彼氏が重い…上手く付き合う方法って?

分かっているんです!自分のことを好きでいてくれるからこそだということは…。ですがそれでも重いものは重い!プレッシャーになって息苦しさを感じる…。そんな「重い彼氏」にお悩みの女性は多いのでは?

今回はそんな重い彼氏との上手な付き合い方やポイントをご紹介します。もしかしたら彼も何かしらの不安の気持ちを抱えているからこそ重いのかもしれません。あなたから少し歩み寄ることで、円満な関係性が構築できるかもしれませんよ!

スポンサーリンク

重い彼氏のチェックリスト☆

言葉の表現を強要する

重い彼氏の特徴として、ややロマンチストが過ぎることが挙げられます。具体的には「愛してる」「好き」「一緒にいよう」という言葉の表現を高い頻度で言ってくるということです。それは程度さえ適切であれば愛情表現として嬉しいものですが、毎日毎日「愛してる」と何度も言われたら煩わしさも感じてしまいかねません。

それだけならまだいいのですが、彼女であるあなたにもそれらの言葉の表現を強要してくるのは困り者です。「俺のことが好きなら今愛してるって言って」「俺と一緒にいたいって言って」と要求してくるのです。好きだから一緒にいるのに、何がそんなに不安なの?と彼女も困り顔。

 異性関係に関して厳しい!

また重い彼氏の多くが「束縛彼氏」、もしくはそれに近い性質であることも。仕事や友達付き合いはともかくとして、特に異性関係における束縛は目に余るものがあります。重症になると「俺以外の男の連絡先全部消して」だなんてことを真顔で真剣に言ってくるほどです。

あなたが職場や学校の異性友達と食事に行くだなんて言い出した日には、彼はいても立ってもいられません。「どこの誰?名前は?年齢は?」「なんでわざわざ食事に行くの?なんで俺は行っちゃだめなの?」と畳み掛けられてこちらも辟易してしまいます。いくら愛してくれているとは言っても、束縛は勘弁!

 気持ちを計るような行動をしてくる

そしてそして、重い彼氏の特徴は束縛気質なだけではなく「メンヘラ気質」でもあるのです。彼氏があなたの気持ちに対して不安や疑問を少しでも感じてしまったら、あなたの気持ちを試すような行動をしてきます。例えば、別れる気も無いのに別れ話を切り出したりなど…。

それに付き合わされるこちらは本当にエネルギーを使います!ですがそれで適当な行動を取るものなら「やっぱり俺のこと好きじゃないんだ」「それくらいの気持ちなんだ」と余計面倒くさくなるので、ハイハイと子どもをあやすように付き合ってあげるケースも。本気で疲れます。

ステップやこちらのペースを無視してくる

彼氏が重い、とは愛情が重い、と同義!つまりはあなたに対する愛が暴走して時として冷静さを失ってしまったり、相手のペースを無視してしまうことがあるということ。それは二人の関係性のステップの踏み方にも如実に表れます!自分の理想を押し付けてしまいがちということでもあります。

例えばまだ付き合って間もないのにすぐに同棲の話を出してきたり、すぐに「親に紹介したい」と言ってきたり、結婚・家族などというパワーワードを入れてきたり…。将来的にはそのような話にはなったとしても「今?!」というタイミングの早さで話してくるのは、やはり軽率、そして重い!

スポンサーリンク

彼氏が重い原因って?

自己肯定感が低い

重い彼氏の特徴として、自分に自信が持てていないということが挙げられます。逆に自分の人間性や生き方に自信を持っている人であれば生き方のスタンスがブレないので、相手に依存したり不安に思ったりすることに振り回されないでしょう。

家庭環境や職場環境など原因は様々ですが、彼の中で「自分はこういう人間だ!」という確固たる自信が足りていないのではないでしょうか。その結果として恋人に依存し、恋人の行動を逐一気にしてしまい、自分の価値を相対的に導き出そうとしてしまうのです。

 過去に女性関係で心に傷がある

また彼自身が過去に女性関係で辛い想いをしてしまった可能性もあります。こっぴどく振られてしまったり、彼女の浮気に振り回されたり、ひどい言葉や蔑みをされてしまったり…。そのような過去があると次に付き合う女性にも重く接してしまうのも分かる気がします。もう傷付きたくないのです。

重く接することで遠まわしに束縛をし、自分への気持ちを確かめ、小さな安心を積み重ねていくことでしか不安を解消できないのです。彼女を自分の支配下におくことで、自分が傷付く可能性を少しでも下げていたいと願っています。

 趣味や生き甲斐が無い

これは男女どちらにも言えることですが、恋愛や恋人に普通以上の執着をしてしまう人は「恋愛以外に生き甲斐や息抜きが無い」といことが挙げられます。人生の基軸が恋愛そのものになってしまっていて、本来癒しである恋愛に振り回されて悩まされてしまいがちなのです。

仕事・友達・趣味などに使うべきエネルギーを恋愛だけに注いでいるからこそ、その恋愛が上手くいかないことには「自分の人生の点数」が高く付けられないのです。そしてその点数そのものが自らのアイデンティティの強さにも直結してしまうからこそ、重く接してでも「手離したくない」と躍起になります。

スポンサーリンク

どうすれば重い彼氏と上手く付き合っていけるの?

 あなたから自発的に愛を注ごう!

彼氏が重い原因は「自分が本当に愛されているか」という不安に起因もしています。彼があなたに注いでいる愛情とイコールに近い愛情をあなたから注がれなければ、いつまで経ってもその不安は解消されません。そこで有効な手段は、シンプルながらも「あなたからの愛情表現」です。

彼に求められる前にしっかりと言葉で愛情を伝えたり、彼の求めたことにできる限り寄り添って応えていくこと。彼の心の隙間を埋めるような対応を先読みして行っていくことで、彼の中での安心感を高めていきます。「愛してる」「好きだよ」、やはり言霊のパワーは偉大です。

また言葉だけではなく、実際に愛情を感じられるような行動も必要です。デートコースをあなたが考えたり、彼の好物を作ってあげたり。分かりやすすぎるくらいの愛情表現を行うことで、重い彼氏の心にはようやくその想いが届き始めると思いましょう。

 友達や知人を彼に紹介しよう

重い彼氏は束縛気質。そしてその束縛に起因しているのはやはり「不安」です。不安は目に見えないものだからこそ自分の中でどんどん蓄積していき、段々と勝手に形を変えて大きくなっていってしまいます。その結果彼を悲観的にさせ、ネガティブな方向に考えさせてしまうのです。

それを解決する手段は、あなたの私生活…つまり「彼の目に見えていない生活」を視覚化させて彼に情報提供すること。あなたのよく付き合いのある友人や知人を彼に紹介しましょう。紹介と言っても大げさなものではなく、彼を含めての飲み会をするなどでいいのです。

またSNSの写真も重い彼は気にする傾向にあります。載せない方がいいとまでは言いませんが、スマホで撮ったムービーなどを彼に見せるのも効果的でしょう。SNSという限定された情報だけではなく、よりプライベートに近い情報を与えることで安心感が生まれていきます。

嫌なことを伝え、妥協点と解決策をミーティングしよう

彼の重さにあなただけが我慢しながら応え続ける必要はありません。あなたが彼氏の重さに負担を感じているのであれば、機会を設けて彼と「距離感」を議題としたミーティングを開きましょう。そこで「重いことに対する負担」を伝え、彼からは「重くしてしまう原因」を聞きだすのです。

彼があなたに重く接してしまうには必ず理由があります。その理由を聞きだすことができれば二人の妥協点や解決方法もきっと見えてくるはず。あなたが「彼の心を傷つけたいわけではない」ということを明言化して伝えることが大切です。

 彼に人間的・男性的な自信を付けさせよう

また彼自身に自分を肯定させることも大切です。彼が自分に自信を持ってもらうことで「自分は愛されるに足るだけの存在である」と認識させ、彼の内側から不安を溶かしていくという作戦です。これは彼女という近しい存在であるあなただからこそできることですね!

具体的な方法としては、小さいことでも褒めたり尊敬したりしてそれを伝えること!「すごいね!」「私にはできないから尊敬する」「さすがだね!」など…気分はキャバクラ嬢です(笑)。ですがそれでいいのです!むしろキャバクラ嬢には男性との接し方で学ぶべきところが非常に多いですから!

例えば夜のお仕事ご用達テクニックの「オウム返し」。これも男性の自尊心を輝かせるために有効な手段です。彼が「今日仕事で失敗してさ」なら「えぇ、失敗しちゃったの?どうしたの?」、「今日仕事で褒められてさ」なら「えぇ~褒められたんだ!なんでなんで?」などのように。

「自分の話をしっかりと聞いてもらっている」と自覚することは、それだけ自尊心を称えられている気持ちになり、自分にも自信が持てるようになるものです。そしてその自信は重い彼氏の大きな原因である「不安」「自己否定感」を解消させ、心に余裕を持ったお付き合いのための近道に必ずなるはずです!

まとめ

いかがでしたか?重い彼氏との接し方や上手に付き合うためのポイントをご紹介しました。彼氏の重さに辟易してしまいそうになったり、冷たくしてしまいそうになった時…思い出してください!彼があなたに重い理由を。それは「あなたのことが好きだから」こそです。

好きでもない相手には執着も束縛もしません!ほんの少し人より独占欲や束縛心が強いだけで、あなたを愛してくれている気持ちに偽りは無いのです。それに気付けば少しは彼に対する接し方も分かるかも。お互いが気持ち良く過ごせるような関係性を見つけていきましょうね!

続きを読む

オススメPR

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -