女性にとっての、結婚するメリット10選

最近、女性の晩婚化・非婚化がますます進んでいると騒がれていますね。デメリットばかりの結婚よりも気楽な「おひとり様」のほうがいいと考える女性が増えていますが、本当にそうでしょうか?

 実は想像以上に結婚のメリットはたくさんあるんです。本記事では、女性にとっての結婚のメリットについてご紹介します。

スポンサーリンク

1.精神的に安定できる

数ある結婚のメリットの中でも、大きなメリットの一つ。

たとえば自分が風邪をひいたとき、一人暮らしでは友達や同僚が様子を見に来てくれることはあっても、遠慮して短時間で帰ってしまうもの。みんなが帰った後、一人残された部屋でさらに寂しく孤独を感じた経験がある方は少なくないことでしょう。

ですが結婚してパートナーとともに暮らすようになれば、「病める時も健やかなる時も」常にともに在るのです。

風邪の例は些末な例ですが、人生とは山あり谷あり。どんなシーンでも、パートナーや、お子さんに恵まれればお子さんとともに喜びも悲しみも共有し、孤独を感じることもなく生きていけるのです。

そういった守り守られる存在があることで得られる精神的な安定は結婚ならではです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2.好きな人と一緒に生活できる

恋愛中、同棲をしているのでもない限り、お互いに生活や家があり、常に一緒に過ごすということはなかなか難しいものです。

しかし好きな人と結婚をすれば、朝起きた時にはすぐ隣に彼がいて、お互いに眠い目をこすりながら「おはよう」と一番に伝えることができます。あわただしく朝の準備をして家を出たあと、疲れて帰ってきたときには「おかえり」「ただいま」が言えるのです。

そういった何気ない日常を好きな人と共に過ごすことができるのも結婚の大きなメリットではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

3.周囲から結婚しろと言われなくなる

女性の結婚率が下がってきたと言っても、まだ「結婚しないのも女性の生き方の選択の一つ」とは認められないのが日本の社会の現状です。

20代前半では結婚について何も言われなくても、20代後半になれば「まだなの?」と周囲に言われ、頼んでもいないのに親や親せき・会社の人たちから合コンやお見合いなどをセッティングされる機会が増え、

30代後半ともなれば、まわりから「結婚できない女」「何か問題があるんじゃないの」と可哀想な目で見られるのが、悲しいかな女性の現実です。

ですが、結婚をしてしまえば当たり前ですが周囲からは何も言われなくなるという不思議。

次に「子供はまだ?」攻撃が来るのはまた別のお話ですが、「結婚しろ」の余計なおせっかいやアドバイスがぱったり止まることで得られる精神的な安寧も大きなメリットの一つ。

4.経済的に安定することができる

女性の社会的・経済的地位が上がってきてはいますが、やはり女性が一人で生きていくとなると男性ほど十分な経済的な保障やサポートがあるとは言えない面もあります。

結婚して共働きする家庭が主流になってきていますが、家計を支える中心人物は夫という家庭も少なくありません。専業主婦の場合はなおさらですね。

また、逆に女性の方が給料が高いケースもありますが、その場合でも万が一失業したとしても生活には困らないという安心感があります。

結婚することで女性側が得られるメリットは、「自分が必死に働かなくても安定した生活を送れる」という経済的な余裕が得られるだけでなく、精神的な余裕も得ることができるという点です。

5.社会的な信頼が得られる

今でも、男性も女性も「適齢期になったら結婚して家族を持つのが当然」という認識を持っている方が大半です。

そんな中で、男性以上に女性は「結婚するのが当たり前」という「常識」が根強いのが現実。

特に女性の場合は、妊娠・出産の肉体的リミットがあるため、なるべく早く結婚するようにと周囲からも言われますし、結婚して子供を産んで初めて「女として一人前」という風潮があります。

結婚をすることで初めて社会的に「一人前」とみられる日本では、「結婚している」というだけで無条件に得られる社会的な信頼は、結婚で得られるメリットと言っても過言ではありません。

6.子どもができる

今も未婚の母やシングルマザーに対する世間の偏見や、社会的・経済的なデメリットは改善されているとは言い難い現状ですが、結婚することで精神的にも経済的にも社会的にも、安心・安定して子供を妊娠・出産・育てることができます。

また、「育メン」という言葉が定着化しつつあるように、男性の育児参加も以前に比べて積極的に行われるようになってきており、企業によっては男性の育児休暇を取り入れるところも増えてきています。

7.愛すべき家族が増える

最初は一人だったのが、結婚によって夫婦二人になり、子供に恵まれればさらに家族の人数が増えます。

お子さんが生まれれば、寝返りができた、ハイハイができた、たっちができたに始まり、成長するにつれ、小学校に入学した、もう卒業式!など様々な家族とのにぎやかで楽しい日々が待っています。

これらは決して一人では味わえない、愛すべき家族とともに過ごす日々のご褒美です。

家族が増えるということは、それだけ自分の人生が豊かに幅広くなるということ。自分以外に大切な人ができることで得られる体験はまさにプライスレスです。

8.感情の共感ができる人が増える

結婚をすることで得られるメリットはまだまだありますよ。

感情の共感ができる人が増えるというのも大きなメリットの一つ。

結婚すれば、家にはあなたの帰りを楽しみに待っている人がいます。

例えば悲しいことがあったとき、帰宅したあなたの落ち込んだ顔を見て何も話さなくても嫌なことがあったと察して労わってくれることでしょう。それだけで、外での辛さは癒され、家族のためにまた頑張ろう!と思えるものです。

感情の共感ができる人(夫婦や親子)が増えるということは、人を強く優しくしてくれるものです。

9.安心感が得られる

人は時々、自分以外の全てから否定されているような気持ちになることがありますね。

そんなとき夫や家族が自宅にいてくれるだけで、「世界中のだれもが敵になってもこの人たちだけは絶対に自分の味方だ」という無条件の安心感が得られるのも結婚で得られるメリットです。

そんなベースとなる場所があるだけで、精神的に得られる安心感は格段に違います。そしてその安心感により、人間的な包容力や安定感が培われ、女性として・人間としてのあなたの魅力をさらにアップさせてくれるはずです。

10.寿命がのびる

意外と知られていませんが、結婚によって寿命が延びるというはっきりとした研究結果が出ています。

米ケンタッキー州の大学の研究によると、過去60年間の5億人について調査したところ、未婚女性の平均寿命は既婚女性に比べて7年~15年短いという結果がわかったそうです。

その理由として考えられるのが

①食生活の健全化②家族や夫婦間でお互い健康を気遣うため病気を早期発見できる③周囲や社会からのサポートが得られる ということです。

独身のときは一人分を作るのは大変だから、と外食しがちになって栄養が偏ることも多いかもしれません。ですが、結婚していれば家族のために栄養バランスの取れた食事や規則正しい食生活を心掛け続けることができます。

これらの理由から、結婚によって寿命が延びるという調査結果も納得できることでしょう。

続きを読む

一番読まれてる記事

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -