ミニマリストは同じ靴を買う!靴選びのポイント3点。シンプル生活で快適に

IMG_8405

余計な物は買わない!持たない!という徹底した考えを持つひとをミニマリストと呼びます。例えば靴に退避手も身に魔理宇とは同じ考え方を持っているのです。年間通じて何足も靴を買い足すような贅沢を好みません。それよりも効率的にシンプルな暮らしをするため必要最低限の靴を揃えているのです。

ここでは、その基準やコツについて考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

そもそもミニマリストの心理とは?

6950972835_5b9e94e87f_z
photo by BAKOKO

必要なものだけを持つ習慣

まだ耳馴染みの薄い言葉かもしれませんが、生活を営む上で必要最小限のものしか持たない人のことを指します。持ち物を極限まで減らしてしまう人も多いなか、一般的には自分で必要だと感じたものを、その数だけを大事にしながら生活を送る人のことを総じてミニマリストと言います。

物に溢れた空間の中で暮らすことを嫌い、シンプルで豊かな生活を目指している人たちなのです。言葉の意味をたどってみても、ミニマム=最小限という意味になりますので、必要な分だけを最小限と捉えればわかりやすいと思います。

必要以上に物欲が多く物を多く持っていることで心の安定を図る様な人に比べると至ってシンプルな暮らしぶりを豊かさに変えて楽しんでいる人たちなので、少しも窮屈な思いをしている訳ではないのです。物が少ない暮らしこそ、卓越されたシンプルさであると考えるのでミニマリストは見た目よりも、ずっと心が満たされていて落ち着いた心理状態だと言えるわけです。




ミニマリストが靴を買う場合はどうなる?

 女性の場合、服装に応じて靴の変えるというのは一般的な考えなのですが、ミニマリストの場合には「本当に履く靴を揃える」ことを優先するのです。つまり、1年に1度しか履かないような靴を買うことはありません。普段から愛用している靴のスタイルを、ずっと大事にするので、結局同じような靴を何足か揃えてしまうという傾向が強いわけです。
一見、偏見を持たれそうな考え方なのですが、ミニマリストにとっては至って合理的な考え方でもあるのです。つまり、同じ靴、もしくは同じようなデザインの靴を交互に履く方が足のためにも自分の理想的にも、ぴったりとあてはまるわけです。

履き心地を優先すると、同じ靴ばかりですが、それが快適さを生み出すわけです。結局は他の靴を購入したとしても履かずにもたいないことをしてしまう結果に繋がることが多いわけです。それならば同じ靴を買おうという心理に繋がるのです。これがミニマリスト的な買い物の傾向です。ミニマリストは自分の決めた数の靴を履くだけで満足な気持ちになれるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ミニマリスト・靴選びのポイントは?

3837712781_133df4e2b4_z

photo by faungg’s photos

靴を選ぶ基準その①

 靴業界では季節が変わるたびに夏場は爽やかなサンダルを売り出し、冬場は温かいブーツを並べることで売り場の雰囲気を変えています。消費者は季節ごとに新たな靴を求めて靴売り場に行くわけです。そこで、ミニマニストはどのような行動を取るのでしょうか?まずは靴選びの視点から考えてみます。季節が変わるたびに靴を買い替えるという発想は、ミニマニストにはありません。1年を通じて履ける靴だけを選ぶのもミニマニストの考え方なのです。

靴というのは知らない間に溜まってしまうものです。下駄箱にいつまでも履かない靴があるのはどの家でも同じです。だからこそ、ミニマリストは靴に対してもシビアに数を限定しているのです。靴は観賞するために下駄箱に置いておくものではありません。自分の環境や服装を思い返して本当に実用性の高い靴だけを手元に置いておくのがミニマリストの考え方です。




②服装や行動範囲を考える

自分が普段から着ている服装を思い返してみてください。スカート派?パンツ派?それともどちらも満遍なく着こなすタイプでしょうか。ミニマリストは、靴の種類を不用意に増やすことはしません。言い換えれば機能的なものだけを揃えるのです。スカートにもパンツにも合わせやすいものを選ぶのも、一つの方法です。そして年中あらゆる場面で活躍しそうな靴であることも大事なことです。パンプスも、ヒールの高さやデザインが無難なものを選びます。

こうして靴を選んでいくと自然とミニマリストの靴の数は3足~5足程度に収まるのです。それこそがミニマリストの理想的な靴の数であると言えます。多すぎても少なすぎてもいけないのです。とにかくどんな場面でも実用性がある靴であることが絶対的な条件であることに間違いありません。

③衝動買いをやめる潔さ

季節ごとの美しいデザインの靴には心ひかれるものがありますが、ミニマリストの考え方に則ると常に不要なものは買わないという主義を突き通します。そして自分の足の性質や似合うタイプの靴かどうかを見極める目を持っています。

この部分がとても重要なのです。何でも購入してしまい無駄を省くという意味でも衝動買いはもっての外です。ミニマリストは、余計なものを買わないという自分自身で引いた線を保てる精神力も持ち合わせているのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

玄関周りをすっきりと保つために

mobus スニーカー
photo by Motohiro Takayama

物が少ないという美しさに気づく

 玄関というのは一番に目につく場所です。靴の数が多いとなんとなく玄関先が散らかったような雰囲気になってしまいます。そしてつい、下駄箱に入りきらないものが箱のまま積み上げてあるような光景はよくあることです。季節の靴をそのときの衝動買いで揃えたとしても、結局は履かずにそのままお蔵入りというパターンが多いようです。こうならないためにも、靴は数足だけ!と決めてシンプルに暮らす準備をするのです。

なんとなく玄関周りが落ち着かないという場合には靴の数を一度数えてみてください。案外と想定よりも多い数の靴がひしめき合っている可能性があります。この際、断捨離をするくらいの勇気を持つことも大切です。

ミニマリストの靴への考え方を踏まえて断捨離ついでに、必要な数だけの靴を残して後は処分すると良いのです。本当にすっきりとしますよ。靴の多い玄関口というのはそれだけでも、見苦しいものです。不要な靴はいつまでも保管しても意味がないことに気づくべきなのです。




ミニマリストは同じ靴を買う?

 究極のミニマリストの場合、まったく同じデザインの靴を三足購入するのです。意外とこれが快適という声が挙がっているのです。同じ靴は三足もいらないのでは?と思うところなのですが足元のコーディネイトで余計な時間を割く必要もない、そして靴が傷むことも三足ぶんだけ余裕があるので気にせずに履けるという利点があるようです。

デザインも履き心地も気に入っている靴だからこそ、どんなコーディネイトにも合わせやすいという利点があるのです。ここを最大限に引き出して考えると、ミニマリスト的には究極の考え方なのです。普通ではなかなか考え付かないことですがミニマリストの場合には同じ靴を三足並べておくことに、快感を覚えるほどなのです。少し不思議な感覚なのですが、基本的に気に入った靴はいつも身に付けていたいと考えるのは妥当なことです。

だからこそ、同じ靴を何足も揃えることには大きな意味があるのです。何も特別なことではなく一つの靴の消耗だけを高くするのではなく満遍なく履き分けていつも気に入っている靴を綺麗に履けるというだけでも、有意義なことなのです。

結局お気に入りの靴が残るという現象

IMG_0450

気に入った靴は何度でも履きたくなるもの

一目惚れした靴が必ずしも快適であるとは言い切れません。実際には、不要な靴になってしま可能性もある「季節もの」は最初から購入リストから外しておきます。それよりも年中楽に履けるデザインのものを大事に履く方が有益なのです。絶対に履かないと思う靴は持たないことが基本姿勢です。まずはここからスタートしてみまよう。

お洒落な靴と実用的な靴とは訳が違います。靴においても最小限主義者の考えを推し進めればよいのです。誰に迷惑をかけることもありません。かえってシンプルに暮らせるきっかけにもなるので、ミニマリストにとっては気持ちがすっきりとする瞬間です。気に入っている靴をずっと履き続けること自体がミニマリストの考えに沿っているのです。

吟味したうえで自分のファッションセンスに合い、機能面でも卓越している靴に出会えたときには、思い切って同じ靴を増やすという考え方もありなのではないでしょうか。ミニマリストは最小の数の靴で豊かな気持ちと快適さを得ることが本筋です。だからこそ、多くの靴を持つことには、なんら魅力を感じないのです。足に合う履きやすい靴数点に囲まれている方がよほど、充実感に抱かれているわけです。




シンプルに暮らすという意義

出来る人と出来ない人に分かれてしまうのがミニマリスト的な生活主義です。不必要なものを最小から身近に置かないことがまず大切な考え方です。靴に対しても、一足で様々な用途がある靴の場合には、それだけでも十分と満足に至る考え方です。物を常にコンパクトにまとめておくことで、シンプルな暮らしが実現するのです。この機会に自分の必要最小限の靴の数をカウントしてみてください。意外と少ない数でも役に立てる靴があるかもしれませんそこを見分ける力が必要なのです。

何でも多く集めることが幸せな事ではないのです。「本当に必要な靴」に出会える方がよほど心が躍るのです。そこが普通の物欲とは違って、必要最低限のものを選ぶ目なのです。大切に養いたいミニマリストの視点なのです。

まとめ

常に最小限の物だけに囲まれて暮らすというのはミニマリストにとっては至福です。すっきりといつでも物が最小限だけ揃っているシンプルさは快適でそして開放的なものなのです。靴についても全く同じ考え方で数を減らし最小限に必要な靴だけを大切にするのです。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -