離婚を回避するためにできること7選! 幸せになるための方法は無数にある?

11492364836_e7f5727f5f_z
この記事は2015年11月20日の記事を再編集したものです。

夫から切り出される突然かつ一方的な”別れの意思”。ある日、当たり前に籍を入れていた2人が、赤の他人に戻ってしまうことがあります。女性にとって、経済的にも精神的にも、ショックの大きい離婚。大好きな彼(ご主人)と離婚せずに、一生を添い遂げるために妻のあなたが、今からにでもできることとは?

スポンサーリンク

ある日、突然訪れるかもしれない! 主人からの離婚の申し出

5493261334_c8f24bc919_z
Photo By Guian Bolisay

ワイドショーで起きていることは他人事ではない!

ワイドショーで度々目にする芸能人カップルの離婚話。やれゲス不倫だ、やれ熟年離婚だと話題に事欠きません。特に最近は、『週間●春』をはじめとする週刊誌の活躍(活躍と表現してよいものかという意見はありますが)もあり、芸能人カップルの離婚は増えているような気がします。

「ひっついたり離れたり、お盛んなことねー」と他人事のように見ている皆さん。はて……本当に他人事でしょうか? あなたがご主人と離婚することは本当にないと言いきれるでしょうか?

結婚した人の3割は離婚しているという事実

昨年、2016年に厚生労働省によって発表された「人口動態統計の年間推計」によると、当年に結婚したカップルの数は635,156組とされています。そして、逆に離婚したカップルの数は226,215組と見られています。

あくまで厚生労働省が発表した一資料に過ぎず、かつその年に結婚したカップルと離婚したカップルは同一ではない、という前提はありますが、約35.6%は離婚している計算になります。10組カップルがいれば、3~4組は離婚に至るということなんです。

離婚で幸せになることもあるけど。でも、冷静に現実をみて判断を

筆者は決して”離婚するべからず”という考えをもっているわけではありません。離婚によって、より自由なより自分らしい人生が切り開くことは往々にしてあります。でも、離婚という決断にいたる前に、もう一度、冷静に現実を考えてください。もし「離婚すべきだ」と断言できないのであれば、離婚を回避する方法を考えるべき。では、どのようなコミュニケーションをとれば、離婚を回避することができるのでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

望まぬ離婚を食い止めろ! 回避するために効果的な7つの対応

f4e70f60cb06ae233278006607aa9694
Photo By potential past

1、まずは、離婚を切り出した本質的な原因を突き詰める!

「離婚を切り出す」ことには、必ず原因があります。まず、夫はなぜ離婚話を切り出してきたのか?をじっくりと考えるところからスタートしましょう。

このとき、深く「なぜ(WHY?」を自問自答してみてください。1度だけではなく少なくとも3回は「なぜ?」と問うことが重要です。そうしているうちに「これが原因ではないか?」という仮説が見えてくるでしょう。この仮説がすごく重要ですので、ここは立ち止まって深く考えてみてください。

2、夫のサインを見逃すな! 必ず原因のヒントは散らばっている

離婚話の原因を考えるうえで気にかけて欲しいのは、夫の行動や仕草に目を向けるということ。結婚当初の幸せの絶頂期と比べて、今の状態になるまでに何か分岐点があったはず。「生活のリズムが今までと変わった」「服装や髪型が変わった」「口調や言葉のチョイスが変わった」など……。見逃しているだけで、離婚話にいたるまで多くのサインを旦那さんは出しているでしょう。観察力・洞察力を高めて、そのサインをくみとってください。

3、穏やかに耳を傾ける! 夫婦でも効果的な「傾聴」スキル

皆さんはコーチングという言葉を聞いたことはありますか。コーチングとは、コミュニケーションによって、個人の自己実現をサポートする技術のこと。そのなかに「傾聴」というスキルがあります。傾聴とは、相手の言葉に注意深くすまし、その真意をつかむこと。

相手から話を聞き出すとき重要なのが“否定せず穏やかに話を聞く”という姿勢。夫婦間の話は、つい口を挟みたくなることもあるでしょうが、そこはグッと我慢。穏やかな気持ちで「傾聴」することで、思わぬ本音を引き出すことができるかもしれません。

4、嘘でもいいから、夫への感謝の言葉を伝える!

夫婦仲が冷めきってしまえば、どうしても相手の嫌な部分のみが見えてくるもの。でも、こういうときこそ、相手の良い部分を見つめるようにしましょう。もし、仮に見つからなかったとしたら、嘘でもいいです。とにかく「あなたのことを感謝しているよ!」という気持ちを言葉で伝えましょう。

できる限り、嘘であることが悟られぬように……。例え気持ちがついてきていなかったとしても、繰り返されることで嬉しくなるのが人の心情。まずは言葉を伝えるところからはじめましょう。

5、自分の家事(掃除・洗濯・料理)を見直してみる!

「男の心は胃袋で掴む」と言われているように、料理は夫の気持ちを掴むのにとても重要。それは、料理だけでなく掃除・洗濯などの家事全般を通していえるでしょう。家事を頑張れ! なんて、女性の社会進出が進む昨今の流れに反しているのでは?という意見もあるかと思いますが、なんやかんやで家事ができる女性がそばにいることは嬉しいのが男の本音です。ぜひ、もう一度、自分の家事を見直してみてください。

6、夫婦の間に子どもを入れて、場を和ます!

夫婦間で喧嘩や会話がないのであれば、その間を子どもで埋めてみてはいかがでしょうか。お子さんがいる夫婦のみではありますが、やはり子どもは天使。子どもも含む家族で休日に出かけて、一緒の時間を過ごせば、気づいたら2人も会話し、夫婦仲はまた暖かくなっている……みたいなことも。来週の週末は、家族全員で出かけてみてはいかが?

7、一度頭を冷やすために別居生活をしてみる!

離婚話を持ち掛けられたら、一度、別居生活をしてプチ離婚を経験してみるのもいいかもしれません。夫に一人での生活を送ってもらうことで、思わぬ妻の存在の大切さに気づいてくれるかも。「手料理が出てこない」「洗濯も自分でしないといけない」……。実は妻が支えてくれていた! と数日後には泣きついてくる、なんてこともあるかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

もう一度ラブラブな関係に! 幸せな結婚生活に戻る秘訣7選

316476185_ce809c1e5c_z
Photo By mrhayata

1、お互いに素直で正直な関係であり続ける!

人は何よりも素直であることが一番。あなたは夫に対して素直ですか? いきなり、お互いが素直になることは難しいと思いますので、まずはあなたから素直なコミュニケーションを心がけるようにしましょう。そうすれば、次第に2人の間で絡まった糸もほどけてくるはずです!

2、上手に夫婦喧嘩することを覚える

夫婦として一緒に生活をしていると、どうしても気にさわることはあるはず。そんな時は、上手に喧嘩して、膿を吐き出すことを覚えましょう。「喧嘩」というと、少し強い言葉に聞こえますが、ここでの意味は「自分の意見を相手にぶつける」ということ。思っていることはため込まずに、適度に吐き出す習慣を身につけることです。

3、ほんのちょっとの”プチ感謝”を馬鹿にしない!

夫婦生活で出会う”ちょっとした「ありがとう」の気持ち”。あなたは、それを言葉にして夫に伝えていますか? 例えば、「洗濯物をたたんでくれたとき」「重い荷物を持ってくれたとき」。それが当たり前になって、言葉にすることがないのであれば、それは間違い。2人が出会った頃を思い出せばそうであるように、”ちょっとしたプチ感謝”を口に出していたはず。ぜひ、これからは、どんなに些細なことでも「ありがとう!」と声に出すようにしてください。

4、定期的に本音をぶつけ合う夫婦会議をスケジュールに入れる!

2人の考えがズレてきているのに、それを放置してきたから溝は深まっていくのです。ですから、仕事のように2人の会議をスケジュールに入れて、常に課題意識を共有するようにしましょう。その場で、冷静に話を交わせば、だんだんと問題の原因がクリアになって、感情ではなく純粋に解決に気持ちは向かうはず。ぜひ、一度トライしてみてください。

5、男にとってプライドは重要! 夫をたてる妻になろう

男という生き物は、どこかプライドを保ちたいと思っている生き物。ですので、少し過剰なくらい「すごいね~」とか「頼りになる~」と伝えるようにしましょう。自尊心を満たしてくれる女性のことを、男性は大切にしたい、と思うのも事実。ぜひ、意識してコミュニケーションをとるようにしてくださいね。

6、セックスで本当に満足させられているか、見直してみる!

今、旦那さんは女性としてあなたのことを魅力的に思っているでしょうか? この質問にYESと即答できないのであれば、女性としての努力が少し足りないかも。セックスは夫婦にとってとっても重要なことだから、もう一度、夫に女性として魅力的に感じてもらえるように、フェロモン全開でアプローチしてみてはいかがでしょうか。

7、モテる男は浮気するもの! と割り切って、浮気を容認する

最後のテーマは少し過激……というか、女性の皆さんからすると少し厳しいお話しかもしれません。旦那さんがもし魅力的なモテ男であれば、他の女性から求められることもしばしばあることと思います。

そんなときは敢えて「たまには羽を伸ばしておいで」と声をかけてみてください。夫は「えっ」と驚くことでしょう。でも最後に「だけど、最後には私のとこに戻ってきてね」と必ず付け加えてください。男はこんなどっしりと構えた女性を、最後には見捨てることができないもの。たとえ、少々ハメを外しても必ずあなたの元に戻ってくることと思いますよ。(女性として納得できないでしょうが……笑)

まとめ

ここまで筆者が思う、夫から離婚話を切り出されたときの回避法を説明してきました。まずとるべき対応方法や、回避するための方法の数はさほど多くはないですが、どれも重要なポイントだと筆者は感じています。ですが、実際に離婚を回避する方法はカップルによって様々。部屋をキレイにしてみた、笑顔を多くすることを意識してみたのような些細な改善でも、夫婦関係が良くなって、離婚を回避できた……なんてこともあると思います。

ただし、絶対的に大切なことは”相手への理解なくして問題の解決はない”ということです。表面的なアプローチで一時は解決に至ったとしても、相手への理解の気持ちをなくしたら、また夫婦離婚の危機は訪れることでしょう。いつ、なんどきも夫への理解を忘れず、いつまでも素敵な夫婦関係でい続けたいものですね。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -