マツエクはつけ方が重要!おすすめ下まつ毛エクステは?選び方と相性の良いメイクも

IMG6

ぱっちりとした大きな目元をつくることで人気のマツエク。その中でも、下まつ毛につけるまつエクが流行しているのはご存知ですか?実はこの下マツエク、上まつ毛につけるマツエクとはまた違ったメリットがあるのです。

上まつ毛のマツエクしか知らないのは勿体ない!今回の記事はそんな下マツエクについてご紹介いたします。他にも、間違いがちなマツエクの付け方にもふれていますので、今後のマツエクライフにとても参考になる内容になっていると思います。ぜひごゆっくりとご一読頂ければとおもいます。

スポンサーリンク

より魅力的な美まつげに導く!マツエクの付け方と下まつ毛エクステが与える効果とは?

IMG4

photo by pakutaso.com

1.マツエクで小顔に

下まつ毛につけるマツエクは、目元を下方向に少し下げる効果があります。目元を大きくしつつも下方向へ下げて見せるため、顔全体を見た時によりコンパクトに見える小顔効果があります。上まつ毛では特に目元を華やかにしましたが、目元だけでなく顔全体のバランスを整えてくれるのも下まつ毛の利点なのです。

2.若々しくみせる

下まつ毛は顔のバランスを下方向に寄せて取る効果があるため、顔全体としてパーツが中心に集まったような印象になります。若い内は、顔全体のパーツが中心によると言われており、年齢を重ねるにつれて全体的にそれぞれに距離がでてくると言われています。そのため、下まつ毛で顔のパーツが中心に集まることにより、若々しさを与える効果もあるのです。

付けるだけで全体の雰囲気まで変えてくれるのは下まつ毛ならではなのかもしれませんね。

3.鼻を高く見せる

下マツエクは目の位置を下方向に伸ばしますので、鼻が少し上がったようなイメージを与えることができます。そのため、下マツエクをしていない時よりも結果的に鼻が高く見えるのです。鼻の高さが気になるという女性は意外といるものですが、目元を大きく見せながらもそういった別の個所の印象をケア出来るのは下マツエクだからこそできる強みと言えるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

綺麗な目元を作り上げよう。おすすめ下まつ毛向きエクステ7選!

IMG5

photo by pakutaso.com

1.本数:20本

下マツエクで顔全体のバランスを整えたいけれども、マツエクの印象自体はあまり強くしたくない。というようなイメージがある場合は本数は20本を選択すると良いでしょう。下マツエクは付ける本数によって与える印象ががらりと変わってしまいます。

20cmはよりナチュラルにまとまった印象を与えるため、つけても所謂マツエク感というものがでません。目元のバランスをとって小顔にしたい…というような下マツエクの魅力部分をプラスワンでつけたいという女性であれば、こちらの本数を選択するのがベストであるといえます。

2.本数:40本

目元にゴージャスな感じを出したいという方には40本ぐらいの本数での検討をおすすめいたします。20本の下マツエクを付けるだけでも大分目元は変わってくるのですが、より目を大きく見せたい等、印象強い目元を希望なのであれば間違いなく40本でしょう。

3.長さ:自まつ毛合わせタイプ

長さについては、ナチュラルさを求めるならシンプルに自まつ毛の長さ程度のものを使用するようにすると良いでしょう。自まつ毛でもある程度の長さがある人であれば、こちらのタイプで何も問題はないと思います。同じ長さにするため一番自然なイメージになります。且つ、本数が追加されるため、ナチュラルに”素敵な目元”になるという感じですね。

長さをどのようにすれば良いのかわからないというお客さんにアイリストさんが勧める場合はこちらの”自まつ毛合わせ”が多いと言われています。自分のまつ毛の長さと相談して決めるようにするというのがポイントですね。

4.長さ:自まつ毛よりも長めタイプ

より目元のボリュームアップ、印象付けを求めるのであれば自まつ毛よりも1mm(個人差有)ほど長いタイプを使用すると良いでしょう。マツエクで使うエクステンションは多くが先端に向かうにつれてナチュラルに細くなっていっており、つけるだけで上品さが漂うアイテムです。

元の下まつ毛が短くて,,,といった悩みのある方は少し長めのこちらのタイプを検討してみてはいかがでしょうか。どのぐらい長くするのかという詳しいところは、自分だとあまりイメージがつき辛いところでもあると思いますので、サロンのアイリストさんに相談してみるが一番だと思います。アイリストさんであればあなたのまつ毛をみてより似合う長さを選定してくれるはずです。

5.太さ:上まつ毛合わせタイプ

上まつ毛に合わせる形で下まつ毛の太さを調整するのは、一番スタンダード且つナチュラルな方法です。上まつ毛にエクステ等をすでに付けている又は付ける予定があるのであれば、下まつ毛はその太さよりも少し細目を選ぶと良いでしょう。そうすることで全体のバランスが良くなります。バランスを考えることでより魅力的な目元を作ることが出来るため、今の段階で上まつ毛のイメージが固まっている人はこちらの合わせ型にするのが一番良いでしょう。

6.太さ:ナチュラル重視タイプ

下まつ毛の印象は抑えたい!というのであれば一番ナチュラルな太さである”1mm”タイプを選択すると良いでしょう。これは一番細いタイプであり、細いゆえにあまり下まつ毛に強い印象を残しません。下まつ毛の主張を抑えつつも、目元全体の印象アップができるため、こちらもおすすめの方法です。

前項にて、上まつ毛のイメージが決まっているならバランス型で、というお話をしましたが、現段階で上まつ毛を付けるか検討しているというような段階の人はとりあえずこの太さを選んでおいて良いでしょう。

7.エクステの質感とカールの種類

上まつ毛もそうですが、下まつ毛にも質感というものがあります。上まつ毛には「シルク」「ミンク」「セーブル」の3つが主流となっていますが、下まつ毛もこれとまったく一緒です。

中でも下まつ毛の質として人気があり、おすすめしたいのは「セーブル」になります。質感というところは、目にかかる重さにも関係してきますので、一番軽め且つ質感のやわらかいセーブルがおすすめなのです。自まつ毛と殆ど変わらない質感であるため、つけたとしても全くと言っていいほど違和感を感じないと思います。そのため、うっかり目をこすってしまうことが内容注意してください。また、下まつ毛は接着面が上まつ毛に比べて気になりやすいので、そういった意味でも一番自然に取り付けられるセーブルタイプが良いでしょう。

あた、カールの種類でいうと、上まつ毛ではカールの強い種類を採用したりすることで全体にキュートさやゴージャスさを追加しましたが、下まつ毛はあまり派手なカールを使わない方が全体の印象が良くなります。また、カールを抑えることでマツエクしましたという雰囲気をだ差内容にもできますので、そういった意味でも抑えたカールにした方が良いと言えるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

意外と扱いは難しい?下まつ毛のマツエクが持つメリットとデメリットとは

IMG2

メリット1.顔のバランスを良くできる

下まつ毛による一番のメリット、それは目元を華やかに出来る以上に顔全体のバランスを整えることが出来るというところと言えるでしょう。上まつ毛で理想の目元をつくり、下まつ毛で顔全体になじませる。こういった使い方をしていただけると、より魅力的なフェイスになることが出来ると思います。また、下マツエクは顔を若々しく見せるメリットもありますので、そういったところも嬉しいところですね。

メリット2.より素敵な目元にできる

単純ですが、下まつ毛にエクステを付けることは上まつ毛のマツエク同様に目元の魅力アップが出来るというメリットがあります。上まつ毛も重要なので、そちらの方に意識が向きがちですが、実は下まつ毛も目元の印象を左右する大きなポイントだったりするのです。そのため、より魅力的で素敵な目元を目指すのであれば下まつ毛にもあわせてマツエクを施した方が良いと言えます。大切なのはバランスですからね。

デメリット3.やり過ぎは目元の印象が濃くなる

何事もやり過ぎはいけません。マツエクもそれは同様であり、あまりやりすぎてしまうと目元の印象だけ強く出てしまい、「厚化粧」「マツエクやってる」といった印象を与えてしまいます。上まつ毛でキュートな雰囲気を作るようにしたなら、下まつ毛はバランスをとってナチュラルめにしたり、やり過ぎないように全体のバランスをとることは大切です。折角素敵な目元にするためにマツエクを行っているのに、結果的に悪い印象になってしまうのは勿体ないですよね。少し物足りない?ぐらいの感じでマツエクをした方が実は丁度良かったりするかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。マツエクというと上まつ毛の方に気が行ってしまいがちですが、下まつ毛のエクステもとっても多くの魅力を持っているということを分かっていただけたと思います。実際にサロンにいくと、アイリストさんも下まつ毛を検討してみてはいかがですかと相談してきてくれることが殆どなので、自分の中のイメージを伝えて相談するようにすると一番よいと思います。初心者であれば特にイメージが持ちにくいと思いますので、アイリストさんに聞いてみると良いでしょう。

目元だけの魅了アップだけでなく、顔全体の魅力を向上することが出来るのは下マツエクならではと言えるのかもしれませんね。小顔効果や鼻を高くしたりなど、女性にとって魅力的なメリットが多かったのではないでしょうか。

前述にて少し記載しておりますが、やり過ぎないというところが一番重要なので、今の自分のまつ毛の状況とよく相談して行うようにしましょう。下まつ毛において大切なのは”バランス”であるということを気にしておけば、よりよいマツエクライフを送れるように思います。みなさまがより素敵でいられます様に、どうぞ今後の参考にして頂ければと思います。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -