【セルフネイル】夏向けのカラーやデザインは?涼しげな彩りで季節感を演出しよう!

セルフネイルが好きな方なら、たくさんのデザインをできる範囲でチャレンジしてこられたかと思います。そしてオシャレな方なら季節に合わせたカラーをチョイスしたりもしているでしょう。でしたら、カラーだけじゃなくデザインも季節感を取り入れるのはいかがですか?

季節に合ったファッションをするなら、トータルコーディネートとしてネイルも組み合わせるとオシャレなだけでなく、気持ちも楽しくなりますよね。季節感ネイル、特に夏向きのデザインを今からたっぷりご紹介していきますね!

スポンサーリンク

実はメリットがいっぱい◎セルフネイルの魅力とは?

IMG_3956

自分の都合だけでオーケー!予約も予定の確認もいらない!

働く女性、学生さん、お母さんと立場は違えどやはり女性は何かと忙しいですよね。「ネイルがしたい!」と思ってもお気に入りのサロンが無かったり、あってもうまく予約と予定が合わなかったり…。

セルフネイルのメリットは自分の空き時間で出来る事です。サロンに行くとなると最低でも前日までには予約が必要ですし、移動時間と待ち時間、施術時間、またお会計にも多少の時間がかかるもの。

1つ1つは大した事は無くても全て合わさると出発から帰宅まで数時間になりますよね。セルフネイルなら急に空いた時間や、家でちょっとヒマだな、と言う程度の時間で十分なので忙しいあなたにぴったりです!

お給料日前でも気にしない!お金がかからない!

当然ですが、サロンでプロにお願いするとお金がかかります。凝ったデザインやアートやストーンならその分予算が上がりますよね。

お給料日前や先月のカードの買い物を思い出したりして断念する方も多いのではないでしょうか?セルフネイルならマニュキアがあればお金はかかりません。プロじゃないと出来ないようなデザインでなければ自分で塗る方がお財布に優しいです。

ギャルのようなスカルプで長さをめいっぱい出したストーン盛り盛りネイルや、全部の爪に複雑なアートをしたい訳でなければ、うまく道具を使ったりネイルカラーを工夫するだけで十分オシャレなネイルが自分で出来ますよ。

爪が弱くてもネイルしたい!ならセルフネイルしかない!

また、サロンでのネイルはジェルネイルが主流ですので、自爪の状態によっては施術を断られてしまうこともあります。ヤスリがけを繰り返すと爪は薄くなってしまいます。

また、ジェルネイル自体が爪を痛める訳ではないのですが、元々の爪が薄かったり、マニュキアにしてもジェルネイルにしても、剥がれてきたり浮いてきたものを無理矢理剥がしてしまうなどの間違ったオフの仕方をしていたりするとダメージが蓄積してしまいます。

簡単に判別する方法としては、ジェルネイルでネイル液を爪に乗せると冷たく沁みたり、硬化中に熱さや痛みを感じるなら爪が薄くなっていたり弱くなっている可能性が高いのでジェルネイルは少し休んだ方が良いでしょう。

それ以外にも、地爪にツヤが無くなっていたり、押してみると弾力が無かったり痛みがあれば爪にダメージがあるサインです。

そんな時はセルフネイルでマニュキアをした方が硬化のために熱を加える事もないですし、何よりコーティングが薄い分、爪の状態の変化にすぐ気付いて対処できますのでおススメです。

もちろん、オフする時は除光液を使ってくださいね。サロンにオフしに行くより手軽でお金もかかりませんよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

指先にも季節感をあしらって。夏のセルフネイルにおすすめのデザイン7選!

IMG_5258

クリアカラーの軽さが夏らしくて清々しい

なんといっても夏向きなのはクリアカラーです!透明感がありつつ色のバリエーションが豊富なので好みのカラーや、爪により色を変えるコーディネートネイルでも爽やかに仕上がります。

より夏らしい季節感を出すにはパッションフルーツのようなオレンジやイエロー、ビビットなピンクや鮮やかなグリーンなどのトロピカルカラーでクリアなものを選べば指先から夏を満喫できる軽やかな清々しいネイルの出来上がりです。

もちろん、コーディネートネイルも可愛く重たくならずに出来るので、センスに自信がなくても大丈夫です。不安であれば2~3色に留めておくと統一感が出ますよ。アクセントになる差し色として、反対色や補色を入れても可愛いです。

これはネイルと少し話が離れますが、知っておくとファッションやメイク、インテリアにも使える知識なので簡単に反対色や補色についてもご紹介しておきますね。

反対色とは正確には対立色相と呼び、クリスマスツリーのような赤と緑や、赤と青、黄色と青、黄色と紫などの組み合わせで、グラデーションにした時に遠い位置にある色複数の事です。目を惹く組み合わせと考えると分かりやすいですね。

対して補色は、反対色の中に存在する一色だけを指します。反対色と補色には決定的な違いがあり、簡単に言うとお互いの存在感を引き立て合うカラー同士の事です。

サンセットのようなオレンジと青の組み合わせは美しく、よく写真などにも撮られるほど代表的な補色同士です。他には赤と青緑や、黄色と紫なども補色です。

使い分けは鮮やかに目を惹く華やかさ重視なら反対色でどちらかを多くする事。同じ割合で使うと派手すぎたり調和していない印象を与えてしまいます。

補色なら同じ割合で使っても正反対の色なのに不思議と調和するので、目がチカチカしたり悪目立しないのです。この辺りを考慮するとバランス良くコーディネート出来ますよ。

強めパッションフルーツカラーならグッと季節感が

そしてクリアカラーだけでなく、ビビットなパッションフルーツカラーも夏ならではの存在感です。クリアな色の時は優しい印象と軽やかさが清々しいですが、ファッションやメイク、ヘアカラーを華やかにする方が好みならビビットカラーの方がトータルコーディネートがしっくり来ます。

トロピカルオレンジや透明感のないビビットイエローなどのこっくりした存在感のあるカラーは明るい髪色によく合いますよ!

また、マニュキアは優しいクリアカラーで軽やかにまとめ、ペディキュアは透明感のない鮮やかなカラーでまとめて足元で遊ぶカラーコーディネートもオシャレです。

日差しに負けないキラキラグリッターラメが映えるのは夏ならでは

なんとなくストーン盛り盛りネイルは冬のイメージがありませんか?ダークカラーが増えたり露出が減る秋冬はストーンやパールを使いたくなるからかも知れません。

だけど夏でもキラキラしたい!そんな時はグリッターラメのネイルなら季節感があるキラキラネイルが出来ます。大きなラメのグリッターネイルは、さまざまな色や形のラメがたっぷり入っていますので、種類がとても豊富です。

可愛いハートや星型のホログラムが入ったものもありますので、きっと好みにピッタリのものが見つかりますよ!

クリアカラー×花柄ならさりげなくオシャレに

そしてクリアカラーに花柄なんてネイルも涼しげで可愛いですよね。花柄が描けなくても可愛いネイルシールがたくさんあるので貼るだけで出来るのが嬉しいところです。

ビビットカラーに花柄も可愛いのですが、ネイルの色やシールの発色に気をつけないと花柄のネイルシールにネイルの色が透けてしまい、花柄が目立たなくなってしまいます。

透けなくても重い印象になって夏らしさが薄れてしまう事もあるのでまずはクリアカラーからチャレンジしてみましょう。ここでも色選びの際に先ほどの反対色や補色を知っていると役に立ちますよ!

マリンカラーでグッと夏らしく楽しもう

やっぱり夏ならではのカラー、マリンカラーも使いたくなりますよね。白と青系の組み合わせが王道マリンカラーですが、赤と白も目を惹きます。

白×青は、涼しげな青なら同量で大丈夫ですが、紺色よりなら白を多めにしないと少し重くなり寒い季節の印象になります。白×赤なら白を多く配色すれば夏らしい印象です。

白を基調に差し色として、片手に2ヶ所前後だけ青や赤を配色すると爽やかなマリンカラーの出来上がりです。

ブルー系ストライプやボーダーは夏っぽさ全開!

マリンカラーの王道デザインと言えばボーダーやストライプですよね。先ほどご説明したように青が爽やかな色なら同じ幅でも夏らしい季節感が出ます。

少しシックにしたい時には暗めのトーンの青も素敵ですが、夏らしい季節感を壊さず冬っぽくならないよう白を多く配色するか、白を太めのラインにするなど工夫が必要です。

ですが、それさえ気をつければ夏らしさ全開のマリンカラーで作ったストライプやボーダーは爽やかで季節感溢れるネイルに仕上がります!

ビビッドカラーのドット柄も可愛くて季節感あり

そして、ビビットカラーを使ってドット柄なんてのも可愛いですよね。ベースもドット柄もビビットにするのも可愛いですが、より季節感を出すためにベースをクリアカラーにして、ビビッドカラーを乗せるのも可愛いです。

クリアカラーをベースにする場合は様々な色でドット柄をつけるのもカラフルでポップな印象になります。また、ベースもドット柄も両方をビビッドカラー同士で組み合わせる場合は、前述の反対色や補色を考慮すると仕上げたいイメージに仕上げられますよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自慢できるセルフネイルにしよう!上手く仕上げるポイントやアイテムは?

a0001_012520_m

クリアカラーは思い切ってサッと塗りが上手くいく?

クリアカラーはみずみずしい伸びなので、時間をかけて慎重にするよりもサッと塗ってしまった方が綺麗に馴染みますし、余計な力が入るとガタついてしまうので、躊躇なくサッと塗りあげてしまいましょう!

失敗した時にはグリッターラメを重ねてカバー

もし失敗してしまった場合は、グリッターラメのネイルをトップコートがわりに塗るとムラやガタつき、ヨレを大粒のラメやホログラムが隠してくれます。

持ちを良くしたいならその上からトップコートを塗るとラメの剥がれを抑えられます。また、重ね塗りのコツはネイルが乾いてから次のネイルを塗るようにしましょう。なので、全てのネイルを薄づきにした方が乾きが早いです。

重ね塗りが面倒だからと時短のつもりでたっぷりネイルを塗ると乾きが遅くなるので次のネイルを重ねても上手く行かなかったり筆に色が移ったりしますし更に乾きが遅くなってしまいます。

柄物ネイルシールやネイルラインテープを使えば失敗知らず

花柄ネイルでご紹介したように、ネイルシールを使うと自分で描けないデザインが左右全ての指に出来るので非常におすすめです。

他にもドット柄のシールやリボンの装飾などがあります。また、ネイルラインテープはボーダーやストライプ、フレンチネイルや花びらの形にくり抜いてあるのでそれらを使って綺麗なラインをネイルで引くことが出来るようになっています。誰でも簡単に失敗せずに出来ますよ!

まとめ

どうですか?難しいデザインは出来ないと思ってしまいがちなセルフネイルが少し身近に、チャレンジしやすいものに思えてはきませんか?

もちろん、最初はプロにお願いするより仕上がりに満足しにくいかも知れませんが、回数をこなしたり、道具を上手に使えばセルフとは思えない仕上がりにする事が出来ます。

やればやっただけ上達しますし、何より「出来た!」という達成感は楽しいものです。お金も時間もサロンに行くよりかからないのでやってみて損はありませんよ。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -