【マツエク】手入れのコーティング頻度は超重要!長持ちの秘訣は?上手な扱い方を紹介

とれてくるとサロンへ行かなければ直せない”まつエク”。出来ることなら長持ちさせ、経済的にも余裕を出したいところですよね。世のまつエク女性はいったいどのような工夫をしているのでしょうか。実は、マツエクを長持ちさせるためには「コーティング剤」を使った手入れが重要だというのです。「何それ?」と思った女性は必見!これを使えば今まですぐに取れていたまつエクも長持ちしてくれるかもしれません。

今回はそんなまつエクの強烈な助っ人であるコーティング剤についてご紹介いたします。まつエクの手入れで悩んでいる方もそうでない方も、ぜひ一読頂き、今後のまつエクライフの参考にして頂ければと思います。

スポンサーリンク

マツエクのお手入れの基本を押さえよう。コーティング剤を使うメリットとは

IMG7

1.持ちが良くなる

記事冒頭でも少し記載しましたが、コーティング剤を使うことの一番のメリットはまつエクが長持ちすることにあります。通常、エクステ部分の接着剤は生活しているうちに段々落ちてきてしまいます。コーティング剤を使うことで、その接着剤の落ちを遅くすることが出来るのです。まつエクの持ちはそのまま経済面にも繋がりますので、まつエクにかかるリペア・オフ代で頭を抱えているという女性には強い味方になってくれるでしょう。

2.自まつ毛にも良い

最近では、自宅用のコーティング剤に美容液成分を含んだものも登場しています。そういった商品を使うことで、まつエクを長持ちさせつつも、自まつ毛のまつ育にもなるという一石二鳥の効果があります。自まつ毛の手入れを厳かにしていはまつエクがなくなった時にばさばさまつ毛しか残らなくなってしまいます。それも悲惨ですし、痛みが酷くなるとまつエクを行うこともできなくなってしまうかも…自まつ毛へのケアのことも考えると、コーティング剤を使うことは大きなメリットがあると言えます。

3.ツヤがでる

コーティング剤も、使い方によってはまつエク部分を含むまつ毛全体に艶を出させることができます。

「日中、つやつやなまつ毛でいたい!」

そう思うのであればなおさらコーティング剤の使用を検討するべきでしょう。また、最近では色付きのコーティング剤も出てきているので、艶の質感も調節できるようになっています。まつエクだけでも十分とは言わず、コーティング剤にこだわることで更に魅力的な目元を演出することが出来るのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コーティングで長持ち効果!マツエク手入れのおすすめ方法とその頻度とは?

IMG6

こすり洗いはNG!

洗顔の時等、こすり洗いをするのはやめるようにしましょう。こすってしまうと、折角接着しているエクステンションが取れてしまいます。特に施術当日のこすり洗いはご法度です。こすらずにすすいで洗顔料を落とすようにしましょう。洗顔料を付ける時も手で泡をつくって泡で目元を洗うやり方がおすすめです。

洗顔後にコーティング剤を使用

おすすめのお手入れ方法として、洗顔等のクレンジングを行った後に、市販されているコーティング剤を使用するという方法があります。

コーティング剤を使用することでエクステと自まつ毛の接着部に被膜が作られ、より取れにくくなるのです。コーティング剤を使って被膜をつくるのは良いお手入れ方法なのですが、”洗顔後に”やるというところもポイントだったりします。コーティング剤は被膜をつくってくれるわけですが、目元に汚れ等があった場合はそれも含めてコーティングしてしまうため、一度洗顔を行い、その後にコーティング剤を付与することがより適切なお手入れ方法であるといえます。

しっかりとしたコーティングをすることができれば、私生活で目元が濡れたりしてもそれも弾いてくれるくらいの仕上がりになります。まつエクが取れるのが心配…と悩んでいる方には是非、市販されているコーティング剤を試して頂ければと思います。最近ではとても多くの種類が流通しているため、自分にあったものを探す楽しみもあって良いですよ。

まつ毛専用コームを使用

まつ毛用のコームも最近では多く出回っており、まつエク女性は大体持っていると言われています。まつエクは、時間がたつにつれて断端と向きが変わってきたり、隙間が出来たりするものです。専用コームを使い、定期的に毛を整えることで、向きのばらつきや抜けを抑えることができます。「毛流れを整える」簡単な方法ですが、とても重要なまつエクのお手入れ方法です。

美容液でさらにコーティング

コーティング剤をまつエクにつける前に、まつ毛用美容液等を塗るのもおすすめです。美容液成分も含めてコーティングしてしまえば自まつ毛のケアにもつながりますし、多くのメリットがあります。ただし、一つだけ注意してほしいことがあります。それは「オイル系のまつ毛美容液は使わない」こと。

オイル系の方がケア効果があるだろうと思ってたまに使ってしまう人がいるのですが、まつエクとして使っている接着剤は油分に弱いため、ケアしているつもりがマツエクをリムーブすることに繋がってしまうのです。そのため、実際に美容液でコーティングを行う場合はその成分表示等を良く確認することが重要なのです。

乾かし方が特に大事!

まつエクのお手入れとして、乾かし方を工夫するとまつエクの状態を良好に保つことに繋がります。やり方も簡単で、洗顔後のまつ毛に美容液やコーティング剤をつけ、コームで毛流れを整えます。その次に、ドライヤーで優しく冷風を当てて乾かしてあげると、まつ毛を傷めることなく、寧ろよりツヤの出る仕上がりになるのです。

やり過ぎない

ここまでおすすめの手入れ方法を紹介してきましたが、1つだけ特に注意して欲しいことがあります。それは「やり過ぎない」と言うこと。まつエク使用者からは、あれもこれもと手入れをしてしまい、ついついやり過ぎてしまったという声もありますので、手入れについては程々にした方が無難なのです。

具体的には、コーティング剤をつけ過ぎない、清潔にしようと洗い過ぎない、毛流れを整え過ぎない等です。どれもやり過ぎなければまつ毛にとって良い行動ばかりなのですが、その比重が大きくなってしまうと逆効果になってしまいます。コーティング剤をつけ過ぎてもまつ毛が重みで下がるだけですし、洗い過ぎは接着剤の劣化を促し、毛流れのいじり過ぎはエクステの緩みに繋がります。お手入れは、程々の量を一定期間続けることが大切なのです。

お手入れ頻度は毎日が理想形!

何か理由がない限り、毎日のお手入れを行うのが理想です。しかし、前項でも触れましたが様々なお手入れを毎日続けろというわけではありません。毎日続けて欲しいのは「まつ毛に美容液をつけること」です。お風呂上がり、肌が乾燥してしまうことはよくありますよね?まつ毛も同様で、お風呂後などはとても乾燥してしまいます。乾燥はまつ毛の痛みに繋がりますし、持ちにも影響します。その為、ちょっとした美容液によるケアだけでも続けるべきなのです。

毛流れを整える、コーティング剤でしっかりと包むと言うのは何日かごとの頻度で構いません。寧ろそのぐらいが丁度良いくらいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自まつ毛の寿命にも関係する?間違った手入れになりかねないマツエクの注意点とは?

IMG5

頻繁にオフをしない

つけているまつエクを一端すべて取り外す“オフ”。向きが変わったり抜けが出てきたときに全てリセットし、新しくまつエクをつけようとする行為ですが、これも頻繁に行うのはまつ毛自体によくありません
まつエクのオフにはリムーブ用の薬剤をしようするため、度重なってしまうとまつ毛が傷んでしまうのです。自まつ毛が傷みすぎてしまうと、最悪まつエクも出来なくなってしまいますので、長持ちさせ、自まつ毛もいたわるようにしましょう。

クレンジングは慎重に

まつ毛に汚れが残ってしまうと、それは自まつ毛にもエクステにもよくありません。まつエクに使用する接着剤は油分に弱いため、皮脂汚れ等は天敵といえるのです。そのため、日々のクレンジングは非常に重要であり、まつエクの長持ちは目元の清潔さによって成り立ちます。

クレンジングを行うことはとっても重要ですが、その方法は特に気をつけなければ行けません。なぜなら、目元を洗う時にエクステ部分が取れてしまうというリスクがあるためです。そのため、洗顔等のクレンジングの際には、より丁寧に、慎重に行う必要があるのです。汚れが残っているまつ毛ではコーティング剤も逆効果になってしまいますので、この工程は大切にしてください。

水気は拭き取る

まつ毛に水気が残ってしまうと、エクステと自まつ毛を繋いでいる接着剤が緩くなってしまうため、まつエクの向きがずれたり、抜けたりする原因になります。そのため、洗顔等をした後はよくよく水気を拭き取るようにしてください。汗をかいたときも同様です。

拭き取る際、繊維がふさふさとした生地のタオル等を使ってしまうとまつ毛と絡まってしまいますので、ティッシュやハンカチ等で拭くことをおすすめします。拭き方もごしごしとこするのではなく、ぽんぽんと当てるようにして拭いてあげるとより良いでしょう。そしてしっかりと拭いたまつ毛にコーティング液等を塗ることで、清潔な状態を長く保てるようになります。

まとめ

まつエクを長持ちさせるには「コーティングすればよい」とよく聞きますが、実際にどういった方法で行えば良いのかは悩んでしまうことでしょう。
本記事がそんな悩みを少しでも解決出来ていれば幸いでございます。

まつエクが長持ちすると、自まつ毛にダメージが加わる回数も減り、オフ等にかかる金額が浮いてくる為、正しい手入れをすることは総合的に見て多くのスケールメリットを持っています。
なにかと手入れをした方がよいまつエクですが、するのとしないのでは何倍もの違いが生まれる点ですので、今まで気にしていなかったという人はこの機会に考えてみてはいかがでしょうか。しかし、前述の通りやり過ぎは禁物です。大切なことは一定量を継続すること。その量にムラがあっては好ましくありません。

より魅力的に、より長期的にあなたが綺麗でいられることを願っております。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -