【豆乳】おすすめアレンジはココア!飲みづらい豆乳をココアに入れて美味しく飲もう◎

DSCF9095-Edit_TP_V

皆様、寒い季節の小さな贅沢ってなんですか?こたつの中でゴロゴロも最高、お鍋をつつくのも最高ですよね・・・!今回おすすめしたいのはポッカポカのココア。甘くて美味しくて温かいココア。それを両手で包むだけでなんだか心がほっとします。そしてそんなココアにとっても合うのが豆乳なんです!

今回は、栄養価の高い上に美味しい豆乳ココアについてご紹介します。豆乳はミルクの代わりのように料理やドリンクに使えるので、ココアと合わないわけが無いんですよね~!甘くて美味しいだけじゃない、豆乳ココアに秘められた素敵な秘密。知ればもっと楽しく健康に飲めますよ!

スポンサーリンク

豆乳とココアは相性抜群◎味だけじゃないその理由は?

4859216391_d693dc8755_z
photo by Everjean

豆乳の種類は大きく3種類

私達の生活にも身近な豆乳。これは大きく3種類に分かれます。とは言えどもどれもスーパーなどで見たことがある人が多いかと思います。1つは、いわゆる「豆乳」と呼ばれているもの。これは、大豆をすり絞った時に出る汁のことを指します(この時に残るクズがオカラです)。

無調整豆乳とも呼ばれ、大豆本来の味と香りがかなり濃厚なのが特徴です。もう1つは「調整豆乳」。これは無調整豆乳の味の濃さをまろやかにして、大豆のキツい香りや味を薄めて飲みやすくした豆乳です。そしてもう1つは「豆乳飲料」。これはバナナ味やココア味など色々な味が付いているものですね。

飲みづらい無調整豆乳もココアに入れれば美味しい

この中でココア豆乳は豆乳飲料としてカウントされます。豆乳の臭みがほとんど無く、ふんわりと後味と香りで大豆の香りがする程度まで抑えられていて、誰でも気軽に美味しく飲むことができます。そしてこれは家の中でお手製の豆乳ココアを作る時にも同じことが言えます。

そのままだと飲みづらい無調整豆乳であっても、ココアの中に一緒に溶かし込んで飲むことで驚くほど口当たりがまろやかに!はちみつやメープルシロップ、オリゴ糖などで甘みを加えれば、更に親しみやすい味になります。これなら毎日でも豆乳生活を続けられますね!

豆乳とココアはダイエット成分がたくさん!

豆乳には、たんぱく質やイソフラボンが多く入っています。その他にもサポニン、ぺクチド、ビタミンB群などといったようなダイエットにおすすめの成分が豊富に含まれているのです。特に大豆イソフラボンは女性らしいプロポーション作りに多いに貢献してくれますので、理想の体型に近付きやすくなるでしょう。

ココアのポリフェノールでダイエットの弊害をカバー

そしてココアにはミネラルやアミノ酸、そしてポリフェノールが多く含まれています。ミネラルやアミノ酸は、脂肪を分解させる効果があるリパーゼという酵素のサポートをしてくれると言われています。そのため、豆乳ココアは脂肪を燃焼しやすい体を作ってくれるということですね!

牛乳で作るよりもローカロリーで腹持ちが良いのも魅力

ココアを作る時に欠かせないのが牛乳!お湯だけだとちょっと味気ないですよね。この牛乳を豆乳に変えるだけで簡単に作れるのが豆乳ココアの魅力ですが、牛乳よりも100mlあたりのカロリーが豆乳の方が少ないのです!なのに腹持ちが牛乳より良いとされていて、まさに今日からでも試してみたい組み合わせです。

砂糖はNG!甘くしたい時はどうすれば?

せっかくローカロリーな豆乳ココアでも、甘さが足りないからと言って砂糖を入れてしまっては本末転倒。砂糖ではなく、その半分のカロリーであるオリゴ糖をおすすめします。オリゴ糖は腸内細菌による分解が起こらないので、カロリーとして取り入れられにくいという利点があるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

甘く美味しくあったまろう。豆乳×ココアのおすすめレシピ

36839506551_b22216cf55_z
photo by Marco Verch

カカオパウダーでお店のような仕上がりに

  • 無糖のカカオパウダー大さじ1.5
  • はちみつ 大さじ1/2
  • お湯大さじ2-3
  • 豆乳 150cc
  • 市販のホイップ済みクリーム適量
  • 仕上げ用カカオパウダー適量

巷ではスーパーフードとの名も高いカカオパウダー。まるでカフェで注文できるメニューのようなオシャレで美味しい豆乳ココアを自宅でも簡単に手作りしちゃいましょう。マグカップにカかオパウダーとはちみつを入れて、お湯を少しずつ加えながらよく混ぜていきます。

大さじ1~2ずつと少量に加えながらその分混ぜて・・・とするとダマにならずに綺麗にまざります。また、お湯を入れてからスプーンを入れましょう。最初にスプーンに水分が付いた状態でパウダーやはちみつと触れてしまうと、そこに付着した状態で固まってしまうのでダマになりやすくなります。

豆乳を加えてよく混ぜ、電子レンジで温めます。目安や600Wの1分30秒。沸騰して零れてしまわないように様子を見ながら調整してあげてくださいね!温まったらホイップクリームを絞って乗せて、カカオパウダーを茶こしで振りかけたら出来上がりです。

ホイップクリームを足すだけで見た目も本当にカフェでのソイココアのようです!お客さんがいらした時のドリンクとして出しても感激されること間違いなし。面倒臭がらずに最後もちゃんと茶こしで落としてあげればホイップクリームも沈まずに綺麗な見た目に仕上がります。

隠し味は塩!シナモン豆乳ココア

  • 豆乳 150~200cc
  • 純ココアティースプーン1~2杯
  • シナモン適量(お好きな量で)
  • オリゴ糖大さじ1
  • 天然塩ひとつまみ

よりシンプルに作りたいのでしたらこちらのレシピをおすすめします。カップに豆乳を入れて、レンジで加熱。600W1分程度が目安となります。火傷に気を付けながら取り出したらココア・シナモン・オリゴ糖を入れてよく混ぜます。そして30秒ほどもう1度加熱したら完成です。

飲むと時に天然塩を入れて混ぜながら飲むと風味がグンと上がります!塩のおかげで甘みが引き立ち、ついつい飲みすぎてしまうほどに後を引く豆乳ココアです。アクセントが入ると引き締まって良いですね。もちろんオリゴ糖抜きでも作れます。面倒な人は最初から入れて溶かしてしまってもOK。

全部お鍋に入れて超簡単な豆乳ココア

  • 豆乳 200cc
  • メープルシロップ大さじ1/2~お好みで
  • 純ココア大さじ1~2

こちらの作り方は、と~っても簡単!小さな子供でもできちゃいます。何と言っても、材料を全部お鍋に入れて温めればもうそれだけで完成ですから。

面倒な作業なんてしたくない!というズボラさんに是非おすすめしたいレシピです。レンジで温めてしまってもOKなので料理と言えるかすら微妙なラインですが(笑)。

ですが簡単にできるに越したことはありませんよね!それこそ、まだお料理のお手伝いもできないほどの小さいお子様とのお家おやつ代わりにも最適です。その年齢のお子様って一緒に作れるレシピもかなり限られますからね。もちろんダマを防ぐのであれば少量のお湯で溶かしてからの方が良しです。

ちなみにハチミツではなくメープルシロップを使っているので、ベジタリアンの中でも厳格なヴィーガンの方々でも飲むことができます。シンプルだからこそココアの種類で味も微妙に変わってくるので、お気に入りのココアを探すのも楽しいかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

気分に合わせてアレンジしよう!豆乳が合うおすすめドリンクは?

97130248_39a15acee4_z
photo by Andrew Magill

大人の風味とコクが出る【豆乳×コーヒー】

オーソドックスな組み合わせとも言える豆乳とコーヒー。ですが、この組み合わせは栄養価のバランスが良くおすすめな理由があるのです。豆乳にはご存知の通り大豆イソフラボンを中心とした成分が入っていて、健康に効果があります。コーヒーに入っているのはカフェインだけではありません。

バナナなどにも含まれるポリフェノールが豊富に入っていて、エネルギーを作るのに役立つのです。豆乳とコーヒーの健康における効果は類似しているポイントが多く、混ぜて飲むことでお互いの持っている成分の相乗効果や補完効果が出てきます。ミルメーク代わりにお好きな量をどうぞ。

ヨーグルトみたいにトロッとする!【豆乳×フルーツジュース】

豆乳そのものとフルーツジュースを混ぜ合わせることで、まるでヨーグルトやスムージーのようにトロトロしたドリンクができあがります。

お腹にしっかり溜まるので空腹感を紛らわすのにもピッタリ!砂糖を使わなくてもナチュラルな甘みを楽しめます。もちろんフルーツをカットして豆乳とミキサーで混ぜてもOKですよ。

その場合は豆乳の量のバランスでトロトロ具合を調整できますが、フルーツの種類によってかなり比率は変わってきます。

バナナなどのもったりとした食感のフルーツは、フルーツが多いとやはりドロドロとした食感に。お好みの組み合わせを探してみましょう。おすすめはやはりバナナや林檎などオーソドックスに甘みがあるもの。

トロトロ美味しい!1度是非試してみてほしい【豆乳×カルピス】

えっ、豆乳とカルピス?なんてビックリするかもしれませんが、合うんです!SNSでも話題になった豆乳カルピス、作り方は普通にカルピスを作るように混ぜるだけ。カルピスの甘さとふんわりと漂う大豆の後味が、独特の風味で甘くて美味しいんです。とろっとした舌触りがクセになります。

と言うより、むしろ豆乳特有の臭みや苦味が減ってむしろ飲みやすくなっています!カルピスの味によってもテイストが変わるので、是非色々と試してみたくなるところ。

人気のカルピスはやっぱり葡萄!レビューによると、意外とホットでもいけるようです。これからは冬にもカルピスがトレンド入りかも!

まとめ

いかがでしたでしょうか。豆乳ココアの魅力やおすすめレシピ、そして豆乳の効果やおすすめの飲み合わせなどをご紹介しました。あなたの気に入ったレシピは見付かりましたか?豆乳ココアはお互いを混ぜるだけでも簡単に作ることができるので、是非習慣的に取り入れたいですね!

甘い飲み物は太りやすい・・・と思って犬猿している人も多いかと思いますが、豆乳ココアは別かもしれませんよ!健康と美容のための、甘くて美味しいミラクルドリンクである豆乳ココア。1日の始まりや終わりに、自分へのご褒美感覚で飲んでもOK。美味しく温かく綺麗になっちゃいましょう!

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -