ラングドシャが人気?美味しいソフトクリーム・アイス7選!軽くてサクサク食感が好評

eeae6e1a0ae8b2c86568c93c02fe9e38_s

人気があるソフトクリームやアイスクリームは、もちろんそのクリーム部分の美味しさが重要ですが、その持ち手の部分の素材でも話題性が出たり、評判がアップすることもあります。

最近、美味しいと噂されているのがラングドシャをコーン部分に使用したソフトクリームやアイスクリームです。今回はラングドシャコーンを使用したソフトやアイスクリームをご紹介すると共に、その他ラングドシャ商品なども見ていくことで、ラングドシャの魅力に触れていきたいと思います。

スポンサーリンク

お土産菓子でも超有名!ラングドシャの魅力とは

5e482bd557cd9c888717ab7fe289e435_s

1.軽くてサクサクとした食感が人気

ラングドシャといえば、北海道のお土産の定番「白い恋人」や、45年という長い期間作られ続けているベストセラー商品ヨックモックの「シガール」など世代が変わっても愛され続けているお菓子です。

形はくるくると巻かれたストローのような形であったり、丸型、四角型なざさまざま。そのまま食べたり、クリームがはさんであったりと味についてもアレンジが加えられているものもありますが、どのラングドシャクッキーにも共通するのが「サクサクとした軽い食感」です。

歯が弱い小さいお子さんや高齢者の方でも、気軽に美味しくいただけるところが長くたくさんの人から支持されている理由のひとつとなっています。

2.シンプルな材料で作られているわかりやすさも魅力

ラングドシャをはじめとするクッキーなどのスイーツは、ご自宅で作られる人も多いでしょう。スイーツ作りはきっちりと分量を計ったり、しっかり泡立てたりと面倒な作業も多いもの。

複雑な作業工程やたくさんの素材を使ったスイーツも美味しいですが、味や工程が複雑になればなるほど個人の味覚による好みが左右したり失敗してしまうことにもなるものです。

ラングドシャクッキーの材料はシンプルな4種類。粉・砂糖・卵白・薄力粉のみで作られています。泡立てなどの作業も不要、のし棒で伸ばして型を取ることも不要。

4種類と少ない数の素材を同分量混ぜあわせて、絞り袋に入れて絞って焼く。たったこれだけのシンプルなお菓子なのも「誰が作っても失敗なしで、いつでも美味しいお菓子」としての安心感もあるでしょう。

これは、買う時にもいえることで「ラングドシャクッキーならこの味」というイメージ通りの商品で、当たりハズレが少ないのもついつい手が出てしまう理由ですね。

3.ラングドシャ豆知識と市販品

ラングドシャはフランス語で「 langue de chat」と書き、猫の舌という意味があります。日本で作られているものは形もさまざまなものが多いですが、元々は猫の舌を形どった長い楕円のお菓子であったそうです。

作られはじめたのは17世紀ころといわれています。サクサクとした食感は、薄く絞り出して焼くところから生まれており、この絞り出し方に厚みがありすぎると湿気ったおせんべいのような食感になってしまいます。

上手に作れば自宅で白い恋人のように美味しいクッキーが食べ放題だけど、自宅で作るの時は意外と失敗する人も多いようです。間違いなく美味しいラングドシャを食べるなら市販品を買うのが確実ですね。

そんなスイーツ好きさんの中でも、甘くてサクサクとした軽い食感のラングドシャクッキーをアイスクリームコーンに使ったアイスが美味しいと、最近買い求める人も増えているようです。

次項では、ラングドシャソフトクリームやアイスのおすすめ商品を7つご紹介していきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

深みのあるコクとまったりさが話題?ラングドシャソフトクリームやアイス7選!

34ffd20b0ee6743752670f2fcaced40b_s

1.日生プレミアム生ソフトクリームCREMIA(クレミア)

1.メーカー:日生
2.発売日:-
3.値段:500円

ラングドシャコーンの火付け役ともなったのが、ソフトクリームの老舗・日生が開発したこのプレミアム生ソフトクリームCREMIA(クレミア)です。iTQi優秀味覚賞の三ツ星を4年連続で受賞しているすごいソフトクリームとなっています。

この生クリームソフトのお味の美味しさもさることながら、高級なソフトクリームと相性抜群のラングドシャクッキー生地を採用したコーン部分にも手を抜かない高級志向のソフトクリームとしても話題です。

キャッチコピーは「まだ誰も見たことない、食べたことない、贅沢なソフトクリーム」。そういわれたら、思わず食べたくなってしまいますよね。

2.パティスリーべべルージュのラングドシャコーンソフト

1.メーカー:Patisserie Bebe Rouge
2.発売日:-
3.値段:100ペソ

日本で話題のラングドシャコーンのソフトクリームは、フィリピンでもあります。パティスリーべべルージュは洋菓子やさんですが、日本人もよく行くマニラにある日本食材店さんのとなりにあるので、フィリピンに住む日本人も訪れるお店です。

店内はテイクアウトの他カフェスペースも儲けられており、そこでラングドシャコーンのソフトクリームが食べられます。ソフトクリームのフレーバーもバニラだけでなくほかのお味もありますので、好きなソフトクリームをラングドシャコーンで食べることができます。

フィリピンに行かれた際に立ち寄って海外のラングドシャコーンソフトを堪能してみてはいかがでしょうか。

3.シガールアイス

1.メーカー:ヨックモック
2.発売日:-
3.値段:5,400円

ラングドシャクッキーといえば、ヨックモックのシガールを思い出すという人もいるでしょう。ヨックモックの看板商品でもある、シガールの中に美味しいアイスクリームを詰め込んだ食べやすいスティックタイプのアイスとなっています。

壊れやすいラングドシャクッキーにアイスを詰め込んで、さらに食感をそのまま保つというのはとても難しいことで、ヨックモックが研究を重ねて開発した独自製法なのだとか。

ヨックモックの公式サイトでいつでも通販で購入可能となっています。お家にいながら話題のラングドシャアイスが食べられるなんて嬉しいですね。

4.ラングドシャコーンアレンジ各種:もみの木 農家のソフトクリーム屋さん

1.住所:山口県山口市佐山786
2.電話番号:090-3632-7476
3.営業時間:10:00 – 17:00
4.定休日:水曜日
5.ホームページ:なし

ベースのソフトクリームは日生のクレミアですが、そこに各種トッピングを加えて味のバリエーションをつけて販売しているのが、もみの木 農家のソフトクリーム屋さんです。

トッピングは、人気の高いキャラメルソースや抹茶粉末、パリパリチョコやカラフルなパチパチキャンディと豊富だから、何度も買って色々試してみたくなりますね。

お値段は550円からとなっています。

5.カンパネラアイス

1.住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 大丸東京店 4階
2.電話番号:0120-883-410
3.営業時間:10:00~21:00 ( 土日祝 20:00 )
4.定休日:大丸の定休日に準じる
5.ホームページ:https://tokyo-campanella.com/

東京のお土産として美味しいラングドシャクッキーに独自のチョコクリームをサンドした「東京カンパネラ」が好評なカンパネラのカフェがあります。そこで東京カンパネラにアイスをサンドしたカンパネラアイスを食べることができます。

お味はショコラ、プレーン、抹茶の3つのフレーバーが用意されていて、デパートの買い物客のリラックスタイムのお供としてゆっくりとお店でいただくことができます。

6.イシヤプレミアムアイス ホワイトチョコ&ラングドシャ

1.メーカー:イシヤ
2.発売日:-
3.値段:324円

イシヤといえば、白い恋人で有名な製菓メーカーです。ホワイトチョコがラングドシャクッキーに抜群のバランスでサンドされた白い恋人は、知らない人はいないくらい有名な北海道のお土産菓子ですね。

その白い恋人のホワイトチョコとラングドシャクッキーを、イシヤ自らアイスクリームにしてしまったのがイシヤプレミアムアイス ホワイトチョコ&ラングドシャです。

アイスの中にラングドシャが練り込まれているので、見た目は「どこにラングドシャが?」と思うのですが、食べてみると白い恋人のあのお味が口いっぱいに広がります。

イシヤオンラインショップでいつでも購入可能です。

公式オンラインショップはこちらから

7.ホルンミルクショコラ

1.メーカー:明治製菓
2.発売日:-
3.値段:216円

コンビニでも買えるラングドシャクッキーを使ったアイスといえば、明治製菓のホルンがあります。定番商品としてショコラ味とストロベリー味の8本セットが常時購入可能です。

季節限定でミルクティー味などが販売されていますので、コンビニのアイスコーナーも時々覗いてみるとよさそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

食感にハマる人続出。ラングドシャだけを味わいたいならこちらの商品もおすすめ!

faa9c3fcf153adcdff39490f2fecf038_s

1.宇治抹茶ラングドシャ 葉ごろも

1.メーカー:伊藤久右衛門
2.発売日:-
3.値段:1,350円(10枚セット)

フランス菓子のラングドシャを京都のお茶屋さんが作ると、大人の舌をもうならせる和仏コラボ菓子になりました。甘すぎないホワイトチョコと抹茶の相性が抜群です。

2.東京ばなな アイとサチ

1.メーカー:東京ばなな
2.発売日:-
3.値段:597円~

羽田空港で1日6000箱を売り上げたという伝説のラングドシャクッキーが、東京土産で有名な東京ばななが作った「アイとサチ」です。イメージ的には白い恋人の東京ばなな版という感じなのですが、中のホワイトチョコがバナナミルクシェイク味ということで東京ばななのオリジナル感をかもしだしています。

3.ゴディバ ショコラロールクッキー

1.メーカー:GODIVA
2.発売日:9月27日~2018年1月4日
3.値段:918円~

GODIVAといえばチョコレートという人もいるでしょうが、GODIVAのクッキーは種類も多く、ラングドシャに色々なクリームをサンドしたりクッキー自体にも中のクリームにあったトッピングがされていたりとこだわりを感じます。

限定商品のショコラロールクッキーは、くるくると巻いた薄焼きラングドシャをGODIVAご自慢の濃厚なチョコレートでコートしてあります。GODIVAの洋菓子の集大成のような美味しさです。

まとめ

ラングドシャクッキーのおいしさとソフトクリームやアイスクリームはベストマッチです。最近話題のラングドシャコーンのソフトクリームは、日生だけではありませんでした。

様々なお店や菓子メーカーが冷菓とラングドシャクッキーのコラボに目をつけて商品化していたんですね。中には、よく見かけていたのにうっかり見落としていたようなアイスもありました。

限られたお店でしか買えないグルメもありましたが、おうちでもラングドシャ+アイスのお菓子を召し上がってみてはいかがでしょうか。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -