ネトストの意味とは?その心理や行動パターンを紹介!やめたい人はどうしたらいい?

ネットをよく利用する人達は、ネトストの経験はありますか?元カレの近況状況が知りたくて、今の住所や環境を逐一調べてネット上で嫌がらせをしていませんか?ネトストは、ストーカー犯罪です。

ネトストに走る女性は、元カレへの思いが強くて自分の侵している行動が悪いこととは思っていません。自制せずドンドン悪い方向に進んでいる人は、今ここで自制しましょう。今回は、ネトストをやめたい人の方法などご紹介します。少しでも自制する人が増えれば幸いです。

スポンサーリンク

ネトストとはどういう意味?

1

1インターネット上のストーカー

ネットストーカーの略です。意味はそのまま、インターネット上のストーカー、またストーカー行為のことを指します。インターネットを利用して悪質な嫌がらせをサイバー犯罪の一種とされています。

では、なぜ多くの人々がサイバー犯罪に手を染めてしまうのでしょうか?誰だって、恋愛をして好きだった人や、片思いの人と別れます。あの人、今、何しているんだろう?と気になり、知りたいと思うのが人間です。

特に新しい彼氏が出来たのか、結婚して幸せなのか知りたいと思います。自分よりも先に幸せになっていたら嫌!許せない!と思う人もいるでしょう。

ここで、すぐにインターネット上で元カレの名前を検索して、写真や勤め先の状況を知ることが出来ます。接触したり、介入しなくても元カレの行動をチェックするだけで満足なのです。

つまり、インターネットが普及して便利になったからこそ、時間を関係なくネトストを容易に生み出されるのです。では、他にもどんなことがネトストと言えるのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ネトストの行動と心理状況とは?

2

1ネット上で特定のユーザーに執拗に話しかける。

ネトストの被害の多くは、名前も顔も知らない特定のユーザーから、ある日突然執拗に話しかけられたり、不快な思いをすることです。どこで個人の情報を得たのか、追求すると、友人とのメールやSNS上でのやり取りから、情報収集されているのです。

仲間の間だからと言って、心を開きすぎると、写真に反射する自分の顔や近隣住民、利用するお店などの情報がバレてしまったのでしょう。

ここから、ネット上やメールアドレスを通じて、朝から晩まで執拗に挨拶や性的欲求など、身が震えるほどの欲求が続きます。では、執拗に話しかけたいのは、なぜだと思いますか?

ネトストを侵している相手は、気になる人の思いや気持ちを知りたいし、ただ単に自分が愛していることを知って貰いたいだけなのです。離れていても、心の中で繋がっている大切な間柄と認識して欲しいのです。

でも、ネトストをされた側は、この一方的な強い欲求に答えられません。ですから、一つでも個人を特定出来る情報が得らないように、頻繁にメールアドレスを変更した方が良いかもしれません。




2ネット上の掲示板や、メール・チャットによって嫌がらせをする

一番怖いネトストと言ったら、恋愛や行為、怨恨を満たすためにネット上で嫌がらせをすることです。怨念が消えるまで、執拗に掲示板やメール・チャットを通じて、不特定多数の人に個人を中傷する書き込みをします。

決して事実ではないことをばら撒かれるので、たとえ嫌がらせを受けた本人が「やめてほしい。警察に通報します。」と言っても、誰が嫌がらせをしているのか分かりません。
嫌がらせを受ける思えもないし、不安になるだけです。

例えば、「主婦なのにキャバクラに勤めていて、旦那以外の不特定多数男性と関係を持っている」など言いがかりをつけられます。真実ではないし、言われた側は社会的地位を失います。

そうなる事を知ってて、ネット上で嫌がらせをしてくるのです。恨みがとても強く、どうしても地獄に落とさせたいのだと思います。

3特定のユーザーのブログなどのURLを、ネット上に貼って回ったりする

ブログの開設者本人が、許可していないのに、勝手に個人情報などをネットにさらしたりする行為はネトストであり、ストーカー行為として処罰の対象になることをご存知でしょうか?

これを侵している人は、犯罪を侵しているとは思わずに、ただ単に自分の思いを貫きたいだけで行っています。例えば、元カレにネトストを侵している女性は、直接2人で会えない状況を悔やんで、写真や個人の内容をブログに貼り付けています。

個人情報は、特定の人物の居場所や連絡先を特定し、クレジットカード不正や借金などの金銭面の悪影響や、周囲との人間関係が破壊することで自分の欲求が満たされます。もっと苦しめよう、どん底につき落とそうとすることで、元カレ本人にも、危害を加えて行きます。

ましてや、元カレの家族や恋人・配偶者までを巻き込むことで被害者意識の高いネトストは心を満足されるのでしょう。

4元カレのパソコンにウイルスを進入させる

元カレのパソコンにウイルスメールを送って、元カレがメールを開けた瞬間にウイルスが広がるのは、ネット社会ならではのストーカー犯罪と言えるのではないでしょうか。そもそも、綺麗な形で別れていれば、ネトストは起こりません。

特に女性側が執拗に未練を残しているからこそ、相手の近況状況や居場所などを特定したいと思え、別れていても自分の物だと思っていたいのです。他の女性と幸せになってほしくないし、ましてやメールアドレスは手に入れていたいのです。

メールアドレスさえあれば、元カレを復讐させれるウイルスメールを送れますし、何かあれば自分が助ける振りも出来ます。つまり、ウイルスを進入させ、元カレを不幸にすることで、自分の所に戻ってくるように仕向けているのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ネトストの対策方法とは?

d776e59dab401ec67c483425b6a05b27_s

1警察に相談する

日本の法律では、ネット上のみでストーカー行為は、特定の法律によって禁止されているわけではないありません。まだ、法整備が十分とは言えずネット上での取り締まりが容易ではないのです。しかし、その嫌がらせ内容によっては、ストーカー規制法に当てはまり、取り締まることが出来ます。

ですから、今嫌がらせを受けている側の人は警察に損失してストーカ行為内容を相談してみましょう。自分の身は自分で守ることが出来ない状況であれば、少しでも警察の力を頼ることも良いと思います。

もちろん、ストーカ行為をしている側も、自制したいのであれば専門家に相談しましょう。一つでも、解決策が見つかるかもしれません。決して、1人で悩まずにみんなで力を合わせて行きましょう。




2ストーカー規制法上の違法行為が当てはまることを把握しておく

・交際面会の要求が執拗にあること
・相談者に危害を加え社会的地位に損害を与えること
・嫌がらせ行為が名誉を害すること
など嫌がらせの内容によっては、脅迫罪や強要罪、名誉毀損罪や傷害罪にもなります。

1人で抱え込んで、苦しい思いをしている人いませんか?嫌がらせを受けている側は、精神的にも辛い思いをして、毎日怯えて外出することも出来ないでしょう。しかし、上記のストーカ規制法を把握しておくことで、自分の身が守れます。

逆に、嫌がらせをしている側は、あなたが精神的に落ちれば嬉しいかもしれません。幸せを奪ってまで相手は幸福感を覚えるのです。

犯罪を侵している人を許せますか?社会的地位を無くし不幸への道を辿ることがあなたの望みとは考えられません。少しでも、警察に通報することが出来るように、ストーカ規制法を理解しておくことが大切です。

3室内の様子をカメラで撮影しない

もし室内の様子をカメラで抑えたい場合は、位置情報機能をオフにしましょう。普通の携帯なら、設定画面から位置情報機能オフに出来ます。また、カメラなら写した写真をパソコン編集し、位置情報オフにすることが出来ます。

また、間取りと外の景色や看板から住まいの情報が漏れることがあります。ましてや、室内を写した時に、鏡から反射されたあなたの顔や住所が書かれた郵便物からも特定されます。

つまり、個人の情報が安易に開示されない状況を作り、室内の様子を安易に映さないことが大切です。

4意識改革が必要

どの対策方法にも言えることは、やはり、容易に個人情報の特定につながる情報を開示しないことが重要です。ネトストを犯す人間は、ネット上での些細なつぶやきからどうがまでありとあらゆる情報を詮索し、見つめています。

女性としては、不可解な書き込みや映像がネット上に晒されるかもしれません。しかし、あなた自身の安易な行動によって問題を大きくしていることを忘れないで下さい。

もし、好きな人と綺麗に別れていれば怨念が残りませんし、未練も残らないはずです。人間は、1人で生きることが出来ない弱い人間です。ですから、日々自分の行動や言動への意識改革が必要だと思います。

5ネットを利用しない

ネットを利用せず通話だけにすれば、ネット上で嫌がらせを気にすることは無くなります。もちろん、個人情報を書き込まずに、ネットを利用しなければ何の問題もありません。

しかし、一度ネットを利用して呟いたり、写真をアップされてしまえばストーカ行為への引き金は残ったままです。どんなに嫌がらせを気にしない態度で暮らしていても、卑猥な言葉や態度で傷ついてくるのは目に見えています。

ですから、ネット犯罪に巻き込まれないためにも、ネットを利用しないのが良いと思います。明治時代のように、話したい人とは、直接会ったり手紙を通して交流していた時代が良いのかもしれませんね。

まとめ

これまでネット犯罪のネトストの意味や、そ行動パターンを紹介して来ましたが、お分かり頂けましたでしょうか?ネトストをしている側の心理状態、受けている側の心理をそれぞれお伝えしました。

やめたい人はどうしたらいいと考えるのなら、相手への思いやりの気持ちが芽生えて来た証拠です。今すぐに自制してストーカ行為から手を引きましよう。そして、あなた自身の幸せの道を進むことが一番良いと思います。二度とネトストに手を染めないことを願います。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -