デキ婚を後悔する5つの理由!離婚率は高い?夫婦円満を保つ秘訣もご紹介!

e0f22d6017429b54047c5e2bc85a0fa0_s

晩婚化が進み、1人でキャリアを積んで生きていくという選択肢を選ぶ女性も増えて来ました。

しかしその事実に反比例するように、デキ婚でゴールインをするご夫婦も、最近では授かり婚とも言いますがある程度、変わらずに存在しています。

切っ掛けがデキ婚の場合、離婚率は普通の結婚に対して多いのでしょうか?

その場合どういった理由の離婚が多いのか、改善策はないのかをこれから一緒に見て行こうと思います。

スポンサーリンク

新米ママがデキ婚を後悔した5つの理由って?デキ婚じゃないママと何が違う?

415ab1c564aa675b40a58153b941be34_s

デキ婚した時期が若いと、自由な同世代が羨ましくなる

デキ婚する世代は今は幅広くなってきていますが、10代から20代の前半でデキ婚をした場合、やはり同世代が青春を謳歌している姿を目にすると、育児に追われて疲れ果ててしまっている自分との落差に落ち込む人が多くなるようです。

子供が生まれる前と後では、育児に対してのイメージはほぼ正反対になると言っても過言ではない程本当に過酷の一言です。

同世代の友人達が楽しそうに交流し、週末の夜等は飲み明かしていることを耳にし、子供の泣き声に毎日追い回されている自分の立場と比べてしまうと酷く惨めな気持ちになっていってしまうことがあるのです。

その感覚は、デキ婚でない30代以上の母親でも同じものであり、初めて我が子の育児を目の当たりにする母親は皆通る道でもあります。

けれど10代~20代の母親であれば、尚更その感情は強いものとなってしまうでしょう。




デキ婚した夫婦は、愛情がない可能性がある!?

ずっと仲睦まじく過ごしてきたカップルが、結婚のタイミングを掴むのが難しく子供を授かったことで結婚に向き合う切っ掛けになった場合、比較的夫婦の間には確かな愛情が存在するので、デキ婚でない一般の夫婦とそう変わりない家庭を築くことが出来るでしょう。

しかしながら、筆者の知り合いにもいたのですが、別れるまでに秒読み寸前だった場合に子供を授かったことが判明した場合、男女ともに新しい命に対して責任を果たそうと家族になることを決意することになります。

そこから夫婦の愛情をまた新たに築いていけるのであれば全く問題がないのですが、やはり男女間で一度冷え切った愛情は中々元の形には戻りません

それまで夫婦でとても仲良くしていたご家庭でも、育児に対する夫婦それぞれの意見の相違で仲違いをしてしまうことなんてしょっちゅうあるのです。

元々夫婦の間柄に愛情が存在しないのであれば、育児という大変な日常の大きな負担が増えた妻にとって夫の存在価値というものがどんどんなくなって来てしまうのです。

デキ婚という負い目を、いつまでも引きずってしまう

子供が物凄く小さなうちはあまり気にならないのですが、子供が成長し年を重ねていくことで幼稚園、小学校と進む度にママ友が段々と増えてきます。

何気ないママ友との会話の中で、「いつ結婚したのか」「何年後に子供を授かったのか」が結構な頻度で話題になるのです。

年数を誤魔化せば良いと思うかも知れませんが、色々な場面でこの話題が出て来る為に辺に誤魔化し始めると色々な所で嘘が露呈してしまうのです。

どうしてきちんと順序を追ってこの子を授からなかったのか、ことあるごとに夫の知らない所で妻が1人で思い悩みある時にプツッと全ての縁を切るように離婚に思い至ってしまうケースがあるのです。

デキ婚で離婚が多いのは、他の男性や夫が素敵に見えるせい!?

順序を踏んだ結婚では、まずパートナーと結婚してそのパートナーの子供が欲しいから子供を設けるのが自然な形です。

デキ婚の場合は、まず子供が授かってからの結婚なので、本当にそのパートナーが夫になって自分の気持ち的には良かったのか女性は吟味しきれていない可能性があるのです。

もしかしたら、もっと経済的に恵まれた人と一緒になれていたのかも知れないし、もっと優しい男性に巡り合えていたのかも知れない。

ママ友の旦那さんや、街中で見掛けるキラキラと輝く男性を目にすると、こんな筈じゃなかったと何処かで嘆く自分がいることに気付いていない女性は多いのです。

他の人の良さを羨む気持ちが大きくなると、どうしても目の前にいる夫に対して文句ばかりが口をついて出てしまいます。

段々と夫婦の仲は冷え切っていってしまい、悲しいことに離婚に繋がるのかも知れませんね。

デキ婚で結婚した夫婦は夫が浮気する!?

デキ婚で結婚した夫婦は、女性側も他の男性の方が良いなと思ってしまうことがあると先程お話しましたが、それは男性にも同じことが言えるのです。

妻は毎日育児に追われ、あんなに綺麗だった風貌はやつれたり、産後太りが戻らなかったり、化粧すらしていない。夜の夫婦生活を誘っても育児で疲れ切っていて相手もしてくれない。

妻からすると、育児で毎日戦争のような状態が続いているのだからそんな余裕はない、と怒りたくもなります。

しかしながら男性は極めて共感力と相手の立場を想像する力が女性よりも劣っているので妻の大変な状況にイマイチピンと来ないのです。

お店や会社、取引先等で出会う若い可愛らしいお嬢さんと何だかいい感じになってしまい、気が付いたら家庭のことは二の次になってしまうのです。

浮気した夫に対してどういう感情を抱くかは、女性それぞれに違う見解があるかと思いますが、幼少時の育児中や妊娠中の浮気は離婚に発展するケースが多いでしょう。

夫の裏切り行為に対しても勿論ですが、妻が毎日小さな子供と奮闘しているその時間に自分だけ良い思いをしていた夫が許せないと仰る方が多いのです。

例えデキ婚で結婚しようと、順序を踏んだ結婚をしようと、夫婦2人の大事な子供であることに違いはありません。

自分だけ戦線離脱したような無責任な夫の態度が、浮気そのものより一番許せないのかも知れませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

デキ婚の離婚率は、普通の結婚より高い?低い?

cc527be72a7b523e6cd1a4ec3f5d6db2_s

10代~20代前半の、デキ婚における離婚率はどの位?

比較的若い世代のデキ婚の離婚率のみに注目すると、20歳未満の夫婦の内2組に1組は離婚しているのです。

更にこの年代の夫婦に着目すると、デキ婚の場合結婚から5年以内の離婚率は実に8割

若い内の結婚が悪い訳ではありませんが、子供がいる以上、離婚してママとパパと離れ離れに暮らすということは、子供からどちらかの親を取り上げてしまうということ。

大切にすると決めて、責任を取ると決めて育てている大切な子供が悲しむことのないように、安易に若い内に子供を作ってしまうのが望ましくないのはそういった点もあるのです。




30代40代の離婚率は?若い人と同じように後悔する?

30代40代の離婚率にも着目すると、多少差異はありますが大体1割前後でぐっと離婚率が下がります。

女子も忙しく男性と肩を並べて働くようになった昨今、実は30代40代でもデキ婚で結婚に至るケースは珍しくないのです。

では同じデキ婚なのに、10代、20代前半の若い夫婦と違い離婚率がぐっと下がるのは子供を授かったことが切っ掛けになっただけでいずれはと、結婚を視野に入れて交際をしていた夫婦が多いこともあげられます。

仕事が大変で、そこから女性は特に離脱するとキャリアが失われてしまう可能性が高いので結婚するタイミングが掴めないでいるだけなのです。子供を切っ掛けに、仕事に踏ん切りを付けられて子供に感謝しているというお母さんもいらっしゃいます。

若い頃に夫婦になるとは違う成熟した大人であるが故の落ち着きが、例えデキ婚に至ったとしても離婚には至らない順調な生活に繋がるということではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

デキ婚でも後悔しない!夫婦で、家族で幸せに成長していく秘訣!

6e288210fef3e99a19f23c50442f2914_s

離婚を避ける為に、相手のことを尊重する気持ちを忘れない!

デキ婚であろうと、順序を踏んだ結婚であろうと結婚生活に慣れてくると夫婦は段々お互いに対する気遣いを忘れがちになります。

相手の不満ばかりが目につき、責める言葉をパートナーに対して並べてしまい気が付けば夫婦関係は完全に破綻してしまっていることも珍しくありません。

デキ婚の切っ掛けになった我が子は血を分けた大切な存在なので、どんな理不尽なやり取りがあったとしても最終的には許せるものですが夫は違います。

全く違う環境で育ってきた、はっきりと言ってしまうと赤の他人ですよね。

夫婦というものは他人が合わさって出来たものです。そこに家族だからと胡坐をかいていては円満な夫婦関係を築いていくことは難しくなるでしょう。

何か不満があったとしてもお互いに歩み寄る姿勢を忘れないこと、自分が不満に思う倍は相手は不満を我慢してくれていると考えて夫に思いやりを持って接していけば、自ずと今は良くない夫婦の雰囲気も変わって来るのではないでしょうか。




デキ婚ならではの夫婦円満の秘訣は?子供の存在を夫婦の潤滑剤に!

デキ婚の夫婦が他の新婚夫婦と違う所は、子供を育てるという共通の目的が夫婦の間に最初からあるという点です。

何もない状態から夫婦の地盤を固めて行かなければならないよりは、既に子供の存在が家族の地盤を固めていてくれるのです。

夫婦としての関係に少し疲れを覚えた時にこそ、子供の成長を共に見守ることの出来る仲間として夫を認識し直してみることも長い夫婦生活の仲で必要なのかも知れませんね。

ですから、育児は母親の仕事と変な認識を持ってしまう前に、どんどん育児に夫を参入させていくことが、これから妻が楽にもなれる正しいデキ婚生活の送り方なのではないでしょうか。

まとめ

これまでデキ婚の夫婦の在り方について様々な視点からお話して来ましたがいかがでしたでしょうか。

デキ婚という言葉を聞く度に負い目を感じてしまう瞬間があるかも知れませんが、子供がお母さんのお腹に来てくれたことは決して恥ずべきことではありません。

若いママの所に来てくれた赤ちゃんは、きっとママと一緒に成長する目的を持ってきてくれたのかも知れませんね。

大切な命があなたに宿ったことに感謝して、どうぞ素敵な家庭を築いて下さいね。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -