【妹扱いされたくない!】年上男性を意識させるために♡

誰かを好きになって距離が縮まっても、今一歩のところで止まってしまって、いつも妹扱いされる……。

好きな人に好きになってもらうのは難しいものですが、いつも恋愛対象外の妹扱いというのは辛いものがありますね。

好きな人からは妹扱いされたくないもの。では年上の男性が妹のように感じてしまうのはなぜなのでしょうか?脱・妹扱いを目指して、年上の男性を意識させる方法を探ってみましょう!

スポンサーリンク

当たってる?妹扱いされやすい女性の特徴

女子的ながんばりが背伸びに見える

好きな人に恋愛対象に見て欲しいとがんばってみても、そういう頑張り自体が妹扱いを引き起こしている可能性があります。

年上から見れば、どうしても年下の女性はあくまで年下として見てしまうので、無理に追いつこうと背伸びをする様子は、かえって幼さを強調してしまうのです。

無理な背伸びではなく、等身大の自分らしさや女性らしさを大切にすることが大切です。

色気を感じない

恋愛はどうしてもセクシャリティな部分がつきまといます。そういった関係が一切浮かばないというのも妹扱いになりやすい理由のひとつです。

女の子らしさとは違いますし、色気が溢れすぎるのもわざとらしくなってしまいます。恋愛の対象として感じられる何かが不足しているのです

身近にいすぎて家族のような立場になっている

妹というのはいわば身内です。血縁に対して恋愛感情を持つ人はほとんどいません。家族になってしまうとどうしても同じように恋愛感情が持たれにくくなります。

実際の家族でなくても幼馴染や長く一緒にいる関係だと、このような家族のような妹扱いになる傾向があります。

恋愛の勝機は近い関係と信頼感と思うかもしれませんが、いくら近くても、立場が身内の方へと寄ってしまえば、恋愛とは異なる関係になるのです。

精神年齢や実年齢に差がある

妹感覚になってしまうのは、恋愛対象ゾーンから外れてしまっていることが大半す。

年齢の差というのも大きなポイントで、精神年齢や実年齢、どちらの差が大きくても、相手から見れば幼さを感じて躊躇してしまうポイントです。実際の年齢は縮められませんが、精神年齢は変えていけるので、努力の余地はまだあります。

精神年齢に差を感じる時は、社会的なシチュエーションでの意見や考え方に現れやすいものです。大人としての立ち振舞、考え方、世間の常識など、普段から意識しておくようにしましょう。

甘え方が幼い

甘え上手な女性はモテますが、甘え方は相手を見て加減していることがほとんどです。甘え方を間違えると、女性の甘え方というより、子供の甘え方になってしまいます。そうなると恋愛対象には入りにくくなり、妹扱いされる可能性が高くなるでしょう。

大人の甘え上手と子供の甘え方は異なります。子供はよりかかるように、全力で甘えますが、大人は甘えず自立した中にどうしても頼りたいという感覚の中、どうしてもちょっと甘えたくなるというような、オアシスを求めるような甘え方です。
いい大人が甘え上手を目指して全力で甘えたとしたら、重たくなって「ちょっと幼い子なのかな」思われてしまうのです。

スポンサーリンク

妹扱いしてくる男性の心理とは?

大切だけれど女性としての魅力がない

恋愛対象として見るためには、セクシャリティな面も必要になってきます。妹というのは、家族のようなたとえなので、好意がないわけではありません。恋愛対象として見ることができない理由にはセクシャリティな面をあまり感じていないことが多いようです。

だからといってお色気をたっぷり出せというのではありません。強すぎる色気もまた、恋愛対象から外れてしまいます。女性としての魅力に色気は確かに含まれますが、大人の女性が持つ、自然な色気の範囲を想定しましょう。

無理に大人びたことをすると、かえって背伸びする幼さに見えて、逆効果に見えてしまうこともあるようです。

恋愛をしている姿が想像できない

自分が相手と恋愛している姿が想像できないということもあるでしょう。

相手を女性として見ていたとしても、自分と付き合った時、相手がどんな風になるのか想像できないのは、恋人としての未来が想像できないことを示しています。それが年下であれば、大切だけれど、どこか妹のように感じてしまうという状況が生まれやすくなります。

気を使わなくていい相手になっている

妹とはどのような扱いでしょうか。兄弟がいる人は想像できると思いますが、小さい頃から一緒にいると遠慮がない関係であることが多いと思います。

年下の女性に対して、妹のようだと感じるのは、実際の兄弟のように気を使わないでいい相手という可能性もあります。長くつきあってきた夫婦なども気を使わない関係ですが、そうなる前は気を使ったり、遠慮をしたりということもあったはず。

その時間がないままに妹らしい印象を与えているのは、家族のように気を使わなくていい相手になってしまっているのかもしれません。

兄貴的な立場になって目が離せない

リアルな妹っぽさだけではなく、いわゆる妹キャラというタイプもいます。兄と妹のような関係になった時に、自分自身を兄に置き換えてしまうタイプです。実際に兄弟がいなくても、こんな子が妹だろうなと思わせてしまうと、自然と妹扱いになっていきます。

兄貴のような立場は男性にとって案外心地のよいところもあります。かわいい妹分が心配で、目が離せないというのは一見恋愛にも似ていますが、保護者の立場からの視点です。

何かを守りたいという庇護欲を満たす相手ではありますが、恋愛とは異なるケースも少なくありません。

ヤキモチを焼かれない相手だと思っている

例えば好きな人に彼女がいたとして、自分に紹介してくる場合も妹扱いとなっている可能性は高いです。自分の異性関係をさらけ出すというのは、相手が自分のことでヤキモチを焼くと思っていないからできることです。

まれに相手の反応を見て気があるのか確認する人もいますが、そのケースは相手が既に自分のことを恋愛対象に入れているので、妹扱いにはあてはまりません。

ヤキモチや自分の反応を伺っているようなら、妹扱いではないのかもしれませんが、そうでないなら、距離が普段から近すぎて、ヤキモチを焼くような相手ではないと思われているのです。

スポンサーリンク

脱☆妹ポジ!恋愛対象になるためには?

家族愛感覚から脱出!意外性を持つ

妹扱いになってしまう一番の原因は家族愛感覚です。大切な相手だけれど、家族感覚に陥ってしまっているので恋愛対象から外れているのなら、その疑似家族愛から解放されることがポイントです。

家族感覚というのは、距離感と安心感を意識してみましょう。家族のことなら、自分もよく知っていると思い込んでいるところがあります。今、相手が抱えている家族愛的な感覚があくまで擬似ということを自覚してもらいましょう。相手が知らない自分を見せるようにするのです。

家族のようになんでも知っていると思っていた相手が自分の想像の範疇を超えると、意外性が芽生えます。実はその人のことも知らない顔があったと知ることは、疑似家族愛から脱するチャンスになります。極論ですが、急な告白で、自分が初めて恋愛対象として思われていることを知り、その時は断ったとしても、後から気になってくるケースもあります。

恋愛対象だと考えていない相手には、意外性を見せることで妹みたいに見えるだけの人じゃないと感じてもらうことが大切です。

対等な立場を目指す

兄と妹の関係性は、比較的上下になりやすい関係です。どうしても兄の立場は年上ということもあって、相手を年下で守りたい対象となってしまうこともあります。これはふたりの関係が恋人というフェアな関係として想像しにくいことが原因です。

年齢差は埋まりませんが、対等な立場に見えるように振る舞うことも大切です。恋愛は頼ってばかりでは成立しません。対等な立場というのは、自分が頼るだけでなく、相手からも頼れる何かがあると考えることが必要です。

身も心も大人の女性に

見た目が若く見え過ぎたり、精神的に幼いと、男性は自然と相手を妹のように年下の相手を扱います。年上の相手の恋愛対象に入るには身も心も大人の女性になる必要があります。

大人の真似事をするのは、背伸びに見えて逆効果。きちんと自分が成長するということと向き合って、自分自身を成長させていきましょう。

恋に恋をしない

年上の相手は恋愛の経験もそれなりにあることが少なくありません。それゆえに年下からの恋愛アプローチが「恋に恋をしているだけ」と見えてしまうこともあるようです。

特に妹のように見ている相手であれば、妹が兄を好きな気持ちを恋愛に取り違えているのではないかと考え、恋愛関係にブレーキをかけてしまうのです。

恋に恋をするようにみえるのは、恋愛関係のディテールにこだわっていることが原因であることが多いものです。つきあったら何がしたい、どんな付き合いがいいといった恋愛観を見せるより、恋愛を楽しむより、まずその相手でなければならないほど、きちんと恋をしている自覚が必要です。

きちんと女性としてアプローチする

自然で親しい関係である妹ポジションから脱するには、恋愛対象内に入る必要があります。もともと好かれてはいるはずです。嫌いな人間を身内に近い立場に置く人はまずいません。

そう考えると次に必要なのはより親しくなることではなく、自分が恋愛対象内に入ることです。

女性としてアプローチをきちんとしていきましょう。相手から想われていることで、考えを変えてくれるかもしれません。突然言われてとまどうこともあると思いますので、長い目で、じっくりとふたりの関係性を変えていきましょう。

まとめ

妹ポジションというのは、ある意味おいしいポジションです。好きな人のそばにいることができて、信頼されていて、大切に想われる。無理してこの居心地のいい関係を壊さなくてもいいんじゃないかと思っていませんか?

でもあなたが恋愛感情を持っているなら、その関係は、相手にパートナーができても、笑顔で祝福できる関係でしょうか。妹ポジションは一見近いようで、実はとても遠い立場です。

妹扱いされたくないと感じたら、後悔のないように、自分の気持ちと向き合いましょう。

続きを読む

あなたにオススメ Pick UP

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -