おひつじ座B型はチャレンジャー!性格や恋愛傾向とは?アプローチは褒めの姿勢が吉

2-image1
この記事は2017年1月31日の記事を再編集したものです。

気になる相手はおひつじ座でB型さん。どんな相手なのか、相性の良い相手とは?星座占いや血液型の相性占いが大好きなあなたに、性格や恋愛傾向から、アプローチの方法を考えてみませんか。彼のことをより理解するきっかけになるかも!ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

考えるよりまず行動!おひつじ座のB型の性格や特徴とは

2-image2

信じて疑わない?自信満々

おひつじ座の人は自信満々で負けず嫌いな性格です。物事に挑戦する時は始める前から「できる!」と自分を信じて疑いません。しかもできてしまうのがおひつじ座のすごいところ。周りからのアドバイスなども基本的に必要としませんので、マイペースに進んでいくことができます。

周りの人から見ると、アドバイスをしても聞き入れないように思うかもしれませんが…おひつじ座の人に悪気は全くありません。ですからどうか怒らないようにしてあげて下さい。最初から「多分聞き入れないと思うけど一応…」という気持ちで話すようにするとダメージが少なくて済むかも…

そしてB型の場合、自分のペースで物事を進めていくことがとっても得意な性格です。その分行動力もありますので、じっとしているのは苦手。常に新しいことを求めて動いていないと気が済みません。このことから、おひつじ座B型の人は、とても活発に毎日をキラキラ過ごしている人が多いことがわかりますね。

物事は素早く解決!トロいのはお断り

おひつじ座の人は、物事をスピーディに捌くのが好き。悪く言えば非常にせっかちな性格で、トロい人が周りにいると我慢できません。もしおひつじ座の人と一緒に行動する時はテキパキ行動するように心掛けるとしっかりついて行くことができますよ。

ここにB型のマイペースさ、行動力が加わりますので、物事をテキパキ解決してしまいます。頭の回転が早く、気が短い人とも受け取られることがありますが、仕事ができる人という見方もできますね。

何より束縛はNG。自由に羽ばたきたいのです。

マイペースなおひつじ座B型さん。自分の行動をスムーズに行うたいので束縛というものが大嫌いです。恋人や友人からの束縛はもちろんですが、学校や会社といった集団行動もかなり苦手…周りに馴染めず苦労する人もいるかもしれません。でも逆に言えば、それは自分の力で生きていく力が強いということ。自分の道は自分で切り開いていくことができますから、自信を持って突き進んでいる人、それがおひつじ座B型の特徴です。

とにかくマイペース

おひつじ座B型の人の性格として更に強く表れてくるのは、マイペースさ。これもおひつじ座とB型両方の特徴が互いに強め合うので非常に強いものとなっています。考えるよりまず行動。思い立ったら周りの制止も聞かずに全力疾走で駆け抜けていきます!でもそんなおひつじ座B型の人を、周りの人はちょっと心配してしまうかもしれません。

突っ走っていってしまう姿はちょっと冷たく感じる…という人もいると思いますが、実はおひつじ座B型の人にとって、自分の意思で突き進んでいくことは幸せなこと。応援しつつ、見守ってあげるようにしましょう。

自立心が旺盛

おひつじ座座B型の人は、非常に自立心旺盛な性格です。これはおひつじ座座・B型両方とも「自立」がキーになっているから。片方だけでもかなり自立した性格になりますが、星座と血液型、両方揃っていますので、自立心もかなりのものになります。早いうちから家を出て独立したり、集団に縛られず自分で事業を興したり…そういった思い切ったことができるのも、おひつじ座座×B型の人の特徴と言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

もう誰も止められない…おひつじ座B型の恋愛傾向について

2-image3

恋に落ちたら一直線

ここまでは基本性格について見てきましたが、ここからはいよいよ気になる恋愛傾向です。

おひつじ座B型は、マイペースで自由形。それは恋愛にもきちんと表れています。恋に落ちたら一直線!ダッシュで突き進んで止まりません。ちょっと行き過ぎてしまうこともあるかもしれませんが、一途な気持ちにウソはありません。

突っ走って早とちり

おひつじ座B型は、恋をするとあっという間に燃え上がり、激しい恋に落ちる傾向があります。好きになったら突っ走り、相手すら驚かせてしまうことも。ただし、おひつじ座B型さんの中で、勝手に相手を美化して勘違いしやすいのもまた特徴です。早とちりされてしまう相手もたまったものではありませんね。恋愛をする上で覚えておくとよいでしょう。

断られると深追いしない

おひつじ座B型はモテる人が多いのですが、プライドが高いため、断られると深追いはせず、あっさりと引き下がる傾向が強いです。また、正々堂々と恋愛したい人なので、それができない相手の場合、終わりを早く迎えてしまうようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

一人で盛り上がってない?おひつじ座のB型の人は普段どんなことに注意すべきか

2-image4

仲間の言葉に耳を傾ける

考えるよりもまず行動!が大きな特徴のおひつじ座B型の人は、素早い判断力と頭の回転が早いのですが、正攻法を推し進めるあまり、人の心情まで考えないところがあります。裏表がない性格なので正直で嫌味はないのですが、その言動に傷つく人がいるかもしれません。自分中心の考え方をしていることがあることを認識し、時には仲間の言葉にきちんと耳を傾けることも大切です。

大人の対応を心がける

突っ走り過ぎることがあるおひつじ座B型さん。時にはちょっとだけ立ち止まってみるのもいいかもしれません。普通の人より行動力がありますから、ほんの少しだけ周りを見て、大人の対応を心がけてみることで、更に深い恋愛ができるかもしれませんよ。

イライラしない

おひつじ座B型の中には、瞬間湯沸かし器のようにすぐに頭に血が登って怒り出すタイプの人がいます。おひつじ座B型の男性は口も回って手も早く、ケンカになることもしばしば。ケンカが強いのであまり負けはしませんが、相手が根に持つタイプの場合は後々トラブルにもなりかねません。本人はさっぱりした性格で、誤解とわかればすぐ仲良くできますが、イライラしないように心がけることも大切です。

褒められるのが大好き。おひつじ座B型の人にアプローチする方法

2-image5

褒めて褒めて褒めまくる

おひつじ座B型の人は、自分より強い立場からの言葉に弱く、コンプレックスを持つ傾向がありますので、プライドを傷つけられると逆上してしまいます。プライドを傷つけるような言葉は慎み、逆にプライドをくすぐられるような言葉で、褒めて褒めちぎるくらいの接し方がGOOD。

とにかく褒められることが大好きなので、「○○さんすごいね」というセリフを要所にちりばめ、男心をくすぐってあげるようにしましょう。

聞き役に徹する

おひつじ座B型の彼を褒めて褒めて褒めまくれば、「この人は話がわかる人」という見方をされますので、自分を理解してくれる存在として喜んで話をしてくれます。そこでは口を挟まず、とにかく聞き役に徹することがポイントです。

おひつじ座B型は、自分が一番、人の話を聞かない傾向がありますので、自己中心的であることをふまえ、対応するようにしましょう。他人のことに無関心なだけですので、他意はないことを理解しておきましょう。

どんと構える

おひつじ座B型は、少し気が多いタイプですので、浮気してしまう可能性もあります。ただし、本気ではありませんので、遊びという捉え方で良いでしょう。ここで問い詰めてしまうと、おひつじ座B型はその性格から面倒くさくなり心が離れてしまうかもしれません。

どんと構えて、しっかりと強固で揺るぎない信頼関係を築くことから始めましょう。そうしておけば、忠誠心のある人なので、あなたのもとに戻ってくるはずです。

彼の欠点も支えていける◎おひつじ座のB型と相性の良い相手

2-image6

みずがめ座O型

みずがめ座の人は、サービス精神が旺盛で、おひつじ座の人がちょっぴりワガママを言ったとしても、ちゃんと応えてくれます。そこにO型の特徴である「愛情深さ」も加わりますので、おひつじ座の人には嬉しいポイントではないでしょうか。さらに、みずがめ座の人は、おひつじ座との共通点であるマイペースな一面も持っていますので、ちょうどよい距離感でお付き合いすることができるということになります。

しし座O型

おひつじ座としし座は非常に引きが強く、出会ったその瞬間から熱烈な恋愛になることも少なくありません。さらに、O型の愛情深さもあって周りから見たら相思相愛、これ以上ないカップルに見えるかもしれませんね。ただ、その分気を付けたいのは、互いの主張の強さ。愛情が深い分、一度亀裂が入るとなかなか修復することができません。喧嘩をしたら、できるだけ冷静になるように…互いに深呼吸をしてみましょう。

いて座B型

互いに一目ぼれをする可能性が高いおひつじ座といて座ですが、最も相性の良さが表れるのは体の関係です。やっぱり体の相性は恋愛には欠かせない要素…こちらの相性が良いということは、お付き合いだけでなくそのまま結婚する可能性も高いと言えますね。ただし、この関係、両方ともB型という側面もあるので油断は禁物。お互い自分勝手にならないように気を付けてみて下さい。

まとめ

おひつじ座B型男性について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。考えるよりもまずチャレンジ、マイペースな彼には、まず話をたくさん聞いて、たくさん褒めてあげるようにしましょう。好意を持ってもらえる日も近いかもしれませんね。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -