前世の記憶と現世の因果関係を知りたい!占いでわかる運命!恋愛や結婚も!?

前世って信じますか?仏教の教えでは人は生まれ変わると言われています。実際、世界には前世の記憶を持つ人もいるようです。しかし、前世があったからと言って、それが現世にどのような影響を与えるのでしょうか?

考えるととても気になりますよね。前世を存在するものと捉えた場合、それは今の自分に強い影響を与えていると考えられています。特に人生観や恋愛観などに前世が強く影響していると考えられるのです。

そんな前世の謎を紐解く、前世占いの方法や、前世と現世の間の因果について少し考えてみましょう。

スポンサーリンク

前世とはなんだろう?

IMG_2192

人は生まれ変わる?

仏教では輪廻転生と言って、魂は輪廻してより高みへと上がるために修行を続けていると考えられています。生まれては死んで、死んでは生まれて、その繰り返しを続けることで魂自体が成長するという考え方です。

なので、特別な人だけ生まれ変わるということではなく、誰でもみんな転生をしているということになります。仏教的な考えでは前世があるのは当たり前のことなのです。

今の自分の前に同じ魂を持って生きていた誰かだったということを考えると、とても不思議な気持ちになりますね。生きている間が修行だという考え方は、いい加減に生きているとちょっと不安になります。

もしそうなら、今をきちんと修行しておかないと、次の人生もまた同じような人生を繰り返すことになるからです。うっかりしているとずっとぐるぐる同じところで回り続ける魂となってしまいますね。

しかしきちんと生きることができれば、境涯の高い魂となって、次の人生ではクラスアップできることになります。




今の自分で前世がわかる

前世があると言われても、ちょっと想像できませんよね。でも、無邪気に前世では凄い人だったりお姫様だったりしたらいいな、などと考えたことがある人は多いのではないでしょうか。

ですが、実のところ、前世は現世と関係しているので、全く今と違う自分であったりはしないのです。今の自分に近い、もしくは今よりもちょっと苦労する生活をしていた、というのが生まれ変わりの法則です。

なぜそんなことがわかるのかというと、生まれ変わりは修行で、成長するためのものであるという考え方によるものです。1度生きるたびに何かを学んで魂は成長するので、前よりある程度成長していることになります。

老人が子どもに戻ることができないように、凄い人だったけど、凡人になったということにはなりません。前世も今の自分と似ていると考えると、前世に夢を持っていた人はちょっとがっかりしたかもしれません。

因果による影響

因果という言葉を聞いたことがあるでしょうか?これも仏教用語なのですが、難しい言葉ではありません。原因があって結果があるという意味です。この因果、今の人生の中でのことならとてもわかりやすいですよね。

たとえば友達と喧嘩をすれば次の日に気まずい思いをします。朝ごはんを抜くと、栄養が足らずにものを考える力が低下します。そういった原因によって結果が生じることが因果です。

でも、これが前世からの持ち越しとなると、現世での自分からは原因がよくわからないということになります。結果だけポンと渡されてしまうので、原因は推察するしかないのです。

因果には生まれた環境や親兄弟、そして好きになる人なども含まれています。人は生まれを選べないと言いますが、実は原因があって、その結果として今の環境に生まれてきているという訳です。

前世の記憶

前世の記憶について私達は普段意識することはありません。しかし、全然見覚えがないはずの景色がふいに懐かしくなったり、初めて会った人の顔を見て、なぜかドキッとしたりすることがあります。

そういう現象から、ある程度の前世の記憶を魂は覚えていると考えられています。基本的に映像や物理的な記憶は脳に蓄積されます。ちょうどコンピューターやスマホの中の写真や閲覧履歴のような感じですね。

しかし、魂には具体的なデータとしての記憶は残らないのが普通です。魂がどのようなものかははっきりとわかっていませんが、少なくとも物質としての存在ではないと考えられています。

それでも、魂が記憶を持つことはあるようです。世界のあちこちで生まれ変わりの記憶を持つ人の体験がありますが、びっくりするぐらい正確な記憶を引き継いでいる場合もあるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

前世からのを知りたい

a0002_007012_m

仏教で言うとは

縁というのも仏教の言葉です。エン、あるいはエニシと読みます。袖すり合うも他生の縁という言葉がありますが、これはそのまんま前世からの縁があるからお互いに接触したという意味です。

縁というのは1度繋がるとずっと繋がり続けるものなので、生まれ変わる度に増えていきます。そうすると世界は縁のある相手だらけになってしまいそうですね。

実際には特に縁のある人、あまり縁のない人などの縁の濃度の違いがあるようです。つまり毎朝通る道で見かける人とは縁があるけど、深いつながりを作るほどではない。両親とはとても深い繋がりの縁がある。

という感じで考えるとわかりやすいでしょう。ようするに縁の深い相手ほど、身近な相手となりやすいのです。今周囲にいる人は、あなたと前世から深い縁を繋いできた人の可能性が高いと言えるでしょう。




縁のある人と結ばれる?

縁の深い人と深い絆を結びやすいということが理解できれば、自分が好きになる人や結婚する人との間には、深く濃い縁があることがわかります。これが俗に言うところの運命の相手という訳です。ロマンチックですよね。

しかし縁の厄介なところは、必ずしも深い縁を持つから良い関係であるとは言えないということです。殺し合いをしたような強い憎しみを抱いた相手との縁もまた深いのです。

前世でとても嫌っていた相手と、また現世で出会う可能性も大きいと言えます。そして愛情で縁がある相手と、憎しみで縁がある相手を見分けるのはなかなか難しいものがあります。

長く付き合うと段々相性がはっきりとして来るのでわかりやすいのですが、出会ったときにはどちらの場合でも同じぐらい強い運命を感じてしまいます。

縁がある人と結ばれることが多いのは間違いありません。しかしそれが良い関係であったか、悪い関係であったかの判断は、出会った当初は難しいと言えるでしょう。

縁のある人は因果を読み解く鍵

人は生きることで修行をする訳ですが、つまずいてしまったらまたそこは次の人生でやり直しとなります。また同じところでつまずくと、さらに次回持ち越しです。

生まれ変わるたびに同じ過ちを犯し続けるというのは考えると嫌になりますが、そこは覚えていないのでがんばって修行を続けるしかありません。出会いも同じように繰り返します。

ときどき、思い通りにならない現実に、私なにやっているんだろう?という気持ちになることがあると思います。それはきっと前世でもうまくいかなかったところなのでしょう。

そこで、嫌な気持ちになったら、気持ちを切り替えて、今までとは違うアプローチで挑戦してみるといいかもしれません。人と人との付き合い方でも、仕事でも、人は失敗すると、失敗のパターンにハマってしまいがちです。

そんなときは、普段の自分ではやらないやり方で解決しようとしてみれば、案外とうまくいく場合もあります。恋人や友人や家族などの縁の深い人達は繰り返しの中であなたの悩みを理解している可能性があります。

愛する人たちの助言で運命が変わることもあるのです。現世の出会いや縁を大切に育んで、花のつぼみがほころぶように、前世からの因果を素晴らしいものとして昇華していきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

前世占いとは

IMG_2671

現世の状態から前世を占う

前世の記憶がその人の今に影響を与えるという考え方を利用して、前世を占うことによって問題を解決しようという考え方があります。それが前世占いです。

起こった出来事に対してその人がどう感じるか、見える情景に何を感じるか、などのパターンを見極めることによって、その人の前世を占います。ネット上にもそういった前世を読み解く前世占いのサイトがありますね。

こういったサイトの多くは、前世にどういった生き方をしていたかをだいたい推測してくれるようになっています。たんに前世の生き方を占ってもらうだけだと、そうか昔はそんな風に生きていたのだなと思うだけです。

しかし、昔こうだったのなら今はもっと上を目指そうという指針にしたりすると、少しだけ現世が充実するかもしれません。




因果と愛について

生まれ変わりを続けてきた結果、今の人生には古くから続く因果が、まるで絡み合う糸のように張り巡らせられてしまっています。あまりにもその因果の糸が多いので、何がなにやらわからない状態です。

どの糸が真実の愛に繋がる糸なのか、もはや判別不可能な状態と言っていいでしょう。前世によって現世を占うということは、この絡み合った因果の糸を解いて明確にしていくということなのです。

しかし正直なところ、これはまず無理と言えます。因果の糸は複雑怪奇で、解くには一生かかるか、もっとかかるようなあんばいなのです。しかしそれでは運命の相手のことがわからないですよね。

でも、がっかりする必要はありません。この因果の糸は絡まっていても繋がっているので、運命の相手とは必ず出会います。問題は出会ったときの自分のインスピレーションを信じることができるかどうかです。

愛するべき人を間違えないためには自分のインスピレーションの力を鍛える必要があります。

同じ風景に感動できる人を探す

かなり古い話になりますが、昔アイドルであった松田聖子さんが、ビビビと来たと言って結婚したことがありました。こういうものがインスピレーションです。しかし、これは必ずしも正解を引き当てる指標にはなりません。

実際聖子さんもその後離婚しています。とは言え、離婚しているから失敗とも限らないのが恋愛の難しいところです。お互いに愛を誓って結婚したということは、確かに幸せだった時期もあったと言えるからです。

インスピレーションというものが良くわからないという場合には、できるだけ感性の近い人を選ぶといいでしょう。たとえば同じ風景に感動できる相手とは感性が近いと言えます。

もしかしたら前世で同じように同じ風景を見て、2人で感動したのかもしれません。逆に、どうしても受け入れられない部分がある相手は、前世で嫌な目に遭った記憶が蘇っている可能性があります。

どんなに条件が良さそうに見えても、付き合う相手としては少し考えたほうがいいでしょう。

まとめ

前世の記憶から縁を探って現世での出会いを導くという、前世占いの考え方を紹介させていただきました。生まれ変わりがあったとして、その縁による出会いが幸せに続くかどうかはわかりません。

幸せに必要なのは、現世での愛情を培う努力と言えるでしょう。縁は大切ですが、そこだけにこだわっていると今の幸せを逃してしまうこともあります。前世に囚われすぎず、今の自分をしっかりと生きてみてください。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -