「恋愛対象外」から「告白」へ!「脈ナシ」から「脈アリ」への劇的ビフォーアフター!

IMG_7769kirai

好きな人がいるのに「恋愛対象外」だったり「脈ナシ」だったりなんてのはとても悲しいですね。なんとかして振り向かせたいと思ってしまいますね。どうすれば振り向いてもらえるんでしょうか。

「脈アリ」になって「告白」するまでどうやってアプローチをかければいいんでしょう。

スポンサーリンク

「脈ナシ」だからと言ってあきらめないで!

a1380_000944

しつこくならない程度に連絡する

男性は基本的には仕事に追われていて忙しい場合がほとんどです。その為こまめに連絡を取らないと次第に疎遠になってしまう可能性は極めて高いものです。しかし業務に支障をきたすレベルで連絡してしまうと、向こうは不愉快な気持ちになってしまうでしょう。

このことをしっかりと考えて片思い中の相手には「しつこくなりすぎず、忘れられず」を意識して相手に連絡してみましょう。




デートは相手の負担にならないようにする

デートで片思いの相手におごってもらうのはちょっと気が引けてしまいますね。かといって完全にこちらのおごりにしてしまうと相手も「なんか、悪い気がする」と、気を使ったり、最悪「都合のいい女」と思われるかもしれません。

なので、例えば「映画のタダ券が偶然手に入った」など誘い方を工夫してみるといいかもしれませんね。

こちらの好意を伝える

男性は「好意を持たれたら好きになる」ことが多いようです。この辺りは女性との一番の相違点かもしれませんね。理由は簡単です。男性は「人から好意を持たれる機会が、女性と比べて圧倒的に少ない事が多い」からでしょう。

実際に男性は「逆ナンされた経験がある」人はほとんどいないでしょう。その為に好意を持っているという事を、しっかりと伝えられるようにすることが重要になってきますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

好意を伝えるには

IMARI20160806103417_TP_V

相手の目を見てしっかりとうなずく

片思い中の男性に好意を伝えるのに大事な事は「どんな話であっても相手の目を見ながら、しっかりと頷いて話を聞く事」ではないでしょうか。特に趣味の話題などわからなくても、時に質問しながらしっかりと聞きましょう。

「どんな話でもあなたの話なら聞きたい」と思って聞いていると、男性も「わかろうとしてくれているんだな」などと思ってくれるかもしれません。




自分の気持ちを素直に表現する

自分の気持ちを素直に表現することも大事ですね。男性に限らず人は「何を考えてるのかわからない人」を苦手とするものです。たとえ付き合っていても、相手が自分に対して言葉や態度で好意を示してくれないと次第に不安になってきてしまいますよね。

そこで「逢えたら嬉しいな」「ちょっと寂しいけど、仕方ないよね」などと自分の感情を素直に表現することで、「脈ナシ判定」をしていた相手でも気持ちが伝わるかもしれませんね。

相手を個別化する

相手への好意を伝えるには重要になってくる事です。「どんな相手にも通用する恋愛マニュアル」を使って相手を決めつけるのではなく、相手がどんな受け答えが好きなのか。どういう所に行きたいのか。などをしっかりリサーチして考えながら接すると良いかもしれません。

大勢の中の一人ではなく、特別な一人「オンリーワン」として認識するといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

男性に人気があるタイプとは

girl-hanabatake

どのような女性が人気があるのでしょう

もちろん好みはそれぞれあると思いますが一般的な人気のある女性としては、やはり女性らしやさ、可愛さがダントツなのではないでしょうか。

男性は本能的に「庇護欲求」「支配欲求」を持っているようなので、それを満たしてくれそうな女性がいいのかもしれませんね。

その為、自分が上に立って引っ張っていけるタイプの女性の方が過ごしやすく、好意を持ちやすいのではないでしょうか。男性の「庇護欲求」や「支配欲求」を満足させてくれるのでしょうからね。

また女性らしくてかわいさがあるというのは男性にはない要素なので男性にとってロマンなのかもしれませんね。普段から言葉遣いや仕草など意識してみてはどうでしょうか。

天然系の女性はいやし効果も高く、一緒にいるだけで落ち着くという傾向も強いようです。母性的な面も持ち合わせている女性は、献身的に男性を支えてくれるというイメージがありそうですね。

仕事などで負担の多い男性には癒してくれたり、支えてくれそうなタイプの女性も人気の様です。

恋愛における価値観の違い

valentinePAKU2826_TP_V

恋愛対象の割合が違う

男性と女性では恋愛に対する価値観が違うようです。そこをしっかりと把握しておけば「脈アリ」に昇格して「告白」までたどり着けるのではないでしょうか。

異性と対面したとき、男性の8割の人が女性を恋愛対象として見ているようです。恋愛対象になる女性が圧倒的に多いんですね。自分もその8割に?と思いたいですがそこは冷瀬な判断が必要になってくるのでしょう。

まずはいい印象を与えなくてはいけませんね。そうしないとアプローチの機会さえ失ってしまいます。では、どのような基準で恋愛対象かを男性は選ぶのでしょう。

そこはやはり「自分の好みやタイプなのか」なのではないでしょうか。それが恋愛対象と恋愛対象外の女性の境界線になってくるようです。

第一印象であれば外見や印象が大きな分け目になってくるでしょう。もちろん最初は「範囲外」であったとしても話してみて「いいなぁ」と思ってもらえれば「範囲内」に入れる可能性は大いにありますよね。

年齢を重ねれば当然男性も「結婚」を意識してきますね。「この子と結婚したら・・・」という見方も出てくるかもしれません。結婚を意識するのは女性だけではないんでしょうね。将来も視野に入れて彼女を探しているのかもしれませんね。

こうしてみるとまずは男性の好みをリサーチして恋愛対象内に入れる状態に持っていくことが大事ですね。




 「連絡」の考え方が違う

前述でも少し出てきましたが連絡の価値観が男性と女性では少し違うようです。男性にとって連絡はその名の通り連絡手段として使う男性が多いようです。もちろんすべての男性がそうであるとは言えませんが…。

女性にとっての連絡はコミュニケーションツールになっている事が多い様です。

「今何してるのかな?」などを始め一日に何回かメールなどをする女性は少なくないと思います。それが男性にとっては読んで「なるほど」と思ったまま返信をしない場合があるようです。

男性からメール等が来るのはお誘いや用事があるときだけなのかもしれませんから。

そういった男性の連絡に対する好みがわからないとお互い意見が違ってきてしまいますね。連絡をしてくれない相手に不満を持ってしまうかもしれません。お付き合いに発展したとしてもそういう日常の些細なことは大きなヒビになる可能性が出てきます。

連絡を連絡手段にしかしないタイプの男性は、連絡をくれない!と怒る女性より、連絡をのんきになっていてくれる女性の方が相性がいいと思ってしまうかもしれません。メール等での連絡。という面での相性なのでしょうから。

こういった日常的な事は大事ですから、そういう事からも男性は女性を恋愛対象になるか、ならないかを決めているようです。好きな男性が連絡に対してどういう価値観をもっているのかも忘れずにリサーチしておくといいでしょう。

でもまだ片思いなのですから「しつこくなりすぎず、忘れられず」から始めて返事の頻度で見極めてもいいかもしれませんね。

会えない時間に対する考え方

男性は女性と会えないと「会えない時間が長ければ長いほど会いたくなる」と思っているようです。会えない時間が愛を育てる。という言葉がありますがまさにその通りなのでしょう。一方女性は男性とあえないとあきらめに入ってしまう人がいるようです。

仕事などで会える時間が少なくなると、女性は「もうダメなのかな」とあきらめ、自然消滅になっても仕方がないと思ってしまう人が多い様です。仕事等で忙しいわけですから落ち着くのをまっていられればいいのですが…。

その為男性が仕事が一段落したり、会いたい!と思った時に「私も会いたかった」と同じテンションで会える女性は男性にとって嬉しいですね。会うのも楽しみになってくるでしょう。

男性は女性と違って「恋愛脳」になりにくいため、いつも恋愛中心に考えているわけではなさそうです。

男性が外で忙しくしている間、女性も自分の時間を大切にして、自分磨きなど会える時を楽しみに待つのもいいしれませんね。男性が会いたくなった時に、変わらない気持ち会える関係を築けるかは、男性にとって恋愛対象の基準になってくるのではないでしょうか。

久しぶりで楽しみしててやっと会ったのに、女性のテンションが低いと男性もつまらない思いをしてしまうかもしれませんからね。

愛情表現の示し方

女性は愛情表現はできるだけ言葉にしてほしいと思う人が多く、男性は態度で示したいという人が多いようです。男性は言葉での愛情表現はうまく伝えられなかったり照れてしまう事が多いですからね。

「好き」という一言も告白の時しか言ったことがない男性も多いと思います。男性は言葉ではなく態度で示していると思っている人が多いようです。

そういう態度をきちんと気持ちとして受け止めて愛情を感じてくれる女性は、とても安心できる存在なのでしょうね。逆に言葉ばかり求めてくるだけで、態度での愛情を見てくれない女性は男性にとって「どうして?」と疑問符が浮かぶかもしれません。

男性は態度で愛情を示しているつもりなのですから。一方女性は自分だけが相手に気持ちを伝えている一方通行の気分になってしまう為、不安になってしまうのでしょう。そして、そんな不安が溜まって爆発してしまうのではないでしょうか。

女性の不安にきちんと対応してくれる男性ならいいのですが、男性も態度で愛情を示しているつもりなので、それをわかってくれない女性とはやっていけないと思ってしまう事もあるでしょう。

男性の中にも言葉で愛情を示してくれる人がいますね。意中の人がどういうタイプなのかの見極めも大切になってくるでしょう。

まとめ

「脈ナシ」から「脈アリ」に昇格するには男性のお邪魔にならずに、気持ちにスルッと入っていけるのがいいのかもしれませんね。その為には男性と女性の感覚の違いを理解することも大事なんでしょう。

そして意中の相手の好みをリサーチして自分の個性を生かしつつも、相手の好みも取り入れて新しい自分を発見することも必要になるかもしれませんね。男女の事はどうなるかわかりません。だから数々のドラマも生まれるんですね。

女性らしさ可愛さを忘れずに頑張りましょう。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -