雨女・雨男の方必見!特徴は?実は周りの運気を上げている!


この記事は2017年12月13日の記事を再編集したものです。

雨女・雨男…お出かけや人生の節目なるときに雨が降る確率が高い人の事をよくこう表現します。普段の会話の中で「私、雨女なんだよね」と冗談めかして話題にすることも多いと思います。

かといって、本当に雨雲を呼ぶことが出来たら、映画の世界になってしまいます。もちろん、科学的に証明されているわけではありません。なのに、みんなどこかなんとくなだけど信じているふしがあると思いませんか?

2015年1月から3月まで放送された「問題のあるレストラン」では、二階堂ふみさん演じる東大卒のエリートが「雨女がいるんじゃないですか?」これに対して臼田あさみさん演じる副シェフが「私はむしろ雪女なんです」と言うと・・・。

翌日は雪が降るなんてシーンもありました。
都市伝説のようで、でもどこか「偶然じゃないかも」と思わせてしまう、雨女・雨男。その特徴や自然霊や龍神様との関係までご紹介します。

スポンサーリンク

雨女・雨男とは?その特徴や体験談は?

雨女・雨男の特徴

雨女・雨男ってどんな人の事なのでしょう。ツイッターやブログ、直接聞いた体験談をもとにチェック項目を作成しました。あなたはいくつあてはまりますか?

・旅行や楽しみにしているイベントはだいたい雨が降る
・遠出すると家を出たときは晴れていても、いつの間にか曇ってきて雨が降り出す
・それどころか朝から雨
・帰宅するととたんに雨がやむ
・コンビニや100均でビニール傘を買う頻度が友人や家族より明らかに多い
・そのくせコンビニでビニール傘を買うとその後すぐ止む
・天気予報で晴れと言われても信じられない
・修学旅行の写真に晴れがない
・受験や試験のときは雨だった
・夏に旅行すると台風の進路と自分の行先が重なる
・キャンプや花火大会がなんとなく嫌
・もう雨を呼べる気さえしている

いかがでしたか? 雨女・雨男さんはきっと共感してしまったはず…。いくらなんでも、全部の項目に当てはまる人はいないと思いますが6個以上の当てはまっていたらかなりの雨女・雨男さん。4・5つ当てはまる人は自覚がなくても才能あり!




雨女・雨男なんて迷信や偶然じゃないの?

もちろん、雨女・雨男に科学的な根拠はありません。特定の人物に雨が、それも大切なイベントや旅行の時だけ狙ったように雨なんて科学的には証明されていません。

そもそも日本は元々雨が多い国です。全国平均で年の三分の一は降っているとの統計もあります。出かけた時に雨が降り出したというのも決して珍しいことではないのです。

ですが、昔から、雨乞いやおまじないで天気を操ろうとする文化があるのも事実です。陰陽師・安倍晴明が深刻な干ばつの際に雨乞いをして雨を降らせたというエピソードや三国志では諸葛亮孔明が風を呼んだというエピソードもあります。

「ただの偶然」「雨を呼んだのではなくて予測しただけ」「たまたま運が悪いのでは?」なんて声が聞こえてきそうですが、次は体験談をご紹介しますね、これを読めば単なる偶然とは言えなくなるかも…しれません。

本人もびっくり!雨女・雨男の体験談

私の友人にもいます。自他ともに認める雨女です。29才のYさん、ちなみにこの方は修学旅行は小学校・中学校・高校全てで雨。

高校受験の日は土砂降り、センター試験の日は大雪、社会人になって始めて出張に行ったときは台風が現地に到着後、台風が直撃して数日帰れなかった…という強烈な雨女。
大学の時に始めて出来た彼と、ドライブに行ったときの話がこちら…

「朝、彼が迎えに来てくれたときは薄日が差していました。季節は初夏でちょうどいい気候でした。

天気予報は曇り時々晴れで、まぁ悪くないなと思ってたんですが…。高速に乗って、県境を過ぎた頃になんだか空が暗くなってきたんです。私はもうこの時点で『あぁ…またか』と思いました。

その後、目的地に近づいていくにつれて雨がシャワーのようになっていたんです。当然ワイパーも効かない。それでもせっかくだからとそのまま目的地に向かっていたら、あまりの雨で高速が通行止めに…。

それでもなんとか目的地に到着し有名な神社に行ったんですがここも大雨で、境内の砂がしかれたエリアに土嚢が積んでありました。

その後、お蕎麦屋さんに行くと何故かしまってる…恐る恐る扉をあけたら『すごい雨だから、誰も来ないとおもった』と…。高速が通行止めですから、帰りは下道です。

なんとか帰り着いたら、雨が上がって通行止め解除されました。」

ちなみに翌日は快晴だったそうです。

芸能人にもいた!雨女・雨男

芸能人にも、雨女・雨男さんはいらっしゃいます。
例えば、AKB48の人気メンバー柏木由紀さんやバイオリニストの高嶋さち子さんなどがご自身で雨女だと認めていらっしゃます。

ちなみに高嶋さち子さんは、テレビ番組の撮影でナスカに行った際に60年ぶりの大雨に会ったそうです。やはり雨女なのかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

雨女・雨男は治せるの?その方法は?

雨女・雨男は龍神様に守られた人で昔から縁起のいい存在だった…とまで言われたらもうすでに「このままでいいや」とお思いの雨女・雨男さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

例えば、低級な霊が取り憑いているというのなら神社やお寺でお祓いをしたり御守りを身につけたりすればよいのです。

雨にまつわる神社に行ってみよう!

ですが、龍神様は神様ですから払うという表現は正しくありませんね。
ただ、それでも雨は嫌!お出かけの日には晴れて欲しい! という方におすすめなのが、東京・高円寺にある水川神社に祭られる天気の神様をお祭りした神社、その名も気象神社

元々は陸軍の気象部にあったもので日本では唯一お天気の神様をお祭りしているところです。祭神は八意思兼命(やごころおおもいかねのみこと)という知恵の神様で6月1日にはお祭りもあるとのことです(出典http://www.kisyoujinjya.jp/about.html)。

神社内の絵馬を見ると雨女から脱却したいという願いが書かれたものも見受けられます。他に関連する神社としては京都府にある「貴船神社」。こちらは竜神様を祀っているところです。商売や縁結びの信仰もあります。

一番お手軽な方法はてるてる坊主!

「東京・京都までは行けない」「もっと簡単な方法は?」という方には、もっと手軽な方法もあります。みなさんご存知のてるてる坊主です。

子供の頃、遠足や旅行の前にてるてる坊主を作って窓辺に吊るしたことがある方も多いのでないでしょうか。てるてる坊主の坊主とは、文字通り「お坊さん」の事。魔力が強いお坊さんを化身を作って晴れをお祈りしたのです。古典的ですが一番身近で簡単な晴れのおまじないです。

なお、てるてる坊主を吊るすのは出かける前日です。何日も前に吊るすとその翌日は晴れても外出する日に晴れなくなってしまうことがあります。また顔は描かないのが基本です。顔を描くのは当日無事晴れた当日にしましょう。

ネガティブな記憶が強く残っているゆえかも

そして、最後に…これを言ってはおしまいだと言われそうですが、雨女・雨男を自負する方の中には、出かける時に雨が降った記憶だけが鮮明に残っているという事もあるかもしれません。お出かけの時によいお天気だった事はありませんか?

そのような方は物覚えがよいということもあるでしょう。これがくせもので、よいことだけでなく悪いこともしっかり記憶に残ってしまい、「大切な日に雨が降ってしまった」という先入観が強くなればなるほどそちらの悪い記憶が強くなってしまいますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スピリチュアルな世界では、龍神様や自然霊が関係しているともいわれる

自然霊ってどんな霊?

自然霊とは、この世で一度も形として存在したことのない霊のこと。天候のような自然現象を操る力があるといわれていて、鉱物や植物などに宿るそうです。

天狗や稲荷(晴女・晴男が該当)、龍神などがこれに当たります。西洋の天使や妖精も自然霊の一種だそうです。この自然霊の中でも龍神様が人間の守護霊となった時に、その人は雨女・雨男になるということ…。

つまり、雨女・雨男は龍神様に守られた人なのです。



龍神様とは?

龍神様とは、雨や嵐を操るとされる自然霊の総称です。川や湖など水に関係する場所の化身や主とされることも多く、水に関係が深い自然霊です。映画「千と千尋の神隠し」に登場するハクも川の主で龍神でした。

神社などで、龍神様を祭っているところもたくさんあります。龍神様は高位の自然霊と言われていて低級の人を困らせる霊ではありません。その名の通り、「神様」なのです。

昔は干ばつの際に龍神様に祈りを捧げて雨乞いをする事もよくあったそうで、中国では、乾いた土地に雨をもたらす巫女はとても神聖な者とされていたそうです。

スピリチュアルな世界での雨・水とは?

スピリチュアルな世界で雨や水は、心や身体の浄化を意味します。雨は大地を潤して植物を育て生き物には飲み水を与えてくれる恵みの存在ですが、それだけではなく雨や水には浄化…邪気を払うという効果があるのです。

パワーストーンの浄化にも流水を使うことがありますし、禊ぎの時にも水を使います。そういえば、神社の手水もお水ですよね。スピリチュアルな世界では、水や雨は邪気を払い浄化するものなのです

実は雨女・雨男はあげまんの証拠かもしれない

実はあげまんかも?

ここまでの読んでくださった中で、雨女・雨男が縁起の悪いものではないことはなんとなくお分かりいただけているかな…と思います。龍神様は高位の自然霊ですから、龍神様に守られているという雨女・雨男は縁起のいい存在と言ってしまっていいと思います。

そして、雨女・雨男は、あげまんだといわれているのです。
あげまんとは、一緒にいる人をの運をよくしたり幸運をもたらす人のこと、女性に対して使われることが多い言葉ですが、パートナーの運気を上げるのは決して女性だけではありません。

男性にもパートナーの運気を上げる方はたくさんいらっしゃます。
先に書いたとおり、雨女・雨男は龍神様から守られている人だといいます。そして水は邪気を払い浄化するもの…。

そう考えれば、雨女・雨男はパートナーの運気を上げる『あげまん』だと言えるのではないでしょうか。雨ばかりで嫌になるかもしれませんが、雨女・雨男はとっても縁起のいい人なのです。

また、縁起だけでなく、雨が降ることで作物が育つなどいいことも当然あります。先に述べた雨乞いに頼る行為を例に出すまでもなく、雨は生活に不可欠なものなので、気持ちを入れ替え雨女・雨男は重要な存在なんだとポジティブな気分になってみるのもどうでしょうか。




雨女・雨男であることを役立ててみよう

逆に雨女・雨男であることを役立ててみようと前向きに考えるのも一つの手かもしれませんね。実際それを実践しようという団体もあります。

「日本雨女雨男協会」という団体があります。ここは雨女・雨男が集結して砂漠など雨が不足している地域に雨を降らそうという壮大な構想を抱いているところです。実際に降雨量が少ない香川県に出向いて活動をしています。

この団体のように雨女・雨男を世のため役立ててみようとポジティブに考えてみるのもよいでしょう。また、外出時雨が多いということは、雨上がりの虹がみられる可能性も高いということです。そういう風景を楽しむ余裕を持つのもありでしょうね。

まとめ

雨女・雨男についていろいろと書いてきましたがいかがでしたか? 雨女・雨男だから…とマイナスに捉えていた方も前向きに、もしかすると自信を持っていただけたのではないでしょうか。

また、本人だけでなく周りの方も「あなたが来るといつも雨だね」と言うことで雨女・雨男のレッテルを貼られてしまい、本人もしまいにはそう認識してしまうこともあります。余りそう言われるのも問題なのでほどほどにしたほうがいいでしょうね。

ただし、本人が既にそう信じ込んでいる時に「そんなオカルト信じない方がいいよ」というのは、相手の反抗を生み逆効果になります。その段階では肯定的な助言をしたほうがむしろよいことだってあるのです。

でも、どうしても晴れて欲しいそんな時もありますよね。キャンプや花火大会だとそもそも雨だと中止になってしまいます。龍神様に守られたあげまんだとしてもせっかくのイベントが中止になるのはやはり、寂しいものです。

そんな時は、神社やおまじないを試してみるのもいいかもしれません。雨男・雨女であったとしても、時と場合に応じて意識の持ち方を変えてみれば、あなたの人生もきっと晴れになることでしょう。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -