霊能力の定義とは?10個の診断項目でチェック!種類や霊感との違いも徹底解説!

9539084992_d9281a7280_z

ときおり、不思議な能力を持つ人がいますよね。が見えたり、これから起きることを予知出来たりする人などがいるのですが、一般的にそうした人は霊感が発達していると言われたり、霊能力があると言われたりします。そこで、その霊能力の種類や霊感との違い、そして、霊能力の定義種類について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

霊能力の定義について

6302217218_4d05b456ea_z
photo by jacinta lluch valero

通常では持ちえない能力

霊能力霊などの存在を感じたり、霊を使って様々なことを行うことができる能力です。年齢や性別を問わずに霊能力を持つ人は多くいて、それぞれ得意分野が異なっていたり、その霊能力の強さなどが異なっています。

なので、霊を見たりすることができてその霊と交流できる能力を霊能力ということが言えます。しかし、同じ霊能力を持つ霊能者でも全く別の能力を持っていると言っていいほどその得意分野は異なっています。




霊感とは違う?

霊能力と言うと霊感と勘違いしてしまう人がいるのですが、霊能力霊感違っています。霊能力霊を見たり聞いたりするだけではなくて、自らも特殊な能力を発揮したりすることができるのですが、霊感というのは主に霊などの存在を感じることができるもので、霊感が優れていても自ら特殊な能力を持って何かを行うことはできないことがほとんどです。

ただ、霊感が強い体質の人が何かをきっかけに霊能力が開けたり修行を積むことでいつの間にか霊能力が開けるということもあって、霊感が強い人は普通の人の何倍も霊能者になりやすいと言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

代表的な霊能力について

4775735278_641831124a_z
photo byHaetwing HKD

霊視

霊能力には様々な種類のものがあります。まず、霊が見える霊視は、普通に暮らしている人間と同じく霊の存在が見えることで、すでに死んでいる人の霊などを見ることができます。また、生きている人が出した生霊などを見ることが出来たり、動物霊龍神天狗白蛇どを見ることができる人もいます。

人によっては神様を見ることもできる人もいてどのような霊視ができるのかは霊能力の強さに比例すると言われています。




霊聴

また霊の声が聞こえたり霊と交流をしたりすることができる人もいて、これを霊聴と言います。

霊能力をもっている人は霊と自由に交流できることがほとんどで、霊と話をしたりすることは特別なことじゃないそうなのですが、言葉を使って話をする人もいればテレパシーのようなもので交流をする人もいます。

千里眼

霊能者は霊と交流をするだけではなくて、遠く離れた物見たり聞いたりすることができます。遠く離れている人様子を見ることが出来たり、建物部屋場所に行ってその様子を伺ったりすることもできるのですが、体は動かなくても意識霊魂などが飛んで行って人や物を観ることができる能力があります。

降霊

霊能力がある人が良く行うものとして降霊があります。すでに亡くなっている人の霊自分の体に降ろして話をしたりするのですが、こうしたものを専門に行うイタコなどがいます。

除霊

霊能者は悪い霊などを追い払ったりすることもできます。除霊救霊浄霊などと言われることもあるのですが、霊能者によって能力や方法大きな違いがあります。より霊能力や念力が強い霊能者の方が除霊の能力は強いと言われています。

ヒーリング

霊能者の中には手をかざすだけで怪我や病気を治したりすることができる人もいます。一般的にはヒーリングと言われていてヒーラーと呼ばれるタイプの霊能者になるのですが、除霊などを行う霊能者とは異なる霊能者とも言われています。

ヒーリングだけを行う人もいれば、除霊なども行う人もいるのですが、これは人によって異なるようです。また、日本では手かざしと呼ばれることもあって宗教団体などによってその呼び方は異なっています。

予知

霊能者はこれからどのようなことが起こるのかをあらかじめ予知できる能力を持っている人がいます。これは霊能者でも得意な人とそうでない人がいるのですが、を見るのと同じように未来の事がはっきりと映像で見えるそうです。なので、依頼者の未来を予知してアドバイスをしたり、地震などの災害を予知する人も多くいます。

ただ、この予知については100%当たるわけではないということも言われていて、名のある霊能者でも予知を外すこともあると言われているそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

霊能力があるかどうかがわかる診断項目10

9579332615_a497132048_z
photo by lauragrafie

1 匂いや音に異常なほど敏感

霊能力があるかどうかを見分ける診断項目として匂いや音に敏感ということが挙げられます。匂いや音に敏感だとそれだけ感覚が敏感普通の人には感じられないものを感じられるということが言えます。なので、そうした人は霊能力を持っている可能性が高く、知らずと霊能力が開ける可能性もあります。




2 デジャブや見た事のない光景が良く見える

デジャブを見たことがあるという人が多くいるのですが、デジャブを見る回数が多くて、夢なのか現実なのかわからなくなってしまうほど見たことのない景色などをよく見るという人はかなり霊能力がある人と言えます。

デジャブは未来を見ていると言われているのですが、頻繁にデジャブを見るということはそれだけ知らずと未来を見ているという事になるようです。また、見たことのない光景などを見た事があるという人も、それは霊界などの風景だったりすることも多くあるそうです。なので、そうした人はかなり霊能力が高い人と言えます。

3 土地や建物の気を感じる

生活をしていると様々な場所に行くのですが、そうした中でその土地や建物の気を感じるという人は霊能力が高いと言えます。土地や建物の気というとパワースポットのように良い気のものもあれば、廃墟や事故現場などのように悪い気の場所もあります。

良い気の場所に行くと元気が出てより体がパワーアップする反面、悪い気の場所に行くとだるさや気持ち悪さなどに襲われてしまって体調不良になってしまう人がいます。こうした人はその土地や建物の悪い気やそこにいる霊を感じているので、かなり霊能力が強い方と言えます。

4 オーラが見える

人間にはオーラというものが備わっていると言われているのですが、日常的にオーラが見えるという人も霊能力がある人と言えます。オーラの色や形がわかるという人は完全に霊能者と言えるのですが、そこまでいかなくても他人を見た時に何か白っぽいもやや、黒いもやのようなものが見える場合もオーラが見えていると言えます。

また、そうしたものではなくて自分や他人の気が見えるという人もいて、そうした人も霊能力が高いと言えます。

5 想像力が発達している

霊能力がある人は想像力や空想力が強いということが言われています。なので何かを聞かれた時にすぐにイメージがパッと浮かんでくるというような人は霊能者の素質があるということが言えます。

特に想像力を働かせなくても勝手に映像などが頭に浮かぶという人も霊能力が強い人と言えます。

6 身体的特徴

霊能力がある人は変わった身体的特徴を持っていると言われています。まず一番多いと言われているのはおでこが発達している、へこんでいるということです。おでこは霊的に第三の目があると言われている場所になるのですが、そこは発達していたり、逆にへこんでいると第三の目が発達している証拠と言われています。

また、他にも小指が薬指の第一関節より長い人も霊能力が強い人と言われていてそうした身体的特徴から霊能力があるかどうかを見ることができます。

また、手相でも手の平の中央に神秘十字線という十字がある人や親指の第一関節に仏眼という輪がある人は霊能力があると言われています。

7 勘が良い

勘の良い人は霊能力が強い人が多いと言われています。勘の良い人は普段から何かしら霊的なものの存在などを感じ取っていると言われています。なので、ちょっとしたことから何か良くない感じを受けて予定を中止したりすることもあるのですが、結果的にそうした方が良かったことが多くあるそうです。なので、勘の良い人はある程度、霊能力がある人で目に見えない力を感じているとも言えます。

8 家族の様子を見る

霊能力が強いか弱いかは基本的に遺伝をすると言われています。特に母方の血筋は遺伝すると言われていて母親や母方の親類に霊能力があるという人は自分も霊能力がある場合が多いようです。

なので親子そろって霊能力があったりすることも多く見られます。ただ、母親は霊が見えるのだけれど、自分は霊は見えずに霊感が強いだけというように親子でその強さに強弱が出てしまうこともあります。なので、家族がどうなのかを見ていくことで、自分に霊能力があるかどうかを見ていくことができます。

9 声が聞こえる

霊能力がある人はどこからともなく声が聞こえるということもよく言われています。霊の声守護霊の声ということも言われているのですが、道路を横断しようとすると急に危ないと声が聞こえたりすることがあり、自分を守ってくれることが多いと言われています。

反対に事故現場などで助けてという声が聞こえたり、街の中で同じく助けてという声が聞こえたりすることもあって、そのように現実に発した人の声とは違う声聞こえる人は霊能力があると考えていいようです。

10 霊が見える

日常的に霊が見えるという人がいるのですが、そうした人は完全に霊能者という事が言えます。霊が見えるだけという人から霊と交流できるという人まで様々なのですが、元々持っているの霊能力の強さからそうした違いが出て来るようです。

また、はっきりとした霊の姿が見えなくても他人の顔を見て死相が出ているということや、違和感を感じるなどの人もある程度霊能力がある人と言えます。こうした人は修業を積んだりすることでより霊能力が開けると言われています。

まとめ

霊能力というのは霊を感じるだけの霊感とは違っていて霊が見えたり、交流したりするだけではなくて除霊をしたり降霊をしたり、ヒーリングをしたりと様々なことができる能力になります。

第六感が優れているということで未来を予知したりすることもできるのですが、かなり特殊な能力となっています。普段の生活の中で勘が鋭いかどうかやデジャブを良く見る、身体的特徴、家族に霊能力があるかなどのいくつかの項目を見ていくことで自分にも霊能力があるかどうかを知ることができます。

基本的に霊能力は生まれつき備わったものであることが多いので、ここで上げた項目を見ていくつか当てはまるという人は霊能力を伸ばしてみる訓練や修行を積むとより霊能力を開くことができるかもしれませんね。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -