セックスレスが離婚の原因になってしまう理由とは?気になる解消方法も解説!

この記事は2015年9月25日の記事を再編集したものです。

セックスレス、それは夫婦生活の危機的状況と言えます。夫婦生活においては昨今、性の不一致という理由で離婚に至るケースが増えています。

夫の単身赴任や妻の出産などセックスレスに陥る原因は様々ですが、これは深刻な問題です。中にはセックスなしでも夫とはうまくやっているという方がいらっしゃいますが、はっきりと言います、あなたに愛情があるならセックスなしで夫が満足するわけがありません。

妻の前で「セックスが無くても大丈夫。」「セックス無しでも愛情に変わりはないよ。」そう言っていても、人間の三大欲求である性欲は捨てられるものではありません。風俗や不倫もセックスレスと無縁の問題では無く、根底では繋がっていると言えるでしょう。また、夫婦として過ごす上でもセックスレスはお互い精神状態の為にも良くない事ですから、思い切って解決していきませんか?

スポンサーリンク

日本の約半数の夫婦がセックスレス!?セックスレスの3つの原因

TAKEBE160224230I9A0524_TP_V

子供が出来てからセックスをしなくなった

子供が生まれたらセックスに興味がなくなったという女性は多いでしょう。これはホルモンのバランス上自然な現象なのだそうです。「パパ」と「ママ」になった証でもあるのですが、男性はそうはいきません。何度か夫から誘われて断ったりしませんでしたか?義務ではありませんし、子供のお世話や日々の家事で大変ですから、求められても夜のお誘いに応じられないこともあるでしょう。しかしこのままでは夫の気持ちは他所に向いてしまいます。




長く一緒に過ごすうち、性の対象として見られなくなってしまった

夫から「性の対象として見られなくなった」などと言われてショックを受けてはいませんか?それでも肉体的にではなく、夫と精神的に繋がっているから良いと考えているなら、その考えは捨てた方が良いです。夫の心はもう精神的にも繋がっていない可能性があります。もしかしたら、肉体的に別の女性に求めている可能性もありますよ。

そうなれば精神的な部分でも相手の女性に奪われるのは時間の問題。そんな危機感を持つべきです。自分の体を魅力的に見せるのはもちろん、夫の性的部分を刺激するようなアクションを起こしましょう。

夫にとって安らげる存在でなくなってしまう

夫婦として過ごす時間が増えるとどうしてもお互いの存在を当たり前に感じてしまい、何かお願いしたい時も、男性を立てながら自分の要求をお願いするのでなく、「どうしてやってくれないの!」など、文句になって男性を責めてしまう女性は少なくありません。

彼にもっと家事を手伝って欲しいとしたら、イラついていたり余裕が無い時には、「なんで何にもしないの?私ばっかりじゃない!」という口調になりがち。そんな風に攻め立てる人と過ごす時間、あなたは安らげますか?それが続けば彼はあなたに魅力を感じなくなり、抱きたいと思えなくなってしまいます。

改善策は、彼に何か言いたいことがあるなら、お願いする言い方にしてみましょう。たとえ上手くいかなくても怒って責めない事です。叶えてくれたり上手くいけばしっかり褒めて感謝することが大事です。子供のしつけと同じと捉えましょう。男性は言わなければ分からない、その言い方も、キツく言われたら反発するものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

たかがセックスレスと思ってない?セックスレスが離婚の原因になってしまう理由

ki3

スキンシップがなくなることで信頼、愛情が薄れていく

セックスレスに陥る夫婦には、スキンシップが少ない傾向があります。肌のふれあいはとても大切なもので、手を繋いだり、キスやハグをしたりと、ふれあう事で愛情を確認しています。しかし、スキンシップがなくなるとその確認が出来なくなってしまいます。

スキンシップのない状態が続くと、言葉以外で愛情を確かめ合う機会が消え、そのため「愛したい」「愛されたい」という人間の基本的な欲求が満たされなくなります。

しかも、言葉だけでは限界があります。いくら言葉で愛情を表現しても肌のふれあいに勝る愛情の実感はありません。愛してると言われても一切触れてこない相手の言葉を信頼できますか?信頼と愛情が薄れてしまえば、夫婦である事の意味を見失ってしまい、離婚を考え出す事は何も不思議ではありません。




愛情を確かめ合って満たされ合い、不満を解消する事ができなくなる

心と体はリンクしています。巷では男性は愛していなくてもセックスは出来ると言われていますが、少なくとも愛していなければ積極的に抱きたいとは思えないものです。セックスも含めたスキンシップやコミュニケーションでお互いの愛情を確かめ合い、お互いに信頼関係を築いていくのが夫婦です。しかし、自分に常に冷たい、キツい、そんな女性を抱きたいとは思えないでしょう。

そうなると、「何のために夫婦でいるのか」という問題を抱えてしまいます。その為、セックスレスから派生して愛情を確信できず信頼関係すら崩壊させてしまう危険があります。体が離れれば心も離れる。心が離れれば体も離れてしまいます。セックスレスで心身の距離ができれば「離婚」のふた文字が脳裏をよぎっても不思議はありません。

満たされない気持ちや欲求を他に求めてしまう

上記のように、愛情と信頼が薄れてしまい、セックスレスになると次は愛情と信頼を崩壊させてしまいます。そうなると、自分の気持ちや欲求を満たす為、また自分の心を保つ為に、妻以外の女性に求めてしまうのです。それが性的サービス店なのか、それとも身近な女性なのかは分かりませんが、妻からの愛情を感じられず、信頼関係も崩壊し、性欲も満たされないなら仕方がない事ではないでしょうか。

その結果、もし他の女性に本気になってしまったら?あなたの元へは帰ってこないでしょう。そうなると離婚は免れません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

楽しい夜を取り戻そう!3つのセックスレス解消法+α

PAK86_dakiyoseru215182313_TP_V

押しすぎは逆効果!女を磨き、追われる女になる!

男性の深層心理は狩猟本能です。「男はハンター」と聞いたことはありませんか?あまり女性側がガツガツと積極的になりすぎると、逆に男性側が萎えてしまう可能性があります。ですので、押してダメなら引いてみるのもよいでしょう。他の男性に口説かれる位のいい女を目指してください。

ただし、体は許してはいけません。体を許してしまえば、本当に離婚問題に発展します。ですが、自分の妻が自分以外の男に口説かれ、妻が自分にそっけなかったら夫として放っておくことができなくなります。外見も内面も「手放したくない」と思うほど綺麗になってやりましょう。




子供抜きで2人でデートしホテルへ行く

子供が出来てからセックスが減った、しなくなった場合の対策は、2人でデートに出かけた時にラブホテルに行ってみることです。家庭では子供がいて当たり前なのですが、普段と違う非現実的な世界を数時間でも楽しむことをお勧めします。

恋人同士の時間を思い出して手など繋いでみてください。ラブホテルに入った時は、服をゆっくり脱いでセクシーな下着を大胆に見せてみてください。2人の時間を楽しむことが大切です。

あなたから誘ったり、普段と違う雰囲気で攻めてみる

マンネリ化してしまうと、セックスが面倒になってしまいます。たまには刺激的な事を取り入れてみてはどうでしょう。例えば、自分から夫を攻めてみるのです。焦らすようにゆっくりと服を脱ぎ、セクシーな下着を見せてみたり…。恥ずかしくて出来ない!と思ったり、夫側があまりこんなやり方に乗り気でないなら、他の方法もあります。

夫の好みのコスプレをしてみたり、お祭りや屋台の季節なら浴衣姿を見せたり、いつもと違う自分を見せてみるのも良いでしょう。さり気なくでも、あからさまでもあなたのその努力やアピールを喜び、セックスを誘う姿勢に興奮するはずです。

+α 短時間、淡白なセックスでもしないよりマシ!

セックスから遠ざかってしまう原因に、男性側が大変、面倒、という側面があります。女性からしたらちょっとショックな理由かも知れませんが、男性と違い女性は気分が盛り上がり切らないと体が呼応しないので、ムード作りや前戯など、実は男性はたくさん気を遣っているのです。

ですから、「したいな」と思っても、疲れていたりすると「今からムード作って前戯してしっかり気持ちよくさせてあげて…」の行程を考えると心が折れてしまったりします。しかし、それが続くと「最近してないから誘いにくい」だったり、最悪なのは「しなくても意外と平気だな」と思ってしまわれるようになります。

すこし寂しいかも知れませんが、「前戯なしで大丈夫だよ」だったり、「今日はあんまり頑張らなくていいよ」なんて言葉をかけてあげたり、もしくは「今日は何もしなくていいから!」とあなたがリードしてあげたりする事で彼の負担にならずにセックスの頻度を保てます。淡白、または短時間のセックスでもしないよりした方が心の距離が保てます。しかし、毎回そうだとあなたに負担や不満が溜まってしまいますので、2人の納得のいくやり方で、を心がけてくださいね。

まとめ

夫婦の形も色々、夜の営みも色々ですが、セックスレスは良い方向には決して向きませんから、打破しなくてはなりません。相手と離婚しても良いというなら話は別ですが、そうなりたくないのならセックスレスが解消できる様々な対策は考えてください。

夫婦生活は山あり谷ありではありますが、どの夫婦もそれぞれ危機的状況を乗り越えて長く一緒に生活を共にしているのです。この先何十年と歳を重ねると、お互い性的な部分は求めなくなるでしょう。しかし、まだ2人の体が性的な方向に進めるのであれば、どんどんとコミュニケーションを取りましょう。スキンシップは大切なことです。そして夫がもう離したくないと思うくらいのいい女を目指しましょう。お互いが押したり引いたりの駆け引きを繰り返しながら、時には歩み寄って良い夫婦関係を続けてください。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -