SNS疲れの原因は女友達やリア充!おすすめの対策9選!ストレスにならない使い方も

AKANE20160312012313_TP_V

多くの皆さんがSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を使用した経験があると思いますが、SNS疲れについては、有効な対策を考えることが出来ていないままの人も多いのではないでしょうか?今回はSNS疲れについて原因と対策を考えてみました。是非、最後まで記事を読んでみてください。

スポンサーリンク

SNSは24時間いつでもがネックです!

YUKA0I9A7452_TP_V

SNSは楽しいから自己管理が余計重要に!リア充のときこそ疲れをためないように!

テレビは24時間の中で放送が休止中の時間があります。しかし多くのSNSでは24時間繋がることが出来るのが当たり前になっています。現実社会でもSNSの世界でも両方で知り合いの女友達もいれば、SNSの中だけでの女友達もいると思いますが、どちらにしろ親しくなればお互いのやりとりの回数も増えていきます。

もしも深夜に繋がることが出来ないように規制されてしまうと、会社員や大学生は深夜の楽しみが奪われてしまいますし、深夜規制をしたSNSは登録者を減らしてしまうはずです。

そして、リア充という言葉は現実の生活が充実していることを意味しますが、楽しいときでも無理をしすぎると疲れがたまってしまいます。睡眠時間を7時間確保する事を前提にSNSを楽しめるようにすることが重要です。リア充の期間だからといって睡眠時間を削ることはSNS疲れの原因になります。

SNS疲れ対策として、睡眠の話題もわざと書いてみる!(カテゴリー分類も重要)

SNS上での親しい友達が増えていくと返信する時間も増えていくし、ネット上で喧嘩をしないように配慮する心配も出てきます。もしも親しい相手からのメッセージだと返信するのが遅れたりすると大変だと思うことも出てくるでしょう!そして急がしかったら、翌日までの返信というのは本当に難しいはずです。

では、どうすればよいのかというと、その対策はSNS上で睡眠についてのカテゴリー分類を自分で行って、なにげなく皆に自分の状況を知ってもらうのが得策です。カテゴリー分類にまでこだわる理由は、そうしておかないとSNS上での投稿内容がどんどん積み重なるときに読んでもらえる確率が減っていくからです。SNSの中には、自分の投稿内容を、カテゴリーで分類分け出来るものも多いので、是非、睡眠と言うカテゴリー分類も検討してみてください。

1行だけの投稿でも、相手は分かってくれることがある!!

どうしても忙しくて、睡眠時間も確保しなければならないならば、その日の投稿に「今日は今から眠ります。皆さんからのメッセージには後日返信をしますのでよろしくお願いします!!」と1行だけ投稿するという方法でもよいのです。1行投稿で自分の知り合いの多くに現状をアピール出来たら、それで人間関係が壊れないで済むこともあるのです。1行投稿というのは失礼なのではなくて、その後の個別返信に対する布石だと思えば良いのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSで疲れないために身分詐称はダメ!理解出来ていないことは正直に伝える!

kawamura20160818203014_TP_V

物知りな人だと尊敬されても、知ったかぶりは危険だし時間も奪われる

現在はインターネット上でいろいろな情報を手に入れることが出来るので物知りだねと言われることが誰にでもありえます。しかし専門用語に溢れている内容に返信するには、インターネット上の内容を簡単に丸ごとコピーして貼り付けて誤魔化すという方法が通用しません。

ようするにインターネットが普及しても、難しい問題は難しい問題のままである場合もあるのです。ネットの普及で誰でも簡単に理解出来るようになった内容と、ネットが普及しても、きちんと勉強をしないと解答も出来ないような難しい問題とではレベルが違うのです。

もう少し説明するならば、インターネット上で3人くらいの学者の学説を読んで、同時に出て来る専門用語も理解するとなると早くて4時間、下手をすると12時間以上の時間を費やすようなことも出てくるはずです。SNS上で知ったかぶりを繰り返すと、相談の依頼などで頼られすぎて自分の睡眠時間を減らすことになりSNS疲れに繋がります。

SNS上で職業や身分を偽ることはSNS疲れに繋がる(リア充のために職業詐称は危険)

もしも、自分が子供のときの夢の憧れだった医者や航空機のパイロットになれなかったからといって、SNS上で自分は医者ですとかパイロットですと宣言してしまうと、後から修正が難しくなってしまいます。最終的にはずっとSNS上で嘘をつき続けるとか、それとも利用しているSNSから、一端退会をして、再度別のハンドルネームでやり直すかの心理的な選択を迫られるようになってしまいます。

最悪なのは、本物の医者や本物の航空機パイロットとSNS上で繋がって質問されたり、怪しまれて職業詐称がばれてしまうことです。そうなれば、今までの親しかったネット友達を一気に無くしてしまいます。

SNS疲れ以上に危険!収入や容姿の偽りや他人の姿を自分の姿だと言うことも危険!

SNS上では奇麗な女性やセレブな女性が登場していることがあります。そうすると自分も彼女達に対する憧れからか派手な買い物で着飾りSNS上でセレブ宣言をしたり、美人な女性の写真を自分の分身にしようと考えてネット上の友達を写真でだましてしまうような欲望を現実に実行してしまう人も出てくるのです。

過去に銀行の女性行員が銀行の預金を横領して男性に貢いだり、ブランド物の商品を買い漁っていた事件も発生しています。SNS疲れどころか、見栄や欲望のために破滅してしまうような事は避けないといけません。くれぐれもSNS上で自分の身分を偽るようなことは避けましょう。

補足をすると、他人の容姿が映された写真を自分だと偽る女性は、最初はネット友達だけの関係だからと軽い気持ちでいたけど、どんどん親しくなって現実に会いたいとまで言われてしまい困るというパターンが多いのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNS上でもらうメッセージの頻度や自分の投稿内容を分析してみよう

SAYA072162733_TP_V

親しい女友達からのSNS上でのメッセージの頻度!

もしも、親しくなった女友達が毎日のようにSNS上で自分宛にメッセージを連続して送ってくるようならば、返信する頻度を徐々に2日に1回とか、3日に1回などの頻度にすることで、相手の送信ペースを自然にスローペースにもっていくことが出来ます。

毎日のように返信が戻ってきたら、メッセージの送信者側もそれが当たり前に思ってしまうものです。このように自分から工夫をすれば相手を傷つけずにSNS疲れを防ぐことが出来ます。

女友達のなかには、生活の中で多くの不満を抱えてる人もいるはずです。その女の友達から過度に依存されないようにするためには、自分が毎日返信を出来るほど暇ではないことを自然に知ってもらうことが重要なのです。

会社員の人にアドバイス、SNSで自分から暇だとアピールしていませんか?

SNS上で今週は暇だったとか、今月は暇だったとアピールしている人がたまにいますが、暇だったら私のメッセージもすぐに読んでもらえると思われてしまいます。今の日本の社会は複雑になっていて、仕事が暇だからといって出社しなくてもよいようにはなっていません。ようするに暇だったイコール勤務先に拘束される時間が短いとは限らないのです。

少しくらい暇な時間が出来たからといって、今週は暇だったとは書かないほうがSNS疲れを防止出来ます。

特に実名登録が基本のFacebook (フェイスブック)は、上司や会社の同僚にも貴方の投稿内容が読まれている可能性があるので、Facebook では今日は暇だったと書かないほうがよいです。

自営業者やフリーランスもSNS疲れになることがある

自営業者やフリーランスの人にとってSNSは人脈を広げるために活用することが望ましいツールなのですが、自分の利益に繋がる人脈と趣味の中だけで繋がっている人脈が必ずしもイコールとは限りません。

有効なアドバイスをくれる女友達は重要ですが、愚痴だけを話してくる友達もいたりします。貴方がもしも自営業者やフリーランスだったら人脈を上手に広げる方法を考えないといけません。

具体的には貴方の投稿を趣味一色にするのではなくて、自分の仕事に関する投稿を半分以上にして専門用語も使用するべきなのです。そうすれば、貴方と共通の専門知識をもつ人と知り合いになる確率も増えますし、普段は愚痴ばかりメッセージを送ってくる女友達も自分も勉強をしないといけないと思うようになって、単純な愚痴から専門用語を少しずつ使える人間になっていくはずです。

自営業者やフリーランスの人は仕事を得るためには常に工夫が必要です。ですからSNSは自分の仕事机と同じだと思って使用する必要があるのです。SNSの人脈繋がりで貴重な意見やアドバイスがもらえたら、それは貴方の仕事の効率化につながり、余暇や趣味に使用出来る時間の増加をもたらす事になります。(機密情報や仕事上の守秘義務の内容はSNSには書かないようにしましょう!)

自営業者やフリーランスの人もSNS疲れにならないように、自分のSNS上での投稿の中身をもう1度チェックしてみてください

まとめ

SNS疲れは誰にでも起こりえることです。他人事ではありません。SNSでは相手の顔が直接見えないので、この人は疲れているのかどうかということも推測しづらいのです。SNS上では強がって疲れていないと発言をすれば、皆が貴方は疲れていないと思い込んでしまいます。

SNSの利点は移動時間が極端に少ない状況で多くの人と繋がることが出来ることです。ですからSNS上では素直になってみることも重要なのです。無理に現実の世界よりもカッコイイ自分を演じる必要はないのです。

今回の記事では、カテゴリー分類の重要性や会社員だけでなく自営業者やフリーランスの人もSNS疲れになる可能性を指摘してみました。今回の記事がSNS疲れ対策のアドバイスになることを期待しています。最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -