【大阪に合う服装】食いだおれの地大阪へ行くときの服装とは?遊びもグルメも充実◎

関西へ旅行に来るなら、大阪観光は外せません。京都・神戸・奈良へのアクセスもよく、人気のスポットも盛りだくさん!大阪へ行くときに着るべき服装とは?大阪旅行を企画されているあなたのために、大阪の季節ごとの天気、その季節に合った服装、また、季節別の大阪の見どころを紹介します。大阪へ来たら、押さえておきたいファッションスポットもあわせて紹介しています!

食いだおれの地へ行くなら、ぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

崩れやすい天気に注意!大阪の春の気候と服装&みどころ

2-image2

大阪・春の気候

大阪の春、3月は肌寒い日も多く、なかなか春を感じにくい時期でもあります。気温の上下が激しく、崩れやすい天気の日もありますので、体調管理に気をつけましょう。

4月以降は日中20度前後まで気温が上がりますので、春の快適な気候となります。5月以降は少しずつ初夏に近づき、最高気温が30度近くまで上がる日もあります。ただし、夜は気温が下がりますので油断は禁物です。

大阪・春の服装

3月は肌寒く、4月から気温が上がり快適な気温となりますが、朝晩は冷えます。薄手のコートや上着は必ず入れていくようにしましょう。

大阪・春の見どころ

日中快適な気温で過ごせる大阪の春、行きたいNo.1スポットと言えば、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン!世界のテーマーパークの中でも入場者ランキング上位のUSJは、国内外で人気があり、観光客でいつも賑わっています。

春の新緑を感じるなら、「森林浴の森100選」にも選ばれた箕面公園がおすすめ。4月には桜の名所である造幣局の桜の通り抜け、毛馬桜之宮公園、大阪城公園は必見。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

痛いほどの日差し…大阪の夏の気候と服装&みどころ

2-image3

大阪・夏の気候

大阪の夏は、梅雨の影響で涼しく過ごせる日もありますが、梅雨明けの7月以降は30度以上にもなる真夏日が続きます。紫外線対策を忘れずに!

大阪・夏の服装

夏の大阪では、一日中半袖や七分袖で過ごすことができます。梅雨の時期には日によって気温差がありますので、薄手のジャケット、ストールなどがあると大変便利です。梅雨があけた後の大阪は、30度を超す真夏日が多くなりますが、屋内は冷房がきいていることもあります。上に羽織れるものを一枚バッグに入れておくようにしましょう。

大阪・夏のみどころ

大阪の夏を涼しく観光できるお勧めスポットと言えば、世界最大級の水族館「海遊館」です。一番人気のジンベエザメがゆったり泳ぐ姿は、ずっと見ていても飽きることがなく、外の暑さも忘れさせてくれます。夜の海遊館も照明が落ちて異なる雰囲気が◎。

または、大阪の路面電車、阪堺電気軌道に乗って約20分、大阪で人気の高い「住吉大社」もおすすめです。美しくおごそかな雰囲気につつまれた住吉大社は、真夏でも空気がとっても澄んでいて涼しく感じるほど。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

気温変化の予測不能?大阪の秋の気候と服装&みどころ

2-image5

大阪・秋の気候

秋の大阪の気温変化は、とても激しく、なかなかコレ!という決まった服装はありません。9月の大阪は、依然として残暑が厳しい日もあり、かなり暑いと感じますので、夏と同じ感覚で過ごすことになります。

9月下旬には気温が少しずつ低くなり、雨降りの後は寒く感じることもあるでしょう。また、9月は雨が多いため、旅行の際は、十分に注意が必要です。10月に入ると、日中は20度前後で、朝晩は15度程度と過ごしやすくなります。ですが、下旬になると一気に冷え込む日が増えていくでしょう。

大阪・秋の服装

9月は夏とほぼ同じ服装で過ごすことになります。薄くて軽く、通気性のよい服装が良いでしょう。9月下旬には、長袖、または七分袖の服装を1枚入れておくと良いでしょう。10月下旬以降、薄手のセーター、コートが必要になっていくでしょう。

大阪・秋の見どころ

秋といえば紅葉狩りですよね。大阪でお勧めの秋の見どころは、箕面大滝にある滝道は、紅葉シーズンには真っ赤に染まり、紅葉のトンネルとなって観光客の目を楽しませてくれます。

あるいは、大阪市のメイン通りである御堂筋では、キラキラ眩しく一体が黄色に染まった背の高い銀杏が並んでいますので、とても見応えがあります。大阪城公園の木々も、オレンジや赤色と、様々な幻想的な色で彩られています。

グルメの街を練り歩こう。大阪の冬の気候と服装&みどころ

2-image4

大阪・冬の気候

12月にはいると、日中は気温が10度前後まで下がります。最も寒い2月には、5度前後にまで下がりますが、大阪は山間部を除き、冬でも雪が積もることはありません。最低気温が氷点下になることはありませんので、積雪の心配はほとんど不要です。

大阪・冬の服装

積雪はありませんが、それでも十分寒いので、大阪の冬は厚手のコートが必須です。セーター、マフラー、ストールと、ばっちり真冬の装備で防寒対策をしておくようにしましょう。ファー付きコートで首元を暖かくして、厚手のタイツで足元も防寒対策が必要です。室内で簡単に脱げる一枚で暖かいコートがおすすめです。

大阪・冬のみどころ

クリスマスが近づくと賑わう「梅田スカイビル」がおすすめです。大阪のランドマークでもあり、空中レストラン、空中庭園展望台なども。華やかなイルミネーション、クリスマス感たっぷりのイベントも盛り沢山です。イベントと言えば、春の大阪でもおすすめしたUSJや、夏のおすすめの住吉大社もまた初詣で賑わいを見せ、楽しいスポットとなっています。

寒い冬を大阪グルメで堪能するなら大阪・ミナミの道頓堀もおすすめ。笑いで寒さを吹き飛ばすなら、笑いの本拠地、なんばグランド花月で漫才や落語、パフォーマンスが楽しめます。

安くて良いものがぎゅっと集まる◎大阪で人気のファッションスポット!

2-image6

グランフロント大阪

JR大阪駅に隣接し、北館と南館、うめきた広場で構成された、アクセス抜群の大型複合施設。大阪の最新ファッションがわかるショップやレストラン、ホテル、オフィスが入った北館、南館、水の大阪を象徴する巨大なうめきた広場があり、地下1Fから9Fまで約266もの店舗が入っていますので、大阪観光の合間にぜひ。

ひとつひとつの店舗の面積も大きく、独自の世界観が楽しめ、落ち着いてゆったり買い物ができます。

【住所】大阪府大阪市北区大深町3-1(北館)、4-20(南館)、4-1(うめきた広場)
【電話番号】06-6372-6300
【営業時間】10:00~21:00
【定休日】なし
【ホームページ】http://www.grandfront-osaka.jp/

ディアモール大阪

イタリアの街並みをモチーフに、光が差し込むガレリア、ゆったりと幅がとられたストリート、大理石をぜいたくに配した格調高い景観と空間の中でショッピングを楽しむことができるショッピングモール。

大阪ターミナル駅にあり、各交通期間や近隣施設にアクセス抜群の立地を誇ります。大阪へ来たら必見のショップが約90店舗が並んで、大阪観光とともに、今の大阪を感じることができるファッションスポットとなっています。

【住所】大阪府大阪市北区梅田1 ダイヤモンド地下街1
【電話番号】06-6348-8931
【営業時間】10:00~21:00
【定休日】不定休
【ホームページ】http://www.diamor.jp/

なんばパークス

南海難波駅の南側にある、屋上が公園になった「緑との共存」をコンセプトに、大阪球場の跡地に建設された大型商業施設です。樹木や草花とショップ、広場が一体となった気持ちのいい場所となっており、自然とふれあい、街歩きや散策を、ショッピングとともに楽しめる空間となっています。

なんばパークスの建物は、大峡谷をモチーフにしたデザイン設計がされており、見ても楽しい、難波という都市に現れた「パークスガーデン」という新しいスタイルのファッションスポットで、大阪観光の際にぜひ立ち寄っていただきたい憩いの場です。

【住所】大阪府大阪市浪速区難波中2-10-70
【電話番号】06-6644-7100
【営業時間】11:00~21:00
【定休日】不定休
【ホームページ】http://www.nambaparks.com/

アメリカ村

大阪観光といえばアメリカ村!アメリカ村とは、古着屋やファッション、レコードショップが並ぶ、大阪の若者が集まる街です。古着をはじめ、中古レコード、ジーンズ、あらゆる雑貨が、倉庫を改造して作られた店舗で販売されたのが始まりで、多くのメディアで紹介され、現在では大阪観光には欠かせないショッピングスポットとなっています。

個性的なファッション、ユニークなオブジェや建物、大阪グルメなどが楽しめる、独創的な街となっています。三角公園では、若手芸人が漫才の練習をしていることも。

【住所】大阪府大阪市中央区西心斎橋1~2丁目付近
【電話番号】各店舗へお問い合わせ
【営業時間】店舗により異なる
【定休日】店舗により異なる
【ホームページ】http://americamura.jp/jp/index.php

天王寺キューズモール

大阪のキタ、ミナミに次ぐ、大阪第三のターミナルに位置する阿倍野にある、天王寺・阿倍野駅から直結、アクセス抜群の約250店舗が入った、大阪で最大級のショッピングモールです。ファッションから小物まで、お目当ての物がなんでも揃います。食料品も買い出しできますので、観光前後に寄ってみてはいかがでしょうか。

【住所】大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-6-1
【電話番号】06-6556-7000
【営業時間】10:00~21:00
【定休日】なし
【ホームページ】https://qs-mall.jp/abeno/

まとめ

大阪旅行を企画しているあなたへ、大阪の一年の気候と、季節ごとに合った服装をご紹介しました。春秋は薄手のコート、夏は室内用の上着、冬は厚手のコートがあると便利のようです。大阪のファッションスポットでは、今の大阪の最新情報がゲットできます。ぜひ大阪観光と合わせて楽しんでください。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -