夫婦関係を修復する11のコツ。新婚時代のラブラブ夫婦に戻るためにできること5選も

この記事は2015年11月27日の記事を再編集したものです。

夫婦として一緒に暮らしていると夫婦関係が悪くなってしまうこともありますよね。 新婚の時はあれほど仲が良かったのにいつの間にか関係が悪くなってしまうことがあります。そんな時には何とかして夫婦関係を修復して新婚時代の状態に戻りたいものです。そこで、夫婦関係を修復する11のコツ新婚時代のラブラブ夫婦に戻れる5選を紹介します。

スポンサーリンク

出来る限り良い関係でいたいのに…夫婦関係が冷えてしまう原因とは?

e6a7fb68514a27113d2b571ab25e6de8_s

相手の事を考えない

結婚生活を送る上で相手のことを考えて行動するのは当然と言えるのですが、そうしたことに気が向かずに、自分のことばかり考えて生活をするようになってしまうと、次第に夫婦関係は悪くなってしまいます。自分がどうしたいのかということばかりが優先されてしまうと、かなり自分勝手な妻となってしまって、旦那さんが不満を感じてしまうので要注意です。




束縛や嫉妬が激しい

結婚をした後も旦那さんの行動などをすべて管理したいと考える女性がいるのですが、そうした生活を続けていくと旦那さんはかなり息苦しくなってしまって夫婦関係が悪くなってしまいます。過度な束縛や嫉妬はもちろん、行き過ぎた管理などは夫婦生活を送る上で絶対にやってはいけないことの一つと言えます。

家事をしない

夫婦関係が悪くなってしまう原因の一つとして家事をしないことが挙げられます。結婚すると多くの家庭では女性が家事をすることになるのですが初めは頑張って家事をやっていてもいつの間にか家事をサボる人もいます。

家の中が散らかっていたり、料理がおいしくなかったりと基本的な家事がしっかりと行われていないとそれについて不満が溜まってしまってケンカの元になってしまうことがあり、それで夫婦関係が悪くなってしまいます。

愚痴ばかり言う

結婚をしているとあらゆることで不満を感じたりしてしまうのですが、そういう時に愚痴ばかりを言うようになってしまうと、それによって夫婦関係が悪くなってしまいます。旦那さんの普段の生活態度などはもちろん、お給料などについても愚痴を言ったりするのは男性にとってかなり不快に感じるものとなっています。

ですので、女性が愚痴ばかり言うようになってしまうと夫婦関係が悪くなっていくことが多いようです。

お互いに興味が無くなる

結婚当初はお互いに話をしたりスキンシップをとることも多かったものの、長年結婚生活を送るとお互いに一緒に居ることに飽きてきたり、嫌な面が見えてきてしまってコミュニケーションを取ろうとしなくなったりスキンシップを一切しなくなったりします。

お互いに興味がなくなってしまい、夫婦として一緒に暮らしているだけとなってしまいます。そのような状態になってしまうと夫婦関係はかなり冷めたものとなってしまいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうしたら元のように戻れる?夫婦関係を修復する11つのコツ!

c04d62259bb685eda7ac7dc5c3463c6b_s

会話を増やす

夫婦関係を修復するにはまず会話を増やすことが重要になります。夫婦として何でもいいから会話をするようにしてコミュニケーションをとるようにしないと関係を修復することはできません。なので、まずは夫婦で会話をするように務めましょう。




悪い事があったら謝まる

夫婦関係がこじれてしまった時には、なかなか自分から謝ることができないことが多いですよね。何でも相手が悪いと感じてしまうことが多いのですが、なるべく早くに夫婦関係を修復したいと考えている時には自分から先に謝るようにしましょう。そうするとそれをきっかけに夫婦関係を修復することができます。

家の中で明るく振舞う

夫婦関係を修復したい時には自分からなるべく明るく振舞うというのも重要になります。夫婦の関係が悪くなってしまうとどうしても家の中が暗くなってしまいがちなのですが、そうした雰囲気を吹き飛ばして仲直りをするためにも家の中でなるべく明るく過ごすことが重要になります。ただ、過度に明るく過ごすと逆効果になってしまうので上手く調整するようにしましょう。

夫婦関係が悪くなった原因を直す

夫婦関係が悪くなってしまった時には必ず何かしらそのようになってしまった原因があります。なので、その原因を直すことで夫婦関係の修復をすることができます。家事や普段の生活態度などで旦那さんが不満に感じていることがあると思うのですが、まずはそうしたものをしっかりと把握して改善していくようにすると夫婦関係を修復することができます。

話し合いをする

夫婦関係が悪くなってしまった時にはどちらか一方が悪いのじゃなくてお互いが悪い部分があるというケースもあります。自分に非があるという場合にはすぐに直せばいいのですが、相手にも非があるというような場合だとすぐにそれを直すことはできません。なので、話し合いをするなどしてしっかりとお互いの悪いところを直していくのが一番です。

生活態度を変えてみる

夫婦関係が悪くなってしまった時には生活態度を変えてみるというのも関係を改善するのに有効です。普段の言葉遣い生活スタイルをもう一度見直してみるようにして旦那さんに不快な思いを抱かせないようにするとこじれた夫婦関係を直すことができます。

まずは女性らしい行動や言葉遣いをするようにするといいのですが、家の中だからということで少し乱れてしまった部分は良い方向に変えていくようにしましょう。

価値観の違いを認める

夫婦で関係が悪くなってしまう原因の一つとして価値観の違いが挙げられます。それによって離婚をする人も多くいて、価値観の違いというのは夫婦関係がこじれてしまう大きな原因と言えます。どこの夫婦もそうした価値観の違いというのは抱えているものなのですが、これを合わせることは中々難しいようです。

なのでまずは価値観は違って当たり前と言う風に認識をして相手の価値観を認めるようにした方が夫婦で喧嘩をしたり不満を抱くことを防ぐことができます。特に価値観の違いからその度に文句を言ってしまうような場合は、それが原因で夫婦関係が悪くなってしまっていることがほとんとなので、そうしたことをなくすようにしていきましょう。

過度な期待を捨てる

誰でも理想の夫婦生活というものを思い描いてこういう風に暮らしたいという理想を持っているかと思います。しかし、実際にはそのように理想の夫婦生活を送るということはかなり難しいのが現実です。お互いに何かしら欠点を抱えていて不満を感じることも多いので、まずは理想の夫婦生活理想のパートナー象などを勝手に思い描いてそれを相手に期待するのは止めるようにしましょう。

過度な期待を捨てることで夫婦で腹が立つことや上手くいかないことがあったりしても、良い意味であきらめがつくようになり夫婦関係もより穏やかなものにすることができます。過度な期待不満を募らせやすい原因になるのでこうしたものには要注意です。

スキンシップを増やしてみる

夫婦関係が悪くなってしまっている時や冷めきってしまっている時にはなかなか話をしたりするのも難しいものです。そういう時には手をつなぐなどしてスキンシップをとることから始めていくといいようです。そのようにスキンシップをとることでいつの間にお互いの距離が近くなって話がしやすい関係に戻ることができます。手をつなぐだけじゃなくてさりげく手を肩に置いたりするのも有効なのですが、夫婦関係を修復するきっかけの一つとしてスキンシップは有効です。

すぐに怒らないようにする

夫婦で暮らしているとつい怒ってしまうことが多くあります。特に女性はちょっとしたことでも感情的になってしまってすぐに怒ってしまう人が多く見られます。なので、そうしたことから夫婦関係がこじれてしまうこともあります。なので、ついカッとなって怒りそうになってしまっている時はグッとこらえるようにするクセをつけるようにしましょう。そうすると旦那さんと衝突するのはもちろん、お互いに不快な思いを抱かずに済みます。

一緒に過ごす時間を増やす

夫婦関係を修復したい時にはとにかく一緒にいる時間を増やすようにするのが重要になります。夫婦関係が悪くなってしまうとお互いに顔を合わせるのも嫌になってしまうことも多いのですが、それではいつまでたっても夫婦関係は修復できません。

なので、まずは一緒に顔を合わせて同じ部屋で過ごすようにするなどして一緒に居る時間を作るようにしていきましょう。そしてちょっとした話をするなどすると徐々に夫婦の関係を修復していくことができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

もっと甘い関係になりたい!新婚時代のラブラブ夫婦に戻るためにできること5選

7e4836b187e204f8582848056f4ee4c1_s

何でも相談する

新婚時代のような夫婦に戻るためには何でも旦那さんに相談するということが有効です。何か決めなければいけない時には必ず旦那さんの意見を聞くようにするとそれだけで会話の糸口がつかめますし、一応しっかりと旦那さんにお伺いを立ててから物事を決めたということで旦那さんの顔を立てることができます。

最終的に旦那さんの意見とは別の結論を出したとしてもそのようにいつも相談するようになるとお互いに気持ちよく生活をすることができてより夫婦仲も親密になります。




食事は一緒にする

夫婦として一緒に暮らしているのであればなるべく食事は一緒にとるようにしましょう。そうすることでより夫婦としての仲を深めることができます。新婚時代は一緒に食事をしていたけれど今は別々に食事をしているという夫婦は特に一緒に食事をするように務めましょう。

なるべく一緒に食べられる鍋物すき焼きなどがお勧めなのですが、少し工夫をして一緒に食事をするようするとそこから会話をすることもできてお勧めです。

定期的に二人で出かける

夫婦になるとなかなか二人で出かけなくなってしまうことも多いのですが、まずは定期的に二人で出かける機会を作るようにしましょう。外食をしたり、買い物をしたり、どこかに旅行に行ったりすることで十分二人だけの時間を過ごすことができてより夫婦仲も親密にすることができます。

特に子供がいる夫婦は子育てもあって二人だけで過ごすということはなくなってしまうので、二人だけの時間を作るようにすることでその時だけは新婚時代と同じ空気を味わえます。

感謝をする

新婚時代のように親しい夫婦関係に戻るにはしっかりと感謝していることを口で伝えることが重要になります。感謝を伝えられて嫌な気持ちになる男性はいないと言えるのですが、家庭内で奥さんがしっかりと感謝を伝えることで夫婦としての絆が強くなります。言葉で伝えるのが難しい時はプレゼント手紙などで伝えるのも効果的です。

過去の事は水に流す

結婚生活を送っていると良い事もれば悪い事も起きてきてしまいます。特に女性は悪い事はいつまでも覚えていて忘れないという人が多いのですが、そうした悪い事が夫婦のしこりとして残っていることも多くあります。なので過去のことは過去のこととして水に流して忘れるようにしましょう。

水に流すことで改めて夫婦として過ごしていくための再スタートをきることができて、新婚時代のような良い関係を取り戻すきっかけを作ることができます。

まとめ

夫婦で生活を送っていると様々な理由から夫婦関係が冷え込んでしまうこともあります。相手の事を考えなかったり、束縛や嫉妬、愚痴などがひどかったりすると、どうしても旦那さんが不満を貯めやすくなってしまい夫婦関係が悪くなってしまいます。他にも家事をあまりしなかったりして生活に不備があって、お互いに興味を持たないようになると夫婦生活は完全に冷え込んでしまうことが多く見られます。

そのようになってしまった時には自分から謝るようにしたり、会話を積極的にするようにしたり、明るく振舞うなどすることで関係を修復できるのですが、このようにちょっとしたことで夫婦の関係は修復できます。また、夫婦関係が悪くなってしまった原因が何なのか探るようにして話し合いをしたり、生活態度を変えていくなどをしても夫婦の関係を修復することができます。

他にも過度な期待を捨てたり、怒らないようにしたいすることも重要になるのですが、そうしたことに加えて二人で出かける機会を作ったり、感謝の気持ちを伝えたり、食事はいつも一緒にするようにすることでお互いの夫婦生活をよりよいものにすることができます。

夫婦生活で何か問題があった時には、こうしたことを念頭に置いて関係を改善を試みると新婚の頃のようなラブラブな夫婦に戻り、いつまでも仲の良い夫婦として暮らしていくことができます。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -