マツエクの持ちはどの程度?マツエクのサロンに通う頻度をご紹介!長持ちさせるコツも

マツエクって、メイクがとっても楽になるので嬉しいですよね!アイラインをひかなくても目元がくっきりとみえるし、可愛くなります。まだマツエクを始めていない人は、気になるのがマツエクの仕組みや、サロンに通う頻度などではないでしょうか?

どのくらいの頻度で行かなくてはいけないのかって、すごく気になるところです。そんなマツエクについての仕組みなどをご紹介していきますので、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

1本1本のまつ毛につけていく繊細な作業…マツエクの仕組みについて

2

自まつ毛につけていく

マツエクって、どんなふうにどこに着けるのかすごく気になる点ですよね。実は、まつ毛の根元に1本ずつ丁寧につけて行っているのです!まぶたに直接接着剤でつけていると思っている人もいるかと思いますが、そうではありません。誤解されていることも多いのですが、実に繊細な作業でまつげの元から着けて行っているのです。

自まつ毛1本ずつにつけて行っているので、自まつ毛が弱っていると、外れやすかったりします。そのため、日ごろからの自まつ毛のケアってすごく大切なんですよね。美容液などで整えるようにしたり、弱っているまつげがないようにすると、マツエクの持ちも良くなるんですよ。

長さや太さなども選べる

マツエクとは一概に言っても、実はいろんな種類があるんです。自分に合ったまつ毛の種類を選ぶことができるので、とっても嬉しいですね。マツエクをしたいけど、しっかりと長いのが良い人や、短めがいい人もいます。または、太いのが良い人や、細めが良い人など、本当に好みがそれぞれ違います。

形、長さなど自分の好みでチョイスできるので、気になるものを選んでつけてみてくださいね。どんなデザインでも、とにかく自然で、まるで本当のまつ毛のような仕上がりです。一度マツエクをするとやめられなくなるほど、本当に楽だしオススメですよ。考えている方は是非試してみてくださいね。

オイルクレンジングで落ちてしまうことも

まつげエクステは、自まつ毛の根元に専用の接着剤を使用してつけているんです。そのため、無理をすると外れてしまうこともあります。せっかくつけたのに、外れてしまうと悲しいですよね。どういった時に外れてしまうかというと、一番はオイルクレンジングをしてしまったときです。

まつげの接着剤は、オイルに非常に弱いので、知らずに使ってしまうと、どんどん抜けて行ってしまうなんて事態に。オイルクレンジングは化粧をしっかりと落としてくれるので、使いたくなりますが、マツエクには使わないようにしましょう。

使いたいときは、オイルフリーのもの、またはマツエクにもOKという記載があるかどうかをしっかりと確認してくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

綺麗に保たれているのはいつまで?サロンに通う頻度とは

アイキャッチ

目安は3~4週間

マツエクを始めたいけど、どのくらいの頻度でサロンに通わなくてはいけないのか、それってすごく疑問ですよね。たくさん通わないといけないのはちょっと…と思う人もいるでしょう。基本的には、サロンに行くのは3~4週間とされています。約1か月ほどで通うことになるので、そんなに頻繁には通わなくて良さそうです。

だいたいそのくらいになると、マツエクもちょっとずつ抜けてきたり、ダメージを受けたりしています。そのままほおっておくと遠くから見てもすかすかなのがわかってしまうし、根元が傷みまぶたを弱らせてしまうことも。自まつ毛にかなりの負担をかけてしまうので、大体その周期で通うようにはしましょう。

定期的にメンテナンスは必要

あまりマツエクが抜けていなくて綺麗な状態だからと言ってそのまま放置しておくのはダメです。綺麗であっても定期的にメンテナンスをしてもらうことが必要です。抜けているところは足してもらったり、毛並みがばらついていたら治してもらったり、そうすることで、マツエクの持ちも良くなりますし、傷みにくくもなります。

サロンが遠いと、なかなか通うのが面倒ですよね。でも、しっかりとメンテナンスしてもらうことで、自まつ毛にも負担がかかりにくく、マツエクも抜けにくくなります。通うという事はとっても大事なことなんですね。

フリーパスもある

サロンに定期的に通うのは良いけど、金銭的に余裕がないし、毎回どのくらいお金を払わないといけないのかという不安があって、なかなかいけないというひともいるはずです。そんな時は、フリーパスがあるサロンを利用するといいでしょう。最近ではフリーパスや、価格が比較的安いサロンなどがたくさん出ています。

マツエクをするうえで料金の事ってすごく気になりますよね。フリーパスがあれば、最初にそのお金だけ払って、あとは何回か分料金を支払わなくて済むので、とっても楽ちんです。気兼ねなくサロンに通うことができますので、気になる方は是非参考にしてみてくださいね。自分に合ったサロンを見つけてみましょう。

人によって長持ちする人も

基本的には3週間程度でサロンに通うことになりますが、みんながみんなそのくらいでマツエクがスカスカになったり、傷んで来るというわけではありません。丁寧に扱っていたり、瞼の状態や自まつ毛の状態などで、もっと長持ちする人もいます。雑に扱っているとこの期間よりももっとはやくから抜けてしまうことも良くあります。

しっかりとマツエクにダメージを与えないように扱うことで、基本的な周期よりももっとながく持たせることができます。1か月以上通わなくても平気だという人ももちろんいます。しかし、自分では自まつ毛にダメージが与えられていることはわかりませんので、定期的にはサロンへ行ってくださいね。

好みで頻度を変えても◎

基本的にマツエクサロンへ通う頻度は3週間から4週間とされています。しかし、これはあくまでも目安であって、自分でお好きな時にサロンでメンテナンスやリペアしてもらうことができます。行くのが面倒だという人は、このくらいの周期で十分ですが、もっと常に綺麗な状態を保っていないという人は、2週間おきにサロンへ通っているという人も。

サロンが近くにあって、いつでも行けるような状態を作っておくと、通いやすいかもしれません。面倒でなければ2週間程度でサロンに通うとすごく綺麗な状態を保てますよ。自分で好きな頻度で通うことができるので、行きやすい時期を選んで通うようにしてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゴシゴシこするのはNG!マツエクを長持ちさせるコツ

FullSizeRender 7

ゴシゴシこすらない

マツエクにとって摩擦は大敵です。摩擦によってマツエクが取れてしまったり、自まつ毛ごと抜けてしまったりなどなどいろんなトラブルが…。洗顔の時など、知らない間に摩擦を起こしていたりします。または、目にゴミが入った時など、とっさに目をこすってしまいがちですよね。

ゴシゴシこすることで、どんどんまつ毛にダメージを与えて行ってしまっているのです。自分では気が付かないうちに擦ってしまっていることもあります。マツエクを長持ちさせるためには、とにかく擦らないということを心がけましょう。洗顔の時も優しく洗うことでまつ毛へのダメージも少なくて済みます。

うつぶせで寝ない

摩擦はマツエクにとって大敵だという事は分って頂けたかと思います。そこで、寝るときの体制なのですが、うつぶせで寝るのはNGです。うつぶせで寝るという事は、目が枕に当たっていることになります。寝ている間に、知らないうちにまぶたがこすれているのです。これはかなり危険ですね。

うつぶせで寝る癖のある人は、マツエク中は仰向けか横向きで寝るように心がけてください。うつぶせで寝ていて、朝起きるとまつ毛がぼさぼさなんてことだってあります。こうなってからでは遅いので、うつぶせで寝ないように心がけましょう。また、布団などで目がこすれないようにも気をつけましょう。

水分を残さない

洗顔後、まつ毛に水滴が残ったままになっていませんか?些細なことかも知れませんが、実はこれもNGなんです。まつ毛に水滴が残っていると、接着剤が取れやすくなったり、まつ毛にダメージを与えやすくなってしまうのです。まつ毛にダメージを与えないように、洗顔後はしっかりと水分を拭き取りましょう。

基本的にはタオルドライすると思いますが、タオルドライをすると、まつ毛にタオルの繊維が絡まってしまうんsどしてしまうことも。こういうのを避けるために、コットンまたは綿棒などで優しくふき取るのも良いでしょう。とにかく水分を残さないという事を心がけてみることで、マツエクの持ちも良くなりますよ。

オイルフリーのクレンジングを

ご存知の方も多いかと思いますが、マツエクにオイルクレンジングは絶対にNGです。なぜなら、マツエクをつけている接着剤が、オイルに弱く、取れてしまうからです。間違ってオイルクレンジングを使ってしまうと、悲惨なことになってしまうでしょう。そうならないためには、オイルフリーのクレンジングを選ぶようにします。

今ではオイルフリーのクレンジングは数多く販売されています。オイルフリーでもしっかりとメイクを落としてくれます。または、マツエク中でも使えるという記載の入ったクレンジングも販売されています。こういった記載をしっかりと見てから購入するようにします。

こういったことを心がけているだけでも、マツエクの持ちはすごくよくなります。些細なことだからと適当にしないように気をつけましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?マツエクの仕組みがわかっていただけたかと思います。まつげに1本ずつつけるってすごく繊細な作業ですよね。まだマツエクを始めていない人は、これを機に初めて見ませんか?きっともう戻れなくなるほど、マツエクの素晴らしさに感動することでしょう。

長持ちさせるコツも参考にして、サロンに行く回数を上手に減らしながら生活していきましょう。素敵なマツエクライフを楽しみましょう!

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -