仕事に行きたくない女性必見!ストレスでミスして泣きそう。たまにサボるのも重要!

fashion1

近年、女性の社会進出が進んできています。それに伴って、男性と同じように、女性も責任のある役職や仕事を任されることも多くなってきました。そうなると、男性と同じように女性も仕事に対するストレスを抱えることになります。仕事に行くのがつらいと思っている方も多くいるのではないでしょうか。そのような方のために、仕事をサボるメリットを提案します。仕事に行きたくない方、仕事に対してストレスを抱えている方は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

<行きたくない原因>

3

*ミスをした*

仕事に行きたくないと思う原因の一つとして挙げられるのが、仕事でのミスです。仕事でミスしてしまうと、上司に報告しないといけません。また、その際に怒られてしまうこともあるでしょう。

時には職場の仲間の前で恥ずかしい思いをさせられてしまうかもしれません。普段ミスをしない方は、上司に怒られることに慣れていないため、とてもショックを受けると思います。責任感の強い方ならなおさらだと思います。

しかし、人間は機械ではありません。どんなに完璧に見える人でも、ミスはするものです。ミスをすることによって、学べることもたくさんあります。ミスをしたのなら、これから注意すればよい事です。

また、自分がミスをした経験があることで、後輩たちに、アドバイスができます。ミスは誰にでもあることです。そこから、しっかりと学べばよいのです。




*人間関係*

会社は、様々な人が毎日顔を合わせる場所です。年齢も違えば、考え方もみんな違います。仕事に対する姿勢や、スピード、能力なども様々です。

そんな中で、全員とうまく、円滑に人間関係を作ることはとても難しいことです。衝突することもあるでしょうし、悪く言われてしまうこともあることでしょう。

また、結婚して子供がいる人や独身の人、介護が必要な人を抱えている人など、私生活の状況も人それぞれです。私生活の影響で仕事の量が変化してくることもあります。

そういう事が理由となって、周りの人と人間関係が上手くいかないという方もいるかもしれません。

しかし、相手にしっかりと自分の状況を理解してもらう事や、自分の都合でみんなに迷惑をかける場合、謝罪の気持ちを示したり、他の時にしっかりその時の分まで働くなど、誠意を見せると、相手も気持ちが良いと思います。助け合い、支え合いの精神を忘れないようにしましょう

*結果が出ない・認められない*

毎日、仕事を精一杯頑張っているのに結果が出なかったり、周りに認められない状況が続くと、仕事に行きたくなくなってしまいます。自分ではしっかりと仕事をしているはずなのに、なかなか結果が出ないという方は、スキルアップをするチャンスかもしれません。

自分の仕事についてもう一度しっかりと見なおし、足りないところは勉強しましょう。何が足りないのかを考えることで、必ず成長することが出来ます

また、自分では認められていないと思っているかもしれませんが、地道にきちんと仕事を頑張っていれば、その頑張りを必ず誰かが見てくれていると思います。

仕事はきちんとこなすことが当たり前と思われる傾向がありますが、誰かに褒めてもらいたい、認めてもらいたいと思いますよね。他人が褒めてくれることはなかなかないので、そんなときは、自分で自分を褒めてあげてください

スポンサーリンク
スポンサーリンク

<意欲を出す方法>

00_PP27_PP_TP_V (1)

*変化を持たせる*

毎日同じ時間に起きて、同じ電車に乗り、同じデスクに座って、同じ仕事をするというような同じことの繰り返しが、仕事をつまらなくしてしまう原因であることも考えられます。

そのような方は、生活に何か変化を持たせると良いと思います。しかし、仕事に行く時間や仕事の内容を変えることは出来ません。

そこで、髪形や化粧、香水の香りなど、仕事に支障のない程度で変化を持たせましょう。女性は、髪型や化粧を変えるだけでも、気分がわくわくしたり、楽しい気持ちになったりします。

また、香水などの香りもあまり強いものではなく、自分がリラックスできるような香りを探しましょう。それだけで気持ちはかなり前向きになります。




*朝活で気力UP*

仕事に意欲を出すには、自分自身が生き生きとしていることが大切です。何か新しいことを始めてみてください。

しかし、毎日朝から晩まで仕事をしている方は、新しいことを始める時間がないと思うかもしれません。しかし、最近は、仕事の就業時間前に様々な活動をする「朝活」をする人が増えています。

朝の時間であれば、いつもより少し早く起きることで、時間を作れるのではないでしょうか。その時間を利用して、自分が生き生きできることを始めると良いと思います。

例えば、運動です。ウォーキングやジョギングなど、すぐに始められることから挑戦してみてください。朝、運動をすることで、頭の働きも良くなりますし、健康にも良いです。

他にも、読書や資格の勉強など、新しいことにチャレンジしてみましょう。そうすることで、生活にも張りが生まれ、仕事に対しても意欲がわいてくると思います。

*趣味を持つ*

人生において仕事をすることは大切です。しかし、それだけにすべてを捧げるだけでは、楽しくありません。仕事はあくまでも仕事です。

自分が本当に楽しいと思えたり、心から笑えるような趣味を持つことは、とても重要なことです。

仕事でうまくいかなかったり、仕事がつまらないと感じても、趣味を持っていれば、その趣味のために働いているという目的意識を持つことによって、モチベーションを下げることなく、仕事に向かうことが出来るのです。

また、ストレスが溜まってきたときでも、趣味に没頭することによって、そのストレスを発散させることもできます。趣味は人それぞれなので、一概には言えませんが、女性の趣味として人気なのは、料理やヨガ、カラオケや写真、楽器の演奏などです。

自分に合った趣味を見つけておくことをお勧めします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

<サボるメリット>

a1620_000622

*集中力・効率が上がる*

日本人は、仕事を休むことやサボることを良くないことだとする風潮があります。もちろん、仕事を休んでばかり人は、周りの人から信頼されませんし、サボってばかりの人は、怠け者だと思われます。

しかし、いつもきちんと仕事に行き、真面目に仕事に取り組んでいる人が、たまに息を抜くことは、決して悪い事ではありません

人間の集中力には限界があります。一日中、気を張って仕事をしていても、集中力が切れ、効率の悪い仕事になってしまいます。

集中するときに、しっかりと自分の力を最大限発揮するために、サボることはとても大切なのです。大手の会社などは、昼の休憩時間等に昼寝をすることを推奨しているところもあります。

また、サボることで、一度仕事の頭を切り替えることが出来るため、意外な発見もあるかもしれません。適度にサボることは、仕事を集中して行うためにも、大変良い効果があるのです。




*楽しく仕事に向かえる*

毎日、同じ仕事の繰り返しで、疲れてしまっている人が、一日会社を休んでリフレッシュすることは、様々な良い効果を発揮します。

サボることによって生まれた時間は、家でくつろいで過ごしたり、どこか遠くへ出かけたり、思いっきり買い物をするなど、日ごろなかなかできないことをしてみましょう。

そうすることで、活力が湧いてきます。頭から一度仕事のことを排除し、心ゆくまで好きなことをすることが大切です。仕事に行きたくないもやもやが、サボって好きなことをすることによって、だんだんと晴れていきます

また、一日好きなことをしていると、仕事のことを忘れようと思っても、だんだん気になってきます。自分の仕事は、誰が代わりにしてくれているのか、進めている仕事はどのようになったのだろうか、など、どうしても考えてしまいます。

そこで、サボって、会社のみんなに悪いことをしたかもしれないと思えば、次の日から、いつも以上に、仕事に打ち込めるようになると思います。仕事は、一人ではできませんし、一人が欠けても、できません。

サボることは、そのようなことに、改めて気づかせてくれると思います。

*病気を防ぐ*

仕事に行きたくないという気持ちを我慢して、仕事をずっと続けていると、病気になることもあります。精神的・身体的なストレスが原因でうつ病になることがあるのです。

うつ病は、真面目な人ほどなり易い病気です。適度にサボり、自分を追い詰めないことが病気を防ぐコツなのです。

仕事に行きたくないという思いが何日も続いたときは、勇気を出して一度サボってみましょう。サボることは悪い事と捉えるのではなく、あくまでも、自分の気持ちのメンテナンスの時間だと思ってください。

一生懸命に働いても、体を壊してしまったら、何もできません。自分の体のためにも、適度にサボることは大切なのです。

<上手にサボる言い訳>

1

*言い訳~良い例~*

・頭痛がひどいので、休みます。病院に行こうと思います。

・嘔吐下痢で、症状が治まらないためお休みします。

このように、具体的に症状や状況を伝えると、スムーズに休むことが出来ます。電話で連絡するときは、声のトーンなどに気を付けましょう。あまりにも元気な声で話してしまうと、疑われてしまう可能性があります。

また、次に会社に行く際は、迷惑をかけてしまったことへのお詫びと、心配してくれた方への感謝を忘れずに伝えましょう。




*言い訳~悪い例~*

・友人の結婚式のため休みます。

この言い訳は、理由としては問題ありませんが、急にサボろうと思った場合は使えません。結婚式はあらかじめ予定が分かっていることなので、前もって休みを取るべきだからです。

・祖父が亡くなったので休みます。

身内の不幸をサボる理由として使うことは、気持ちも良くないですし、後で話を合わせることが大変になることが予測されるため、おすすめしません。会社によっては、香典などを包むような会社もあるため、注意が必要です。

*有給休暇を活用*

有給休暇があるけど使っていないという方が多いようです。しかし、有給休暇は、会社員に与えられた、当然の権利です。堂々と休みましょう。

仕事の質や効率を上げるためには、休むことも必要なのです。もちろん、周りの人との関係や、仕事の忙しい時期などもありますので、日程は多少考慮する必要があるかもしれません。

しかし、有給休暇は取るべきです。そして、頭をリフレッシュし、また、新しい気持ちで仕事に取組みましょう

まとめ

最近の女性は、男性と同じようにフルで働いている方も多くなってきました。仕事に対して、ストレスが生じるのは当然のことです。人間は完璧な人はいません。ミスをしてしまうこともあると思います。しかし、会社には仲間がいます。ミスをお互いにカバーしあえばいいのです

また、たまには仕事をサボって、気分転換してみてください。効率のよい仕事をするためには、サボることも大切です。仕事に行きなくないと思う日が続いたら、サボってリフレッシュしましょう。そうすることで、次につながるエネルギーが湧いてくると思います

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -