【恋活パーティー】大阪で新しい恋を!関西で有名な恋活特集!30代向けの街コンも!?

乾杯PAK75_kanpaishiyouyo_TP_V

彼氏が欲しい!と思ってもアラサーの女子は、仕事にプライベートの趣味などに忙しくてなかな恋活に本格的に取り組めていない場合も多いかもしれません。そんなこともあって、日本の未婚率は上昇して平均初婚年齢が30歳を超えるようになったのにもそのような背景があるかもしれません。でも、本気をだせば男性と出会う機会は色々とあります。その中の一つに「恋活パーティー」があります。その中には、「街コン」と呼ばれるものや、「趣味コン」などと呼ばれるようなものも登場してきています。ちょっと楽しく、軽い気持ちで参加してみるのもよいかもしれません。素敵な男性との出会いがあるかもしれませんよ!

スポンサーリンク

「恋活パーティー」の中で最近よく名前を聞く「街コン」って何?

a0002_002239

ノリのいい大阪人にはおすすめ!「合コン式のパーティー」

「恋活パーティー」はどちらかというと、ちょっとおしゃれなレストランで行われたり、主催者側のラウンジなどで行われることが多いので、どちらかと言えば「セミフォーマル」といった感じが多い思います。でも、「街コン」はもうちょtっとカジュアルな感じです。場所もセミフォーマルといった場所より、ちょっと雰囲気のよい居酒屋のような場所で行われることが多いので、あまりおすましして参加しなくても気軽に参加できそうな、敷居が低めの感じがします。また、ノリがいい大阪人にとっては、盛り上がることができる可能性があるのが「街コン」といえます。




飲食しながら着席方式で行われるのが一般的

自分達で企画した合コンのように、飲食しながら着席方式で行われるのが一般的です。「街コン」に選ばれるお店のグレードにもよりますが男性が5000円~7000円、女性が2000円程度が相場になるようです。美味しいものを食べたり飲んだりしながら、本当に合コンのように「街コン」は進んでいくので、気のあう相手がいればゆっくり話せる時間がとれるかもしれません。

一般的な「恋活パーティー」よりは参加人数は多め

「恋活パーティー」は、企画内容にもよりますが全体的に参加者が10人前後であったり、お見合い形式であれば1対1のこともあります。「街コン」は参加者が多いことがポントで、20人~80人で開催されることが多いようです参加者が多い分、タイプの男性に出会える可能性が広がるともいえるのではないかと思います。「人数が多いから…」と尻込みせずに参加してみるのが、新しい恋人ゲットのチャンスにつながりそうです。

主催者側のフォローがカップルになれるかどうかを大きく左右する

「街コン」の場合一番重要なカギを握っているのが、主催者がどこまで参加者に対してフォローしてくれるかどうかになると思います。口コミなどを見ていると、開始時間ぎりぎりに到着したら、その場所から変わることもできないまま、席替えすることもなかったので、そのまま今ひとつ盛り上がることもなく終わってしまったという場合もあるようです。基本は、開始時間より早めに到着して会場を下見するぐらいの気持でいった方が気持ちににも余裕がもてるかもしれません。このようにあげた例のように席替えなしといういまいちな「街コン」に当たる残念なケースもありますが、多くの場合は10~15分ぐらいで席替えがあり、参加者全員と話をできる機会を作ってくれるのが一般的です

連絡先の交換方法もまちまち

「街コン」に限らず「恋活パーティー」に参加した場合一番のポイントは、気に入った男性と連絡先を交換できるかどうかにかかってきます。ただし、こちらも主催者のフォロー次第で方法はまちまちです。最後に行われる「マッチング」で気に入った相手が見つかった人のみ交換できる場合もあれば、「街コン」の間ならいつでも連絡先の交換はOKという場合もあります。自分のタイプじゃない相手に聞かれた場合は、うまくかわせるようにしておいた方がよさそうですね。「手書きのメモ」を渡せるように、可愛いメモ帳を持っておくのもよいかもしれません。

気があう相手が見つかれば、そのまま二次会へもすすみやすい

もともと「合コン」のようなノリで行われる「街コン」なので、マッチングはしなかったけれど気の合う男性が見つかった場合には、お互いに盛り上がった時には気軽に二次会に行きやすいというメリットがあります。男性側も女性に声がかけやすい雰囲気があります。その場決して1対1でなくても、複数で二次会へ繰り出すのもありだと思うので気軽に声をかけあってもよいですね。

今時の女子は「街コン」に一人参加も当たり前

以前の街コンは、男性も女性も2人1組で参加ということが多かったようですが、今は一人参加できる企画が多くなってきています。一人参加は、変に友達などに気をつかうことがなく、自分がしたいように積極的に行動できるので、慣れてしまえば楽な面の方が多いといえます。それに慣れるきっかけとして「一人参加限定」という企画も数多くあるので、それを狙って参加するとよいです。みんなが一人参加していると思えば気が楽になるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「街コン」の次は「趣味コン」で出会いをゲット!

a0003_000477

自分の得意分野の趣味を活かせる「趣味コン」が登場

「恋活パーティー」も色々な種類がでてきた「街コン」なるものとは少しタイプの違う「趣味コン」なるものも最近は新しい流れとして登場してきます。「趣味コン」で企画される趣味は種類はスポーツから文化系まで幅広く、一緒にランニングをする「ランニングコン」、陶芸にチャレンジする「陶芸コン」、最近女性の人気も高い「ボルダリングコン」、また料理男子に出会えるかもしれない「料理コン」などさまざまなジャンルがあるので、自分がやってみたいことに参加するのも楽しいですし、自分自身が今趣味としているものに参加してみるのも男性にアピールできるチャンスになるのでよいですね。




好きな趣味を男性と一緒にするので一人でも参加しやすい

好きな趣味やチャレンジしたい「趣味」をキーワードにしているので、一人参加がしやすいというのも女性側のメリットかもしれません。募集人数は、「趣味」の内容によって異なりますが、30名~80名といったところになると思います。こちらも、また、男性も自分の得意分野で参加していることが多いことや、おしゃべりしているだけではわからない一面が見られること、同じ趣味を男性に一緒にすることで親近感がよりわくといったメリットがありそうです。男性のカッコイイ一面がみられたら、ポイントがあがりそうですし、自分の女性らしい一面を見てもらえたら評価がアップするかかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「街コン」「趣味コン」での必勝ポイント!

ガッツm007-129

「恋活パーティー」より服装のコーディネートは少しカジュアルでもOK

「街コン」は、恋活パーティーよりどちらかと言えばリラックスしたラフな感じの雰囲気であることが多いようです。そのためあまり女子力全開のキメキメのファッションで行くと、ちょっと浮いてしまうかもしれません。男性もスーツよりカジュアルなジーンズということも多そうです。そんな雰囲気のTPOのあわせるために、恋活パーティーのセミフォーマルな感じのファッションより、少しカジュアルにした方がよいと思います。その方が「すましている」「高嶺の花」っぽいという印象をもたれることなく、気軽に声をかけたくなるタイプの女性と思ってもらえそうです。とはいえ、似合っていてもジーンズなどは避けた方がよいですよ。




もちろん女性らしさや気遣いは忘れずに

服装はちょっとカジュアル雰囲気であっても、「女性らしさ」や「気遣い」は忘れないようにすることが大切です。例えば、ノリノリで元気にトークしていた女性が、男性が飲み物をこぼした時などに、すばやく自分のバッグから「きちんとアイロンのかかったハンカチ」をさっと渡すことができれば見る目のある男性であれば、そのギャップに萌えてしまいます。ポイントはタオル地の気軽なハンカチではなく、アイロンがかかったハンカチという点。あなたのことを「ノリだけの女」と思っていた評価から、一気に「きちんとした女性」という評価に変わるのです。また、合コンの鉄則ですが、飲み物が足りているとか食べ物をとってくれる気配りしてくれる女性に対しては好感が高くなります。

自分から気に入った男性には積極的にアプローチしましょう

「街コン」は上でも述べたように、主催者のフォローによって結果が変わってくるということを述べました。そのため、うまいフォローがない場合は自分で何とかするしかありません。また、着席式ということもあって動きにくさがあるので、自分が狙った男性の動向には注意しておくようにしたおいた方がよいです。視線をさり気なく送っておいたり、トイレに立った時に自分もたって話かけるチャンスを探してみるなどなど。もし、相手がマッチングしなければ、「街コン」が終わったあとに声をかけてみてもよいかもしれませんね。

相手の男性がタイプではなくても「笑顔」が大切

自分の周りに座った男性がタイプではないのに、あれこれ話しかけてこられて正直「面倒臭い」と思うこともあるかもしれません。でも、とにかく「笑顔」で話を聞くことが大切です。気に入ったタイプでなかったからといって仏頂面で受け答えしていては、他の男性があなたを見ていた時に「感じが悪い」と思われてしまう可能性もあるのです。それではせっかくのチャンスをなくしてしまうことにもなりかねません。合コンなどの場を上手く使える女性というのは、目の前の相手の後ろにいるかもしれない「素敵な男性」のことも視野にいれているというぐらいです。スマイル0円ではありませんが、常に「笑顔」でいる人のことを感じ悪いと思う人はいませんよ

まとめ

彼氏がほしい!と思っている女性は世の中にたくさんいると思います。でも、最近の男性は自分から積極的に女性に対してアプローチしようとはしない、「草食動物」の傾向が引き続いているようです。そのため、じっとしていては、彼氏ができることはなかなかなさそうです。自分から積極的に動く必要があるかもしれません。そのきっかけになる場はこれまで見てきたように色々とありそうです。そのような場所がどんな様子かも少し伝わったかと思いますので、ぜひ、彼氏をゲットするために自ら活発に動いてみてはどうでしょう。じーっと男性からのアプローチを待っているより手っ取り早いかもしれませんよ!

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -