不吉?パワーストーンが切れる意味 修理すればいいの?効果は消えちゃう?


願いや目標に向けてパワーをくれるパワーストーン。近頃は取扱店も多く、デザインも豊富でアクセサリーとして楽しむ人も増えています。そんなパワーストーンですが、もしも切れてしまったらどう対処したらいいのでしょうか?

切れると不吉?修理はできるの?効果はなくなってしまうのか?など、パワーストーンが切れてしまったときの疑問にお答えします。

パワーストーンを味方につけてより運を引き付けていきましょう。

スポンサーリンク

おしゃれさん必見!パワーストーンはブレスレットがおすすめ

パワーストーンとは?

パワーストーンとは特殊な力が宿っているとされている天然石のこと。身につけていると良いことが起こり、パワーをもらえると信じられています。種類も豊富でパワーストーンのひとつひとつに意味があり、恋愛運や健康運、金運や仕事運のアップなど、願いや目標を叶えるためにお守りとして身につける人が増えています。




なぜブレスレットがいいの?

願いを叶えるお守りとしてパワーストーンを持ち歩く場合は、いつも身につけていられるブレスレットがおすすめです。パワーストーンは手に入れてから1週間くらいは常に身につけておくと、パワーストーンと自分に通うエネルギーのラインが通りやすくなるのだとか。近頃はファッションとしておしゃれに取り入れる人も多く、重ね着けしてもOKです。ただし重ね着けする場合は、パワーストーンのエネルギーが変化するので組み合わせには注意しましょう。

願いや目的をあれもこれもと欲張ると、エネルギー同士が反発してパワーストーンの十分な効果を発揮することができません。重ね着けするときはきれいな色合いになるようにインスピレーションを大事にしながら、パワーストーンの種類やバランスを調整するようにしましょう。

右手と左手で効果が違う?

ブレスレットとしてパワーストーンを身につける場合、右手と左手のどちらにつけなければならないという決まりはありません。しっくりくる手につけることが一番ですが、つける手によって性質がありますので、パワーストーンの種類に合わせてみてはいかがでしょうか?

右手はエネルギー、パワーを放出するとされていますので、周囲へ影響を与え、実力を発揮したい人におすすめです。例えば仕事運や学業、恋愛成就、金運アップなど、パワーをアウトプットさせたい人はパワーストーンを右手へつけるといいでしょう。逆に左手はパワーを吸収するとされています。直感を大切にしたい方や運気を高めたい人におすすめです。対人関係や健康運、恋愛、出会いなど、パワーやエネルギーを蓄えたい場合は、パワーストーンを左手へつけるといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

不吉!?パワーストーンが切れてしまった!

パワーストーンが切れる意味

身につけていたパワーストーンブレスレットが切れてしまったとき、どのようなイメージを持たれるでしょうか?不吉の予兆?トラブルの身代わり?「円が切れる=縁が切れる」を連想させるように、パワーストーンブレスレットが切れてしまうと縁起が悪いのではないかと思われる方が多いようですが、心配には及びません。あくまでもブレスレットは「身につけやすくするために人工的につないだもの」なので、ブレスレットが切れたからといって縁起が悪いということではないのです。それではブレスレットが切れる意味とはどういったものがあるのでしょうか?




ゴムや糸、ワイヤーの劣化

パワーストーンブレスレットが切れてしまった。そんなときは身につけていた期間を思い出しましょう。肌身離さず毎日身につけていれば、ブレスレットの中糸やゴム、ワイヤーは普段の生活で劣化していきます。劣化のほかにも、糸の種類によってはちょっとした引っかかりで切れてしまうことも珍しくありません。ブレスレットが切れてしまう理由の大半は、物理的な衝撃や寿命であることがほとんどです。

目標達成?節目のとき

物理的な衝撃や劣化がないのにブレスレットが切れたとき、現在の自分について振り返ってみましょう。ブレスレットが切れたことは、もしかすると願いや目標が達成されたサインかもしれません。ミサンガは切れたときに願いが叶います。パワーストーンブレスレットはパワーを与えるものなので、縁起が悪いと考えるよりもプラスに捉えた方が次のステップへ気持ち良く進むことができますね。

パワーストーンからのSOS!浄化が必要な場合もあります

パワーを与えてくれるパワーストーンですが、新しいものに変えても頻繁に切れたり、パワーストーン自体にヒビや割れが生じていたりする場合は要注意です。無意識に多くのストレスを抱えており、パワーストーンが危険を知らせてくれているサインなのかもしれません。そんなときはストレスを溜めないように意識して休息をとるなど、自分を労わってあげるようにしましょう。そのときは身につけているパワーストーンも浄化して、効果を発揮できるようにしてあげてくださいね。長年身につけていると、パワーストーン自体も劣化してヒビや割れが生じてしまうことがありますが、破損してしまったパワーストーンは丁寧に処分するようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

切れてしまったパワーストーンは修理できるの?効果は続く?

そのパワーストーン、修理できます!

切れてしまったパワーストーンは修理ができます。パワーストーンが切れる原因のほとんどが劣化によるものなので、中糸やゴム、ワイヤーを交換することで引き続き使用することが可能です。自分で修理をしてもよいですが、パワーストーンの専門店で修理してもらうこともできます。またパワーストーンにヒビや割れがない限り、効果は持続しますのでご安心ください。




効果を持続させるために浄化をしましょう

切れてしまったパワーストーンを修理するときは、必ず浄化をおこないましょう。切れた原因がなにであっても、日頃身につけているパワーストーンはパワーを与えるとともにマイナスなエネルギーも吸収してしまいます。パワーストーンは定期的な浄化が必要ですが、修理する機会にも浄化をして汚れをきれいにすることで、本来の効果をより発揮することができます。

浄化の方法としては日光浴や月光浴、水で洗うなどさまざまな方法がありますが、パワーストーンによっては水や日光が苦手なものがあるので、持っているパワーストーンの性質をチェックしてから行うようにしましょう。

【パワーストーンブレスレット】石の意味と種類、組み合わせ徹底解説!最強の浄化法も(http://www.minden.jp/clover/powerstone_breat…ype_purification/

パワーストーンの修理方法

パワーストーンの修理方法として、自分で修理する場合と専門店へ修理を依頼する場合があります。自分で修理をおこなう場合は浄化を行い、新しい中糸に変えましょう。糸の結び方は固結びです。しっかりと結んで切れやほつれが起こらないように注意しましょう。

用いられる糸ですが、「オベロンゴム」「シリコンゴム」「ワイヤー」「テグス」「蝋引き紐」の5種類ほど種類があります。パワーストーンのブレスレットの多くは「オベロンゴム」が中糸として用いられていますが、パワーストーンの色合いや好みによって「シリコンゴム」などに変えてもいいかもしれません。最近は修理キットがインターネットの通信販売で販売されており、価格も500円~1,000円以内とお手頃です。

また専門店での修理もインターネット上から依頼することができます。価格も1,000円~2,000円ほどで、浄化やクリーニングまでしてもらえるので安心ですね。

パワーストーンのリメイク例

ブレスレットにしていたパワーストーンが切れてしまった場合は、修理だけでなくブレスレットをリメイクするという方法もあります。リメイクしても、修理と同様にパワーストーンの効果がなくなることはありません。いつまでも身につけられるものにリメイクすることで、より長く愛用してパワーストーンの効果を得ることができます。

リメイク例としては新たなパワーストーンを組み合わせて再びブレスレットにしても良いですし、ネックレスやストラップに変えてもOKです。ヒビや割れ、バラバラになってパワーストーンの数が少なくなってしまった場合は、ピアスやイヤリングにすると新たなファッションアイテムにもなり、長く身につけることができます。

不要になったパワーストーンの処理

「お疲れ様」「ありがとう」の気持ちを込める

ヒビや割れが生じたパワーストーンや役目を終えたパワーストーンは処分をしなければいけません。パートナーのように寄り添い、長く身につけていたからこそ愛着もあるはず。処分するときはパワーを与え続けてくれたパワーストーンに「お疲れ様」と「ありがとう」の気持ちを込めて、浄化をしてから処理をするようにしましょう。




土に埋める

パワーストーンは加工されていても、もとは天然の石や自然がつくった結晶です。役目を終えたパワーストーンは自然に還すことがもっとも理想的な方法とされています。パワーストーンは土に埋めることで自然のサイクルに戻すことができますが、公共の場に埋めることは不法投棄になりますので、土に埋める場合は保有している敷地内に埋めるようにしましょう。

不燃ごみに出す

自然に還す方法のほかに、一般のごみとして処理をする方法もあります。その場合は浄化を行い、「不燃ごみ」として処理するようにしましょう。また思いのこもったパワーストーンだからこそ、きちんと処理をしたいと思われる場合は、石供養をしている神社やお寺、パワーストーンの専門店に相談してみることもひとつの方法です。

まとめ

パワーストーンが切れる意味や修理、処理方法についてご紹介しました。自分にパワーをあたえてくれるものだからこそ、手に入れた後のメンテナンスや修理の方法についてきちんと理解して、長く愛用していきたいですね。愛着あるパワーストーンで、ますます自分を磨いていきましょう!

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -