行きません。

結局行くのも面倒臭いとすら感じてしまい、おうちデートに甘んじてしまうこともありえます。ですがそれではマンネリは更に進行してしまうばかり。アラサーという年齢だからこそ、学生の頃には出来なかった行動範囲の広いデートができるのです。是非、以下を参考にして2人の関係を新たな視点から再発見していきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2人に新しい風を吹かせよう!マンネリを卒業できる斬新デートスポット7選

763184891_92b1e9638e_z
photo by ben klocek

脱出ゲームで2人の絆を取り戻せ!

脱出ゲームには大きく2種類あります。1つは、決まったイベント会場が固定で開催しているもの。こちらは時期によって内容が変わったりしますが、基本的には施設内で協力して脱出を図るものです。もう1つは街ぐるみで開催されているもの。こちらは1つの街(時には駅を越えて)を歩きながら謎を解明していくものです。

現在は流行にあやかってかなり難易度が高いものもあり、大の大人でも頭を悩ませる内容のものも多数あります。脱出には成功と失敗が設定されているものが多く、2人の頭脳とひらめき、そしてチームワークが試されます。遊園地ともまた違ったドキドキ感で絆が深まること間違いなしです。

サイクリングができる自然公園

最近、2人で身体を動かしたりするデートをしましたか?スポーツに興味はあったとしても、やはり男と女では体力に差がありますのでなかなか一緒に楽しめるものは多くありません。ですがサイクリングでしたら女性もあまり無理をせずに一緒に楽しめますので、普段運動をしないカップルにもおすすめです。

サイクリングコースがあるような大型の自然公園に赴き、2人で風に吹かれながら自然と触れ合ってみましょう。冬の寒い季節でなければどの季節でも四季折々の空気感や植物が楽しめます。中にはカップル向けの自転車が用意されていて、前輪と後輪を一緒に漕ぐものも。2人の恋人感を高めてくれます。

岩盤浴デートで心も体もリフレッシュ!

付き合いたてカップルから熟年カップルまでおすすめできるのが岩盤浴デートです。岩盤浴は汗と一緒に身体の中の老廃物を外に出してくれるので、一緒に思い出を作りながら心も身体もリフレッシュできるという健康的なプランです。そして岩盤浴は身体だけではなくマンネリにも効果あり。

岩盤浴を楽しむには専用の岩盤浴着に着替えます。お互いがお互いの初めて見る姿は新鮮であり、そのあとの顔・体中汗まみれになっている姿もなかなか見れるものじゃありません。「すごい汗だよ~!」「そっちこそヤバいよ!」と話も盛り上がること請け合いです。アロマの香りで非現実感も味わえる施設も。

ちょっとリッチなディナーでセレブ気分

マンネリ化した2人の関係に刺激を与えたいのでしたら、そのための金額を支払えば応酬があるのは必然のこと。普段は軽い外食や手料理で終わらせている食事、たまには少しグレードの高いお店でコース料理をいただいてみるのはいかがでしょうか。学生時代にはできないときめくデートです。

記念日や誕生日は良い口実となりますね。またそうでない普通の日であっても、2人で一緒にお金を貯めたりお店を探すところからがデートです。また当日は普段着ないようなドレッシーなファッションで向かいましょう。背伸びしたお互いの姿に、新しいときめきを感じられることでしょう。彼に「おっ、いつもよりキレイ!」と思わせられるようにメイクなどもファイトです!

漫画喫茶も今や立派なデートスポット

一昔前までは漫画喫茶と言えば「漫画を読む・映画を見る・飲み物を飲む・ゲームをする」というようなイメージしかありませんでした。ですが今や漫画喫茶は大きな進化を遂げ、女性1人でも入りやすいオシャレなお店やコンセプトにこだわりのあるお店など、アミューズメントパーク顔負けの設備の充実さを誇ります。

店舗によってはダーツやビリヤードを楽しむことができますし、なんとカラオケが併設されているところも。漫画喫茶だけでまるっと1日楽しめるほどです。マンネリ化に悩むカップルにこそ先入観を捨てて是非1度試してみてほしいデートです。個室で1つのブランケットを使い、身体の距離も縮まることでしょう。

「食べ歩き」を目的としたデートも楽しくておすすめ

行き先の街で売っていてたまたま気分が乗ったから買って食べる、というフードの楽しみ方ももちろん良いです。ですが、最初から食べ歩きやハシゴを目的としたデートはとっても楽しいですよ!浅草や上野などを中心とした食べ歩きに特化した街に出かけてみましょう。休日は特に賑わいます。

イベントガイドを見てみると、定期的に大きな広場や公園などでフードイベントを開催していることもあります。各国や各県のグルメに舌鼓を打ちつつ、そこでしか呑めないビールやワインも楽しめます。美味しく楽しい食べ歩きデートは心を豊かにさせ、2人に笑顔と思い出を届けてくれます。

バスツアーはカップルの参加も大歓迎!

フルーツ狩りやご当地グルメ、美術鑑賞に工場見学・・・バスツアー会社は毎月新しいプランを発表し、参加者を楽しませてくれます。そして「バスツアー婚活パーティー」というものが存在するこのご時勢、カップルでのバスツアー参加は年々上昇している傾向にあります。

普段の2人では行かないような場所に連れて行ってくれるのもバスツアーの醍醐味です。価格帯も幅広いので、半日で楽しめるようなお手軽コースも充実しています。プチ旅行のような充実感と新鮮さを味わえる、一風変わったおすすめデートです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

時には好きでも我慢しよう。彼と会う頻度はどれくらいが適切?

11170287384_a577ea00e1_z
photo by François Philipp

会う頻度が高すぎるのもマンネリ化の原因に!

好きな人と沢山会いたい!と思うのは自然なことです。しかしその気持ちばかりが先行して、週に何日も会っていますと、やはり早い段階で飽きを感じてしまいやすいです。ご近所同士のカップルであるほど陥りやすく、会う頻度が減少してくるとそのまま愛情の減少に捉えてしまいがちです。

 ご近所カップルでも週2回が理想

カップルがマンネリを迎えないための頻度の理想は、週に2回までです。どんなに多くても週に3回までにしておくべきでしょう。それでも毎週はおすすめしません。2回程度の方が会う時間の楽しみ加減が燃え上がりますし、相手の小さな変化にも気付きやすいです。

会えない時間が愛を育てる!会っていない時のコミュニケーションを大切に

そして大切なのは、実際に会っていない時のコミュニケーション。電話やラインなどはもちろんのこと、テレビ電話も「早く実物に会いたい!」と思える要素になります。「好き」という言葉だけではなく、「今日はこんなことをしたよ」「こんなの食べたよ」などとお互いの日常に触れ合えるようなコミュニケーションを目指しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。大切で大好きな人だからこそ相手のことを沢山知りたいと思いますよね。知るほどにその人のことがもっと好きになっていくと同時に、それが増えるほど新鮮さも減りマンネリを感じやすくなってしまうもの。ですが、マンネリを感じるほどに長く濃い時間を過ごした2人であればきっと乗越えられるはずです。

新鮮なデートをしてみることで、普段行きなれた街や歩きなれた道も少し違って見えるようになるかもしれません。ずっと一緒にいたい大切な相手だからこそ、たまには珍しいデートプランを組んでみましょう。相手の新しい魅力の発見と、愛しさの再発見ができますよ!

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -