レディース暴走族の昔と今を徹底比較!実はあの女性芸能人も所属していた??

暴走族やレディースのと言えば、シンボルとも言える特攻服。

印象としてはひと昔前の流行のものだという感覚ですが、現在も実際に活動されているとのことで、昔のものと今のもの、比較しながら調べて行きたいと思います。

ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

そもそも暴走族って何をしている団体?今もあるの?

暴走族の定義

暴走族(ぼうそうぞく)は、主に日本に見られる、オートバイや乗用車を用いて騒音を伴う無秩序な運転をする集団。
集団による交通の妨害や危険をもたらす一連の行動は、主に道路交通法の共同危険行為として罰せられる。また、集団の自動車やオートバイは、ほとんどが違法改造車であるため、この点で検挙されることもある。車両が無改造であるからとはいえ、それで暴走族としての名指しを免れるわけではない。

2004年11月現在、共同危険行為で摘発された場合、最高で2年の懲役または50万円の罰金、交通反則通告制度に基づく違反点数25点が課され、運転免許取り消し後の欠格期間(免許を再取得できない期間)が数年におよぶ。このため、摘発された場合には、その後の就業に支障をきたす部分もあり、取り締まりも年々強化されていることから、全盛期と比べて構成者の大幅な減少も見られる。

一方で、小人数でゲリラ的に暴走するケースが増えている。このことは「たまたまその場に居合わせただけ」という逃げ口が設けられるため、「集団」に対する取り締まり方法である共同危険行為を適用しにくいという問題も生じさせている。また、警察車両がこれらの犯罪行為を確認したとしても、自動車の入り込めない路地裏などへ逃げ込まれるなどのため、警察の能力では対処できない例も増加している。

未成年による暴走行為に対しては道路交通法に沿った判断だけではなく、少年法による保護方針を考慮した対応を行うべきという意見に対して、警察組織として柔軟な対応が行えていないという問題もある。




暴走族の歴史

暴走族が誕生したのは結構昔で、戦後も1940年代頃バイクが国民に普及しだした頃から活動し始めていました。

当初はカミナリ族と呼ばれ、ヤンキースタイルでアメリカナイズされた風貌で昨今の暴走族の雰囲気はありませんでした。

↑当時のカミナリ族と言われた時代の暴走族

その後1980年代頃に段々と今の特攻服に通じる大人や一般の人が眉を顰める独特な雰囲気へと変化していきます。

↑こちらは1970年頃の暴走族

このあたりからは、校内暴力が蔓延してきた時代でもあります。暴走族は巨大な組織へと成長していき、一度招集が掛かれば1万台の暴走族が河原に大集合していた頃でもあります。

この中からいくつか伝説化したグループが誕生し、巨大な勢力争いの時代に突入していきます。

一般人でも耳にしたことがあるブラックエンペラーという団体では、俳優の宇梶剛士さんが7代目総長を務めていたことでも有名です。

この時代は、結局の所集団化して要するに非行に走っていた訳です。後の時代のチーマーとはまた別に。暴力団との繋がりは否めませんが集団生活の中で、主張したい衝動があり、それを全身で叫んだある意味では青春時代の現れだったのかも知れません。

   暴走族の種類

活動内容の違いによって、呼び名にはいくつかの種別がある。なお、共同危険型の「暴走族」ないし「旧車會」「バイカー」などの自ら呼称する集団とは異なり、以下の呼称は警察やマスコミにより命名された通称であり自称するものではない。

ルーレット族

首都高速都心環状線や阪神高速1号環状線など、都市高速道路の環状部分の周回に要した時間を競いあう。「イベント」開催時にはパーキングエリアを大挙して占拠することもある。関西では環状族とも呼ばれる。

ローリング族

峠道で急カーブの続く道程を競走しあう。山間部の一般道や観光路線などが用いられる。ドリフト族峠道や港湾地区の一般道などで、車体を横に滑らせてタイヤをスリップさせながら走るドリフト行為を行う。タイヤが擦れるスキール音が非常に大きいのが特徴である。

ゼロヨン族

夜中に埠頭や工業団地など広い直線道路に集まりドラッグレースを行う。「ゼロヨン」とはドラッグレース競技全般に対する通称で、1/4マイル(約402m)区間競技が多いことから「0-400m」の略語。

現代の暴走族は健在?

では最近上記のような暴走族を見掛けることは少なくなったが、現在は存在しているのだろうか?と思い調べてみたら、地域によるが脈々とその土地で伝統は若者に受け継がれているようです。

その活動が伺い知れる、一部をご紹介します。

スポンサーリンク

女性だけの暴走族、レディースの存在

レディースとは、女性だけで編成された暴走族の事を指します。特攻服の故障も男女共通で、活動目的や内容も大きな相違はありません。

男性の暴走族と関係しているメンバーもいましたが、女性単独で主に盛り上がってきたようです。女性の不良が徒党を組み暴走する、というのもこの時代独特の様に思います。

女性の一部からはある種のカリスマ的人気もあったようで、このレディース出身の芸能人も存在している。

レディースの元総長・小泉今日子さん

http://the-rankers.com/posts/Performing-artist-of-former-crazy-drivers/4

女優・歌手の肩書をもつ小泉今日子は、オーディション番組・スター誕生!に出場し見事合格し、アイドルとして、堀ちえみ、三田寛子、石川秀美、松本伊代などともに花の82年組として活躍した。

当時、小泉今日子はシングル「なんてったってアイドル」をヒットさせ、同期の中でも活躍が顕著だった。

ただ、小泉今日子にはアイドルとしての顔以外にも、女性で構成される暴走族・レディースの総長としての顔も持っていた。

地元厚木市でも最大勢力を誇るレディースの総長として、腕力、威圧感などを駆使して抗争では戦っていたという。

スター誕生!のオーディション会場にボンタンのようなジーンズを履いて、他の出場者を威圧したことは、業界での初めての武勇伝となった。

他の 女性芸能人も、元ヤンキー、元ギャル等の噂はありますが、レディース出身だと確実に確認出来たのはこの方のみでした。

お綺麗で落ち着いた佇まいの頃からしか存じ上げなかったので衝撃を覚えてしまいましたが、この方が総長ならば何だか付いていきたくなる程にカリスマ的な存在だったのかも知れませんね。

スポンサーリンク

まとめ

暴走族というと、危険行為を行う集団という一辺倒なイメージしかなかったのですが、想像していたよりも数多くの歴史を刻んできたその時代の若者の荒れた青春足跡のようなものでもあるのだな、という印象を受けました。

現代の若者のように、不満があっても適当に流して、知らないふりを決め込むよりは主張したい何かがまだ若い身体からは溢れんばかりに煮えたぎっていたのかも知れませんね。

集団になることで、きっとその得体の知れない気持ちを共有しようと奮闘していたのかも知れないと思うと、迷惑行為・犯罪行為は問題有ですが、根本では他の少年少女、青年達と実は何ら変わりはないのかも知れないという印象を受けました。

表現方法は過激ではあったけれど、大人に対しての反発心があのような形になったのでしょうか。

暴走族という存在は、ある意味で一般社会よりも序列が厳しいと耳にしたことがあります。

いつか一般社会へと歩み出し、暴走族時代の自分達を懐かしむ日が来るのかも知れませんね。

続きを読む

オススメPR

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -