モーニングにおすすめのカフェ7選!東京で優雅な朝食をとろう


東京で優雅な朝ごはんを食べたいとき、あなたならどんな店を選びますか。おすすめはカフェのモーニングです。お好きなドリンクとともに、軽食が楽しめるだけでなくカフェならではのプラスアルファメニューでさらに朝食を楽しいものにできるでしょう。
東京ならカフェの数も桁違い。きっとあなたの気に入るモーニングメニューがあるお店が見つかるでしょう。

スポンサーリンク

モーニングとはどんなもの?

1.モーニングとは

モーニングとはカフェや喫茶店、ファミリーレストランなどの飲食店に用意されている「朝食限定のメニュー」のことです。カフェをはじめほとんどの飲食店でモーニングのメニューは商品や価格が固定化されている場合が多く平日いつ行っても同じメニューが食べられることが多いです。
時間がかからず早く朝食をすませられる工夫が作るカフェ側も、注文して食べるお客側にもされているのが「モーニング」のメニューの特徴です。
また、通常の朝限定メニューにモーニングサービスとして何かプラス(トーストセットにゆでたまごがついたり、コーヒーを注文するとトーストがついたりなど)しているものを指してモーニングと呼ぶお店もあります。

2. 定番のモーニングメニュー例

モーニングというのは最近できた朝メニューのシステムではありません。一説としては1950年頃に愛知県一宮の喫茶店がはじめたともいわれています。
モーニングの形式としては「主食となるもの」と「飲み物」であり、それにプラスで何か付く場合もあります。例えば、トーストとゆでたまごにコーヒーであったり、たまごサンドにコーヒーであったり。
このようなメニューが少し前の典型的なモーニングサービスのメニューとして知られています。最近はおしゃれなカフェでは定番のトーストとゆでたまごなどのメニューの他にもキッシュや具材を工夫したホットドッグなどその店独特のモーニングも見られます。

3. 値段

モーニングはドリンクとちょっとした主食、プラスヨーグルトがついたりミニサラダをプラスしたりという感じでいただくことになります。
朝の時間にもサッと提供できるような簡単なメニューであることからあまり高価な値段設定の店は少なく、ワンコインで収まる程度、または1,000円札でおつりがくる程度の価格設定にされていることがほとんどです。
コーヒー一杯の値段でトーストなどがサービスとなるカフェもあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝からしっかりエネルギーチャージ!東京のモーニングがおすすめのカフェ7選

1.buik 表参道

buikのモーニングセットは1種類。トーストと卵料理にヨーグルトと飲み物がつきます。buikのトーストはパンからこだわった一品。老舗パン屋の「ペリカン」の食パンを使用しているから、そのお味は折り紙付きです。
飲み物はコーヒーか紅茶からチョイス可能。トーストはバターと小倉の2つから選べます。レギュラーメニュータイムにも若い女性を中心に人気がある自家製焼き菓子がいただけるカフェ。
モーニングやランチ以外のアフタヌーンティーにもぜひ訪れたいお店です。

1.住所:東京都港区南青山4-26-12 1F
2.電話番号:03-6805-0227
3.営業時間:8:00~18:00
4.定休日:日曜
5.ホームページ:http://buik.jp/
6.モーニング時間:8:00–11:00

2.ワールド・ブレックファスト・オールデイ

世界の朝ごはんをテーマにした一日中モーニングのようなカフェ。定番メニューはアメリカとイギリス。それに2ヶ月ごとにひとつの国の料理が加わります。
2017年12月から2018年1月はフィンランドの朝食が楽しめます。他のカフェでは食べられないような変わった世界中の朝ごはんを食べてみたいならぜひ訪れてみてください。

1.住所:東京都渋谷区神宮前3-1-23 1F
2.電話番号:03-3401-0815
3.営業時間:7:30~20:00
4.定休日:年末年始
5.ホームページ:http://www.world-breakfast-allday.com/
6.モーニング時間:開店~9:00までにいくと200円引き

3.パンとエスプレッソと

ベーカリーカフェなのでお店で焼いている焼き立てパンをすぐに提供してくれます。焼き立てパンを味わいたいならパンとエスプレッソとのモーニングがおすすめです。
パン屋さんの焼き立てパンの香りに誘われて店内は朝早くからたくさんの人で賑わっています。モーニングメニューはトーストとミニサラダ、チーズにハムやソーセージなどとかなり豪華なセットとなっています。
しかし、モーニングはこれだけではなく、フレンチトーストもあります。これはお店で一番人気の「ムー」というちょっと小さめの耳が薄い食パンで作られています。このお店に立ち寄ったらぜひ一度食べて欲しい一品です。

1.住所:東京都渋谷区神宮前3-4-9
2.電話番号:03-5410-2040
3.営業時間:8:00~20:00
4.定休日:第二月曜日
5.ホームページ:http://www.bread-espresso.jp/
6.モーニング時間:平日8:00~10:00

4.クリントン・ストリート・ベイキング・カンパニー

パンケーキで有名なカフェですが、それ以外の食事のメニューも充実しています。コーヒーはおかわり自由。オムレツやサンドイッチに加え人気のエッグベネディクトもおいてあります。
本場アメリカでは大人気で1時間待ちも当たり前という人気店。モーニングというよりもブランチを食べられるお店というコンセプトで作られています。
週末や祝日は朝8:00からやっているので早起きしてモーニングを食べたい時に出かけたいおしゃれなカフェです。

1.住所:東京都港区南青山5-17-1 YHT南青山ビル 1,2F
2.電話番号:03-6450-5944
3.営業時間:9:00~21:00土曜日曜祝日8:00~21:00
4.定休日:不定休
5.ホームページ:https://clintonstreetbaking.co.jp/

5.トラヤカフェ 青山店

和菓子のとらやさんが運営しているカフェです。場所が南青山ということで店内も静かで落ち着いた雰囲気が漂うカフェとなっています。モーニングメニューは、人気のスコーンをはじめグラノーラ、ベジプレート、こちらも人気の季節のスープ(パンとドリンク付き)、あんペースト(パンとドリンク付き)の5種類から選べます。
スコーンとあんペーストはとらやの「小倉あん」がついてくるので、トラヤカフエにいくならこの2種類を1度は食べてみて欲しいです。若い人だけでなく年配の人も気兼ねなく訪れることができるカフェとなっています。

1.住所:東京都 港区 南青山 1-1-1 新青山ビル西館 B1F
2.電話番号:03-5414-0141
3.営業時間:8:00~20:00土曜11:00~18:00
4.定休日:日・祝・夏季・年末年始
5.ホームページ:https://www.toraya-group.co.jp/toraya-cafe/shops/aoyama/
6.モーニング時間:8:00〜11:00

6.レフェクトワール

東京で人気のカフェはパン屋さんが経営しているところが多いです。このレフェクトワールもそんなパン屋さんがはじめたカフェ。京都で人気の「ル・プチメック」がやっています。
パンのテイクアウトもできますが、カフェでお店のパンのイートインも可能。モーニングはトーストセット、小倉トーストセット、トリプルチーズトーストセット(3種類のパンから選べる)、フレンチトースト、パン盛り合わせ。
組み合わせを入れると11種類もの中から選べるのでどれにしようか迷ってしまいそうです。野菜もたっぷりついているのでパンとコーヒーだけではという人も大満足でしょう。

1.住所:東京都渋谷区神宮前6-25-10 タケオキクチビル 3F
2.電話番号:03-3797-3722
3.営業時間:8:30~20:00
4.定休日:1月1日のみ
5.ホームページ:http://lepetitmec.com/
6.モーニング時間:8:30~11:30

7. bills 東急プラザ表参道原宿

「世界一の朝食」と評されるモーニングがあるのはこのカフェ。レギュラーメニューではパンケーキが人気のお店です。オーストラリアのカジュアルダイニングが日本に進出してきたお店なので、本場のオージーブレックファーストが表参道で楽しめます。
モーニングメニューはイエローフルーツボウル、自家製グラノーラ、アーモンドチアポット、リコッタパンケーキ、オーガニックスクランブルエッグとトースト。
この他、「フルオージーブレックファスト」はトーストとローストトマト、ベーコンソーセージなどがセットになった豪華なプレートや「フレッシュオージーブレックファスト」というグラブラックス、ポーチドエッグにアボカドなどが添えられたセットもあります。

1.住所:東京都渋谷区神宮前4-30-3 東急プラザ 表参道原宿  7F
2.電話番号:03-5772-1133
3.営業時間:8:30-23:00
4.定休日:不定休
5.ホームページ:http://www.transit-web.com/shop/bills-omotesando/

スポンサーリンク
スポンサーリンク

モーニングにプラスしたいその他のメニュー

1. 野菜不足解消に

朝食はまず野菜からという人も少なくないでしょう。トーストとコーヒーなどというスタンダードなモーニングセットにプラスするなら野菜がおすすめです。
「bills」はさすが世界一の朝食といわれるだけあって、栄養のバランスが考慮されサイドメニューも豊富です。

2. ハラペコな朝には

朝もしっかりタンパク質を摂りたいけれどお肉はさすがにという人も多いでしょう。ベーコンやソーセージなどの加工肉ならそんな朝のお腹にもやさしく収まってくれそうです。
ベーコンやソーセージがプラスされたモーニングセットを頼むか、ない場合はサイドメニューからチョイスしていきましょう。「クリントン・ストリート・ベイキング・カンパニー」のチキンサラダならチキンと野菜の両方が摂れるのでおすすめです。ちょっと大きいので誰かと行った時にシェアして食べたい一品です。

3. 朝の脳のためにプラスしたい

脳は朝も栄養不足です。脳の栄養といえば甘いもの。お通じのためにも、はちみつやフルーツソースをかけたヨーグルトなどを追加すると良いでしょう。
東京のカフェでも小倉あんを追加できるカフェが意外と多いというのもわかりました。和菓子屋である「トラヤカフェ」だけでなく「buik」でもあんこをプラスしたトーストやスコーンなどが楽しめます。

まとめ

東京でモーニングが人気のカフェは定番ではなくその店独特のメニューがあり、どこで食べようか迷ってしまうものばかりでした。海外から進出したお店やパン屋さんが経営しているカフェなどその専門分野が活かされているのも特徴的でした。
東京ではあなたの好みにあった優雅なモーニングが選び放題です。お店選びに迷ったときは、参考にしていただければ幸いです。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -