【セルフネイル】デザインも自分好みに?サロンへ行かなくてもオシャレな指先にしよう

皆さんはセルフネイルをされますか?サロンでプロにネイルしてもらいますか?セルフネイルをしない方からすると、敷居が高いように感じるかも知れませんがセルフネイルは意外と簡単に出来るのです。

「昔失敗ばっかりだったから上手くできないのは分かっている」「不器用だから単色塗りしかできない」と思っているなら勿体ないです!

ほんの少しのコツや工夫で「これセルフネイルなの?」と思える仕上がりのネイルが出来ます。また、セルフネイルがそもそも何を指すのかよく分からないと言う人も居るかと思いますので、今からご説明しますね。

スポンサーリンク

もうサロン通いにはさようなら!セルフネイルの魅力やメリット

2a0780_000907_m

セルフネイルって何?簡単に出来るの?

セルフネイル、と聞くと難しく感じるかも知れませんが自分でマニュキアやペディキュアをするだけでも立派なセルフネイルです。

ストーンを付けたネイルやジェルネイルが流行り始める前は、ネイルサロンはプロに爪のケアをしてもらいマニュキアを塗ってもらっていましたよね。

そのマニュキアを塗る作業を自分でする、ただそれだけでもセルフネイルと呼びますので難しく考える必要はありません。

サロンを探さなくて良いからすぐ出来る!

そして何より、サロン選びの手間がかかりません。ご用達サロンがあったり、信頼できる担当さんが居るのならそのサロンに通うでしょう。

しかし、そこにたどり着くまでにネイルサロンジプシーのように彷徨ったり、クーポンサイトで場所と予算とデザインの傾向を一生懸命に探し回ったはずです。

そして、なかなかお気に入りのサロンが見つからないとすれば、それには様々な理由があります。場所が少し通いにくい、予約がなかなか希望通りに通らない、担当さんとあまり話が弾まなかった、気を遣って疲れた、デザインが好みと違った、この仕上がりならもう少し安い所が良かった、などでしょう。

そして、大多数の人は毎回同じ所に行くのではなく、なんとなく「もっと良さそうな所ないかな」とまた別の所を探すので見つけるのに意外と手間も時間もかかるのです。ですが、自分でネイルするなら探す手間も時間もかかりません!

低コストな上に自分好みのデザインに出来る!

そして、やはりプロにやってもらうのでそれなりの値段がします。クーポンサイトなどで探しても安くても¥5,000から¥6,000ほど、アートをすると¥9,000から¥10,000超えとなります。

1色塗りなら格安で¥3,000前後の所もありますし、ネイルモデルもその位の値段でやってもらえますが、低コストが重要なら自分でやってしまった方がコストは抑えられます。

また、サロンは今やジェルネイルが主流なので今しているネイルのオフ代は別でまたお金がかかるので繰り返す毎に支払う事になります。

それに、希望デザインをあらかじめ決めておく持ち込みアートの場合、担当さんの技量によっては断られたり、値段が高くなってしまったりします。

また、初対面なので上手く意図したデザインが伝わらず「ちょっと違う…」とガッカリしてしまう事も。それにリーズナブルな所は大体見本があり、その中からデザインを選ぶ事になります。

それならば思い切って自分で思うようにやってしまった方が好みに近くなったりしますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

一工夫で凝った仕上がりに大変身◎セルフネイルのおすすめデザイン7選

10a0780_000429_m

まずは基本!1色塗りで統一感あるネイル!

セルフネイルをするならまずは基本の一色塗りから始めてみましょう。全ての指を同じ色で塗るのですが、色や質感、ネイルの透明感によってはムラが出たり、色の濃さが各指で変わってきてしまう為、ここでつまずいた事のある人はセルフネイルに苦手意識を持ってしまいます。

ですが、上手く塗るコツがあります。まずは真ん中に1回ネイルを縦に塗ります。その後に立て続けに左右も1回ずつ縦に塗ります。この時、躊躇なく思い切ってサッサと塗るのが上手くするコツです。

躊躇してしまい、ゆっくり塗ると、塗る速度が遅かった所や力が入った所だけネイルが多くついたり筆のラインが入ったりしてムラになってしまいます。

また、色もあまり透明感のあるものでなく少し濃いめの色にすると多少ムラになっても目立ちません。慣れてから透け感のある色にチャレンジすれば良いのです。

女性らしくて指先が綺麗に見えるフレンチネイル

そして王道の人気デザイン、フレンチネイル!透明やペール感のあるピンクを一色塗りし、つめ先の白い部分を余分に縁取り強調するようにホワイトに塗るこのデザインは女性らしい指先を作ります。

ものすごく難しいのでは?と思いますが、実は慣れたら意外と出来るデザインでもあります。やり方はホワイトを爪先の白い部分に沿うように爪の上側のサイドから中心の天辺に向けてサッと斜めにひと塗り。また反対のサイドから爪の中心の天辺に向けてサッとひと塗り。

これでベースのネイルの見え方が家の形のような五角形となったはずです。そして最後に頭頂部の角を無くすように優しく、気持ちカーブするように横向きにラインを重ねればフレンチネイルになります。

1色塗りに飽きたらグラデーションネイル

1色塗りに飽きたらグラデーションだってセルフネイルで出来ますよ!まずは同系色のネイルを3つ用意して下さい。出来れば透明感がある色やパールやラメがあるものが1番上手く出来ます。

まずは1番ナチュラルなカラーのネイルをサッと1色塗りします。そして、中間色を爪の真ん中辺りから上だけ塗ります。出来るなら上から下にサッと塗りおろした方がよりグラデーションらしくなります。

最後に1番強いカラーを上部3分の1ほど塗ります。もし境目がクッキリしてしまったなら透明か同系色のラメカラーを重ね塗りするか、最初のネイルを重ね塗りすればカバー出来ますよ。

マーブル模様やカモフラ柄も楽しもう

そしてハイレベルに感じるマーブル模様やカモフラ柄と呼ばれる迷彩柄です。カモフラ柄はピンクやオレンジで統一すれば男っぽさが消えるので人気があったりします。

マーブル模様もカモフラ柄も大体3色から4色で作ります。まずベースの色を塗り、他の色をポンポンとまだらになるべく同じ色が隣合わないように多めに水玉のように爪に落とします。

乾く前に爪楊枝でクルクルと円を描くように色が混じらない程度にかき混ぜます。この時にクルクルと円を描くようにすればマーブル模様、サイドに走らせるようにすればカモフラ柄になりますよ。

好きなストーンをワンポイント乗せでさり気なくキラリ

そして、やはりキラキラストーンは華やかになるので使いたくなりますよね。バランスが難しいと感じる人は、1つの爪にストーン1つを、まずは2ヶ所か3ヶ所から始めてみましょう。根元なら真ん中、爪先なら少しサイド寄りだとバランスが取りやすいです。

楽しくなって1つの爪にたくさん乗せたり全部の爪に付けたくなるかも知れませんが、最初は少しにしておいた方が良いです。落ち着いて指を見返した時に物足りない、と感じた所だけ足すようにすればアンバランスにならないですよ。

ゴージャスにキラキラストーン盛り盛りネイル

ストーンをバランスよく上手に乗せられるなら思い切ってゴージャスなネイルもやってみましょう!実はストーンはバランスもですが、乗せるのが意外と難しかったりします。

ですが、爪楊枝か竹串に少しネイルを付けてそこにストーンをひっつけてから爪に乗せればピンセットなどでチマチマ挟まなくてもスイスイ乗せられます

大きなストーンを最初に乗せる場所を決めておき、小さなストーンをバランス良く隙間を埋めるように乗せていけばゴージャスネイルの出来上がりです。

2ヶ所くらい違う色を使うコーディネートネイルもオシャレ

また、1色塗りを複数色使って行う事もできます。つまり、ポイントにしたい爪だけ違う色を使うのです。分かりやすく言えばメインの色を赤にして、差し色にゴールドやラメカラーを使う、という事です。

オシャレにバランス良く出来るのは、利き手でない方の手は人差し指と薬指だけゴールド、利き手は塗りにくいので中指だけゴールドであとは赤、などの配置にすると塗りやすい上にバランス良く差し色が入るのでオシャレです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

普段からのネイルケアは必須?セルフネイルを上手に塗るためのポイントとは?

7a0001_012520_m

ネイルするならまずは普段からの指先のケアが大事!

セルフネイルには何より重要な下準備があります。まずは自爪のケアです。栄養状態が悪いと爪に段が出来たり、割れて二枚爪になったりしてしまいますが、そうなるとキレイにネイルを塗りにくくなります。

また、マニュキアを除光液を使わず剥がしてしまったり、ジェルネイルを無理やり剥がしてしまうと凹凸が出来たり捲れたりしてしまうので厳禁です。

普段から爪を労わり、ネイルオイルなど栄養補給してケアしてあげて下さいね。

折れやすい爪、割れやすい爪にはベースコートとトップコート必須

また、もうすでに捲れたりして凹凸がある爪ならまずはベースコートで滑らかな土台を作ります。割れたり折れたりしやすいなら更に最後にトップコートを塗って下さい。

今はジェルネイル風のぷっくりした透明カラーがありますので、それを使うと尚良いです。

100均で揃う?お助けアイテムを上手に活用!

また、100均にはお助けアイテムがたくさん!除光液に爪楊枝や竹串、ストーンなどの他にもさまざまなアイテムがあります。お助けアイテムとしては乾くまでの間にマニュキアを保護する爪先クリップもあります。

早く乾かす速乾スプレーだって売っています。何より大手や大型店舗ならネイル自体も充実していますので、低コスト派さんなら嬉しい限りのラインナップです。

まとめ

このように、セルフネイルとは実は簡単に出来、さらに意外とメリットが多いと言う事とセルフネイルで出来るデザインも実はたくさんあると言う事をご紹介しましたがいかがでしたか?

昔上手く出来なかったのはもしかしたら自爪の状態が良くなかったり、塗り方が間違えていたからかも知れません。

今回ご紹介したコツやポイントでもしやっていなかった事、知らなかった事があったならぜひ取り入れてセルフネイルにチャレンジしてみて下さい。

また、1色塗りしかした事がなかったならご紹介したデザインもしてみてください。上手くいったらきっと楽しくなり、今以上にネイルが好きになれると思います!キレイな指先で毎日を楽しく過ごしてくださいね。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -