【再婚希望者必見】年の差があっても上手くいく?

昔に比べて年の差婚をしている人がどんどん増えてきました。実際、年の差婚は上手く行くものなのでしょうか?ましてや年の差婚で、しかも再婚だったら?

不安に思う人もいるかもしれませんが、年の差婚には意外とメリットが多いんですよ♡

そこで今回は、年の差婚って上手くいくものなのか、そして年の差がある相手と再婚したい場合に知っておきたいコツをご紹介していきます♪

スポンサーリンク

年の差婚って上手くいくものなの?

周りの目を気にしなければ◎

どうしても年の差があると、一緒に歩いていても兄弟や親子に間違われてしまうことがあります。また、子連れ再婚の場合、祖父母に間違われてしまうことも。
周りの目が気になってしまうと、一緒に歩いたり出かけるのが嫌になってしまって上手く行かない場合もあります。

でも、周りの目を気にせずに一緒にいることが楽しい・幸せと思って堂々とできるのであれば何も問題はありません!最初は気になるかもしれませんが、付き合っていくうちにだんだん周りの目が気にならなくなればOKです。

ただし子連れ再婚の場合は、本人同士が良くても子供が気にする場合があるのでそこはフォローしてあげてくださいね。

ジェネレーションギャップは埋まらないかも

年の差があれば、子供のころに流行った遊びや青春時代に聴いていた音楽など、ジェネレーションギャップはどうしても起きてしまいます。また、相手が若いとマナーが気になったり、逆に相手が年上だと自分のマナーを指摘されたりするかもしれません。

ですが、無理にジェネレーションギャップを埋める必要はなく、お互いに共通の趣味や話題があれば仲良く過ごすことができます◎分かり合えない部分を無理に理解しようとするのではなく、そこはいったん置いておいて2人の共通の部分を大切にしていけば大丈夫です☆

逆にジェネレーションギャップがどうしても気になってしまう人は、年の差婚には向いていないかもしれません。

張り合って喧嘩になりにくいのが大きなメリット♡

年の差があると、相手と戦おうとか、張り合おうという気持ちにはなりにくいですよね。 相手が年上であれば温かい目であなたを見てくれますし、逆に年下であればあなたが相手を温かい目で見守る余裕が生まれます

なので、相手に負けたくない!という競争心も生まれにくいですし、少しイラっとすることがあっても温かい目で見守る余裕があるので喧嘩になりにくいです。

そのため、再婚しても穏やかな家庭が築けますし、喧嘩が少ない家庭になるので子供にも良い影響を与えることができます。

考え方の違いを楽しめる人は上手く行く!

どうしても、同世代に比べて年の差があると考え方の違いも多くなってきます。そんな価値観の違いを受け入れることができて、さらに楽しい!と感じることが出来る人は、年の差婚に向いている人です!

自分の考えしか受け入れたくない、と言って相手の意見をシャットダウンするのではなく、相手の話に耳を傾けて「そんな考え方もあるんだ!」と興味を持てると◎です。

自分と違う考え方を聞くと、良い刺激にもなりますし、意外と相手の考え方の方が良いと思えて自分の価値観を変えるキッカケにもなりますよ!

子連れ再婚の場合、1つの価値観の中での子育てよりも、いろんな価値観の中で子育てをする方が子供にも良い影響を与えてくれるはずです。

一緒に生活していれば意外と大丈夫!

価値観の違いやジェネレーションギャップなど、年の差があることで2人の間に生まれやすいギャップはたくさんありますが、一緒に生活をしていけば意外と上手く行くものです。

大事なのは年齢の差ではなく、共通の趣味があるか・好きなモノや嫌いなモノが似ているか、というように共通点があるかどうかです。これは年の差婚にかかわらず、同世代での結婚でも同じことですよね。

一緒に生活していれば、趣味や好み・考え方もだんだん近づいてくるので意外と上手く行く!と言う人が多いようです。

スポンサーリンク

年の差のある相手と再婚するコツ【男性が年下の場合】

年下であっても「大黒柱」であることを忘れないで!

つい相手が年下だと、「私がしっかりしなくちゃ」「彼をフォローしてあげなくちゃ」と気合が入ってしまうと思います。

でも、年下男性にも「男のプライド」があることを忘れてはいけません!一家の大黒柱として、頼るところはきちんと彼に頼ることが大切です☆あまりにあなたがしっかりしすぎると、「俺って必要ないのかも……」と気にして自信を無くしてしまい、関係が上手く行かなくなる恐れがあります。

年下だからといって、自分が相手の男性を守ったりフォローしようとするのではなく、年の差があっても夫婦はお互いに平等であることを忘れないでくださいね。相手を尊敬する気持ちを持って、お互いに自立した関係を築く努力をしましょう☆

心配でも束縛しすぎはNG!

年下男性が相手だと、今は自分のことを「かわいい・キレイ」と言ってくれているけど数年後にはもっと若い女性が良くなるのでは……?と不安になってしまう気持ちもわかります。

でも、心配しすぎて束縛してしまったり、しつこく「浮気しないでね」と言ってしまうと相手の男性もうんざりしてしまって、嫌気が差してしまいます。

あなた自身が、何か1つでも自分に自信が持てることを身に付けると、自然と不安な気持ちが落ち着いてきますよ!例えば、料理を頑張ったり、仕事を頑張ったり……相手の男性に好かれることだけに集中するのではなく、自分の世界も大切にしましょう!

そうすると、自然と自分を魅力的に輝かせることができて、年下男性もそんなあなたとずっと一緒にいたいという気持ちになります☆

スキンシップを大切にして!

特に子連れ再婚だったり、結婚後に子供が生まれると、どうしても子供が一番で旦那さんのことをないがしろにしてしまう人も多いかと思います。でも特に年下男性は、甘えん坊だったり、自分のことを構ってほしいと思っている人が多いです。

なので、旦那さんとのスキンシップを怠ってしまい、子供にばかり集中していると旦那さんは寂しくなって関係が上手く行かなくなってしまう危険性もあります。

もちろん子供のことを第一に考えるのが◎ですが、旦那さんのことも忘れずにきちんとコミュニケーションを取ったり、2人の時間を定期的に取る努力をしてくださいね♡

スポンサーリンク

年の差のある相手と再婚するコツ【男性が年上の場合】

年上だからといっては大人ではない!

年上の男性には、包容力や大人っぽさを求めてしまいがちですよね。でも実は、一般的に女性よりも男性の方が精神年齢が低いケースが多いんです。なので、年上の男性であっても意外としっかりしていなかったり、抜けている部分があります。

相手が年上だからといって、あまり期待しすぎると、子供っぽい面が出てきたときに気になってイライラしてしまうことも……。年上だから大人だろう、と決めつけずに、相手に色々求めすぎないようにするのが年上男性と再婚するコツです!

もちろん、頼りになる部分はしっかり頼って◎です。年上男性は、相手の女性を守ってあげたい!と思っている人や、頼りにされると嬉しい人が多いので、頼るべきところは頼りましょう♪

相手に支配されないように気を付けて

年上男性だと、どうしても主導権を握ったり、あなたを指導したりしようとするかもしれません。

多少、相手の男性に頼ったり主導権を握ってもらうのは、男性のプライドを保つためにも◎ですが、いきすぎると相手の男性にあなたが支配されてしまって結婚生活が息苦しいものになります。

命令口調だったり、威張ったような態度を取るような年上男性は要注意です。また、あなたに対して子供扱いしてきたり、言い聞かせるような言い方をしてくる場合も注意が必要です。 子連れ再婚の場合、あなただけでなく子供にまで横柄な態度を取って悪影響を及ぼす可能性があります。

いくら年上男性であっても、夫婦はお互いに自立した存在であり平等であるべきです。年上男性と付き合う際には、そのことを忘れずにお互いを尊重し合えるような関係を構築していってくださいね。

老後のことは念頭に置いておくべき!

相手の男性が年上ということは、もちろん定年退職もあなたより早い時期になります。 その場合、あなたが夫を経済的に支える必要がありますし、年金も自分で支払わなくてはいけません。また、自分より早く退職して家にいる夫にイライラしてしまうこともあるかもしれません。

どのくらい年の差があるかにもよりますが、同世代と結婚した場合に比べて義両親の介護も早い時期にやってくるでしょう。さらに義両親の介護が終わったと思ったら、次は夫の介護……なんていうこともありえます。周りの人よりも介護生活が長くなり、うんざりしてしまうかもしれません。子連れ再婚の場合は、自分の子供にもその影響が及ぶ可能性を考えておいたほうがよいでしょう。

また、自分はまだ若いのにどんどん老いていく夫に、男性としての魅力を感じなくなってしまう危険性もあります。同世代であれば一緒に年を取ることができますが、年の差婚だと夫が先に年を取ってしまいます。シワが増えて髪が薄くなり、加齢臭が出てきた旦那さんをきちんと愛し続ける覚悟が必要です。

老後のことを念頭に置いて、それでも一緒にいたい!と自信を持って言えるなら、きっと年の差婚は上手く行くはずです☆

まとめ

年の差婚は上手く行くものなのか、年の差で再婚する場合に知っておきたいコツについてご紹介してきました。

年の差婚には、意外とメリットが多く安定した結婚生活になる場合が多いので、再婚を考えている人は一度年の差がある男性も再婚相手の候補として考えてみることをオススメします♡

ただし、年の差があるからと言って気にしすぎたり、相手に期待しすぎるのはNGです。年の差があっても夫婦はお互いに平等な立場であることを忘れなければ、きっと上手く行きます♪

続きを読む

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -