豆乳クリームの作り方とは?生クリームよりもヘルシー!甘くて美味しいから使い勝手◎

PAK85_lalaawadateru20140321_TP_V

豆乳クリームというものを知っていますか?ダイエット中でも時には甘い物が食べたい!そんな女性の強い味方となってくれる豆乳クリーム。食感はカロリーの高い生クリームと似ているのに、豆乳で作られているクリームだからヘルシー!そして生クリームを使うスイーツにアレンジもできちゃうんです。

今回はそんな豆乳クリームについての紹介をしていきます。また豆乳クリームの作り方やアレンジレシピなども紹介していきますので、是非次の休日にでもチャレンジしてみましょう。健康や美容の味方である豆乳、クリームにすることでそのアレンジの世界が更に広がるのです。

スポンサーリンク

生クリームよりも低カロリー!今話題の豆乳クリームって何?

4308606414_c65970f9bf_z
photo by TMAB2003

豆乳には素晴らしい美容成分と健康成分がたくさん!

ご存知の通り、豆乳には様々な栄養素が豊富に含まれていることで知られています。その中でも特に注目されるのが、大豆由来の大豆イソフラボン。これは女性ホルモンのエストロゲンとよく似た働きをするので、女性らしいプロポーション作りを手助けしてくれると言われています。

そして忘れてはいけないのがたんぱく質。たんぱく質は髪の毛・肌・筋肉・爪など体の多くのパーツを作るのに役立ってくれる場所です。もしも体重が落ちたとしても必要最低限の筋肉が無いとだらしない体に見えますよね。豆乳はバランスの良い見た目の体へのアプローチをサポートしてくれるのです。

アンチエイジング効果や肌のターンオーバー効果も

豆乳に含まれている栄養素はそれだけではありません。豆乳がこれほどまでに「美容に良い」と様々なメディアで言われている理由は、その豊富なビタミンにもあります。これらはアンチエイジング効果があると言われていて、肌の生まれ変わり・ターンオーバーを手助けしてくれると言われています。

肌が新しい細胞に生まれ変わることでツヤとハリのある肌でいやすくなり、ニキビ・皺・吹き出物・シミなどの肌トラブルを予防してくれるとのことです。また肌のターンオーバーは睡眠中に活発化されるので、夕ご飯や睡眠の30分前に豆乳を飲むとよりその効果が高まるのだとか。

甘い物が食べたいけれどカロリーが気になる…そんな時は豆乳クリーム

時々思いっきり食べたくなるスイーツ。ですがスイーツにはカロリーが付き物・・・フワフワな生クリームをどっかり乗っけてケーキやパンケーキを食べたい!と思うことがありませんか?

そんな時にこそ豆乳クリームの出番です!豆乳クリームは、生クリームとほとんど全く同じように使うことができます。

砂糖や甘みをほとんど使わずに作れる、植物由来の豆乳クリーム。自宅でも簡単に作れるのもあって、今テーブルに取り入れる女性が増えてきているそうです。

カロリーの大敵と思われていたクリームでたんぱく質・イソフラボン・ビタミン・食物繊維などがローカロリーで摂取できるなんてとっても嬉しいですよね。

豆乳クリームは乳製品のアレルギーがある人でも食べられる

また豆乳クリームのもう1つのメリットとして、乳製品に対してアレルギーがある人でも食べることができるということです。

豆乳はスーパーなどでは牛乳などと一緒に売られていることが多いですが、れっきとした大豆加工飲料。牛乳や生クリームを使う料理は、ほとんど豆乳や豆乳クリームで代用できるのです。

超簡単!時短豆乳クリームの作り方

  • 豆腐(できれば絹)半丁
  • メープルシロップまたは蜂蜜大さじ1
  • レモン小さじ1(4分の1ほど)

豆乳クリームって何から作るの?と言えばもちろん豆乳なのですが、同じ大豆加工食品として忘れてはいけないのが豆腐の存在。豆乳クリームは豆腐からとっても簡単に作れるんです。まずは豆腐をしっかりと水切りしてから、滑らかな状態になるまでハンドミキサーにかけましょう。

そしてメープルシロップとレモンの絞り汁を混ぜればそれだけで完成です!あっと言う間すぎて感激しますよね。甘みと風味の調整はメープルシロップとレモン汁でお好みで合わせましょう。

固めのクリームにした時には、豆腐を10分程度しっかりと水切りをすればOKです。レモン多めだとサッパリとした甘さに。

レンジで作ろう!豆乳クリームの作り方②

  • 豆乳130ml
  • 三温糖30g
  • 片栗粉10g
  • 米粉10g
  • バニラエッセンス

レンジで作る豆乳クリームは人によってはもっと簡単かもしれません。豆乳・三温糖・片栗粉・米個をすべて同じボウル・耐熱容器に入れて、全体がしっかりと合わさるように混ぜましょう。そしてその状態のまま電子レンジへイン!600Wで30秒温めます。

温まったら取り出して軽く混ぜ合わせ、もう1度同じように600Wで30秒。この作業を2~3回ほど続けるとクリーム状になってくれるんです。最後にバニラエッセンスを数滴垂らしたらできあがりです。温めて混ぜるたびにフワフワになっていく豆乳クリームは、作っていてもワクワクしてきますよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大人の甘さを楽しもう。豆乳クリームと相性の良い食べ物は?

15099368676_3a265aa26a_z
photo by Shari’s Berries

パンに塗ったりパンケーキに添えたり!

豆乳クリームは本当に使い方が様々ですが・・・できたそのままの美味しさを楽しみたいのでしたら、やっぱりパンやパンケーキでそのままたくさんいただくのがおすすめです。

柔らかい食パンに豆乳クリームとお好きな果物を挟んでフルーツサンドなんていかがでしょうか。パンケーキも豆乳クリームとシロップだけでペロリといけちゃいます。

生チョコやケーキなどスイーツの材料に

チョコレートと生クリームを溶かして作る生チョコやトリュフ。その材料を豆乳クリームにしてももちろんOKです。シフォンケーキやショートケーキを始めとするケーキのアクセント・デコレーションにも使えます。スイーツにすることで豆乳のクセのある味も気にならなくなります。

甘みを抜いて塩気を加えればグラタンやシチューなどにも

砂糖やメープルシロップの代わりに塩気を入れて作れば、メインの料理にも使える万能クリームに。グラタンやシチューなどに混ぜるとまろやかさが増して美味しいですよ!トマトやチーズ系の料理との相性がとても良いので是非チャレンジしてみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クリーム以外にも使い道が豊富◎豆乳を使ったスイーツレシピ

133258657_fe386d4262_z
photo by Kanko*

ふわふわ食感の豆乳ワッフル

  • ホットケーキミックス 200g
  • 豆乳 200ml
  • 卵一個
  • オリーブ油 大さじ1

豆乳とホットケーキミックスを使うことで、フワフワの美味しい豆乳ワッフルがおうちですぐに出来ちゃいますよ!まずは材料を全て一緒にボウルに混ぜておきます。ワッフルの型にオリーブオイルを薄く広げながら塗って、プレートに生地を注ぎこみます。4~5分焼いたら出来上がりです。

プレートは痛みやすいので割り箸などを使って優しく型から外してあげましょう。美味しくできるコツは、ボウルに混ぜる時点でダマにならないようにしっかりと合わせること。メイプルシロップなどを加えていただきましょう。もちろん作った豆乳クリームを上に添えてもとっても合います。

苦味が消える!黒糖で豆乳スコーン

  • 薄力粉100g
  • 全粒粉50g
  • ベーキングパウダー 5g
  • 黒糖 25〜30g
  • 塩ひとつまみ
  • お好きなオイル25g
  • 豆乳 50g

スコーンを家で作りたいと思ってもなかなか難しいのがその焼き加減。外側だけ焦げて中は半生・・・なんて失敗もしやすいんですよね。そんな人に是非おすすめしたいのがこちらの豆乳&黒糖でできた絶品スコーン!オーブントースターで誰でも失敗知らず、予熱などの面倒なこともいりません。

まず薄力粉、全粒粉、ベーキングパウダー、砂糖、塩をボウルに入れて、菜ばしでよく混ぜ合わせましょう。その中に好きなオイルを入れて混ぜて、ポロポロと固まってきたら豆乳を注ぎます。手でこねられるくらいの固さにまで混ぜていきましょう。混ざったら、手で捏ねてまとめておきます。

クッキングシートを広げて、その上に生地を出します。3cm程度の厚みに整えて、包丁などで食べやすい大きさにカットしましょう。

シートごとオーブントースターにのせて12~15分程度焼いたら完成です。焦げ目が付いたらある身ホイルをふんわり乗せると全体的に丁度良い塩梅に仕上がりやすいです。

バター不使用でモチモチ豆乳ドーナツ

  • 強力粉 200g
  • 砂糖20g
  • 塩3g
  • イースト2g
  • 豆乳 40cc
  • 水100cc
  • 揚げ油 適量
  • グラニュー糖 適量

豆乳のレシピの可能性はまさに無限大!ふわふわで柔らかく優しい味わいのドーナツはいかがでしょう。揚げるスイーツなのでカロリーが気になりがちですが、豆乳で作れば多少はオフされますので自分への言い訳にもなります(笑)。まずは豆乳とお水を合わせて、レンジで30秒温めましょう。

強力粉、塩、砂糖、イーストを大きいジップロックやビニール袋に入れて、袋を振って中身を良く混ぜ合わせます。袋の中に温めた水&豆乳を入れて、更に振って混ぜます。上から全体が混ざるように10分程度捏ねていきましょう。生地が均等になったら袋を密閉し、1時間程度一次発酵させます。

発酵が終わったらテーブルの上に出してガス抜きを(打ち粉をするならこのタイミングです)。だいたい16等分にしてベンチタイム。丸めなおしたらそのまま置いて乾かしておきます。揚げ油を用意し、中温で片面ずつ色づくまで揚げ、油をよく切ったらグラニュー糖をまぶせば出来上がりです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ヘルシーなのにフワフワ、食べ応え抜群でお肌にも効果期待!そんな豆乳クリームやアレンジレシピをご紹介いたしました。

普通の生クリームと同じような使い方でグンとカロリーをオフできるとなると、使わない手は無いですよね!スイーツで食物繊維を摂取できるのも嬉しいです。

豆乳はスーパーやコンビニ、売店や自動販売機などでも手軽に入手することができます。こんなに身近にあるとは思えないほどに素晴らしい栄養素を内包している豆乳。

苦いから・・・とただ避けているだけではもったいないですよ!豆乳を美味しくいただく方法はクリーム以外にもたくさん。あなただけの豆乳レシピを見つけましょう!

続きを読む

Related - 関連する記事 -

Ad
Ad

Ranking - ランキング -

Category - カテゴリ -