シンガポールに適した服装は?常夏の国を快適に過ごそう。あえて雨期に行くのもあり?

赤道に近い国、シンガポールでは、日本のような四季はありませんので、いつ行っても快適な常夏の島、というイメージがありますが、雨季と乾季に分かれています。

もちろん、観光するなら乾季となりますが、どちらもそれぞれの楽しみ方があります。より充実したシンガポール旅行にするために、2つの季節にある服装や見どころを事前にチェックしておくことをおすすめします。

ここでは、シンガポールの気候の特徴や服装についてご紹介します。できるだけ観光の条件を良くして、いい思い出を作れるようにしましょう。

スポンサーリンク

出国前には欠かせない情報?魅惑の国シンガポールの年間の天気と気候

5-image2

シンガポールの気候

ほぼ赤道直下に位置しているシンガポール。日本のように四季はなく、年中が夏のような天気であり、高温多湿の気候で、一年の平均気温が30度前後となっており、気候は大きく、雨季と乾季に分かれています。

乾季は4~9月、雨季が10~3月ごろまでとなっています。日本と異なり、シンガポールは飛び抜けて暑くなる日があまりない国と言えるでしょう。湿度は年間を通じて80度を上回り、連日蒸し暑い天気が続きます。

シンガポールの降水量

シンガポールの気候は、雨季と乾季というように、単純に降水量で分けることができます。ただし、雨季でも突然のスコールという、いきなり降り出してカラッと上がるような天気のため、雨が降り続くというような雨ではありません。また、乾季でもスコールが降ることがあります。日本の冬にあたる時期にシンガポールは降水量が多くなります。

シンガポールのヘイズ

シンガポールでは、インドネシアで発生する野焼きの煙が、風向きによってシンガポールまでやってくる公害をヘイズと言います。有害物質PM2.5も含まれるこの煙について、毎年注意喚起がなされています。5~10月にかけて発生しますので、喘息をもっている人の場合、この時期は避けるようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

真夏のファッションでも暑いくらいかも…シンガポールの乾季(4~9月)の気候と服装&みどころ

5-image3

シンガポール・乾季(4~9月)の気候

降水量が少ない季節ですが、東京の降水量とほぼ同じくらいには雨が降ります。夕方にはスコールも降りますので、雨が全く降らないというワケではないということを知っておいてください。日差しがとても強い時期ですので、日焼け止めはしっかり塗っておきましょう。

シンガポール・乾季(4~9月)の服装

日中の街歩き、シンガポール観光については、紫外線対策、日傘などが欠かせなくなります。日本の真夏の服装でも暑いと感じるシンガポールですが、ショッピングモールやレストランでは、屋内が特に冷房が強烈にきいており、カーディガンなどの防寒用の衣類を持ってきておきましょう。

シンガポール・乾季(4~9月)の見どころ

ショッピング好きにとってのベストシーズンは6~8月ごろです。この時期、グレート・シンガポール・セールという有名なバーゲンセールが行われますので、ぜひショッピング目当てならばこの時期に企画されることをおすすめします。ショッピングセンターが集まる後述するショッピングモールなど、あらゆるショップが参加する大きなイベントとなっています。

チャイナタウンやリトルインディアも、買い物好きには見逃せない時期です。ただし、期間中ずっとというワケではないため、シンガポール旅行の日程に入るように事前にチェックしておきましょう。また、セントーサ島のシロソビーチや、パラワンビーチ、マリンライフパークは、雨の少ないこの時期がおすすめ。定番人気のシンガポール動物園もあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スコール対策は万全に。シンガポールの雨季(10~3月)の気候と服装&みどころ

5-image4

シンガポール・雨季(10~3月)の気候

もちろん雨季は降水量が多くなりますが、梅雨のように降るワケではなく、1~2時間に集中してスコールが降ります。また、雨のために平均気温が少し低くなりますので、過ごしやすい季節とも言えます。暑さに弱い方は、この時期に行かれると良いでしょう。

シンガポール・雨季(10~3月)の服装

やはり雨対策が必要になりますので、雨傘、レインコートは日本から持って行きましょう。乾季同様、室内は強烈に冷房がきいています。長袖や、カーディガンなどの羽織れるものを必ずバッグに1枚入れておくことをおすすめします。

シンガポール・雨季(10~3月)の見どころ

11月中旬から1月ごろまでクリスマスイベントが多く開催されています。イルミネーションを楽しむならこの季節に訪れると良いでしょう。毎年テーマが変わるのも楽しみの1つですね。

後述する各地ファッションスポットでは、巨大なクリスマスツリーが見どころとなっています。シンガポール観光で、ショッピングと合わせて趣向をこらしたツリーを楽しんでいかれると良いでしょう。

買い物充実度200%!シンガポールの人気ファッションスポット

5-imge5

アイオン・オーチャード / ION ORCHARD

オーチャード駅の上にある、圧倒されるほどの大きな建物で存在感があるアイオン・オーチャード。年代を問わず多くの現地の人で賑わうショッピングモールでは、地下2Fから地下4Fにリーズナブルな雑貨店が揃い、1Fから上には有名ブランドショップが並んでいます。

アクセス抜群のこのファッションスポットは、56Fにある展望フロアからシンガポールの景色を一望できますのでシンガポール観光の際にはおすすめのスポットです。

【住所】2 Orchard Turn, Singapore 238801
【電話番号】6238-8228
【営業時間】10:00~22:00
【定休日】なし
【ホームページ】http://www.ionorchard.com/en/

ムスタファセンター / Mustafa Centre

ファラーパーク駅から徒歩5分、インド系のディスカウントマーケットのような存在のショッピングスポット、ムスタファセンターです。ファッションをはじめ、食料品、電化製品、雑貨、アクセサリーの店舗がひしめきあい、とにかく広いスペースにゴチャゴチャした感じがたまらない面白い、観光客にも人気のスポットです。

【住所】145 Syed Alwi Road, Singapore 207704
【電話番号】6295-5855
【営業時間】24時間
【定休日】なし
【ホームページ】http://www.mustafa.com.sg/

ショップス アット マリーナ ベイ サンズ / Shops at MARINA BAY Sands

ベイフロント駅直結、マリーナベイサンズ内にある好アクセルのショッピングモールです。ホテルの宿泊者だけではなく、たくさんの観光客が訪れるこの場所は、ラグジュアリーな雰囲気で女性に人気のブランドも多く入っており、他のショッピングモールにはない、アミューズメントも楽しめますので、子供連れの家族旅行で訪れている方にもおすすめのスポットとなっています。

スケートリンクあり、ミュージカルあり、ルイヴィトン・アイランドあり、シンガポール発祥の紅茶も楽しむことができます。

【住所】2 Bayfront Avenue, B2-L1 Marina Bay Sands
【電話番号】6688-8868
【営業時間】日~木10:00~23:00、金・土10:00~24:00
【定休日】なし
【ホームページ】http://jp.marinabaysands.com/shopping.html?#JoAeOPvDrv25zk0Z.97

ラッフルズシティ

シティホール駅から1分、エスブラネード駅から4分とアクセスの良い立地のラッフルズシティは、シンガポールグルメが充実したショッピングモールとなっています。日系のショップも多く立ち並んでおり、観光客も多く訪れる場所です。

とても広々とした場所で、店内はとても明るく、高級ブランドから多目的なアイテムまで揃う、シンガポール一押しファッションスポットでもあります。

ラッフルズホテルからも近いので、シンガポール観光に来たらぜひ立ち寄ってみてください。

【住所】252 North Bridge Rd., Singapore 179101
【電話番号】6318-0238
【営業時間】10:00~22:00
【定休日】なし
【ホームページ】https://www.capitaland.com/sg/malls/rafflescity/en.html

クラークキー / Clarke Quay

シンガポールの川沿いの倉庫跡地を再開拓して作られた、クラークキー駅から徒歩5分の場所にある観光名所、クラークキー。おしゃれなショップがたくさん立ち並び、シンガポールファッションはもちろん、占いやストリートパフォーマンスも楽しめるアミューズメント施設のような観光スポットとして人気です。

占いや露店などもありますので、シンガポールを感じるには絶好の場所。19世紀を再現されたという街並みは、夜に訪れてもまた楽しめます。

【住所】3 River Valley Rd, シンガポール 179024
【電話番号】6337-3292
【営業時間】10:00~22:00
【定休日】なし
【ホームページ】http://www.clarkequay.com.sg/en/

パラゴン / PARAGON

オーチャード駅から徒歩5分、高島屋シンガポールの前にあるパラゴンは、おしゃれママにおすすめのショッピングスポット。入り口にはユニークなアートが配され、観光地を出迎えてくれます。

約200以上の店舗が入っており、高級ブランドからキッズ関連のアイテムまで充実したフロアとなっています。お子様連れも目立つパラゴンは、家族でシンガポール旅行に行かれる場合におすすめのスポットです。

【住所】290 Orchard Rd, Singapore 238859
【電話番号】6738-5535
【営業時間】10:00~22:00
【定休日】なし
【ホームページ】https://www.paragon.com.sg/

ビボシティ / Vivo City

ハーバーフロント駅の真上にあるビボシティは、たくさんのお店やレストランが入った駅ビルです。若者向けのショッピングスポットとして現地の人も多く訪れるこの場所は、テラスからセントーサ島の眺めも良く、観光の際の立ち寄りスポットとしてもおすすめです。吹き抜けになっている館内は広々として圧迫感もなく、白が基調のかわいい雰囲気となっています。

シンガポールおなじみの高級ブランドからカジュアルブランドまで揃います。トイザらスの前にはマーライオンのレゴがあり、記念撮影をする姿も。

【住所】1 Harbour Front Walk, Singapore 098585
【電話番号】6377-6860
【営業時間】10:00~22:00
【定休日】なし
【ホームページ】http://www.vivocity.com.sg/

まとめ

日本からも多くの観光客が訪れるシンガポールについて、季節や服装、見どころについて紹介しました。年中暑いイメージがあるシンガポールですが、雨季には気温差があり、また室内は冷房がきいていますので、1枚上着を持っていくようにしましょう。

また紫外線対策や雨具もお忘れなく。これからシンガポール旅行に行かれる方の参考になれば幸いです。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -